So-net無料ブログ作成

第644話 響け!日本のジャングルランブル!奄美大島編vol④『黒ウサギのタンゴ』奄美ドライブ! [島旅]

『ピピピピッ!ピピピピッ!』

『さあ~ブ・チ・コ・メ・!』

 

 いつのまにやらすっかりベッドに横たわっていたオイラは、

 枕もとのホテル備え付けのアラーム音と、

 携帯に仕込んでおいたアニメの『はじめの一歩』のEDの曲の目覚ましとのオーケストラで、むにゃむにゃと目を覚ますのだ。

 それでもまだまだ寝てしまいそうな自分のホッペに、これはイカン!とカツを入れる。

『パンッ!』

 Mなオイラにゃ、一発では足りないようで・・・

 鞭のように2・3発続けざまにくれてやった^^;

 さあ!今日こそこの旅のメインだ。

 ボクは意外と寒い朝にヘックション!と一回くしゃみをしつつ、いそいそと旅支度を開始したのです。

 第644話、スタートです☆

第644話・レンちゃん・黒ウサギのタンゴ2.jpg

DSC01824.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg午前6:30起床☆ ここから相棒『ネコパンチ号』との本格的な旅が始まる。

うおっか姫1.jpg何でまたこんな朝早く?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgうむ。よくぞ聞いてくれましたw

 実は、今回の旅路のメインは『奄美大島』と言うよりもーーー

『加計呂麻島』へ行くのがメインだったからなのだ^^

ぎゃる魅.jpg加計呂麻島?

ちょいのり・サザエさんver1.jpg奄美大島の南側に寄り添う様に浮かぶ大きな島だ^^

 そこに出向くには、奄美大島の南部の港『古仁屋港』まで行き、

 そこからフェリーで渡るしか手段が無いのだ。

(※定期のフェリー以外にも“海上タクシー”なるものも存在します^^

 ただ、原付込みで考えると定期のフェリーの方が格段に安いと聞いていたので)

 出来るならば丸々旅路の二日目を加計呂麻島に充てたい!

 でも・・・この今自分が居る名瀬市から船着場までの距離を考えると・・・

 朝早く出ないと、とてもじゃないけれど間に合わないってことなんだ^^;

うおっか姫1.jpgまあ~なんせ奄美大島デカイしねえ^^;

DSC01825.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgっちゅーわけで部屋の鍵を受付のオジサマに預けて颯爽とネコパンチ号へとライディング!

(ここで“あるブツ”を受け取る)

 いざ!南の島の更に南へと旅に出た。

DSC01826.jpg

DSC01827.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpg途中、歩道を駆け抜けるアスリートやその卵達を幾人も見かける!

 なんか自分のホテルで見かけたジャージの人たちも、ホテルからめっちゃ遠いところでワンサカ見かけたゾイ!

うおっか姫1.jpgある意味奄美大島って『合宿の島』なのかもね^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『アスリート御用達の島』と言っても過言じゃないと思ったよ^^

DSC01828.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg都会な名瀬市を抜けると、海沿いに点々と集落がお目見えする。

DSC01829.jpg

DSC01830.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg集落を通り過ぎようとした時に、思わず目に止まったものがあった。

 土俵?みたいな場所っす。

ぎゃる魅.jpgもしかして闘牛っすか!

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいや・・・闘牛場にしちゃ小さいよね。

 最初はここだけかな?と思っていたのだがーーー

 海沿いを走っていて小さな集落に出くわすと『必ずと言っていいほど』この土俵みたいな場所があったのだ。

ゼブラ2.jpg相撲が盛んな場所なんでしょうかね?

ちょいのり・サザエさんver1.jpgうん、実はここ奄美大島ってのは、村や集落の豊漁際とかお祭ごとには相撲が多く関わってくるそうだ^^

 チビッコから大人まで一族郎党、ご近所総出で相撲を盛り上げるようだよ^^

ゼブラ2.jpg相撲が昔は神事であったこと、もしくは祭りごとの奉納相撲であったことを今も色濃く残す土地柄なんですな^^

DSC01831.jpg

DSC01832.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgとっくに日が昇ってる時間ではあるが、中々奄美の山々も険しいようです。

 東の空が赤らんでいる中、ボクはガンガンかっ飛ばす(勿論、法定速度です☆)

DSC01833.jpg

DSC01834.jpg

DSC01835.jpg

ぎゃる魅.jpgすごく・・・切実な看板っすね・・・^^;

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgゴメン・・・。正直、早朝から不謹慎だけれどもクスリとしてしまいました^^;

(どうか無事にプロパンガスが持ち主のところへ戻ってきますように)

DSC01836.jpg

DSC01837.jpg

DSC01838.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg途中、何度も展望台みたいなところで小休憩を挟む。

DSC01839.jpg

DSC01840.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgどこをみても雄大で、そして素敵な景色ばかり。

 しかも空気美味しいよ!^^

DSC01841.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg日が昇るのを見て、ボクはいったいどれくらい進んでこれたのかと、地図を広げて指先で再確認をした。

DSC01842.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg今居る場所と、出発地点の名瀬市の両方に指を当てて見た。

 ココまで来るのに時間としては約一時間と言ったところ。

 ちなみにーーー

DSC01843.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgボクが目指す古仁屋港と(親指)、今現在の場所(中指)を地図に置いてみた。

ぎゃる魅.jpgえっと・・・え?

うおっか姫1.jpgめちゃくちゃ遠いわねw

ゼブラ2.jpg単純に見積もっても4時間近くはかかりそうですなw

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg宿地選びに失敗するとこうなる見本です☆

(今回泊まったホテルさんは最高ですよ^^ なんせ色々と親身になって色々お世話になりましたし^^ そして次回の話でもそんなエピソードも登場するし^^)

 ま、奄美ドライブと思って楽しめばいいのだよ^^

 ということでさくさくと進む。イケイケガンガンです☆

DSC01844.jpg

DSC01845.jpg

DSC01846.jpg

DSC01847.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg合計二時間を要した頃、今回の行程の後半であろう『宇検村』までの道案内看板が登場。

ぎゃる魅.jpg原付は時速30㌔だから、えーとえとえと・・・一時間もあれば着くって感じっす・・・って遠いよ!オイ☆

DSC01848.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgレンタカーだったらもっと楽なのは重々承知ですw

 でも久しぶりの運転と、この奄美の複雑で高低差のある道路を駆け抜ける度胸は無かったって感じッスw

(思ったより交通量あるしな)

DSC01849.jpg

DSC01850.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgお天道様もようやく奄美の山を越えひょっこり顔を出した頃、

 海沿いの道をひた走っていたオイラの目の前にスンゴイ景色がお目見えした!

DSC01851.jpg

DSC01852.jpg

ぎゃる魅.jpg断崖絶壁?

うおっか姫1.jpg写真だといまいちわからないけれど、なんか凄そうね。

ちょいのり・サザエさんver1.jpg『徳浜(どくはま)の断崖』と呼ぶそうだ^^

 これはねえーーー

 実際ここに降り立って自分の目で見ないとその感動は分からないと思う。

 スパッと直角に聳え立つその様には、言葉を失うよ!

(鎌倉時代の大地震で出来た産物のようです)

DSC01853.jpg

DSC01854.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgその徳浜の断崖をくりぬいた『名音洞門』を駆け抜けるオイラ。

 支柱の間から見える向こうの景色は、まるで8㍉フィルムの画像を見ているようで圧巻です☆

(狭いし、余所見運転はしないでねw)

DSC01856.jpg

DSC01857.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg途中、ちゃっかりデザインマンホールゲット☆

ぎゃる魅.jpg滅多に来れないし、意地でも撮るっすよねw

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg当たり前っす☆

DSC01858.jpg

DSC01859.jpg

DSC01860.jpg

DSC01861.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそんなこんなで宇検村まであと少しと言うところで、船着場までショートカットできる分岐点に来た。

 どうやら海側の宇検村周りより、山を突っ切るこの道の方が近道らしい。

うおっか姫1.jpg時間も無いんだし近道しちゃえば?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgと思ったんだが・・・、ちょうど分岐の道に奄美大島全体図の縦看板があってだねえーーー

DSC01862.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg宇検村には無人島の『枝手久島』なるものがあるそうで、それについつい惹かれて真っ直ぐ進んじゃったw

ぎゃる魅.jpg無人島とか書いてあると惹かれちゃうっすよねーーーってアホかw

DSC01863.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgっつーことで宇検村ケンザン!

DSC01864.jpg

DSC01865.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg別に渡れるわけでもない無人島を横目に見つつも

ぎゃる魅.jpg意味ないじゃん

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg島々に囲まれて穏やかな内湾となって、鏡のように凪った海に見惚れつつも原付を快調に飛ばしていた^^

DSC01866.jpg

うおっか姫1.jpgこの集落にもやっぱり土俵があるのね^^

DSC01868.jpg

DSC01869.jpg

DSC01870.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg次の芦検(あしけん)集落にもやっぱり土俵^^

 いつか実際にやってるところを見てみたいと思ったねえ。

DSC01871.jpg

DSC01872.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそこからは割りとキツイ感じの山側へと向うことに。

 馬力の無い『ネコパンチ号』だと全然のぼらねーw

 後ろにすぐ後続車がつまってしまうので、折を見て後続車を先に行かせながらの登坂です^^;

 

『この山道を少し越えればもう目的地もすぐそこだ!』と、進んでいた

 つもりだった。

ぎゃる魅.jpgつもりだった?

うおっか姫1.jpgまさか!

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgなんかねえ・・・10分もしないうちに海が目の前に広がる予定だったんだけどさあ・・・

 みるみるうちに峠を目指してる感じ?みたいなあーw

ゼブラ2.jpg要するにゴール目前で迷子になったと。しかも分岐の少ない離島でw

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgまさかこんなとこで迷うとはオモワナンダ^^;

 本当は、早めに古仁屋港に近づけたなら、寄り道してでも是非寄ってみたいところがあったんだが・・・それも全てパー^^;

ぎゃる魅.jpgさすが本厄ですね☆

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg泣く泣く手元の地図で今現在の場所を探して、古仁屋港へと近づけるルートを探した。

 なんとかこれならと思って進んでいるとーーー

DSC01874.jpg

DSC01875.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『クロウサギに注意!』と言う、やたら警告ばかりのルートに突入っす☆

ぎゃる魅.jpgクロウサギ!?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg奄美大島と徳之島にだけ存在する固有種のウサギちゃんだ。バニーだ☆

 絶滅危惧種指定でもあったりする。

ぎゃる魅.jpg見てみたいっす!

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgだよな!せっかくだからゆっくり減速してーーー

DSC01876.jpg

DSC01877.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg段々と南の島っぽくなってきた植生の木々の中を進んでいたのだがーーー

 一匹も見れなかったw

ぎゃる魅.jpgもうブログやめちゃえよアンタw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgそんな常に発見!発見!こんなん見つけましたぜ!すごくね?なんて記事書けるわけねーだろうがよw

 ま、どうやら黒いバニーガールはシャイなようでした^^

 

 ---そんな感じでようやく目星のつく道へと突入といいますか無事合流。

DSC01878.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgどーでもいいけど道の途中でやたらと見つける工事現場の看板の↑

『ご協力有難うございました。では御安全に・・・』の、御安全にの後の『・・・(点点々とか三点リーダー)』が妙に気になって^^;

うおっか姫1.jpg確かに『。(句点)』で『御安全に。』と〆るか、『御安全に!』とエールを掛けるようにすればいいのに、

ゼブラ2.jpg『・・・』ですと、なんだか不穏な感じがしてしまいますなw

ぎゃる魅.jpgそんなんフツーの人は気にしないよw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgいやエセでもさあ~、物語とか文章を書いてたりすると、妙にこういうところがひっかかったりしちゃうんだよw

 ま、どうでもいい話なんで先に進みますw

DSC01879.jpg

DSC01880.jpg

DSC01881.jpg

DSC01882.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgまっすぐ進めないオイラはどうしてもちょこちょこと目に止まったものに立ち寄ってしまう^^

ぎゃる魅.jpgけーそんってなんすか?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgオイラもいまいち分かってないんだが、おっきいコンクリの土台だろうか?

 このまま橋梁の基礎なんかになるのかな。

 海の上を渡す橋や防波堤でもつくるのだろうか。

 そんなキモチを抱えつつ、水面と道路の高さがそれ程差の無い道をひた走る。

DSC01883.jpg

DSC01884.jpg

DSC01885.jpg

DSC01886.jpg

DSC01887.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg鏡のように素敵な景色を映し出す海岸に、あのケーソンは少し異質なように思えたんだけど、これっておかしいかな。

うおっか姫1.jpg何かと自然災害の被害を被っている奄美大島だもの。

 見た目の奇麗事ばかりじゃダメなんじゃないかしらね。

(台風災害や集中豪雨など、幾多の自然災害の憂き目にあっている島でもありますね)

DSC01888.jpg

DSC01889.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg多少、モヤってたけれども目的地である加計呂麻島もすぐ対岸に見渡せるところまで来た!

 ---ホテルビックマリンを7時に出ること3時間半

DSC01890.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgやっとこさ加計呂麻島へのフェリーが出ている『古仁屋港』へと辿り着いた☆

ぎゃる魅.jpg長かったねw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgマジでなげーよw この島二泊三日じゃたらねーぞマジでw

ゼブラ2.jpg強行軍がお手の物のご主人様でもまいりましたかw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg島と言うより陸だもの^^;

 とは言えなんとかフェリーの目的時間前に辿り着けたようでありがたいですね^^

(見たかったところをだいぶ端折りましたがw)

 

 ようやくの到着に減速してのんびりと船着場っぽいところを目指していたわけですがーーー

DSC01903.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpg『港はコチラ』って案内板の一歩手前で、妙に気になる佇まいの物件を見つける。

ゼブラ2.jpgトラロープ(警告ロープ。見たことあるでしょ?黄色と黒のロープ)の向こうに、確かに異様な緑とコンクリの物件ですな。

ぎゃる魅.jpgどうせ廃墟かなんかだろマジでw

うおっか姫1.jpgいつものことねえ~w

DSC01891.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg時間もあるし(多分)

 せっかくなので、どこからか近づけないかと模索していたら、

 港側からならば近くまで寄れるっぽいので、行ってみたw

DSC01892.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg防波堤の軒先にネコパンチ号を止めて、さっそくレッツゴー。

DSC01893.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgうお!? ご丁寧にそこまでの橋もあるじゃないか(大歓喜☆

 せっかくなので渡るしかないよな!

DSC01894.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg近づいたソレは、もうどれだけ時が経ったのかと思わせるほど

DSC01895.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgコンクリと植物が共存。もしくは植物が勝っていたかも。

 ちょっとしたラピュタの天空の城のソレっぽかった。

DSC01896.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgちょっと窓格子っぽいとこから内部を見てみるんだけど・・・よくわからない。

DSC01897.jpg

DSC01898.jpg

DSC01899.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgその後は見れる範囲でぐるりと回ってみたんだが

ぎゃる魅.jpg結局何の廃墟なん?

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgワカラン☆

ぎゃる魅.jpgわからねーのかよw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg近くに港湾の職員さんぽい人がいたから聞き込みしておけば良かったと、ちと、後悔^^;

(誰か知ってる方がいらっしゃれば教えてください^^)

 とは言え久しぶりの廃な気分を補給出来たので、少しご満悦でしたw

 

 ・・・が!

 ふと波止場に止めてあったネコパンチ号を見やると

 ネコパンチ号にネコがネコでネコだったのだ!

ぎゃる魅.jpg意味わかんねーよw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgオイラの愛機『ネコパンチ号』が、

DSC01900.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgクロネコさんに襲われる寸前っす!

 きゃあああああああああ!

 ーーー慌てて駆け寄るオイラ!

 それに気づいたかクロネコさんは

DSC01901.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgジロリとその鋭い眼光をオイラに向ける!

DSC01902.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgふてぶてしいまでのゆっくりとした動作でオイラを威嚇しつつも去って行ったクロネコさん。

『大丈夫か!?ネコパンチ号!』と、ボクは彼を抱きかかえ・・

ぎゃる魅.jpgもういいよ小芝居はw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそんなこんなで、なぜクロネコ氏がオイラのネコパンチ号を襲ったかと言う答えをにしたまま、

 いよいよ次回は舞台を移して『加計呂麻島編☆』スタートです^^

ぎゃる魅.jpg多分、原付のカゴに食い物があったからだと思う☆

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgそんなツマンナイ理由なわけないじゃーん(棒読み

 

※ここまで長々と、しょーもなーい記事読んでくれてありがとうございますw

 


nice!(109)  コメント(37) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 109

コメント 37

ナビパ

プロパンガスボンベを盗まれてしまうのですね。土地柄にエネルギー問題が深刻化しているのかな^^;
by ナビパ (2014-01-15 06:48) 

johncomeback

原チャで3時間半、それだけで大旅行ですね。
新幹線で東京から青森まで行ける時間です(笑)

by johncomeback (2014-01-15 07:36) 

YUTAじい

おはようございます。
長かった・・・いよいよ目的地へ、楽しみです。
by YUTAじい (2014-01-15 08:46) 

獏

けっこうな距離あるんだ~(驚)
その道すがらだけで記事書けちゃうよね(^w^)☆
黒猫様は・・・・誰かの化身かも~☆
アマミノクロウサギ・・・ググっちゃいました(@@;)))
可愛いなぁ☆

by 獏 (2014-01-15 09:09) 

ソニックマイヅル

おはようございます。道中でクロウサギ注意は本当に珍しいですね。プロパンガスの看板も切実ですね。^^;汗
by ソニックマイヅル (2014-01-15 09:19) 

Falcon

奄美大島、大きいですね。
港まで原付でこの時間は疲れましたね。
でも、これから目的地に着くのですから、そうも言っていられない状況ですか。
by Falcon (2014-01-15 09:24) 

みぃにゃん

変わった名前の土地名が多いですね。しかも工事の課程まで親切に・・・。観光地行かなくても楽しい発見満載ですね
黒ネコさん籠の中のモノ何か確認したかったのでしょうか?
by みぃにゃん (2014-01-15 09:39) 

なかせ

色々な看板がありますね~
by なかせ (2014-01-15 10:47) 

kiyo

ちょいのりさん、
奄美大島は、でかいですね。
これだけ大きいと、歩くのは論外として、自転車、バイクよりも、
車が欲しいくらいですね。
それにしても、道も整備されていますね。
暖かさと、全周囲海に囲まれている点を除くと、
伊豆にでも観光に行っている気分ですね。
それにしても、黒猫さんが可愛い。

うーん、お疲れ様でした。
by kiyo (2014-01-15 11:35) 

まめ

さすがですね、迷子になるってw それでこそちょいさんw
もう能力ですね。
猫さんに出会えたのはうれしいですねぇ。
出先でここまで近寄れる子に会うと一日がウキウキです。
by まめ (2014-01-15 11:47) 

サンダーソニア

原チャ@@この朝は寒さ対策をしていったのかな?
by サンダーソニア (2014-01-15 12:20) 

ニッキー

分岐点の少ない島でも迷子になれるちょいのりさん、これはもう才能ですね(^O^)
しかし、原付とはいえホテルを出て港まで3時間半とはやっぱり奄美大島ってかなりデカいんですねぇ(@_@)
by ニッキー (2014-01-15 12:24) 

銀狼

そのクロネコはクロウサギの化身だったのかも。。。
って、んな訳ないですよねぇ^^;
by 銀狼 (2014-01-15 12:47) 

koh925

鹿児島市内から種子島、奄美大島、沖縄本島の南端に至る「国道58号線」
今回の原付旅では、どこかで通っているんでしょうね
凄い距離、お疲れさま!
by koh925 (2014-01-15 12:51) 

ryuyokaonhachioj

冬に頑張って咲いてる花を見ると、
元気を出したくなりますよね。
by ryuyokaonhachioj (2014-01-15 16:15) 

馬爺

凄い根性ですね、とてもバイクで4時間近くは走れませんね。
by 馬爺 (2014-01-15 18:37) 

yoshinori

盗んだのは。。。

オレだす。。。(爆)

by yoshinori (2014-01-15 20:48) 

唐津っ子

電車の中で携帯でみようとしてあまりの長さに断念(悲)
今,帰宅してからPCで見ていますが,PCでも長げぇ!!!
まだまだ目的地には辿りついていないし・・・

アマミノクロウサギって天然記念物ですよね.
普通のウサギよりも小さくて可愛い感じですね(嬉)
by 唐津っ子 (2014-01-15 22:59) 

下総弾正くま

リアル「くいとめるニャー」Σ(゜Д゜;

…兄さんはブラックバニーなおね~さんとブラックネコミミなおね~さんはどっちが好きですか(・・?)
by 下総弾正くま (2014-01-15 23:00) 

みずき

注意看板がいろいろ興味深いですね。
安全に!ではなく、・・・、なのが意味深です^^;
by みずき (2014-01-15 23:02) 

風太郎

やっぱし奄美大島って広いんだなぁ~
自分の奄美出身の知人実家は部屋の窓から釣りができるらしい。。。
ってことは台風来たらヤベぇね~
プロパンガスって久しぶりに聞いたかも。
なぜかウチは田舎なのに都市ガス。。。
原チャリ、20年ぶりに乗ってみたいなぁ。
運転するの怖そうです・・・
by 風太郎 (2014-01-15 23:24) 

ネオ・アッキー

ちょいのりさんこんばんは。
プロパンガスのボンベって盗まれるものなのですね・・・。 業者じゃないとそう簡単には持っていけないような気がしますけれど。
by ネオ・アッキー (2014-01-16 00:44) 

orange

「ご安全に・・・」は、やはり気になりますよねぇ。
・・・、と思ったら ><!...のような。
黒ウサギさん、見たかったなぁ^^
廃墟の毛布?気になります。

あっ。あと1問。空いていたのですよねぇ。またお忙しくなさそうな時に(笑)企画しますね^^
by orange (2014-01-16 01:24) 

(。・_・。)2k

なんだかカメラに慣れました?
すごい写真が変わってきてますよね(^^)
すごい良い感じです

by (。・_・。)2k (2014-01-16 03:12) 

ソニックマイヅル

おはようございます。島でのバイク移動も楽しいですね。^^;
by ソニックマイヅル (2014-01-16 08:57) 

コンブ

しょーもなーい記事、面白かった!
原付はかなりシンドイでしょ。
by コンブ (2014-01-16 11:00) 

サンダーソニア

アマミノクロネコに遭遇ですね^m^
by サンダーソニア (2014-01-16 12:33) 

駅員3

奄美・・・あらためてその大きさにちょっと驚いています。
原チャリ・・・なかなか小回りが利いていいかもしれませんね。
by 駅員3 (2014-01-16 18:02) 

足立sunny

よもや2泊3日で、別の島までまわられるとは!
奄美大島って、かなり大きいんですね。
by 足立sunny (2014-01-16 19:19) 

さる1号

原付のトコトコ旅も長閑でいいものですねー
でも距離が半端無い気が^^;
黒兎に注意・・・始めて見ました^^
by さる1号 (2014-01-16 22:52) 

DEBDYLAN

迷子はお約束? ^^;
一緒にバニーガールでも探しに行きますかw

by DEBDYLAN (2014-01-17 00:40) 

youzi

プロパンガスを盗むのがビックリ!
by youzi (2014-01-17 07:51) 

吟遊詩人41

私の田舎でも何処行っても土俵が普通にありましたよ。。。

こっち、、、無いからびっくりです^^;
by 吟遊詩人41 (2014-01-18 00:11) 

sakamono

ホテルビックマリンを、どーしてもビックリマンと
読んでしまう...。
クロウサギが見られなくて、黒ネコでガマン^^;。
by sakamono (2014-01-19 12:50) 

島酔潜人

よくネコパンチ号で古仁屋まで行きましたね...
でも、船にバイク積んで加計呂麻観光するのは賢い選択かもしれない... でも、すごい!
by 島酔潜人 (2014-01-19 16:36) 

ねこじたん

めっちゃ楽しんでますね♪
ラビッツ見たかったなぁ~
by ねこじたん (2014-01-20 08:14) 

空の Ray

びっくりさせて ごめんなさい (>_<)
  お邪魔しました~♪
by 空の Ray (2014-02-02 22:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。