So-net無料ブログ作成

第661話 海に羽立てるジェットの翼!千葉・館山編☆vol③『館山オーバーグラウンド』掩体壕・鷹ノ島・地域ネコちゃん☆ [島旅]

『前記事で楽しい旅路のファクターは8割がた体調だ!』って書きましたがーーー

 少し訂正させてください。

 

 やっぱ天気ですよw

 

 晴れてなんぼです^^

 勿論、雨なら雨でしか見えない景色も楽しむべきですが、断然晴れていたほうがいいよね^^

 ま、今回もキレイに晴れてくれました。

 元々雨男だったはずなのに、年を重ねるごとに晴れ男っぽくなってきましたw

 特に島旅絡みはここんとこずっと恵まれていますよ^^

 実にありがたいことですね~♪

 さあ、赤山地下壕跡を後にした勇者ちょいのりは次にどこへ向ったのか?

 第661話、スタートです☆

第661話・夕実ちゃんとネコ2.jpg 

ぎゃる魅.jpgんで、どこに行くねん?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg前記事でお伝えした通り、赤山地下壕跡の見学コースの行き止まりの『向こう側』だよ^^

 要するに、一旦外に出てからぐるっとまわって、地下壕の先だろう所へ行くだけだ^^

ぎゃる魅.jpgなんだ。悪いことするわけじゃないんすねw

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそんなことしたらブログ削除されちゃうかもしんないしなw

 っつーことで、地下壕のある丘(赤山)をぐるりと道路伝いに周ってみる事にした訳です☆

DSC02759.jpg

DSC02760.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgすると、赤山のへりにハイキングコースの道案内を発見。

 オイラが見立てた場所とほぼ同じようなので、いざレッツビギン♪

 するとーーー

DSC02761.jpg

DSC02762.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg先ほど赤山地下壕跡内部で見かけた地層そのものが見える切通しに到着。

ぎゃる魅.jpgあ、ほんとっすね。さっき見たシマシマやん。

ちょいのり・サザエさんver1.jpg(お前もシマシマだけどな)

DSC02763.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg岩盤の壁を見やると、蓋をされてはいますが、あきらかに地下壕跡が垣間見れます^^

 そして、切通しの真ん中部分に差し掛かったとき、ソレが見えてきました^^

DSC02765.jpg

うおっか姫1.jpgあら!さっきの地下壕の丁度裏側っぽいわね^^

ちょいのり・サザエさんver1.jpg覗いてみたら、先ほど内部で見かけた看板や鉄格子が見えたので恐らく間違いないと思います^^

ゼブラ2.jpgではここで地下壕も途切れるわけですな。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgうんにゃ。切通しの対面にも塞がれた地下壕の跡がいくつも残ってたよ^^

 元々切通しになっていたのか、それとも生活道路を通す為に後の世に切通しになったのかは分からないところだが、

 ここの地下壕はかなり掘られたんじゃないかなあと思うよ~^^

 隠れた日本有数の大規模地下壕って謳っているのは伊達じゃなさそうだね^^

 さあ!切通しを抜けてみると、

DSC02766.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg分かれ道のところに、またもや道標があったYO!

 その道標の表示には、去年大分県に島旅で出向いた時に見かけたような、懐かしい文字が表示されていた。

 ということで、いざ推して参ります!

 

 ーーー歩くこと数秒、目的の場所に辿り着く。

ゼブラ2.jpgぎゃる魅.jpgうおっか姫1.jpgめちゃ目の前やん!w

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgその目的の場所と言うのはーーー

DSC02767.jpg

DSC02768.jpg

DSC02769.jpg

うおっか姫1.jpgあら~

ゼブラ2.jpg掩体壕(えんたいごう)ですな^^

ぎゃる魅.jpgえんたいごう?ん~・・・そういえば見たことあるような・・・

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg去年オイラ、大分県は宇佐市で戦争遺構巡りしたよね^^

 その時にこの掩体壕というものを何個か見て周った。

 それが、実はここ関東の千葉県は館山市にも残存していると聞いて、常々訪れてみたいと思ってたんだ^^

ぎゃる魅.jpgえんたいごうってなんだったっけ?

ゼブラ2.jpg簡単に言えば小型戦闘機などの防空壕ですかな。

ちょいのり・サザエさんver1.jpg防空はコンクリ程度じゃ恐らく無理だし、戦闘機を敵から隠す格納庫ってのが掩体壕じゃないかなと思うよ^^

 ま、場所は違えど久しぶりの再会です。

 さっそく近寄ってみようぜ!

DSC02770.jpg

DSC02771.jpg

 奥行きはそれほどでもない。

DSC02772.jpg

 ところどころ鉄骨がむき出しになっていた。

DSC02773.jpg

DSC02774.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgとは言え戦後からだいぶ時を経たというのに、まだまだしっかりしたものだった。

 なんでも昔はこの赤山の地域だけで10基は存在していたらしいのだが、今ではここだけだそうだ(実はもう一つ、こっそり残ってるらしいが^^)

 ボクは久しぶりの掩体壕を堪能し、

DSC02775.jpg

DSC02776.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgスーパードライプレミアムで献杯の酒を飲み干した。

うおっか姫1.jpgゼブラ2.jpgかっこよく言ってる風で、英霊に感謝とかしてないだろアンタw

ぎゃる魅.jpg酒が飲みたかっただけかw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgすっかり満足したオイラは掩体壕ちゃんにバイバイして、次へと向ったのであります^^

DSC02777.jpg

DSC02778.jpg

ぎゃる魅.jpg次はどこ行くん?

ちょいのり・サザエさんver1.jpg今回の旅路のメインかな^^

 このシリーズ冒頭で『今回は半分、島旅☆』って言ってただろ?

ゼブラ2.jpgとはいえ今のところ島らしきとこには行ってませんな。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそう。だから次は『島』だ^^

 この館山には小さい小さい島があるのです。

 それが、

DSC02779.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg沖ノ島☆

 っつーことでさっそくそこへと行ってみようじゃないか^^

ぎゃる魅.jpg(徒歩44分って書いてあるんだけど・・・w)

DSC02780.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg再び自衛隊前の分岐点に戻ってくる。

 前回はT字路の左ルートで赤山地下壕跡に行きましたが、

 今回は右ルートの『沖ノ島ルート』です^^

DSC02781.jpg

DSC02782.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg館山海上自衛隊の敷地沿いを歩くこと数分。

 正門前までやってまいりました^^

 

 ---すると、

 正門前の海沿いに

DSC02783.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg怪しげな物件が建っているのを八犬伝です!里見です!

 この建物にビビビっときたオイラはさっそく近づいてみることに。

 その建物の外壁はーーー

DSC02784.jpg

DSC02785.jpg

DSC02786.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg下部の部分がいかにも古めかしい『煉瓦造り』だったのだ^^

うおっか姫1.jpgなんか琴音ちゃんなら、

琴音・煉瓦にズッキンドッキン♪.jpg

ぎゃる魅.jpg『うっひょー!煉瓦ちゃんみっけええええええええええええ!』って、小躍りしそうな物件っすねマジでw

ちょいのり・サザエさんver1.jpg実は廃村さーくると言ういつもの小説風?で今回の旅路を書こうとも思っていたのだが、

 この後の島旅の内容がお話的に無理っぽいので島旅カテゴリーで書いたってのが裏話かな^^

(というか、女の子のキャラクターたちには非常に不向きな割と危険なとこに行くので、お話をうまく作れそうになかったからっす^^;)

DSC02787.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgなぜか扉が開いていたのでチラッと覗いてみた。

うおっか姫1.jpg電気も点いてるし、今でも普通に使ってる建物みたいね。

DSC02788.jpg

DSC02789.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgでも建物自体はかなり年代物のような気がしたんだけどなあ。

DSC02790.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgちなみに、後々調べてみたら、

 この自衛隊正門前は『第二海軍航空廠(しょう)館山補給工場』と言う、飛行機の修理を行う場所だったそうだ(1941年10月開設)

 今では極洋船舶工業さんの倉庫みたいだね。

 そもそもこの近隣の港も赤山も全てが館山の軍の敷地だったと言うわけです。

 さあ、充分に煉瓦成分を堪能したオイラは次へ次へと行くのであります^^

DSC02791.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg写真には撮ってないけれど、若い自衛隊員さんが正門の裏でこっそりラッパの練習をしていたぞい^^

 ・・・へたっぴでしたけどねw (頑張れ☆)

DSC02792.jpg

DSC02793.jpg

DSC02794.jpg

DSC02795.jpg

DSC02796.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg鷹ノ島神社というところまで来ると、そこから海沿いを左手に道が曲がることになる。

DSC02797.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgむ~ん!実に晴れ晴れ。最高のロケーション☆

 ですが!ふと、海岸に目を奪われることになる。

DSC02798.jpg

ゼブラ2.jpgなんか異様な海岸線ですな。

ちょいのり・サザエさんver1.jpg気になったので道路から降りて近づいてみた!

DSC02799.jpg

DSC02800.jpg

DSC02801.jpg

うおっか姫1.jpg赤山地下壕の時に見た地層と関係あるのかしらね。

ゼブラ2.jpg海岸もシマシマ模様のように侵食されている感じですなあ。

ぎゃる魅.jpg自然の造形ってすごいっすね^^;

ちょいのり・サザエさんver1.jpgオイラも最初は自然ってスゲー!って思ってたんだが、でも何か侵食された段々の岩場の先に見える円筒状の物体は自然じゃないよな。あきらかに人工物だと思うんだが。

ゼブラ2.jpgそういえばそうですなあ。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgこの時点ではさっぱり。それが、そこがなんなのか分からずに先に進むことになった。

DSC02802.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそこからちょっと歩いた先に、これまた異様な物件が待ち構えていた。

 最初は公衆トイレとかじゃね?と思ったのだが・・・妙に違和感。

DSC02803.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgドアもなければ窓も無い。実に怪しい物件。

 さっそく侵入を開始です^^

DSC02804.jpg

DSC02805.jpg

DSC02806.jpg

DSC02807.jpg

DSC02808.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg何にもねー☆

 あるのは無数の落書きのみっす^^

うおっか姫1.jpg廃墟は廃墟なんでしょうけど、ここってなんなの?

ちょいのり・サザエさんver1.jpgこれもまた後々調べてみたら、実はここ

 元々は明治の時代に『農商務省水産講習所館山実習所鷹ノ島実験場』という、やたら長い名称ではありますが、

 お国の為の水産実験や海産物の調査研究の場だったそうだ。

 水産大学の実験場としても使われた。

 その後、昭和の時代に館山海軍飛行場の建設の為にほとんどの施設が別の場所に移管されることになる。

 んで、その時の名残りの一部がこの建物なんだってさ^^

ゼブラ2.jpgそんな由緒正しい歴史のある感じの建物が

うおっか姫1.jpgなんでこんな今まで放置プレー???

ぎゃる魅.jpgしかも落書きだらけ^^;

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgオイラもそこまではよ~わからん^^;

 なんでポツンとここだけ残したのかさっぱりだ(一応、海軍飛行場の監視所としては建物として引き継いではいたようですが、今現在、なんでこんなに放置プレー状態のままなのかはよくワカリマセン^^;)

 と言うか、オイラ

『廃墟だからって落書きする輩は大嫌い』なんだ。

 そしてその落書きに侵食された廃墟も好きじゃない・・・^^;

うおっか姫1.jpgそうねえ・・・。見ていてなんだかあんまり気分がいいものじゃないわね^^;

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg正直、ちょっとムカムカしつつ、ココを去ったYO

DSC02809.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ!気分を切り替えて進もうぞ^^

 実はさっきの建物が沖ノ島へのゲート口だったりもする(古びたゲート口がポツンと道路の両脇に建っている)

 そこから先は、視界が開ける真っ直ぐな道となっているんだ^^

 おいらはてくてく沖ノ島を目指して歩くことにした。

 

『みゃ~お・・・・』

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgん? ・・・途中、ネコの鳴き声が聞こえた気がした。

 でも、でもでも周りを見渡せど、

 ネコの姿などどこにもいないのだ。

ぎゃる魅.jpgボケちゃったんじゃね?おっちゃん。

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgそうだよなあ・・・なんだかんだでもう40だし、耳鳴りとか幻聴とかあるかもな。

 そういう年頃だよな☆

 ・・・ってバカw

 いや、確かにみゃーみゃー聞こえるんだよw

 でもその声元が全然見つからないんだ!

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg試しにオイラもネコの鳴き声を真似て『にゃーご』『にゃーご』と言ってみた。

 するとーーー

DSC02810.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg防波堤の石積みの中からひょっこりと、茶トラのネコちゃんが姿を現したんだ☆

ぎゃる魅.jpgなんでまたそんなとこからw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgそんなん、オイラにもわからねーよw

 地域ネコなんかねえ。ここいらへんは竿をもった釣り人もたくさん来るし、

 その中には餌を与える人もいるかもしれないからなあ^^;

 とはいえ、なつっこいネコちゃんでした^^

DSC02811.jpg

DSC02812.jpg

DSC02813.jpg

DSC02814.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgあんまりにも人懐っこくじゃれて来るもんだから、

 オイラはバッグの中から秘蔵の

DSC02815.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg魚肉ソーセージを取り出して、ネコちゃんにあげちゃったゾイw

ぎゃる魅.jpgなんで魚肉ソーセージを持ち歩いてるんだよw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgいや・・・なんだかんだで僻地に行くこと多いだろ?オイラ^^;

 廃墟とかさあ。

 だから常にバッグには非常食として魚肉ソーセージを入れているんだよコレがw

ゼブラ2.jpgまあ、そんなおおげさなとは思いますが、悪いことじゃないですな。

うおっか姫1.jpg備えあれば憂いなしってとこか^^;

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg家呑みしてて酔っ払って、たまに食っちゃうから常に補充してるけどなw

 この茶トラネコちゃんにあげたのも実は残ってた一本でもあるw

 うう・・・あとで補充しなきゃな☆

 ま、結局ここでついでの休憩を取る事にした。

 何しろなんだかんだと、ここまで二時間半は歩きっぱなしだったということもあって、

 防波堤に腰掛けて、まったりすることにしたんだ^^

DSC02816.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg魚肉ソーセージを無我夢中でぱくつく茶トラねこちゃんを見ながらオイラも乾杯☆

ぎゃる魅.jpgさっきビール飲んだばっかりやないかいっ!w

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgお酒は旅のガソリンですよ☆

DSC02817.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg缶チューハイを飲み干して、茶トラネコちゃんにバイバイして歩き出したのだがーーー

 中々離れてくれなかったねえ・・・^^;

 しばらくは付いて来ちゃった^^;

 なんかずっとついてきそうだったので、ゲップしながらもロケットダッシュで高速バイバイしましたですw

DSC02818.jpg

DSC02819.jpg

 その先にも何匹かネコちゃんが居た。えさを貰える穴場なのかねここいらへんって^^;

 ーーーそして、

 いよいよ今回の最終目的地の全貌を目の前にすることになる。

DSC02820.jpg

 ここでオイラはブルブルと身震いをするのだった。

ぎゃる魅.jpg久しぶりの島旅っすもんね^^

ゼブラ2.jpgワクワクしちゃいますよね!

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgいや、オイラが震えてたのは、感動とかそーいうんじゃなくって別のことで!

 --------次回に続く☆

 

 ここまで読んでくださりありがとうございました☆

 次回は・・・シモネタです♪

 


nice!(99)  コメント(30) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 99

コメント 30

suzuran6

2本程飲めば・・・
そろそろ お◯っこ が・・・
で身震いしていたのですね。

by suzuran6 (2014-03-11 07:01) 

johncomeback

段々の海岸は宮崎県青島の「鬼の洗濯岩」に似てるなあ。
suzuran6さんの推測に1票(笑)
by johncomeback (2014-03-11 07:36) 

YUTAじい

おはようございます。
島旅・・・色々出会いが、やはり天気が一番ですね。
画像が眩しく見えます。
by YUTAじい (2014-03-11 07:58) 

くまら

お酒は旅のガソリン。。。もっともですが
最近は、車で旅することが多いので
常にガス欠状態です><;
by くまら (2014-03-11 08:58) 

みぃにゃん

この防空壕も60年以上前は壮絶な場祖だったんでしょうね・・・。
沖の島ってつながっていましたよね。でも島なんですね
by みぃにゃん (2014-03-11 09:43) 

島酔潜人

島は..予想どうりでしが、黒ダイヤのヘッドランプはいろいろなところで活躍していたんですね。 館山ってマニアックなスポットがいっぱいあっておもしろい.. 掩体壕も残っているなんて... 見てみたいです。
by 島酔潜人 (2014-03-11 10:12) 

サンダーソニア

なついネコちゃんは嬉しいけど
こまっちゃいますねw
by サンダーソニア (2014-03-11 10:31) 

なかせ

晴天に恵まれましたね~♪
確かに旅行はお酒が楽しみの1つでもあります☆
by なかせ (2014-03-11 11:57) 

onemore

こんにちは〜。
ご訪問、ありがとうございます。
「お酒は旅のガソリン」!名言です!
私も使わせていただきます(笑)
by onemore (2014-03-11 12:45) 

orange

「千葉県 基準点」って気になります。
普通のマンホールじゃぁないですね。
地形が隆起した様子。凄いですね。
千葉県東方沖の微動が気になりますが、昔からこうして陸地ができて来たのですね。
by orange (2014-03-11 12:53) 

まめ

猫さんに人間用の食べ物は駄目ですよぉ~
塩分が多いし味も濃いのでお奨めできませぬ。
なつこい子、嬉しい反面ついてこられると困るんですよね。
あの落書き、意味がわからないです。
迷惑だと思ってないのでしょうが、器物破損で取り締まっていただきたいものですね。
by まめ (2014-03-11 13:00) 

ソニックマイヅル

こんにちは。ネコちゃん、本当に思いっきりリラックスですね。^^;
by ソニックマイヅル (2014-03-11 13:29) 

ニッキー

青い海に青い空、最高のロケーションですね(^O^)
そしてまったりと戯れてくれるにゃんこがいるなんて、私的には聖地かも(^_^)v
by ニッキー (2014-03-11 14:11) 

koh925

廃虚と煉瓦の遺構記事、まだまだ続きますよ・・
ハイ・・謹んで拝見します、楽しみに!
by koh925 (2014-03-11 16:53) 

まこ

はいはいヘ(;´o`)ヘ
この後、渚の駅でのトイレの画像が
伏線として生きるのね(∩_∩)
by まこ (2014-03-11 17:24) 

銀狼

魚肉ソーセージ貰えちゃったら、
そりゃあなかなか離れてくれないでしょうねぇ^^;
あぁ、私もガソリン補給したい。。。
by 銀狼 (2014-03-11 17:47) 

とし@黒猫

オス猫ちゃんは、ひとなつこいですよ〜
by とし@黒猫 (2014-03-11 19:28) 

しきみ

大丈夫、オチは見えた気がします^^;
by しきみ (2014-03-11 20:38) 

美美

ガソリンが効いて来ましたね(爆)
by 美美 (2014-03-11 20:56) 

みずき

かつての実習場がこんなことになっていようとは・・・
この島、まさに泳いでたどり着いた島ですよ!
by みずき (2014-03-11 22:46) 

さる1号

ぶるぶる身震い・・・・
そりゃぁ飲んだら出さないと^^;
茶トラ、魚肉ソーセージのおかわりが欲しかったんだなー^^
by さる1号 (2014-03-11 23:38) 

風太郎

この辺り懐かしいです~
千葉県在住の頃、テストや取材で散々釣りに行ってました (^^;
なんといっても◯◯◯を引っ掛けちゃって同僚と腰抜かして・・・
パトカーが何台も来て大変だったなぁ。
by 風太郎 (2014-03-12 00:13) 

YUTAじい

おはようございます。
来週はお彼岸・・・間もなく桜便りですね。
by YUTAじい (2014-03-12 07:32) 

駅員3

なるほど、非常食持参・・・素晴らしいです。
僕も海に行く時はいつも魚肉ソーセージ持参です。
・・・・魚の撒き餌などに使います(^^)
by 駅員3 (2014-03-12 07:55) 

獏

ソーセージ持っているのが凄いなぁ(^w^)☆
獏も持って歩こう~!!

by 獏 (2014-03-12 10:06) 

sumijuni

そ~なんです
好きな商品のカタログは
何度見ても いつまで見ていても飽きませんね

魚肉ソーセジは ネコちゃんも
超ラッキーです
by sumijuni (2014-03-12 13:30) 

DON

そうそう
南総里見八犬伝だもんね(^^ゞ
by DON (2014-03-12 22:05) 

唐津っ子

私も変な落書きがあるとガックリきちゃいます.
なんで落書きするのかなぁ・・・
by 唐津っ子 (2014-03-12 23:27) 

sakamono

そうでした、旅には天気も重要な要素でした^^;。
魚肉ソーセージを食べるネコをバックに缶チューハイの
写真、いいなぁ。鄙びた港町みたいな雰囲気です。
歩いて行ける島?どうなっているんだろう。
by sakamono (2014-03-15 15:42) 

DEBDYLAN

すっかり出遅れてるけど、
最後の一文で次回を楽しみに読むぞってコトで^^;

by DEBDYLAN (2014-03-16 22:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。