So-net無料ブログ作成
検索選択

第893話 関門海峡回動編☆Act下関でふぐコース『煉瓦刻印なんてもういいですからw』小森江ニッカウヰスキー株式会社門司工場・下関でフグほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『ワオ!いよいよFUGUを食べられるのデース(*´д`*)』

『まあまあまあ落ち着けリンダ^^言っておくが・・・食べれるかも?だ』

『ホワイ?食べれる・・・カモ???

『だって予約とかなにもしてねーからなオレw』

『『『えええっΣ(ll゚д゚(ll゚д゚ll)゚д゚ll)』』』

 これには私も含めて女子一同ご立腹ですう!

 てっきりここまで来たのだからフグ屋さんに予約の一つでも入れてるもんだとばかり思ってたんだもん^^;

『えっとっす。皆の怒りを代表して私がお兄ちゃんにゴッドブローを叩き込む!(# ゚Д゚)

『まあ待て待て琴音よ^^;一応目星はつけてあるから。なんせ今日は大晦日。やってる店自体がほとんどなかったんだ。

 ちなみに明日の元旦はどこもやってないw

 一軒だけフグ料理を出すお店が見つかったから開店と同時に行けばなんとかなるんじゃないかな^^』

 ・・・んまー!なんざますかその適当さw

 それでも予約すればいいじゃんね?

 たまに先輩のどうにかなるさには呆れてしまいますです・・・^^;

 

 さてさて矢筈山堡塁跡を堪能した私たちは少しばかり急ぐことに。

 だってフグ食べれなくなっちゃうかもだから(意地でも予約しないらしいw)

 第893話、関門海峡回動編☆小森江~下関編スタートですう~(*´д`*)

第893話・関門海峡回動編☆actふぐ・琴音・ニッカウヰスキー㈱の赤煉瓦工場ほか2.jpg 

DSCF0206.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg木々の切れ間から見える向こう側には下関市。

 今日の宿泊地は関門海峡を跨いだ山口県下関市ですう^^

菅原君アイコン小.jpg小森江駅から一旦、門司駅まで戻って山陽本線に乗り換えて下関を目指すぞみんな^^

琴音アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpg(しーーん・・・)

菅原君アイコン小.jpgあれ?^^;

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgどうやら皆拗ねちゃったみたいですね(そりゃそうですうw)

夕実ちゃんアイコン小.jpgさてここで矢筈山に登る際には気づかなかった場所に思わず目を止めることになります。

 本来ならば往復の道からは見えないのですが、

2琴音アイコン小.jpgやべえ!すぐそこにポケモンGOのジムがあるっす!

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと、まあ・・・琴音っちがポケモンGOで寄り道したいから!と駄々をこねたことから道を少しだけ逸れることになったのです。

 そこは矢筈山堡塁跡への途中にある公園への入り口。

 これが実は素敵な寄り道となるのですーーー

DSCF0207.jpg

琴音アイコン小.jpgえっ!? 何あれ!(゚д゚)!

リンダ・アイコン小.jpg公園の池に何か建ってマース(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgてっきりなんてことない山間の公園だと思いきや、

DSCF0208.jpg

DSCF0209.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgなんとビックリ!煉瓦の建物でしたのです^^

2琴音アイコン小.jpgキャアー!じゅりい~(*´д`*)

リンダ・アイコン小.jpgスガワラサン、この建物はホワイ?

菅原君アイコン小.jpgいや~オレもこんなとこにこんな物件あるだなんて知らなかったよw

 お!ちょうど解説版が立ってるから見てみようか^^

DSCF0210.jpg

DSCF0211.jpg

DSCF0212.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgここは『小森江子供のもり公園』(平成13年~開放)

 どうやら昔は小森江貯水池と言うところだったようです^^

琴音アイコン小.jpgそー言えば登ってる途中に立ち入り禁止の浄水場っぽいところがあったけど、こことワンセットだったんすね!

(実はそこにも金網越しに煉瓦片が散乱してた。でも写真撮ってないー^^;)

菅原君アイコン小.jpg1923年(大正12年)建造の貯水池と煉瓦の給水塔か。

 小森江浄水場自体は明治44年造の代物で、かつては導水管で小倉の方から水を引いてココで浄水して門司区に給水してたらしいな^^

 だけれども港湾都市としてガンガン発展する門司に給水事情が逼迫。

 そのうえ寄港する船舶への飲料水補給需要も増して、とてもじゃないが水事情が追い付かない可能性が出てきて建造したのがこの小森江貯水池だそうだ^^

 昭和48年に休止(実質廃止)ってことは約50年くらい稼働してたんだな。

リンダ・アイコン小.jpgココもまたそのままを利用した公園ってことデスネ☆

菅原君アイコン小.jpgだな^^ かつてお世話になったものを壊さずに歴史も伝えるように再整備化した公園か。

 オレはこういうのたまらなく好きだね^^

 

夕実ちゃんアイコン小.jpg思わぬ煉瓦遺構との遭遇に、いつのまにかフグの案件を忘れて通常モードで和気あいあいになった私達。

 よ~やく、山のふもとの国道3号線まで降りて来ましたです^^

菅原君アイコン小.jpg何の気無しにこの国道3号線を歩いてっけど、実はここも昔は路面電車走ってたんだぜ^^

夕実ちゃんアイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpgそーなの!?

菅原君アイコン小.jpg昭和60年まで西鉄北九州線がJR(国鉄)と並行するように走ってたんだ^^ 

 

夕実ちゃんアイコン小.jpgそのかつては路面電車が走っていた道を進んでいると、国道沿いのセブンイレブンの駐車場に何かを見つけた琴音っちが声を大きくするのです。

2琴音アイコン小.jpgちょちょちょちょちょ!セブンイレブンの駐車場の土台部位が古い煉瓦ちゃんっすよ><

(※ 緩い坂道に家々が建っているので嵩上げ部位に煉瓦が見えたのです)

菅原君アイコン小.jpgお~これは見た目にも古そうじゃん^^

2琴音アイコン小.jpgせっかくだし見て行こうっす(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言う偶然の煉瓦との出会い。私たちは煉瓦の土台伝いに歩っていくことに^^

 すると駐車場が終わっても、お隣に建つアパートの花壇部分が続きとなっていたのです。

DSCF0213.jpg

琴音アイコン小.jpgこれってさあ~、今はセブンとアパートって言う別々の敷地だけど、

 昔は同じ敷地で、何か煉瓦の構造物でも建ってたんじゃね?

菅原君アイコン小.jpgたぶん間違いないな。門司区はかつて煉瓦の倉庫群がたくさんあったと聞いている。

 小森江も当然しかりだ。

 建物じゃ無くとも煉瓦外壁とかの名残ーーーじゃないかと思うぞ^^

リンダ・アイコン小.jpgワッツ!? 何かボコボコしたブリック有るデス^^

DSCF0214.jpg

琴音アイコン小.jpgげ!ディンプル加工の煉瓦ちゃん^^;

菅原君アイコン小.jpgおっと・・・これはこれはーーー

 きな臭くなってきたなw

DSCF0215.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ?こっちにはBIZE---(それ以上は見えない)って刻印のある煉瓦さんありましたです^^

菅原君アイコン小.jpgなんだろ?備前ならば岡山辺りの煉瓦ってことになるかな^^

 

DSCF0216.jpg

2琴音アイコン小.jpg私も見っけ! これは~キシレンっすね(大阪泉南にかつてあった関西屈指の煉瓦工場・岸和田煉瓦㈱

 

DSCF0217.jpg

リンダ・アイコン小.jpgコッチは判別できないですが刻印ぽいデース^^

 

DSCF0218.jpg

2琴音アイコン小.jpgお、お、お兄ちゃん! この丸っこいのは!

菅原君アイコン小.jpgさっぱり分からんw でも結構レア煉瓦刻印だと思うぞ(*´д`*)

(三石?樽井???円の中に漢字みたいなのも刻まれてる気がします。見た事無いです)

夕実ちゃんアイコン小.jpg思わぬ煉瓦刻印のオンパレードに菅原兄妹は舞い上がりますです^^

 ---ですが、

琴音アイコン小.jpgなあ~兄ちゃん。何となく出どころが分かる刻印でも大阪や岡山の煉瓦っす。随分バラバラじゃね?

菅原君アイコン小.jpgそうだな。こんなにも数種類の煉瓦工場の煉瓦を使う建物はあり得ないな。

 これは仮定だがーーー

 恐らくこの敷地にある煉瓦たちは『寄せ集め』だと思うよ。

夕実ちゃんアイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpg琴音アイコン小.jpg寄せ集め?

菅原君アイコン小.jpg矢筈山に登る前に『煉瓦のガンタ積み』をアチコチで見ただろ?

 つまりは、かつてこの辺りには煉瓦の建物が数多くあったんだが、

 解体された煉瓦などを擁壁や土台や花壇なんかに使ったんじゃないかと思うんだよ^^

リンダ・アイコン小.jpgなるほどデス! 昔あった煉瓦構造物が全部が全部同じ煉瓦会社じゃないと言うわけデスネ^^

菅原君アイコン小.jpgそうだねリンダ^^ だからこそこんなにもバラエティーに富んだ煉瓦の刻印が見つかるんじゃないかと思うんだよ^^

 ガンタ積みを見てなかったら気づかなかった案件かもしれん^^

夕実ちゃんアイコン小.jpg真相は分からないけれど当たらずとも遠からじのようです(たぶんほぼ正解w)

 思わぬ寄り道でしたが大きな収穫だったのかなーってとこですね^^

 さあ~再び駅を目指して歩きだす私達。

DSCF0219.jpg

(何故か道路のど真ん中に『ガス止』の石標が埋め込まれてたり面白いとこです小森江w)

 

DSCF0220.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgようやく小森江駅に帰ってきた私達。

 すると『なんでこんなのを見過ごしていたのか?』と言うことに気づく私達。

(↑上の画像を良く見てくださいね☆)

 ・・・

 ・・・

 ・・・

 ・・・

 ・・・

 ・・・えっ?

菅原君アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpg小森江駅の裏側におもいっきり煉瓦の建物があるじゃんw

2琴音アイコン小.jpgしかも煉瓦の倉庫群!

菅原君アイコン小.jpgうわあ・・・矢筈山ばかり気にし過ぎて全然気づかなかったなw

(※ これは恥ずかしながら本当に気づきませんでした^^; リサーチしてたのは矢筈山の煉瓦と遺構だけ。

 まさかこんなにも小森江には煉瓦がゴロゴロしてるとは・・・

 煉瓦マニアとして最大級の生き恥です・・・w)

2琴音アイコン小.jpgせっかくだしあそこも見たい!見たい!

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわきゃー・・・でもでもです、電車の時間とフグさんが・・・

リンダ・アイコン小.jpgスガワラサン!時刻表見ると次の電車まで15分くらい余裕有るデス^^

菅原君アイコン小.jpgんじゃー駆け足だけどいいか?みんな^^

夕実ちゃんアイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpgサー!イエッサー(*´д`*(*´д`*)*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことでここからは『15分間のリミットバトル』に突入ですうw

 大急ぎで踏切を越えて向こう側へ行くこととなったとですう☆

 

DSCF0221.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg時間も無いのにその途中ーーー

2琴音アイコン小.jpgうっは!なんか金網越しに煉瓦ちゃんありゅう(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgどれどれ。望遠で古い煉瓦か新しい煉瓦か判別してやんよw

 ええっとーーー

 ん?

 あれ?

DSCF0222.jpg

2琴音アイコン小.jpg菅原君アイコン小.jpg刻印煉瓦じゃん(*´д`*)*´д`*)

2琴音アイコン小.jpg金網乗り越えていいっすか!?

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgリンダ・アイコン小.jpg菅原君アイコン小.jpg犯罪だからヤメテwww

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg私達が諫めなければこの子は本当に金網飛び越えてしまいそう^^;

 まあそんなこんなでようやく目的の場所へとやってきましたよ。

DSCF0223.jpg

DSCF0224.jpg

リンダ・アイコン小.jpgニッカウヰスキー㈱ 門司工場って書いてありますデース^^

琴音アイコン小.jpgっつーことはウイスキーでも作ってんのかな???

菅原君アイコン小.jpgいやどうだろう。酒類会社ってかなり合併合弁繰り返してるからなあ^^

 調べるから待っとけ!

夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩はスマフォでピッポッパ。するとーーー

菅原君アイコン小.jpgなるほど、ここはーーー

 元々は門司区(門司市)で三井や三菱を越える財閥とも謳われた『鈴木商店』の焼酎工場が始まりのようだな^^

 大正3年(1914年)建造の赤煉瓦工場。

 当時の名前は『鈴木商店大里酒精製造所』だ^^

 その後は合併の歴史が長すぎるので割愛するけれど(合併し過ぎなんだよ!w)

 平成にアサヒビールの子会社となってたニッカウヰスキー㈱と合併して今があるらしい^^

 ちなみにウヰスキーって謳ってるが創業時から一貫して焼酎類の工場だそうだよ(今は、かのかとかかな)

 原料からパッケージングまでのトータルシステム工場としては日本屈指の規模と言うから、御見逸れしちまうぜ(*´д`*)

2琴音アイコン小.jpgくうー!どんなに合併しようが頑固一徹!焼酎に携わった工場なんて焼酎好きのわたしにはたまんねーっすねw

 しかも100ねんを越える赤煉瓦をそのまま利用してるんだから最高や!(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg先輩!琴音っち!この赤煉瓦倉庫が素敵なのは分かりましたが時間が無いですよ!

菅原君アイコン小.jpg琴音アイコン小.jpgああそうでしたw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg駅から近いとはいえ残り7分。どうしますですか???

2琴音アイコン小.jpg3分で刻印探しして4分で帰るっす!

菅原君アイコン小.jpgだな。議論してる場合じゃない。

 みんなで手分けして調べよう!

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgリンダ・アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgブラジャー!(了解の最上系の意) 

DSCF0225.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー☆ 道路に面した煉瓦工場。その庭先には花壇と木製の長椅子があったのです。

リンダ・アイコン小.jpgアートデスネ~(*´д`*)

 

DSCF0226.jpg

菅原君アイコン小.jpg赤煉瓦以外にも色の違う煉瓦があるな。

 

DSCF0227.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg積み方はーーーイギリス積みっぽいですね^^

2琴音アイコン小.jpgちょちょちょ!そんなのいいから刻印探ししてよマジで><

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgはいですー^^;

 ・・・さて残り時間僅か。

 もう刻印なんて無いし諦めて駅に帰ろうって思い始めたところで、

DSCF0228.jpg

リンダ・アイコン小.jpg何か〇に棘が生えたような刻印見つけたデース^^

琴音アイコン小.jpgえ?どれどれ???

菅原君アイコン小.jpgお!リンダお手柄だね^^

 これは『〇にY』の大阪窯業の煉瓦刻印だ☆

2琴音アイコン小.jpgマジかー!大阪窯業の煉瓦が使われてるってことっすね!

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? こっちにもーーー

DSCF0231.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg大阪窯業の煉瓦刻印みっけですう(*´д`*)

2琴音アイコン小.jpgくそー!リンダだけならまだしも夕実っちにも出し抜かれたっすw

菅原君アイコン小.jpgああ~でもこれで分かってきたぞ^^

琴音アイコン小.jpg何がよ?お兄ちゃん。

菅原君アイコン小.jpgこの門司区にかつて使われた煉瓦は地元産(北九州)よりも、越県煉瓦(つまりは他県で生産した煉瓦)が数多く使われている!ってことになりそうだな^^

夕実ちゃんアイコン小.jpg矢筈山堡塁や煉瓦の花壇、そしてニッカウヰスキー㈱の赤煉瓦工場まで全てが大阪や岡山、愛媛県産でしたしね^^

琴音アイコン小.jpgそう言われるとそーっすね! これは結構、九州北部の煉瓦のルーツを知る上でもめちゃ良い発見だったかもしんないっすね(*´д`*)

リンダ・アイコン小.jpgもうリミットギリギリデース!

菅原君アイコン小.jpgおおそうだな!んじゃーみんな走るぞ☆

 

夕実ちゃんアイコン小.jpg斯くして思わぬ大発見☆

 ガンタ積み~矢筈山堡塁のいよみつ刻印~バリエーション豊富なアパート前の刻印達、そしてこのニッカウヰスキー㈱の赤煉瓦工場の刻印で、関門海峡周辺の煉瓦事情が少なからず見えて来たみたいですね^^

 

 さてこの後は本当にロケットダッシュで小森江駅へw

 ギリギリセーフで電車に飛び乗り、Uターンしてから下関市へと向かいましたですう(*´д`*)

DSCF0232.jpg

DSCF0233.jpg

リンダ・アイコン小.jpgワオ! マンホールもFUGUなのデース☆

2琴音アイコン小.jpg来ちゃったぜ下関!

DSCF0234.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー・・・小倉もそうでしたが、この下関はもっともっとお洒落な街並みですね先輩^^

琴音アイコン小.jpg私もそれ思ったっすよ!てっきりフグとかメッカだし古びた港町テイストだと思ってたのに(失礼なイメージだけどねw)

菅原君アイコン小.jpg元々は市内の中心地じゃ無かったそうだ。

 ここからもっと先の唐戸の港が下関の中心街だったそうだが鉄道が通り、

 更には北九州と下関を結ぶ関門トンネル(海底トンネル)が出来てからは駅周辺がにぎわったそうだよ^^

 近年まではレトロな駅舎が残る下関駅界隈だったんだが・・・

 放火事件でそれも消失(下関放火事件

 それを契機に駅周辺の再開発事業が起こって今君たちが目にするような新しい街並みに変わったってのが大まかなこの地域の流れかな^^

リンダ・アイコン小.jpgアースン(放火)を契機にとは・・・ジャパンの人は発想がタフデスネ^^;

菅原君アイコン小.jpg放火事件だけが再開発のきっかけの全てじゃ無いよ?言っておくけどなリンダ。

 でも日本っちゅーのは自然災害も多いし戦争でもこてんぱんにやられたけれども、

 再興の力・復興の力ってのは『世界の中でも最強で最高』だとボクは思ってるんだよ^^

 昔の姿が残る下関駅前を見れないのはちょっと残念だけれども、どうせ直すならガッツリやったるぜ!って心意気を楽しんでくれな^^

リンダ・アイコン小.jpg心意気? スピリット(精神)みたいなものでしょうか^^

 日本語難しいですがハートに伝わってきましたデスヨ(*´д`*)

 

夕実ちゃんアイコン小.jpgさあ~この後は今日明日お世話になる東横インさんにやっとこさチェックイン^^

 身支度を整えてから再び下関駅前に歩き出しましたです。

 そう、今日のメインディッシュ『ふぐ』を食べにですう~(*´д`*)

  

DSCF0248.jpg

琴音アイコン小.jpgこの『和や』ってところがフグやさんっすか?

菅原君アイコン小.jpgベースは居酒屋さんだな^^ リサーチ的には気軽にフグも食べれるとこらしいよ^^

リンダ・アイコン小.jpgFUGU!FUGU!

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うか大晦日だけあって本当に駅周りは数軒しか飲食やってないですねえ^^;

 

 さっそく暖簾をくぐった私たちを威勢の良いオジサマがらっしゃいませと出迎えてくれましたです^^

 

DSCF0235.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg開店間もないと言うのにお客さんもかなりのもの。

 まずは頑張って電車に飛び乗ったのは正解だったと言うところでしょうかw

 各自、お疲れビヤーが出そろったところでーーー

菅原君アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgかんぱ~い(*´д`*(*´д`*(*´д`*)*´д`*)♪

2琴音アイコン小.jpgくうう~!!! 煉瓦の後の酒は最高っすね!

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg菅原君アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpgあんたそのセリフ矢筈山堡塁でも言ったじゃんw

2琴音アイコン小.jpgてへ☆

夕実ちゃんアイコン小.jpgで~先輩、メニューは色々あるですがどうします?

菅原君アイコン小.jpg勿論フグを食おう^^

 出来ればコース的なものでもあればいいのだが・・・

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことでオジサマに聞いてみたところ『お気軽に御一人様からのふぐコース』があるんだって!

『ふくミニコース(3800円)』ともう一段階お高めのコースがあると。

菅原君アイコン小.jpgオレは・・・この際多少高くても皆にいいものをって思ってたし一段階お値段高めでも皆に振舞おうと思ってる^^ 当然ゴチだ☆

2琴音アイコン小.jpgじゃあー高い方(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpg『私は・・・フグが食べれるのならとくだん高くなくてもいいですう^^』と先輩に告げると、

 そこに店員のオジサマがメニューを指さしつつ色々とレクチャーしてくれたのですう。

『コース内容的には似てるのですが、てっさ(フグの薄造り)の量はミニコースの方が多いんですよ^^ ちょっとお高い方はフグに関係する小鉢などが多めにオプションとして付くと言うだけで^^』

リンダ・アイコン小.jpgお刺身多い方がいいデース(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpg結局、リンダちゃんのその一言こそが決定打になりました^^

 彼女の本来の目的でもあるし、

 やっぱりフグは薄造りをゴソっと箸で掬って口に運ぶのが醍醐味ですしね(*´д`*)

2琴音アイコン小.jpg異論無し!オーダー!ミニふくコースでお願いしまっしゅ(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで全会一致で『ふくミニコース』に決定です☆

 

DSCF0236.jpg

リンダ・アイコン小.jpgワフー! こ、この豆腐みたいなのはナンデスカ!(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpg白子豆腐だね^^

リンダ・アイコン小.jpg白子??? それってナンデスカね?

菅原君アイコン小.jpgそれは人間に例えるなら・・

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpg人間に例えんな!w

リンダ・アイコン小.jpgなんだかワカリマセンがデリシャスデース(*´д`*)

 

DSCF0237.jpg

琴音アイコン小.jpgこっちは煮凝りっすね^^

菅原君アイコン小.jpgフグ皮を薄口ベースの出汁でつめていくことによってゼラチン質が濃縮されてこんな感じになるんだよリンダ^^

リンダ・アイコン小.jpgこっちもデリシャス(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgそしてリンダお待ちかねの例のヤツがやってきましたよ^^

DSCF0238.jpg

DSCF0239.jpg

リンダ・アイコン小.jpgワオ・・・ジーザス・・・すごく綺麗に薄く刺身が並んでマース(*´д`*)

2琴音アイコン小.jpgこれ一人前!? 結構あるじゃーん(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpg6~7切れくらいかと思ってましたよw

菅原君アイコン小.jpgフグの身を綺麗にそぎ身にするのってたいへんなんだぞ^^

 包丁で引いたら角を少しだけ折り、角を立てて一枚一枚並べていく訳だよ。

 その薄さは下のお皿の絵柄が透けて見えなくちゃならない(このお皿は青磁で模様も無いが)

リンダ・アイコン小.jpgどうやって食べるのですか!

菅原君アイコン小.jpg作法なんて無い。

DSCF0240.jpg

菅原君アイコン小.jpgこんな感じで豪快に箸で掬って喰らうがよいぞ^^

リンダ・アイコン小.jpgオオオオ! マーベラス!(*´д`*)

 スガワラサンについてきてよかったデース(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg『ポン酢も美味く無きゃな!』なんて先輩がうんちく語り始めたのを無視して私たちも食べ始めましたです^^

 せっかく綺麗に盛り付けてくれたのに崩してしまうのは何だかもったいないですね。

 でも美味しい~(*´д`*)

 

DSCF0241.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgから揚げが出てきたところで皆でお酒の追加ですう^^

菅原君アイコン小.jpgひれ酒もゴチだからみんな吞め吞め~(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgせっかくのオゴリです☆ガンガンひれ酒でもと思いきや、

DSCF0242.jpg

2琴音アイコン小.jpgやっぱり『ふぐの骨酒』っすよ(*´д`*)うんめー!

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgひれじゃなく骨の方を選びましたよw

DSCF0243.jpg

(※ 何だったかな?これ。忘れたけど美味かった^^)

夕実ちゃんアイコン小.jpgそしていよいよお鍋(ふくちり)の登場ですう(*´д`*)

DSCF0244.jpg

DSCF0245.jpg

2琴音アイコン小.jpgやべえ・・・マジうま(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgすげーな。フグの身とアラが二匹分くらい入ってないか?(身は一尾分。アラは顎や口が二つだったし一人前としては申し分ないのでは?^^)

DSCF0246.jpg

DSCF0247.jpg

リンダ・アイコン小.jpgアアー!ジャパンに来て良かったと本気で思ってしまいましたデース!

 だってアメリカにいたら絶対食べなかったデス^^

 ZOUSUI(雑炊)の文化に感動デース(*´д`*)

 そしてスガワラサンに感謝デース(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpg最後の〆の雑炊がこれまた最高でしたよ(*´д`*)

2琴音アイコン小.jpgほんとに4000円でいいのかよw

菅原君アイコン小.jpgだな^^ フグ自体はトラフグじゃないがコスパ的に満足度最強だよなw

夕実ちゃんアイコン小.jpg気軽に一人旅でもフグのコースを味わえる和やさん、いかがだったでしょうか^^

 フグだからって気張って行かなくてもOK。下関にいらっしゃった時などにふらりとどうでしょうかですー☆

(※ ちなみにこの日は高かろうが絶対フグを食ってやるつもりだったので5万円用意してたんだけどねw)

DSCF0249.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgさあ一日目は終了。果たして明日はどんな旅が待っているのでしょうか?

 ワクワクが止まりませんですう(*´д`*)

 

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgおひさしぶりぶり~(*´д`*)

ぎゃる魅.jpgぶりぶり~(*´д`*)

ちょいのり・サザエさんver1.jpgさて今回も長い記事でしたがご理解ください。いつもの仕様ですw

 いやあ~小森江は煉瓦刻印のオンパレードでした^^

 実はこの他にも煉瓦造りの工場などがあったのですが時間的に断念したくらいです^^;

ぎゃる魅.jpgてっきり本場トラフグでも食ってくんのかと思ってたのに。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそのつもりだったけど大晦日で店自体やってるとこ無かったしな^^;

 とは言え一人旅にはうってつけのお店だったぜ☆

 文中で夕実ちゃんも言っていたが、お気軽にコース食べたいなら良いお店だったよ(その他には鮟鱇や鯨料理なんかもあったし)

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさて次回はまたもや低山トレッキングですw

 下関で初日の出と煉瓦の刻印を見たいならここしか無い!って場所に行ってきたよ(と言うか恐らくその刻印は誰も見つけていないものだとは思うけどね)

 ではではまた今度お会いいたしましょうず(*´д`*)

  


nice!(94)  コメント(24) 

第892話 関門海峡煉瓦回動編Act矢筈山『この素晴らしい戦跡遺構の再利用に祝福を!』矢筈山堡塁跡・三津浜煉瓦㈱ほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『うは!そう言えばっす。今日はホテル紅白歌合戦見れるっすね^^』

『オレあんまし興味ねーんだよなあ^^; 夕実ちゃんは好きな歌手とかいるの?』

『わきゃー私ですか? 特には無いですが、ガッキーの出てたドラマの歌が好きですう^^ あとあの・・・えとえと・・・ダンスも(*´д`*)』

『ワタシそれシッテマスデース(*´д`*) コミカルで可愛いですよねヒゲダンス(*´д`*)』

『『『ヒゲダンスじゃないから!』』』

 そんなたわいもない会話をしていたら、あっという間に目的地に着いちゃったみたい。

 先輩は『登るから!ひたすら登るからw』と私たちを脅すんだけどお、

 そこって一体何が待ってるんだろ???

 勿体ぶって教えてくれない先輩にもう一度聞いてみた私。

 

 するとーーー

キャンプ場だよ^^ フヒヒ☆』だってえ・・・^^;

 そんなの絶対嘘っぽいよ!

 まだ絶対何か隠しているはずだよね?

 ではでは関門海峡煉瓦回動編。

 第892話のはじまりはじまりです~^^

第892話関門海峡回動編☆矢筈山堡塁跡・夕実ちゃん2.jpg 

DSCF0113.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgやってきたのは有名な観光地『門司港』のお隣さん『小森江駅』でした。

 私達以外誰も下車しなかったのはビックリ^^;

 手前の駅『門司』じゃ沢山の人が乗降してたのにですよ?

 

 さて私たちはとりあえず駅前の観光案内板の前に佇んだのでした。

DSCF0114.jpg

琴音アイコン小.jpgなあ~兄ちゃん。登る~って言ってたのはズバリコレの事っしょ? だってこれしか登るとこ無いもんねw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそもそも小森江の観光案内にはこの矢筈山ってところしかないじゃないですか先輩^^;

菅原君アイコン小.jpgまあそう言うことだw

 今日の最後を締めくくるのはこの小森江駅前に鎮座する『矢筈山』だ^^

DSCF0115.jpg

リンダ・アイコン小.jpgワオ! なぜスガワラサンがここを目指すのか案内板の説明で分かっちゃいましたデース^^

琴音アイコン小.jpg要するにこの矢筈山ってところが『戦跡遺構』ってことっすね^^

菅原君アイコン小.jpgまあそう言うことだw

 詳しい説明は登った先で説明するぞ。今回はこの

『矢筈山堡塁(ほうるい)跡』を目指してレッツ低山トレッキングだ^^

 ちなみにそこには『煉瓦』もあるし『珍しい煉瓦刻印』もあるからな^^

2琴音アイコン小.jpgなんですと!?早く行きましょうお兄たまぁ~(*´д`*)

 

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg煉瓦刻印となると途端にゴロニャンしちゃう琴音っちには困りもの・・・^^;

 さてと地図を見る分には『標高266m』って書いてあるです。

 大した距離でも無さそうかな?と私たちは歩き出すのですが、

 さっそく待った!コールが掛かるのですーーー

 

DSCF0116.jpg

リンダ・アイコン小.jpgスガワラサン!スガワラサン!駅前の駐車場にホワッツな物体がありますデース☆

菅原君アイコン小.jpgん?何だコレ? これは前情報無かったからオレも知らないぞ?

DSCF0117.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg駅前の駐車場にはどう見ても不釣り合いの怪しい物体。

 回り込んで見てみるとーーー

琴音アイコン小.jpgなあ~兄ちゃん。これってーーー『掩体壕』じゃね?

DSCF0118.jpg

菅原君アイコン小.jpg造りは凄くそれっぽいな^^ んー・・・でも丸過ぎやしないか???

夕実ちゃんアイコン小.jpg誰も分からないので早速琴音っちが検索を試みるとーーー

琴音アイコン小.jpg掩体壕っぽく見えたけど、これって『関門鉄道の立坑跡』なんだって^^

リンダ・アイコン小.jpg立坑???

菅原君アイコン小.jpgなるほどな^^ 実はな?リンダ。

 ボクたちが今日泊まる場所はこの対岸にある山口県の下関なんだが、

 その間には海『海峡』があるんだ^^

 そこへの鉄道はこの小森江駅付近から海底トンネルを通って行く訳なのさ。

 立坑ってのは『縦抗』とも書く。

 つまりは縦に穴を掘ってそこから横へとトンネルを掘ったんだよ^^ その名残ってことだな☆

(※ 1942年開通)

 

Screenshot_20161231-122515.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgさてさて、

 先輩に見せて頂いた矢筈山堡塁までの道のりは約50分程度。

 その山の麓までの間にも色々発見がありましたですよ~~^^

DSCF0119.jpg

リンダ・アイコン小.jpgワオ! 何か煉瓦がグチャグチャ積まれてるデース☆^^

DSCF0120.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg縦横斜めに無茶苦茶な積み方ですねコレ^^;

DSCF0121.jpg

2琴音アイコン小.jpg煉瓦のガンタ積みだね(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpgガンタ積み???

菅原君アイコン小.jpg簡単に言うと『色々な塊を再利用した擁壁の積み方』ってところかな^^

 コンクリの瓦礫や煉瓦の瓦礫、そういうものを壁として積み上げたやつだ。

 ちょっと厄介なのは構造的に『脆弱』

 なんせ寄せ集めの壁だしね^^;

 古い宅地造成とかじゃ割と見かけるんだけど、地震や長年の風雨による劣化に対してかなり不向きな積み方だな。

 とは言え眺めてると結構面白かったりもするが^^

2琴音アイコン小.jpg刻印あるかもしんない!

菅原君アイコン小.jpgいや、時間無いから先行くぞ^^;

2琴音アイコン小.jpgいけず~(ノД`)・゜・。

DSCF0122.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgさて駅前の大きな道から逸れ、この小森江口と言う石標からが本当の始まりでした。

 ここからはひたすら登り道。結構な急こう配でしたです^^;

 

DSCF0123.jpg

DSCF0124.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgその道中にも煉瓦塀がチラホラ。

 小森江には煉瓦がいっぱい☆と予感させるには充分でしたですう^^

 

 民家も道路沿いに無くなり見えてくるのはーーー

DSCF0126.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg舗装されてない道路さん・・・

2琴音アイコン小.jpgやっぱこう来たかw

菅原君アイコン小.jpg当然だろw それでもちゃんとした道が今回はあるんだからまだいい方だぞ?

リンダ・アイコン小.jpgワッツ!? でもスガワラサン! 目の前の道が『ゲートで閉まってる』デスヨ???

DSCF0127.jpg

菅原君アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgえええ!?Σ(ll゚д゚(ll゚д゚ll)゚д゚ll)

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgまさかの通行禁止!?

2琴音アイコン小.jpgなんだよー。お兄ちゃんリサーチ甘いんじゃね?

菅原君アイコン小.jpgいや・・・こんなゲートがあってこの先行けないだなんて聞いてないぞオレ^^;

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこれは・・・もう引き返すしか無さそうと言う雰囲気になった私たち。

 しゅんとする菅原兄妹でしたが、

 ゲートの向こう側からテクテクと地元のおじいちゃんらしき人が降りてきたのです。

『ん?どうしたん?君たち^^ ああ~このゲート?

 これは車が入り込まないように通せんぼしてるだけだよ。この先は狭いし危ないしねぇ^^

 歩いて上まで行くのは全然構わんから安心して行ってきなさいよ。いい運動になるぞ^^』

 だってw

 私たちは『ありがとうございます(*´д`*)』とお辞儀して、早速上を目指すことと相成ったのでありますですう(*´д`*)ホッ

 

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgさあ~あとはひたすら登るだけなのですが、標高266mは決して楽では無いようです^^;

琴音アイコン小.jpgね~夕実っちこれ見てよ^^

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ?何ですか?

 そう言われて彼女が差し出したスマフォの画面を見るとポケモンGO^^;

 こんなとこに来てまでやってるのかい!と一瞬嘆いたのですがーーー

Screenshot_20161231-134439.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg画面に映る、その幾重にも連なる『つづら折りの道』にもっと嘆いてしまいましたですよおうw

 

DSCF0128.jpg

2琴音アイコン小.jpgくっはー!よーやく着いたっすパーチャクっす^^;

DSCF0129.jpg

リンダ・アイコン小.jpg矢筈堡塁って刻まれてマース^^

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg時間にして本当に50分で到着。ここは一応キャンプ場入り口・・・になるのでしょうか?

 公衆トイレと石標がありましたです^^;

DSCF0130.jpg

2琴音アイコン小.jpgいきなり耐火煉瓦の刻印ちゃんげっとお(*´д`*)

 お兄ちゃんが見せたかったのコレ???(PYKってどこのだろ?)

菅原君アイコン小.jpgいや違うよ? オレが見せたいのは矢筈山堡塁に使われてる赤煉瓦の刻印だし^^

 っつーことでさっさと行こうぜ。でもオシッコしたい人は先に行ってこい^^

リンダ・アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpg実はオシッコしたいです!

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg二十歳の女子たちなのに・・・

 私と先輩は彼女たちを待つ間にこの付近をブラブラすることに。

DSCF0131.jpg

菅原君アイコン小.jpg何の煉瓦塊だろ? 門柱かな?

DSCF0133.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgこれは・・・何でしょうか?

 戦跡遺構なのかキャンプ場の何かなのか意図不明ですう^^;

 おトイレから帰ってきた彼女たちと合流していよいよこの先へと突入。

 するとーーー

DSCF0135.jpg

DSCF0136.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg矢筈山堡塁キャンプ場の中心へとやってきたのですう^^

琴音アイコン小.jpgえっと・・・宇宙サイトとかスライダー広場とか地図見ても全然わっかんないんすけど^^;

リンダ・アイコン小.jpgスガワラサン。そろそろこのキャンプ場と戦跡遺構の詳細を教えてクダサーイ^^

菅原君アイコン小.jpgそうだなw

 キャンプ場の地図見てもどこが戦跡遺構とかわかんないよねw

 ちょうど頃合いだしここらでこの矢筈山堡塁の説明をすんぞ^^

 

『矢筈山堡塁』は明治20年頃に造られた下関要塞の一部なんだよ。

 明治初頭、大日本帝国は外敵からの侵攻を防ぐ名目で日本各地に要塞を築いた訳なんだが、

 その中でも首都を守る東京湾要塞と、

 この関門海峡を守る下関要塞が特に最重要ポイントだったんだ^^

 なんせ関門海峡を突破されると言うことは日本の懐に侵入を許すことだからね(由良要塞や芸予要塞は近畿地方最後の砦)

 仮想敵国は勿論・帝政ロシア。

 今となっちゃ本当に攻めてくることがあったのか疑問だけれど、

 関門海峡を挟んで九州側の山々と下関側の山々に要塞を造ったんだよ^^

 ぶっちゃけ見える山々は要塞だったと思っていいほどバンバン造ったんだぜ(割と本当の話)

菅原君アイコン小.jpgそしてその多くは日露戦争後、もしくは太平洋戦争終結後に民間に払い下げられたり放置プレーで廃墟のままだったりするんだ。

 この矢筈山キャンプ場は1971年(昭和46年)開業。

 日本での民間人のキャンピングなんて本格的に流行り出したのは戦後以降だと思うし、

 キャンプ場としてはかなり老舗だと思うぞ^^

菅原君アイコン小.jpgそして本題だな^^

 この矢筈山キャンプ場は日本で屈指と言ってもいいくらいに、

 当時の戦跡遺構や土地をそのままに利用したキャンプ場なんだ^^

 詳しい説明何ていらない!

 むしろオレわかんないw

 でも見ればきっと分かる!・・・はず♪

 だからブラブラしてみようぜ^^

2琴音アイコン小.jpgぶっちゃけキャンプ場の何がどの戦跡遺構かわかんねーのかよw

菅原君アイコン小.jpgてへ☆

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことで・・・キャンプ場を闊歩することになりましたです。

 

矢筈山堡塁MAP.jpg

DSCF0137.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgまずは管理棟前広場の目の前のトンネルへ^^

DSCF0138.jpg

DSCF0139.jpg

リンダ・アイコン小.jpgワオ!何かいっぱい写真が展示してますデース^^

琴音アイコン小.jpgドラマとか映画のロケ地???

菅原君アイコン小.jpgみたいだな^^

DSCF0140.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgトンネル内部も写真がいっぱい^^

 正直どこら辺が戦跡遺構なのか分からずですw

DSCF0141.jpg

琴音アイコン小.jpgあれ? 石やコンクリのトンネルと思ってたけど煉瓦ちゃんも使われてるやん(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpg部屋みたいな部位もあるな。ちょっと覗いてみようぜ^^

DSCF0142.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg覗いてみると・・・真っ暗ですう^^;

 まあ・・・なんせ大晦日ですし管理人さんもキャンパーも居ませんしねw

DSCF0143.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことでフラッシュを焚いた画像がこちらですう^^

2琴音アイコン小.jpgうひょー!トンネル内の煉瓦の側室☆

リンダ・アイコン小.jpgスガワラサン!何に使われてたのでしょうか(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpg何だろねw

2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgリンダ・アイコン小.jpg分からないんだw

矢筈山堡塁MAP.jpg

DSCF0144.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgさて次はトンネルを抜けたその先にある野外教室ってところにやってきましたです^^

琴音アイコン小.jpgコンサート会場っぽいけどこれは何?

菅原君アイコン小.jpg戦跡遺構の流用・・・じゃないな。多分、キャンプに来た学生や子供たちの屋外イベントホール的な場所じゃないかな^^;

DSCF0145.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgさて今度はトンネルと野外教室の間にある炊事場の脇から上へと登ってみましたです^^

 するとそこにはーーー

DSCF0146.jpg

DSCF0147.jpg

琴音アイコン小.jpg何この胸の高さくらいの壁! しかも天辺は煉瓦ちゃんっす(*´д`*)

DSCF0148.jpg

DSCF0149.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg見れば尾根伝い? 海側を背にして同じような背丈の構造物が先へ先へと連なってました。

菅原君アイコン小.jpgもしかしたらば・・・『胸壁』かな?

琴音アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg胸壁?

菅原君アイコン小.jpgオッパイが絶壁とかじゃないからね^^

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgもしかして私を見て言ってます?先輩(指をゴリゴリ鳴らす夕実ちゃん)

菅原君アイコン小.jpg胸壁ってのは敵の砲弾を除けるための盛り土とか人為的に造った壁だよ^^

琴音アイコン小.jpgんじゃー昔の煉瓦の可能性もあるってことっすよね? だったら待ってて煉瓦刻印ちゅわーん(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg古い煉瓦かもしれないとふんだ琴音っちは舐めるように胸壁の長頭部の煉瓦さん観察に没頭^^;

 でもどうやら刻印は見つからなかったみたい。

DSCF0150.jpg

DSCF0151.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg近所には陶管と煉瓦の土台のへんてこりんな物もチラホラ。

 当然、琴音っちはここも物色。でも刻印無しで嘆いてましたよw

(※ 先輩曰くこれは、この下に存在する壕内からの通気口)

矢筈山堡塁MAP.jpg

DSCF0155.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg次はスナイダー広場ってところにやってきましたです^^

琴音アイコン小.jpgスナイダーって何すかリンダ。

リンダ・アイコン小.jpgスナイダー? 人名でしょうか???

菅原君アイコン小.jpgオレも分からないな^^; 

 ん? でも向こうに記念碑みたいなのがあるぞ?

夕実ちゃんアイコン小.jpgそこには『なぜここがスナイダー広場なのか?』が書いてありましたです。

 この矢筈山のある地域はかつて門司市と言う『市』だったのですが(今現在は北九州市の門司区)

 門司市だった頃、アメリカノーフォーク市との姉妹都市協定を結んでいたそうなのです^^

 そこから親善使節団が訪れた際、その時の団長さんがスナイダーさんだったと。

 寄付も頂いたことからこの公園に彼の名を命名しちゃった。と言うことみたいですねえ^^

DSCF0156.jpg

DSCF0157.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgさてこのスナイダー広場から一段下がる場所にも胸壁らしきものがありましたです。

 

DSCF0158.jpg

2琴音アイコン小.jpg古そうな煉瓦使ってんのに刻印ないなあ・・・

菅原君アイコン小.jpgなあ~でもこの胸壁、よーく見るとスタート地点の案内図があったとこまでグルリと続いてるな^^

 ここまで来たなら全部見て回るかw

夕実ちゃんアイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpg了解です☆

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで胸壁の天辺煉瓦さんを辿ってキャンプ場内をぐるりと一周。

DSCF0159.jpg

2琴音アイコン小.jpgやっぱり無いっす^^;

菅原君アイコン小.jpgねえ~なあ~^^;

夕実ちゃんアイコン小.jpgそう誰もが諦めた頃でしょうか?

矢筈山キャンプ場・胸壁の煉瓦刻印・在り処MAP.jpg

 管理棟の裏手。方角で言えば関門海峡を見渡せる展望台へと差し掛かったところでリンダちゃんが大きな声をあげたのですう!

 

 

DSCF0160.jpg

リンダ・アイコン小.jpg何か刻まれてるデース(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!? ほんとです!

2琴音アイコン小.jpgなにこれ?『いよみつ』っすかね!?

 刻印来たアーーーーーー!!!(*´д`*)

 

DSCF0162.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!見てください!こっちはもっとはっきりクッキリですう^^

 

DSCF0163.jpg

菅原君アイコン小.jpgこっちのも負けてないぞ^^

 

DSCF0164.jpg

2琴音アイコン小.jpgここなんか楕円に囲われた『いよみつ』っす(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgその後は見つかる見つかる煉瓦の刻印さんのオンパレード!

DSCF0165.jpg

DSCF0166.jpg

DSCF0167.jpg

DSCF0168.jpg

DSCF0169.jpg

リンダ・アイコン小.jpg『カタカナのいよみつ』もありましたデース☆

琴音アイコン小.jpgなあ~兄ちゃん。随分とバリエーションがある煉瓦刻印っすね^^

夕実ちゃんアイコン小.jpgこのいよみつって刻印はどこの工場とか目星はついているのでしょうか?先輩^^

菅原君アイコン小.jpgうん。これはこの北九州の戦跡遺構を調べてるサイトさんの情報を頼りにここまで来たんだがーーー

0哩 ゼロマイル~北九州の近代遺産さんと言うお方です。今現在は更新されてらっしゃらないのかな? とは言え非常に詳しく分析解析されています^^)

 その方が管理人さんに聞かれた話だと

 愛媛県松山市・三津浜にかつて存在した『三津浜煉瓦㈱』の製品なのでは?とのことだ^^

夕実ちゃんアイコン小.jpg三津浜? 愛媛からわざわざ? しかも刻印は『いよみつ』ですよ?

琴音アイコン小.jpg伊予の『いよ』と三津浜の『みつ』から名前を取ったって感じじゃね?

菅原君アイコン小.jpg正解だ琴音^^

 三津浜煉瓦㈱は明治18年頃操業開始(小規模経営でスタート。のち大正時代に株式会社となる)

 工場閉鎖時期は正確には分からなかったが昭和50年代以降に別の建物の地図表記があるから、恐らく昭和50年代には無くなっていたんじゃないかな。

 規模的にもかなり大きく煉瓦の生産高もかなりの工場で、

 出荷先は主に山口県や北九州市と言う越県した場所だったそうだ。

 その用途は特に製鉄所・鉄道路線・鉄道工場。呉の海軍工廠にも使われたらしいぜ^^

大正7年松山案内より三津浜煉瓦.jpg

2琴音アイコン小.jpgめちゃめちゃスゲーじゃん!いよみつ(*´д`*)

リンダ・アイコン小.jpgと言うことはデス。下関要塞どころかこの地域の鉄道に使われていたブリックは全部いよみつサンデスカ^^

菅原君アイコン小.jpgん~それはどうかな^^

 この関門海峡周辺の煉瓦構造物の多さを見た感じじゃ(調べた感じじゃ)ここだけではとても賄えないと思うぜ^^

 ま、その手がかりにでもなればいいかな~と思って、実は明日も別の要塞に登るつもりなんだよw

2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg元旦からまた山登りかい!w

DSCF0170.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgさて刻印探しはまだまだ続きますです。

 先輩曰く『ここの胸壁だけに煉瓦刻印が集中しているのはおかしい^^;』と言う。

 要するにです、明治20年に造られた矢筈山堡塁は明治18年創業の三津浜煉瓦㈱の煉瓦ですべて出来ていてもいいはずなのに変じゃないか?ってことらしい。

 他にも『いよみつ』が見つかればーーーと言うことなのです^^

 

DSCF0171.jpg

DSCF0172.jpg

矢筈山堡塁MAP.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg今度は宇宙サイトとスナイダー広場に挟まれた場所へとやってきましたよ^^

 そこにはーーー

 

DSCF0173.jpg

DSCF0174.jpg

DSCF0175.jpg

DSCF0176.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg更に下へと続く豪の入り口があったのです。

 先輩曰く『半地下の倉庫跡』なんだそうですう^^

 そこへと降りる階段もあったのですがなぜか先輩は先へと急ぐのです。

琴音アイコン小.jpgなあ~お兄ちゃん。この下の倉庫も煉瓦じゃんかお。

 なんで見ていかないのさ^^;

菅原君アイコン小.jpgいや、後で見るぞ?

 でもオレはここまで来たなら『もうひとつ達成しておきたいことがある』んだよ^^

リンダ・アイコン小.jpg達成しておきたいこと???

菅原君アイコン小.jpgまあいいから行こうぜ(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことで訳も分からず先輩の後ろをついて行く私達。

 

DSCF0177.jpg

DSCF0178.jpg

DSCF0179.jpg

DSCF0180.jpg

DSCF0181.jpg

DSCF0182.jpg

菅原君アイコン小.jpgさあー!ここだぞ(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgそう言って先輩はキャンプ場の中でもひと際高そうな場所へと私たちを促したのです。

 丸木の階段を上った先に見えたのはーーー

 

 

DSCF0183.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg小さな小さな広場でしたです。

DSCF0184.jpg

菅原君アイコン小.jpg矢筈山266m登頂だぜ(*´д`*)

2琴音アイコン小.jpgなんだよ完頂したかっただけかよw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそこは勿体ぶらずに先に言ってくださいですう^^;

リンダ・アイコン小.jpgブリックがあるのかと思いましたデスw AHAHAHAHA☆

 

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgてっきり煉瓦関係だと思ってついてきてみればコレですよ^^;

 先輩は時に突拍子もないことするから不思議ですう・・・

 さてーーー

DSCF0185.jpg

DSCF0186.jpg

DSCF0187.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg下山して再びスタート地点へと戻ってきましたw(三度目)

菅原君アイコン小.jpg実は勿体ぶって寄り道ばかりしたけど、こここそ矢筈山堡塁のメインストリートなんだよね^^

夕実ちゃんアイコン小.jpgそう言って先輩は再び案内地図の『ある部分』に指を指示した。

矢筈山堡塁の倉庫群地図.jpg 

琴音アイコン小.jpg宇宙サイト?

菅原君アイコン小.jpg行けば分かるさ!

   

DSCF0188.jpg

DSCF0189.jpg

リンダ・アイコン小.jpgワオ!雰囲気ある佇まいデスネ☆ そもそも佇まいって言いまわしを理解できたのは最近デスヨw

 ジャパン語はむつかしいデース^^;

琴音アイコン小.jpgおおー!雰囲気バリっすね(*´д`*)

 んで兄ちゃん? ここは元々何だったの???

菅原君アイコン小.jpgココは倉庫群跡って言われてる。

 各個の部屋が何に使われていたかは・・・正直分からない。

DSCF0190.jpg

菅原君アイコン小.jpgだがここも煉瓦を使用した倉庫だ。

 何か手がかりでもあるやもしんないな^^

 っつーことでじっくり探索しようじゃないか☆

夕実ちゃんアイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpgあいあいさー(*´д`*)

DSCF0191.jpg

DSCF0192.jpg

琴音アイコン小.jpg積み方はーーーイギリス積みかオランダ積みっすね☆

(※ どちらもほぼ似たような積み方。ただしコーナーに使用する煉瓦の形で細分化されます。

 今までは誤魔化して表記してたけれど教授さん。つまりは駅員3さんの指摘により、

 自分が分かる限りどちらかの積み方であると明文していきたいと思います^^

 と言うかーーー

 数年前までは煉瓦研究の世界は小さな世界だったのだけれども、

 今や皆さんの知らないところで着々と『煉瓦・近代遺産』分野の研究が広がり精査が行われ始めました。

 研究者は勿論、趣味の分野の方たちまで裾野が広がりつつあるのです^^;

 ぶっちゃけ下手の横好きですが煉瓦知識で負けてられねーってのもあるのでね☆

 とは言え煉瓦寸法や煉瓦積みに関しちゃあんまり気にしてこなかったのでど素人っすw)

DSCF0193.jpg

DSCF0194.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー♪ このアングル、素敵な感じ(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgこの切通しこそ戦跡遺構だよね^^ 夕実ちゃんも分かってきたね(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgえへへ褒められちったですう(*´д`*)

DSCF0195.jpg

2琴音アイコン小.jpg煉瓦の平面が見えるとこもあるじゃん!

 うう~ん・・・でもでも刻印ぽいのねーっすね^^;

 

DSCF0196.jpg

DSCF0197.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg今ではキャンプに訪れた子供たちに学習の場として開放したりしてるそうです。

 戦跡遺構。これに触れあうことが良いか悪いかはワカリマセン。

 だけどです。

 知らないで過ごすより知った方が人として深みを増すんだよっておばあちゃんが言ってたですう。

 過去に触れ合うことは決して損では無いのじゃないかと。

 むしろキャンプ場として、こんな面白いとこはなかなか無いんじゃないか?と私は思いましたですよ^^

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgさて・・・

DSCF0198.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg『なんだかんだここには刻印ねーじゃねーかよ!おにいちゃん^^;』と嘆く煉瓦刻印ガールの琴音っちが先輩の横腹をデンプシーロールで滅多打ちし始めた。

菅原君アイコン小.jpg痛てーよ琴音w でもまだ見てない場所もあるしそこに『最後の望み』を賭けようじゃねーか^^;

2琴音アイコン小.jpg最後の望み? ・・・ああ~分かったっすよ。

 もしそこに煉瓦の刻印無かったら今日のホテルでの晩酌にズワイガニ一杯おごりだかんね!

菅原君アイコン小.jpg年末年始のスーパーでズワイやタラバを奢らされるなんて無茶だろ^^;

 ぶっちゃけぼったくり価格やん^^;

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgどうやら煉瓦刻印が見つからなければ・・・先輩は下関市街のスーパーでボイルズワイガニを買わされる運命になったようですう。

 さてそれは如何に?

 

『じゃあ・・・しょうがねーなあ~^^;』と先輩が私たちを連れ出した先は、

DSCF0199.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg矢筈山266m登頂を優先して先ほどスルーした半地下の倉庫だったのですう^^; 

 そこは遺構の保全の為か、訪れた人が滑落しないようにと安全を規して降り口をコンクリ塀で囲ってはいたのですが、

 隙間だらけでしたw

2琴音アイコン小.jpgむひょ~(*´д`*) この隙間っから下に降りれるねっ!

菅原君アイコン小.jpgじゃあ~行くぞ?

DSCF0200.jpg

DSCF0201.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg落ち葉に足を取られつつも半地下の倉庫入り口付近までやってきました

 そこから豪口を覗き込むとーーー

DSCF0202.jpg

2琴音アイコン小.jpg特に無し!

菅原君アイコン小.jpgまあ~そうだろなw こういうしっかりと積み上げた壕には刻印が見られる隙なんて無いしな(煉瓦隧道・煉瓦橋梁も同じく)

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgさて冬場とは言え虫さんも居そうなのでサッサと退散ですう^^;

 一通り見て回ったと言うことで展望台にて

DSCF0205.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgお疲れ様の乾杯をしましたですよ(向こうに見えるのは下関市です)

2琴音アイコン小.jpgくはー!煉瓦の後の一杯は最高やね(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgおっさんかよ

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで~次回、小森江~下関でフグ編です☆

 

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg久しぶりです。特に調べものに時間が掛ったわけでなく、ただサボってましたw

ぎゃる魅.jpg正直でよろしい☆

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgいや~寝てないから低山でも辛いこと辛いことw

 とは言え矢筈山堡塁跡は見応え満載でしたよ(*´д`*)

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさてと次回こそフグなはず。

うおっか姫1.jpgゼブラ2.jpgはず?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgなんせ小森駅に帰る途中までにまたもや色々と発見があったからな^^

 今シリーズは歴代屈指の刻印発見のオンパレード。

 ではでは次回『小森江~下関グルメ編』でお会いいたしやしょうず(*´д`*)

  


nice!(89)  コメント(17) 

第891話 関門海峡煉瓦回動編☆act小倉『煉瓦の下駄っ歯でカランコロンなのデース』茶屋町橋梁ほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『フグ食べた事ないデース(*´д`*)』

『え?マジかリンダ(◎_◎;) んじゃー食べに行くか?』

『イエース☆(*´д`*)』

 ・・・ってのが今回の目的地選びだったそうなのですう(単純^^;)

 それよりも学生のリンダちゃんと社会人の先輩がなぜ接点あるのかが不思議なんですけど!(嫉妬の炎)

 さて今回の旅路はズバリ『関門海峡ぐるぐる旅』

 門司に下関と県境を行ったり来たりの物語ですう^^

 ではでは第891話、はじまりますう~(*´д`*)

第891話・関門海峡煉瓦回動編・茶屋町橋梁・リンダ2.jpg

DSCF0052.jpg

琴音アイコン小.jpgねーリンダ、アメリカ人ってフグってあんまり食わないっすか?

リンダ・アイコン小.jpg食べないデス☆ ポイズンあるじゃないデスカw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそれがまた何で食べたくなっちゃったの?

リンダ・アイコン小.jpg日本に来てお刺身好きになったデスが、フグは食べた事無かったからデース。

 それを先日の心霊研究のオフ会でスガワラサンに話したら『お~なら下関に行こうかな^^ 正直今回の正月旅行はどこに行こうか迷ってたところなんだ^^』ってことになり、

 ワタシも便乗することにしたのデース(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg(心霊研究のオフ会になんで先輩が・・・。腐れ縁?)

 まあ・・・と言うことで今回は菅原兄妹+私+リンダちゃんの4人旅です。

 大晦日早朝から北九州空港へと飛びだったのです^^

DSCF0054.jpg

DSCF0055.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgフライト中はみんなそれぞれの過ごし方。漫画を読むものや、ひたすら飲んでる人も(主に琴音)

 

DSCF0056.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg琴音っちは酒どころかJALの無料Wi-Fi(15分)で必死にポケモンGOもやってましたけどねw

 

DSCF0057.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg北九州空港からは小倉駅へ直通バスに乗って移動です^^

琴音アイコン小.jpgなあ~兄ちゃん。今日の宿泊地は下関のホテルっすけど、スケジュール的にどないやねん。

菅原君アイコン小.jpgああ、今日はまず小倉駅から徒歩で珍しい煉瓦遺構を見に行くぞ^^

 その後は電車に乗って門司の辺りの低山トレッキングだから歩きまくりだから覚悟しておけよw

2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgやっぱり歩くのね^^;

DSCF0058.jpg

リンダ・アイコン小.jpg駅前に銅像がいるデース^^

2琴音アイコン小.jpg銀河鉄道999! 

 

DSCF0062.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg何よりも驚いたのが小倉駅周辺の都会的風景でした。

2琴音アイコン小.jpgうは!モノレール超かっくいいじゃん(*´д`*) 上野駅よりマジ凄い☆

リンダ・アイコン小.jpgそれでスガワラサンどちらへ?

菅原君アイコン小.jpg地図だとこんな感じかな?Screenshot_20161231-091443.jpg

 目印は到津の森公園。この付近に煉瓦遺構があるそうだ。

 道中、小倉城も見学がてら歩こうと思ってる^^

 っつーことで行くぞ皆☆

 

DSCF0060.jpg

DSCF0064.jpg

DSCF0065.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg歩くこと15分くらいでしょうか? 小倉城に到着ですう^^

 ただ、模造天守なので皆特に興味がないみたい。

 その代わりにーーー

 

DSCF0067.jpg

2琴音アイコン小.jpgうひょー!煉瓦ちゃん発見っす(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgお城に煉瓦ってことはーーー日本軍の遺構・・・ですか?

DSCF0068.jpg

菅原君アイコン小.jpgお、夕実ちゃんもだいぶ分かってきたみたいだね^^

 そう、皇居もそうだったし広島城も弘前城でも見てきたとおり、かつては陸軍が居を構えたわけだ。

 明治に廃城令で主を失ったお城ってのは、軍部にとって恰好の本部設営場所だった。

 なんせ元々戦場の本拠地だ。使い勝手抜群だしな^^

DSCF0070.jpg

菅原君アイコン小.jpgここは旧第十二師団司令部正門跡。明治8年から大正14年まで司令部があったんだとさ。

DSCF0069.jpg

2琴音アイコン小.jpgうひょー!覆輪目地っす(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpg聞いてねーなコイツは^^;

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg結局刻印探しに奔走する琴音っちを皆でひっぺ返えして先へと進むことに^^;

 

 ちなみにーーー

DSCF0071.jpg

DSCF0072.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg小倉城の石垣には築城当時の石垣も幾つか残っているとのこと。

 先輩曰く『万字の刻印は石垣を手掛けた家臣の家紋』なんだそうですう^^

(他には飽きたけど矢穴やノミの彫り跡なども^^)

DSCF0073.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgそしてちょっとした発見を琴音っちが。

DSCF0074.jpg

琴音アイコン小.jpgなあ兄ちゃん!小倉城から隣の八坂神社への石垣の中に『煉瓦が組み込まれてる』のが見えるんだけど、あれは何よ???

菅原君アイコン小.jpg恐らく・・・これも陸軍の名残だとは思うんだが・・・

 お前よく見つけたなw

2琴音アイコン小.jpg目だけはいいのよ(*´д`*)

 

夕実ちゃんアイコン小.jpgさてそこから15分ほど歩いたころでしょうか、

DSCF0076.jpg

DSCF0077.jpg

リンダ・アイコン小.jpgスガワラサーン!向こうにブリックの建物が見えるデース(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgあらやだほんとだ!

2琴音アイコン小.jpgせっかくだし近くまで行ってみようヨーン(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなかなか真っすぐには目的地へと進まないみたいです^^;

 日豊本線を跨ぐ陸橋から見えたその煉瓦の建物をみんなで見に行くことに相成りましたですう~。

 

DSCF0078.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg陸橋を降りてぐるりと回ってそこへと行くと、そこはJR九州並びにJR貨物の車両センターだったのですう^^

 

DSCF0079.jpg

DSCF0080.jpg

琴音アイコン小.jpgうは!絶対アレってば古い煉瓦の建物っすよ!

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー☆ 縦窓に煉瓦さんとかいかにもですう^^

リンダ・アイコン小.jpgスガワラサンこの建物は!?

DSCF0081.jpg

DSCF0082.jpg

菅原君アイコン小.jpgこらこらw オレに質問すれば答えがすぐに返ってくるみたいな期待した目で見んなw

 オレも知らん^^;

 だからちょっと待ってろ調べっからw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg確かにいくら先輩とは言え万能ではないようで。スマフォ片手に必死に検索してたですw

菅原君アイコン小.jpg待たせたな! ええっとー

 ここには三棟の煉瓦の建物があるんだが、

 陸橋から見えた変電所っぽい赤煉瓦は『旧鉄道院鋏釘(こうてい)工場』

 大正3年(1914年)建造だ^^

琴音アイコン小.jpg鋏釘?

菅原君アイコン小.jpg英語で言ったらリベットとかかな? 電車のパーツを接合する時に鋲を打って繋げていく工場だったっつーことだ^^

 明治始め溶接技術が先進国に劣ってた日本はリベットでの接合が主だったわけで、電車も当然そうだったんだ(今現在は多目的検修場として使用)

2琴音アイコン小.jpgじゃあー残り二つは?

菅原君アイコン小.jpg残念ながら毎年10月の工場まつりと言う特別開催じゃないと残り二つは一般の人は見れないそうだ^^;

 外周から見れるのは鋏釘工場跡のみ。

 ちなみに一つは『旧鉄道院鍛冶場』(大正2年)

 もう一つは『旧・九州鉄道貨車修繕工場』(明治24年・・・らしい?)

リンダ・アイコン小.jpg明治・・・らしい???

菅原君アイコン小.jpgここが開設された当初からあったものじゃないか?って言われてるんだが(明治24年)

 よくわからないんだそうだw

2琴音アイコン小.jpg資料とか残ってそーなのに不思議っす。

 

夕実ちゃんアイコン小.jpgさてさて小倉車両センターに別れを告げた私たちは

DSCF0083.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg板櫃川のほとりにやってきましたです^^

 先輩が言うには『あとちょっとだ^^』とのこと。

 ここで大きなストリート『県道296号線』にサヨナラを告げ川伝いに進むことに。

(※ この県道296号線は後々お話に絡んでくるポイントですので覚えておいてね☆)

 そして川沿いに立ち並ぶマンションの切れ間にそれは見えて来たのです!

 

DSCF0084.jpg

2琴音アイコン小.jpgうっは!何この煉瓦アーチ!橋梁跡?

リンダ・アイコン小.jpgアメージング!川を跨いでブリックだけが残ってるデースw

DSCF0089.jpg

菅原君アイコン小.jpg正解だ琴音^^

 ここは『九州鉄道茶屋町橋梁跡』って言う鉄道の橋梁跡だ☆

 明治24年建築。大蔵線と言う鉄道の敷設時に建設された赤煉瓦の橋梁だね^^

 九州鉄道ってのは明治20年に開業した九州初の言うなれば私鉄だ。

 東は門司港

 西は長崎

 そして南には熊本まで延伸した(※鹿児島本線区間は除く)

 明治40年に国有化。

 今のJR九州はこの路線をなぞってると言っても過言じゃないかな^^

琴音アイコン小.jpgんで、大蔵線とかこの橋梁は何なのさw

菅原君アイコン小.jpgせっかちだなお前はw

 大蔵線ってのは門司~黒崎区間にかつて存在した路線なんだ。

 ここからは噛み砕いて要約すんぞ?

 当初の九州鉄道の案は海沿いの路線を目指していたんだが、

 陸軍が『海沿いとか敵国に砲撃されたらヤバくね?』といちゃもんが入ることによって・・・

 この内陸の茶屋町付近を走る路線になった。

 

 ・・・だけどこれが悲しいかな不運が続く^^;

 結局海沿いにも路線出来ちゃったし、

 大蔵線と競合・並走するように九州電気軌道と言う路面電車が走ってしまっったんだ(先ほど歩いてきた県道296号線がまさにその跡(一部区間)です)

 その結果・・・廃業。

 期間として『たった20年しか存続しなかった路線』が大蔵線。

 そしてその取り残された産物が

 この目の前の煉瓦橋梁『茶屋町橋梁』ってことなんだ^^

2琴音アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなんとなく分かったけど説明が長いw

菅原君アイコン小.jpgこれ以上どう端折ればいいんだよっw

 でもまあいいさ。ここは今まで見てきた鉄道系煉瓦建造の中でもちょっと変わった『特殊な部位』があるんだ^^

琴音アイコン小.jpg特殊??? 割と普通に見えるけど?

菅原君アイコン小.jpg答えは探してみろ。見れば『へえ~』って思うはずだから^^

 っつーことで!レッツ茶屋町橋梁観察じゃい(*´д`*)

2琴音アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgさー!イエッサー!

  

DSCF0085.jpg

琴音アイコン小.jpg煉瓦巻きは5重っすね。

DSCF0086.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgアーチの内側も特に変わったところないですう。

DSCF0087.jpg

リンダ・アイコン小.jpg煉瓦の端っこがストーンデース^^

2琴音アイコン小.jpgゴメン!リンダ。それ結構ふつーだからw

DSCF0088.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわきゃー。積み方は特に珍しくないイギリス積みですう^^;

2琴音アイコン小.jpgなあー兄ちゃん。どこをとっても今まで見てきた煉瓦ちゃんと何も変わらないんだけどっ!

菅原君アイコン小.jpg橋梁は南側だけじゃないだろ?

 北側の橋梁面も見てみろよ^^

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg先輩は裏手の煉瓦面を見てみろよと私たちに促すのです。

 そこに何があるのでしょうか?

 私たちはゆっくりと北側へと回り込むとーーー

 

 

DSCF0090.jpg

DSCF0091.jpg

琴音アイコン小.jpgえ!? 何この意匠???

リンダ・アイコン小.jpgブリックがボコボコ出っ張ってるデース☆

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!これは初めて見たですよ!

 先輩? これは何ですかあ???

菅原君アイコン小.jpgこれは下駄っ歯』って言う鉄道系煉瓦積みの特殊構造だ^^

 見た目が下駄の歯に似てるからこの名前が付いたわけ^^

 九州地方、特に旧九州鉄道系の構造物に多く残るらしいんだがーーー

 オレはこれを見に来たいが為に小倉に寄り道したようなもんだ(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpg昔の人は変わった意匠を施したものですね^^

菅原君アイコン小.jpg意匠?

琴音アイコン小.jpgん?意匠じゃねーの?お兄ちゃん。

 ディンティル(歯型の装飾)とか蛇腹の意匠みたいなヤツと同じじゃないの?これって。

菅原君アイコン小.jpg実は煉瓦の装飾とか意匠のようなものだと言われてたのだがーーー

 ブラタモリに何度か登場している鉄道工学の小野田滋先生の書を見た限りじゃ、

 どうやら『単線から複線化へ移行する際の予備的構造物』なんじゃないかだそうだ^^

2琴音アイコン小.jpgゴメン!まったく意味わっかんねーっすマジでw

リンダ・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわたし達もですw

菅原君アイコン小.jpg例えるなら・・・(例えるの難しいなこれw)

 レゴブロックのボッチかな?

 単線の煉瓦橋にレゴブロックの丸いボッチを凸凹に沢山突き出しておけば

 そこに将来噛み合わせて隣に橋を造れば、より強度の高い双子橋が完成する^^

2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpg余計に分からなくなりましたw

菅原君アイコン小.jpgああー分かったよ^^;

 もっともっと単純に言えば『煉瓦同士の接着剤を付けるのりしろ部分』が下駄っ歯かなあw

2琴音アイコン小.jpgそっちの方がわかるよーw

 凸凹がたくさんあって、糊をたくさん塗る『のりしろ部分』が一杯あれば合体したときに橋梁の強度も増すってことっしょ?

菅原君アイコン小.jpgまあ・・・そんな感じかねえw

 ---さて、

 驚くのは下駄っ歯だけじゃ無いんだここは。

 実は~『煉瓦の刻印』も良く探せば見つかるらしいぞ?

2琴音アイコン小.jpgうはー!マジっすか(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgつーことで、ここからは煉瓦刻印探しスタートだ^^

 一番多く見つけた人には今日のディナーで『ふぐひれ酒』を一杯サービスすんぞ!

夕実ちゃんアイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgリンダ・アイコン小.jpgなんですと?!

夕実ちゃんアイコン小.jpgこれは負けられない戦いですう!

琴音アイコン小.jpg悪いけど私っちがそれをいただくっす!

リンダ・アイコン小.jpg毒は無い?ならばジャスティス。バッカス神よ我に加護あらんことをデース!

 

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで!第一回チキチキ下駄っ歯煉瓦刻印探しバトルすたーとですうw

 

DSCF0092.jpg

2琴音アイコン小.jpgうは!さっそく見っけw 四角に漢数字???

DSCF0093.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgこっちはーーー『イに漢字の一』でしょうかです。

DSCF0094.jpg

リンダ・アイコン小.jpgコッチにもあったデース(*´д`*) でもよくワカリマセン^^;

DSCF0095.jpg

琴音アイコン小.jpgおっとここにも『イに一』

DSCF0097.jpg

DSCF0098.jpg

リンダ・アイコン小.jpgここのは『イに二』デース(*´д`*)

DSCF0099.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgこれは・・・今までの流れで行くと『カタカナの二に漢数字の一?』

DSCF0100.jpg

琴音アイコン小.jpgじゃあこっちは『ロに一』かなあ?

 っつーことは『イロハニホヘトと漢数字の組み合わせ』っぽいね^^

DSCF0101.jpg

DSCF0102.jpg

DSCF0103.jpg

DSCF0104.jpg

DSCF0105.jpg

DSCF0106.jpg

菅原君アイコン小.jpgんじゃ、川を渡って向こう側にも煉瓦刻印があるか見てみようぜ^^

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで向こう側へと来た私たちは、再び煉瓦刻印探しリスタート(*´д`*)

DSCF0107.jpg

リンダ・アイコン小.jpgこちら側も当然ありますデスネ^^

DSCF0108.jpg

琴音アイコン小.jpg下駄っ歯自体には刻印無いっすよね。しかも平面じゃなく長手や小口に刻印あるし。

 ん? あれ?

 でもこの煉瓦刻印ってどこかで見たような気がするっす。

夕実ちゃんアイコン小.jpg愛知の半田の赤煉瓦で見かけたものに似てますですう^^

琴音アイコン小.jpgっつーことは岡田煉瓦製造所???

菅原君アイコン小.jpg確かに似てるっちゃ似てるよな^^

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわきゃー・・・でもでも愛知の煉瓦が九州に?ですか???

菅原君アイコン小.jpg岡田さんの煉瓦は神奈川の浦賀ドックなんかでも見かけるぞ。船運も使ってたようだし無いこともないんじゃないかな^^

 とは言え『似たような刻印』を打つ煉瓦工場が近隣にあったのなら話は別。

琴音アイコン小.jpg輸送代考えてもご近所煉瓦工場から購入した方が安く済むもんね^^

菅原君アイコン小.jpgっつーことでこの界隈の古地図を見てみたんだがーーー

1925年頃の茶屋町橋梁付近.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ?『煉瓦工場の地図記号』が三つも近所にあるですね!

2琴音アイコン小.jpgんじゃー、もうこの三つのうちどれかじゃね?マジでさ!

菅原君アイコン小.jpgちなみにこの地図は1925年頃(大正14年頃)

 窯業史なんかを漁ってみた結果、これに該当しそうな煉瓦工場はーーー

 

 東洋陶器㈱・大正6年5月操業~

 中原煉瓦㈱・大正7年4月操業~

 小倉煉瓦製造㈱・大正7年8月操業~

リンダ・アイコン小.jpg全部大正時代なんデスネ^^

2琴音アイコン小.jpg明治に出来た橋梁なのに大正時代の煉瓦工場の製品使うわけないかあw

菅原君アイコン小.jpgそうなんだよ。時代的にあってないんだ。

 だから茶屋町橋梁が出来た明治頃の地図でもあればと探したんだが見つからず・・・

 ならば明治初頭の北九州市の煉瓦工場はどうだったのか?と窯業史を見てみたが、これもサッパリ。

 結局よくわかんなかったw

(※ これが暫くブログも更新しなかった最大の理由。ずっと調べてたんだよおう・・・^^;)

琴音アイコン小.jpg一番手っ取り早いのは九州鉄道敷設当初の建材資材の納品会社の名簿でもあれば楽なんすけどねw

菅原君アイコン小.jpgまあなw 計算ドリルの巻末に答えが載ってるみたいな甘いものじゃないんだよね。

 まあ~だからこそ色々な角度から調べて答えに辿りついた時に感動しちゃうわけなのだ^^

DSCF0109.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg私たちは今一度茶屋町橋梁をじっくり見てからこの場を後にしましたです^^

 

DSCF0110.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgさて最寄りの駅から再び小倉駅へと舞い戻った私たち。

DSCF0112.jpg

2琴音アイコン小.jpgなあ~兄ちゃん! もう腹がペコペコっすよ^^;

菅原君アイコン小.jpgそうだな。確かに朝のフライト以来まともに食ってねーな。

リンダ・アイコン小.jpg駅のホームに『小倉名物・かしわうどん』ってアリマース(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpg駅蕎麦でも・・・良いのか?

2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgリンダ・アイコン小.jpgもうそれでいいです☆

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで、私たちは小倉名物かしわうどんさんを所望することに。

 ですが並んでたので順番待ち^^;

 ようやくみんなの手元に行きわたったかしわうどんを頂きますしましたよ^^

DSCF0111.jpg

2琴音アイコン小.jpgなにこれ?めっちゃウメーまじで(*´д`*)

リンダ・アイコン小.jpgトッピングはチキンのそぼろでしょうか?デリシャスデース(*´д`*)!

菅原君アイコン小.jpgかしわってのは鶏肉の事だな^^ 特に北九州じゃ有名なうどん蕎麦のトッピングだ^^

 おおっと、ゆっくり食ってる場合じゃ無いようだ。電車が来ちゃったぞ!

 喉に掻き込め流し込めw

2琴音アイコン小.jpgまひはよ(まじかよ)

夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩、次はどこへ行くのでしょうか?

菅原君アイコン小.jpg門司や門司港ーーーと言いたいところだが、

 その間にある小森江駅へレッツラゴーだ(死語)

リンダ・アイコン小.jpgそこに何があるのですかスガワラサン!

菅原君アイコン小.jpg山かなw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことでえ~、次回は低山トレッキングの物語ですう^^;

 

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgおひさしぶりでやんす^^;

うおっか姫1.jpg随分とブログサボったわねアンタw

ぎゃる魅.jpg旅行にでも行ってるかと思ってたっすよw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgなんせ調べ事が多い記事だったからなあ^^; 結局なんも分からなかったんだがなw

 さて今回、ぶっちゃけると下関と門司や門司港辺りの煉瓦遺構探しの旅だったのですが、

 どうしても小倉の茶屋町橋梁にだけは寄り道したかったわけなんです。

 何でかと言うと下駄っ歯が見たかったから^^

 ねじりまんぽと言う特殊な煉瓦建築程ではないけれど、

 関東圏じゃ決して見れない特殊煉瓦構造物だったからね(*´д`*)

 さて次回は文中にあるように低山ではあるけど登るよ!

 会社の忘年会から寝ずにそのまま飛行機に飛び乗った後だからめっちゃ辛かったけどなw

ぎゃる魅.jpg体に悪い旅行っすねw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgただしそこは登った価値満載の場所でした。しかも駅周辺は煉瓦刻印のオンパレードだった!?

 気になる方は是非次回もどうぞです~^^

 ではでは正月旅行記事にやっと追いついたので、ゆっくり更新ではありますがまた今度お会いいたしましょうず(*´д`*)

 


nice!(90)  コメント(26) 

第890話 旭川煉瓦古潭編ファイナル!『旭川発展の三つ目のキーワード第七師団!?』旭橋・覆馬場跡ほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

琴音アイコン小.jpgなあ~兄ちゃん。これから向かうところはどんなところやねん。

菅原君アイコン小.jpgぶっちゃけると軍の遺構だ^^

 これまでにも言ってきたとは思うが、旭川が発展を遂げるキーポイントとして『3つ』があげられる。

 ひとつは『鉄道網の発達』

 ひとつは『倉庫街の発展』

 そして『旧日本軍の駐屯』なんだ。

 第七師団って言って、開拓と防衛を兼ねた北の重要な要所に旭川が指名されたことによって、この町は更に発展を遂げる訳なんだよ^^

夕実ちゃんアイコン小.jpgそしてそこにもーーー『煉瓦が残ってる』ってことですかぁ?

菅原君アイコン小.jpgそうなんだよ夕実ちゃん^^

 なんてったって明治大正期の日本軍は『煉瓦マニア』だからねw

 っつーことで早速行こうぜ!

夕実ちゃんアイコン小.jpgはーい!と言うことで、第890話。旭川煉瓦古潭編ファイナル、はじまりますう~(*´д`*)

DSCF9711.jpg

DSCF9714.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩に連れだって移動する私たち。

 どうやら目的の場所は旭川駅より北の方みたいですう。

 綺麗に区画された道を北へ北へと真っすぐ進むと、近代オブジェやパリのような円形ロータリーに出くわしましたですう

(どの横断歩道を渡ればいいのか迷いましたよw いつまで経っても信号変わらないんだもんw)

 

夕実ちゃんアイコン小.jpgその後は一旦、常磐公園と言うところでポケモンGOに興じて休憩(なんせ歩き詰めですので)

 再び歩き出したところ、

DSCF9717.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg目の前に石狩川が見えてきましたです^^

DSCF9718.jpg

DSCF9719.jpg

琴音アイコン小.jpgなんかこの旭橋って古さをバリバリ感じるんすけど。

菅原君アイコン小.jpgお前、嗅覚鋭いなw 正解だよ琴音^^

DSCF9721.jpg

DSCF9722.jpg

DSCF9723.jpg

DSCF9724.jpg

菅原君アイコン小.jpg何度も付け替えられてはいるが、始まりは1904年(明治37年)の鋼鉄の橋(その前からも存在したが土橋)

 その橋の先には第七師団の駐屯地が待っていた非常に重要な橋だったんだよ^^

旭橋.jpg

琴音アイコン小.jpg電氣軌道って書いてあるけど電車も走ってたの???

DSCF9725.jpg

DSCF9727.jpg

菅原君アイコン小.jpg明治後期には馬車鉄道が走ってたそうだ。

 その後、昭和初期には旭川市内を路面電車が走ることになるんだが、

 1930年(昭和5年)にはこの旭橋の上も電車が走ることになるんだよ^^

 と言っても設備の老朽化と自家用車の普及と言うモーターリゼーションの波にのまれ、

 1956年(昭和31年)に廃線になっちゃまったんだけどな^^;

2琴音アイコン小.jpg我慢して残せてれば観光の目玉にもなったのにね><

菅原君アイコン小.jpgそれは今だからこそ、そう思うだけだよ。

 悲しいけれどこれが近代化の宿命。当時はそんなこと言ってる余裕なんて無かったんだから^^;

夕実ちゃんアイコン小.jpgとは言え『仮に残っていたならば・・・』って思ってしまいますですう。

 

 さて旭橋に思いを寄せた私たちは歩き出します。石狩川の対岸へ!

 するとそこには目を引くものが幾つもあったのですうーーー

 

DSCF9728.jpg

琴音アイコン小.jpgうは!なにこれお茶屋さんの店舗?

 なんかどう見ても古い煉瓦ちゃんにしか見えないんですけど!(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgじゃあ・・・寄り道しますか^^;

菅原君アイコン小.jpgしょーがねーなーw

DSCF9729.jpg

DSCF9730.jpg

DSCF9731.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg縦窓に軒下煉瓦の装飾的に『古い感じはするけど、どうだろうか?』と先輩は小首をかしげます。

2琴音アイコン小.jpg刻印ねーよー!

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg彼女は相変わらずの刻印探し。どうやら無かったみたいですう^^;

 さてと再び歩き出すと、

 今度は先輩が道行く先にあったものにグググっと惹かれてしまいました。

DSCF9733.jpg

DSCF9734.jpg

菅原君アイコン小.jpgうおおおー! 旭川刑務所特設会場だってよ(*´д`*)

 と言うことはキャピックか(*´д`*)

 何が売ってるか見てみてー!

(※ CAPICキャピックとは刑務所作業製品の販売や展示です)

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpg却下します!

菅原君アイコン小.jpgなんでやー^^;

2琴音アイコン小.jpg時間あんまし無いって言ってたのあんたやんけw

菅原君アイコン小.jpgそうだっけw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなぜか分からないけれど、先輩は非常に塀の中に興味あるみたいで時折こわい^^;

 そんな先輩の背中を二人で押しつつも先へと進むことにしましたですよ。

 すると・・・

 またもや目を引くものが飛び込んできてしまいました^^;

DSCF9737.jpg

2琴音アイコン小.jpgうひょー!なんか煉瓦チックな建物八犬伝!里見です☆

夕実ちゃんアイコン小.jpgでもでもでも~、よーく見ると真新しい煉瓦さんに見えるですよ???

DSCF9738.jpg

DSCF9740.jpg

菅原君アイコン小.jpgここは北鎮記念館だな^^

 第七師団の歴史資料がたくさん展示されているから、オレたちの目的地を知る上でもピッタリの場所だし寄っていきたいんだが・・・

 時間が無いからパスなw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg何か大事な情報源をみすみすスルーしていくようで忍びないのですが・・・

菅原君アイコン小.jpgまた今度、近くに来たなら寄って行こうぜ^^

2琴音アイコン小.jpg今度とお化けは中々出ないんだよ!お兄ちゃん^^;

 

DSCF9741.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg北鎮記念館の駐車場にはこんな看板も。

琴音アイコン小.jpg野球観戦でここを無断駐車する人いるの?

菅原君アイコン小.jpg目の前は花咲スポーツ公園だしスタルヒン球場だからな^^

 超絶歴史のある球場だ☆ 今でこそ年に数回だが、それでも日ハム戦で使ってるんだぜ♪

 しかも元々は旭川競馬場でもあったとこだ(*´д`*)

 オレはここに来れて猛烈に感動し、そしてとてつもなく切ないっ!

旭川競馬場二代目の跡地なんです☆ 残念ながら三代目の競馬場も2008年閉鎖^^;)

 

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなんだか競馬好きの先輩のハートに火をつけてしまったみたい^^;

 その後も『ばんえい競馬行きたいよな!』とか競馬談議が始まっちゃったので

2琴音アイコン小.jpgお兄ちゃん時間無いんでしょ!マジでさ^^;

菅原君アイコン小.jpgあ、そうだったなw じゃーサクサク行こうかw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言う感じで諫めつつも先へと急ぐことになりましたです^^;

 

DSCF9742.jpg

DSCF9743.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこの後は広い陸上自衛隊旭川駐屯地の敷地をグールグル・・・。

 正直ここが一番のバテるポイントでしょうか。

2琴音アイコン小.jpgもーどこだよーお兄ちゃん^^;

菅原君アイコン小.jpgお、見えて来たぞ。目の前のバスの車庫が目的地だ(*´д`*)

DSCF9745.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgえっと・・・ここが、旭川の発展に寄与した軍の煉瓦遺構???

琴音アイコン小.jpgあ、ちょっと待って夕実っち。あの建物はーーー

DSCF9746.jpg

2琴音アイコン小.jpg煉瓦ちゃん来たあああーーー!!!

菅原君アイコン小.jpgここは旧第七師団覆馬場跡(おおいばば)ってところだ^^

 大正1~2年建築。

 第七師団の希少な痕跡の中では現存一番まともに残ってる建物かもしれないね^^

 今現在は『あさでん(旭川電気軌道株式会社)』の整備工場として使われてるんだ☆

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ?覆馬場って何ですか???

菅原君アイコン小.jpgそれはーーー

琴音アイコン小.jpgわたしっちが説明するっす^^

 覆馬場ってのは馬、特に軍馬の屋内修練所っす☆

菅原君アイコン小.jpg正解^^

琴音アイコン小.jpg伊達にお兄ちゃんたちと岩手軽米~青森弘前の煉瓦旅行の帰りに盛岡に一人で途中下車して『盛岡ふれあい覆馬場プラザ』を見学してねーっすよw

(盛岡・旧覆練兵場。明治42年建築の煉瓦遺構。

 詳しくは→琴音の煉瓦発見録♪『盛岡ふれあい覆馬場プラザ』を参照^^)

DSCF9749.jpg

菅原君アイコン小.jpgまあ~琴音が言った通りの屋根付きの軍馬の育成所ってとこかな夕実ちゃん^^

 盛岡もそうだが、冬場に多くの積雪に見舞われる地域だからこそ屋内でも軍馬の修練が出来るようにと造られた場所なんだ^^

 近代兵器が飛び交う明治大正期にあっても軍馬は非常に大事(重宝)にされた。

 何せガソリン必要無いしね・・・^^;

 武器や食料の運搬にも使える訳だし。悲しいけれど。

 今ある中央競馬(JRA)も、元々は『強い軍馬の育成』から始まってるんだ。

 日本の在来種の馬たちは欧米種の馬たちに比べると骨格もスピードも見劣りするものだったんだが、

 国の指針で『より強い種を残す』と言う名目と、

 馬券発売による馬産地への補助も兼ねてスタートした。

(天皇賞春・秋はその流れを汲んだレース。将来の強い種馬を選定する為に設けられた能力検定戦)

菅原君アイコン小.jpg寄れなくて悔しいが、先ほどの二代目旭川競馬場だって軍馬のお披露目会として軍の年中行事がそもそもの始まりなんだ^^

 あとえっとーーー

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgすいませんですもういいですう^^;

 ううう~・・・競馬が絡むと滅茶苦茶アツくなっちゃう先輩^^;

 ええっと~要するに、お馬さんの全天候型屋内馬場ってことですよね(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgう・・うん。簡単に言いたくないけどそうだね夕実ちゃん^^;

2琴音アイコン小.jpgんじゃーさっそく刻印でも探してみよっかw

菅原君アイコン小.jpgお・・おう。ああ~一応言っておくが、この覆馬場に使われてる煉瓦の出どころは大まかには分かってたりする。

琴音アイコン小.jpgマジで!?

菅原君アイコン小.jpg昨日の夕方と今日の朝に見てきた旭川の銀座ライオンあるだろ?

 あそこに書いてあったじゃないか。この覆馬場もまた『館脇煉瓦工場製』だって^^

DSCF9603.jpg

DSCF9605.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg確かにですう^^;

2琴音アイコン小.jpgじゃあ~その館脇煉瓦工場の煉瓦には刻印があるのか?を探ろうっす!

 っつーことで! レデーゴー(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgかくしてここでも始まりました煉瓦の刻印探し!

 ではではどうぞですう~^^;

 

DSCF9750.jpg

DSCF9752.jpg

DSCF9753.jpg

琴音アイコン小.jpg兄ちゃんこの碑は?

菅原君アイコン小.jpg騎兵捜索隊かあ。恐らく軍馬に騎乗しての偵察とか伝令部隊なんじゃないかな(わかりませんごめんなさい)

 恐らくここから飛び立ち命を落とされた方も多かったんじゃないか。

 手を合わせておこうぜ。

DSCF9754.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg屋根の部分は比較的新しく感じられましたです。

DSCF9747.jpg

DSCF9756.jpg

琴音アイコン小.jpgうひゃー、馬が走り回れるように造ってるだけあって、奥行き広っろいっすね!

DSCF9757.jpg

菅原君アイコン小.jpg大正元年~造だけあってイギリス積みだな。特に焼き過ぎ煉瓦も無く普通煉瓦(赤煉瓦)での建築みたいだな^^

DSCF9758.jpg

DSCF9760.jpg

DSCF9761.jpg

DSCF9762.jpg

DSCF9764.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgあさでんさんの敷地でもあり閲覧可能なのは道路に面した部分だけ。

 琴音っちや先輩は必死に軒下煉瓦さんを凝視したけれど、結局刻印らしきものは見つからなかったようですう^^;

 さてこの後は旭川駅前に歩いて帰ることになるのですがーーー

DSCF9769.jpg

DSCF9767.jpg

2琴音アイコン小.jpgさっきまでめっちゃ晴れてたのに雨が降り出してきたっすよ!><

菅原君アイコン小.jpg流石に徒歩で戻ってたらずぶ濡れだなこりゃw

 バスでもあったら乗り込もうぜ!

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgううう・・・でもでもバスもまだまだ来ないみたいですう^^;

DSCF9771.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことでぇ…

 流石にタクシーさんに手を振って乗車しました^^;

 でも内心ホッとした私。

 だって・・・また40分も50分もかけて土砂降りの中歩いて帰る気にならないですものおw

 車中ーーー

 タクシーのオジサマが『またヒドイ雨だ・・・私の実家は農家でねえ~、この夏から秋にかけてとことんやられちまったよ・・・^^;』と嘆げかれてましたです。

(台風7・9・10号や前線による大雨でかなりの被害を旭川は被りました)

 さて旭川駅へと近づいたころに琴音っちがお腹を擦りながら先輩の肩を突くのです(先輩は助手席)

2琴音アイコン小.jpgなあ~お兄ちゃん・・・。私お腹すいたんすけど。

菅原君アイコン小.jpgまあ確かに朝飯しか食ってないしなw

琴音アイコン小.jpgタクシーでショートカットした分『時間に余裕出来たよね?』

 だから私考えたんすよ。確かーーー

 銀座ライオンはランチもやってたはずだと!

菅原君アイコン小.jpgそういやそうだったなあ。んーでも今は1時半。2時までだったら時間的に厳しいぞ?

琴音アイコン小.jpgダメもとでも行ってみたいっす。

 旭川でランチ出来るなら、私はあそこで絶対ジンギスカンが食べたいの(*´д`*)

 古煉瓦建築を再利用した銀座ライオンでご飯食べれたなら煉瓦好き冥利につきるっす!

菅原君アイコン小.jpgそこまで言うならしょーがねーな^^

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言う経緯がありまして、私たちは旭川の一歩手前で途中下車ですう。

 実は私も内心大賛成でした(*´д`*)

 だってジンギスカン初めてなんだもん☆

DSCF9772.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgやってきたのは当然、銀座ライオンさんですう^^

 折り畳み傘を畳むのに四苦八苦しながらも入店です☆

DSCF9773.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgどうやらやっぱりランチタイムは2時までだったご様子。

 店内は私達のみ。

菅原君アイコン小.jpgすいません^^; サッと食べてサッと帰りますんでw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと、先輩がお茶らけつつ席に案内してくれたお姉さまにお辞儀。

 さっそく頼んだのはーーー

DSCF9775.jpg

2琴音アイコン小.jpgくっはー!たまらんぜよ(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg当然おつかれ~のビールですw

(※ これがまた歩きどおしだったからめっちゃうめー!)

DSCF9776.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgそしてやってきたのは!

DSCF9777.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg菅原君アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgジンギスカ~ン(*´д`*(*´д`*)*´д`*)

DSCF9778.jpg

DSCF9779.jpg

DSCF9780.jpg

2琴音アイコン小.jpgうひょー!どうよ?どうよ?

 遠慮せずに飛び込んで正解だったっしょ?

菅原君アイコン小.jpgそうだな!めっちゃウメーぞこら!w大正解だ(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ~ん(*´д`*) ジンギスカンおいちいですう(*´д`*)

 ランチ時間も残りわずかだと言うのに、その美味しさに時を忘れる私達w

 するとスタスタと先ほどのお姉さまが近づいてきたのです。

2琴音アイコン小.jpgあちゃー・・・たぶん『もうお時間です』って言われちゃうかもだ^^;

菅原君アイコン小.jpgまあしょうがないよ^^; 時間ギリだし^^;

夕実ちゃんアイコン小.jpgもう残りのお肉は全部頬張っちゃえ!って思ったその時、

 お姉さまから掛けられた言葉はランチ時間終了の宣告ではなく別のモノだったのでした。

『お客様? 今日の朝、うちの店を必死にカメラや望遠鏡で覗いていらっしゃいましたよね?

 私、出勤時に見かけましたよ^^』と。

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgえっと・・・あのお・・・

琴音アイコン小.jpgそうなんです!実は埼玉から旭川の煉瓦建築求めてやってまいりました(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpg怪しまれちゃったかなあ・・・と戸惑っていたらば琴音っちが素直にはきはき答えちゃいましたw

 するとお姉さんは『ああーそうなのですね!だからあんなに必死にw あの姿は怪しかったですよ^^

 でもどうせならぜひ中も見ていってください☆

 ここは昔、政府のお米の貯蔵庫で外観はそのままに店舗として使ってるんです^^

 では~あの暖炉を見てください』

DSCF9781.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgそう言われて暖炉を見る私達。なんだかとっても立派な暖炉ですう^^

『これも当時のままって聞いてるんですが、あら・・・季節柄今は閉じてましてね、せっかくですから開いてるところも見てもらいましょう^^』

 そう言ってお姉さまは

DSCF9782.jpg

DSCF9783.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg暖炉の引き戸を開いてわざわざ見せてくださったの(*´д`*)写真ブレとるw

菅原君アイコン小.jpg今も使われてるのですか?

『はい、冬場になると暖かいんですよーこの暖炉^^ ですがーーー

 お客さんの中には燃える匂いを嫌う人もいらっしゃったりするんですよこれが^^;』

2琴音アイコン小.jpg菅原君アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgええー!? いいじゃんねえ?

『そう言っていただけるとありがたいです^^ どうでしょうか。冬の旭川もいいものですよ^^

 今度来られる時は冬場の銀座ライオンもいかがでしょうか。お待ちしておりますよ(*´д`*)』

夕実ちゃんアイコン小.jpg菅原君アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpg絶対来たいです!(*´д`*)

 

DSCF9784.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgそんなわけで色々とこの建物について教えてくださいましたです^^

 あの天井の梁も当時のモノなんですとか他にもたくさん☆

 さあ~流石に長居するのもご迷惑なのでお礼とまたの約束をして銀座ライオンを後にしますです。

琴音アイコン小.jpgやべえ・・・はるちゃん(塩焼きホルモン)も行きたいし銀座ライオンも行かなくちゃいけなくなっちったw

菅原君アイコン小.jpg両方行けばいいんだよ(*´д`*)

2琴音アイコン小.jpgだよね(*´д`*)

 

DSCF9785.jpg

DSCF9786.jpg

DSCF9787.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgさていよいよ後は帰るのみですう。

 旭川駅前のコンビニにあるバスチケットの自販機で切符を購入して旭川空港へ。

DSCF9799.jpg

DSCF9801.jpg

琴音アイコン小.jpg一泊二日だったけどさ・・・めっちゃ内容濃かったっすよね。

夕実ちゃんアイコン小.jpg食べ物も美味しいし!会う人会う人みんないい人たちでしたしね^^

菅原君アイコン小.jpgオレも今回は満足な旅立ったぜ☆

 

夕実ちゃんアイコン小.jpg帰りの道中は

DSCF9796.jpg

DSCF9804.jpg

DSCF9805.jpg

DSCF9810.jpg

DSCF9811.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgお土産の見せっこしたり空弁食べたりおつまみつまんだりであっという間の二時間弱のフライトでしたです^^

DSCF9812.jpg

2琴音アイコン小.jpgああ・・・帰りたくない!

夕実ちゃんアイコン小.jpg次もどこか旅したいですね^^

菅原君アイコン小.jpg旅?正月は旅に行くけどついてくるか?

2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg行く!行く!行かせてください!

菅原君アイコン小.jpg正月旅行はリンダの依頼なんだが行きたいなら構わんぞ^^

 

 

夕実ちゃんアイコン小.jpgえ?リンダちゃんの依頼???(リンダとは心霊研究部の部長さん)

 それってどんな依頼なんだろう???

 と言うか聞かなきゃ女の子と二人きりで旅行するつもりだったってこと?(ムキー)

 次回から下関・門司ぐるぐる旅行編スタートです。お楽しみにい(*´д`*)

 

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg長々と(以下略)

ぎゃる魅.jpgなげ(以下略)

うおっか姫1.jpg今回も長か(以下略)

ゼブラ2.jpg以下略ばかりで何が何だかわかりませんよ^^;

ちょいのり・サザエさんver1.jpgまあそうだなw さて旭川旅行記いかがでしたでしょうか^^

 トータルで見ても出会う人出会う人良い人ばかり。

ぎゃる魅.jpgご飯も全部美味かったしね☆

ゼブラ2.jpg煉瓦の刻印は結局一個だけでしたが?

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいや充分だぜ^^ 現存最古の車両倉庫に見つけた訳だから万々歳だよ^^

 さて次回からはいよいよ正月旅行記へと突入です☆

 煉瓦・お城・グルメ・登山・戦跡遺構・近代遺構・離島旅行のバラエティー満載の旅路でした☆

 気になる方は是非どうぞ。

 ではでは次回またお会いいたしましょうず(*´д`*)

 


nice!(88)  コメント(24) 

第889話 旭川煉瓦古潭編Vol④『現存最古の鉄道系煉瓦の車両倉庫と日本初の民間アルコール製造工場へ☆』 [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

2琴音アイコン小.jpgくー!めっちゃ頭痛てーっすw

菅原君アイコン小.jpg調子にのって飲み過ぎだったんだよお前は^^;

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg琴音っちはどうやら二日酔いみたいですう^^;

 でもまあ~塩焼きホルモン美味しかったですしね☆ お酒も美味しかったですし♪

 

 さて旅行二日目であり旭川最終日の朝です^^

 先輩は『旭川に来たなら煉瓦好きはここに行かなきゃいけないぞ!』って言ってたけど、

 それはいったいどんなとこなんでしょうか?

 第889話、旭川煉瓦古潭編はじまりです~(*´д`*)

DSCF9633.jpg

DSCF9634.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg東横インの朝食無料サービスを頂いた私たちは旭川駅へとやってきました。

 ここで空港へのバスの時間をちゃんとチェックです^^

 するとその後は先輩が駅前の周辺MAPを指さして今日のスケジュールを発表したのです。

DSCF9640.jpg

菅原君アイコン小.jpgええ~っと、今日は先にお前らに宣言しておく。

『旭川市内をひたすら歩く』から覚悟しておけ。

2琴音アイコン小.jpgバスとかタクシー使おうよ!

菅原君アイコン小.jpgバスなんて初見の地で、どこに行くかまるでワカランので苦手だからパスだ!

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgえっと・・・です。それで今日はどこに行くですか???

菅原君アイコン小.jpgよくぞ聞いてくれました!

2琴音アイコン小.jpg聞くしか選択肢ねーじゃねーかよ!

菅原君アイコン小.jpgここからちょっと歩いたところには

『鉄道系の煉瓦遺構としては日本屈指の古い建物』が存在するのだ!

 っつーことでレッツビギン☆

 さっさと行くぞ^^

琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgは~い^^

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことでえ、先輩曰く旭川駅から15分程度の場所へと向かうことになったとですう^^

 

DSCF9641.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩に連れられてやってきたのは、旭川合同庁舎など主要官庁が集まる一画の手前に広がる公園ぽい所でした。

2琴音アイコン小.jpg鉄道系って言ってた割に駅や線路から離れるじゃんか!

菅原君アイコン小.jpg現役ーーーとは言ってねーぞ?w

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことは元々線路があったとか?

菅原君アイコン小.jpgフフフ・・・それはナイショだよ夕実ちゃんw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgいつもの先輩の勿体ぶりがさく裂ですね^^;

 でも多分図星だと思われですうw

DSCF9642.jpg

DSCF9643.jpg

2琴音アイコン小.jpgえっと・・・ウニが居るんですけど!

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg公園には色々なオブジェが展示されていたのですが、

 ひと際目立つのがこのウニウニしてるやつでした。

DSCF9644.jpg

2琴音アイコン小.jpgウニが檻に入れられてるってどういうコンセプトなんすかね?

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg色々みんなで思案しましたが模索できず・・・

『芸術家の感性って半端ない』って言葉で片づけちゃいましたですスミマセンw

 さてこのウニに向こう側には

DSCF9645.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg絶対あそこに行くよね?行きますよね???って煉瓦の建物が見えてきましたよ^^

琴音アイコン小.jpgお兄ちゃんあそこだよな?

菅原君アイコン小.jpgどうだろうなw

琴音アイコン小.jpg私に嘯いても無理っすよ。ここから見ても入り口の造りとかが列車の格納や搬入に適した大口だよ?

菅原君アイコン小.jpgなんだかんだでお前も勉強してきたんだな^^ ああ、正解だとも。

 そう、あそここそ今日最初の目的地だ^^

2琴音アイコン小.jpg伊達に盛岡の旧国鉄鉄工職場とか見てないっすよ!

夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことでさっそくそこへ行ってみましょうです~^^

DSCF9646.jpg

DSCF9647.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩!この煉瓦の建物へと続くレールはーーー

菅原君アイコン小.jpgフフフ、これでもう分かるよね^^

DSCF9648.jpg

菅原君アイコン小.jpg実はこここそ日本に現存する鉄道系車両倉庫でも最古と言われる煉瓦遺構なんだ^^

 

 明治32年建築の二棟の遺構。

 ひとつは鍛冶工場、もうひとつは旋盤工場だったそうだ。

 国鉄からJRに変わった後も『JR北海道苗穂旭川車両センター』として長きにわたり使用されてたんだよ^^

 ちなみにこれは1975年頃の上空写真なんだがーーー

1975年・苗穂旭川車両センター付近.jpg

(※ 訂正^^; 昔の鍛冶工場と旋盤工場のあった場所ですw)

夕実ちゃんアイコン小.jpg線路がいっぱいあるですね!

菅原君アイコン小.jpgそう。引き込み線って言うんだが、車両はここに集められて整備されていたわけだ^^

 旭川駅周囲が高架化され始める2000年前半には役目を終えしばらくは放置されたけれど、

 今現在は旭川市市民活動交流センター『CoCoDe(ココデ)』として市民の交流や講習・講演の場として再利用されてるんだよ夕実ちゃん^^(2010年開館~)

2琴音アイコン小.jpg夕実っちばっかに説明するなよズルい!ズルい!

菅原君アイコン小.jpgまあまあまあ琴音よ。落ち着け^^ ここからはお前の出番だ!

 日本最古の鉄道系車両倉庫の煉瓦刻印ーーー探してみたくねーか?w

2琴音アイコン小.jpg超絶探したいw

菅原君アイコン小.jpgじゃあ~行こうぜ!レッツ刻印探し☆

2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgおー!イエス!

夕実ちゃんアイコン小.jpgーーーと言うことでやっぱりここでも煉瓦刻印探しですう^^;

 果たして刻印なんて見つかるのでしょうか???ですうー

  

DSCF9649.jpg

琴音アイコン小.jpgこれは北海道の『北』って意味なんかな?

DSCF9650.jpg

DSCF9651.jpg

菅原君アイコン小.jpg焼き過ぎ煉瓦と赤煉瓦の組み合わせか?

 うーん・・・でも『塩焼き煉瓦』の可能性もあるな~、この黒色煉瓦は。

琴音アイコン小.jpg塩焼き煉瓦??? 私そんなの初めて聞いたよ?

菅原君アイコン小.jpg北海道庁には塩焼き煉瓦って言う特色ある黒色煉瓦が使われてるんだが、

 赤煉瓦と原料は同じだけれど焼く過程で塩をまき入れると表面だけ高質化して水や雪に強い固い煉瓦が焼きあがるんだそうだ(約1100℃の頃合いに投入とされる。現在は作り手も居なく幻の黒色煉瓦とも言われてる)

夕実ちゃんアイコン小.jpg雪国ならではの煉瓦さんなんですね^^

菅原君アイコン小.jpgまあ~胎土分析とかしないとわかんねーけどなw

 オレら素人じゃ見た目じゃわっかんないよw

 でも雪の多い旭川だ。使われてる可能性は大いにあるかもな^^(焼き過ぎ煉瓦でも充分撥水効果アリですが)

 

DSCF9652.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? これはーーー

2琴音アイコン小.jpg壁面、フランドル積みじゃん!

菅原君アイコン小.jpgそうだぞ!レアな積み方『フランス積み(フランドル積み)』なんだよここは^^

 

DSCF9653.jpg

DSCF9654.jpg

DSCF9655.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg土台部には突き出た煉瓦面があり刻印発見の可能性も?と思いましたですが発見に至らずでしたです(でも古い煉瓦の特徴シワシワ模様)

 

DSCF9657.jpg

DSCF9658.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg軒下にも煉瓦刻印は無さそうと言うことで、もう一つの棟へ移動ですう。

DSCF9659.jpg

琴音アイコン小.jpgこのレールの向こうは旭川駅なんだよね。

菅原君アイコン小.jpg当時のレールかは分からないけど粋な演出だと思うぞ^^

DSCF9660.jpg

DSCF9661.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgさてこちらでも首が痛くなるくらい軒下の煉瓦をじっくりと見上げるのですが・・・

DSCF9662.jpg

DSCF9663.jpg

DSCF9664.jpg

DSCF9665.jpg

DSCF9666.jpg

2琴音アイコン小.jpgううう・・・刻印なさげー^^;

菅原君アイコン小.jpgそうだよなあ・・・。しかもよくよく考えると軒下煉瓦は焼き過ぎ煉瓦ばかりだ。

琴音アイコン小.jpg焼き過ぎ煉瓦ってあんまり刻印打たれたものって少ないよねお兄ちゃん^^;

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg実はそうなんです。普通煉瓦である赤煉瓦さんには刻印が見受けられるのですが、

 何故か私たちは、今まで焼き過ぎ煉瓦では刻印をほとんど見てないのですう^^;(たまたまだと思うんですが・・・)

DSCF9668.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg残す刻印のありそうな煉瓦面もあと僅か・・・

 先輩も琴音っちも半ば諦めかけていた

 その時です!

DSCF9671.jpg

琴音アイコン小.jpgあ、あ、あ、あったあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgどれだ!?どれだ!? うわ!ほんとにあったな!へえ~!(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgまさかのビックリ!刻印さんの発見ですう(*´д`*)

琴音アイコン小.jpg『〇にS』っすよね?あの刻印。

菅原君アイコン小.jpgもしかしたら・・・明治期に北海道の数多くの煉瓦を焼いたとされる鈴木煉瓦工場の刻印『〇にS』かもしれないぞ琴音!

 北海道庁赤れんが庁舎や鉄道の隧道・橋脚、兵舎なんかにも見られる刻印だ^^

 しかも鈴木煉瓦は分工場もあって、

 この旭川にも明治20年創業(?)の分工場『鈴木臺場ヶ原(台場ヶ原)工場』ってのがあったんだよ。

 これは中々の発見かもしれない。

 よくやった琴音(*´д`*)

2琴音アイコン小.jpgうはー!超絶嬉しいっすマジで(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgこれはとりあえず教授に一報入れておこうw 価値ありだものな^^

夕実ちゃんアイコン小.jpgどうやら結構なお宝発見だったようですう^^

 しばらくは興奮冷めやらぬ菅原兄妹。でもでもー

 道行く出勤前(登庁前)の皆さんに怪訝な顔をされたのがちょっと恥ずかしかったですけどねw

 

 さて、落ち着いたころ合いに先輩が切り出しました

菅原君アイコン小.jpgよーし!この勢いをかって次の煉瓦遺構へと邁進すんぞ!琴音^^

2琴音アイコン小.jpgうっしゃー!まかせとけー(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgで、次はどこのどんなとこへ行くのでしょうか?

菅原君アイコン小.jpg行ってからのお楽しみーーーと言いたいところだが、ここは先にみんなに言っておくぞ^^

 それは琴音や夕実ちゃんが去年訪れた茨城の牛久シャトーに関連する建物。

 つまりは神谷バーを作ったあの神谷傳兵衛が旭川に残した煉瓦の建物だ^^

 

DSCF9675.jpg

DSCF9676.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg歩くこと20分くらいでしょうか。

 ふと見渡せば工場地帯の名残?みたいな大きな区画へとやってきましたですよ^^

 そして先輩の言う次の煉瓦遺構はーーー

DSCF9677.jpg

琴音アイコン小.jpgうっは!なんじゃあれw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなんと工場や大きな建物が周りにあっても遠目から一目で分かるくらい巨大なものだったのです(◎_◎;)ナンダアレー!?

DSCF9679.jpg

2琴音アイコン小.jpg建物が歩道からはみ出してんよ!マジでw

 ・・・っつーか!!!

 

DSCF9680.jpg

DSCF9681.jpg

DSCF9684.jpg

菅原君アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgすんごく高い!!!

琴音アイコン小.jpgはあ~!まさかこんな煉瓦ちゃんが待ってるとはね!

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgで、先輩この建物は?

DSCF9686.jpg

菅原君アイコン小.jpgよくぞ聞いてクレメンス☆

 これは1914年(大正3年)に造られた『旧・蒸留塔』だ^^

2琴音アイコン小.jpg蒸留ってことは酒か!酒っすよね!(アル中)

菅原君アイコン小.jpg正解だ^^

 去年の春に牛久シャトーに行ってきたんだろ?お前たち。

夕実ちゃんアイコン小.jpgはいですう。確か浅草でがっぽり儲けた神谷さんが二代目神谷さん(婿養子の伝蔵さん)とタッグを組んで、

『ワインを極めるなら葡萄から醸造までガチで全部やってみたい!』と茨城県牛久に造った国産初のワイナリーですよね^^

琴音アイコン小.jpgじゃあ~この目の前の煉瓦ちゃんは牛久シャトーで儲かった後に全国展開した先駆けとかっすかね?

菅原君アイコン小.jpg半分正解^^ 

琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgえ?

菅原君アイコン小.jpg目の前の建物自体は大正3年と後から建てられたものだが、

 この敷地、つまりは旭川・神谷酒造は牛久シャトー(シャトー神谷)のちょっとだけ先輩なんだよ。

 

 牛久シャトーは1903年(明治36年)

 旭川合同酒精(神谷酒造)は1900年(明治33年)

 

 敷地の取得は牛久が一年だけ先輩だけどな(牛久が明治31年・旭川は32年)

琴音アイコン小.jpgっつーことは神谷さんて、うんまい純国産ワインを作るために極秘裏に旭川でも同時期に会社を作ってたって訳っすか!

菅原君アイコン小.jpg極秘裏とか言うな^^;

 牛久シャトーが本格的日本初のワイナリーなら、この合同酒精は、

『日本初の民間アルコール製造工場』だったんだぜ^^

 葡萄以外からも日本でアルコール醸造を出来ないか!と考えて北海道の穀物に着目したわけだよ。

 とうきび・ジャガイモ名産だ。大量にある。

 それを成功させたんだから神谷さんってのは本当に先見の明があるよな^^

2琴音アイコン小.jpg神谷さんハンパネー!

夕実ちゃんアイコン小.jpg琴音っちはワインよりこっちの方がいいんじゃない?(笑)

2琴音アイコン小.jpgやっぱチューハイ(焼酎)っす! 合同酒精バンザイ(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgさてっと、一通りのことは理解してくれたかな?

 ならば早速、この目の前の旧蒸留塔を調査開始と行こうぜ(*´д`*)

2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgアラホラサッサー(*´д`*)(*´д`*)

夕実ちゃんアイコン小.jpgはい。と言うことで~ここから大正期の旭川の煉瓦さんである旧蒸留塔を舐めまわし開始ですう☆

 

DSCF9682.jpg

DSCF9683.jpg

琴音アイコン小.jpg大正期だけあってガチのイギリス積みっすね^^

DSCF9685.jpg

DSCF9688.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg軒下煉瓦さんは遥か彼方ですね^^;

菅原君アイコン小.jpg見上げてると首が痛いなw

DSCF9687.jpg

琴音アイコン小.jpgGS? グループサウンズの略っすね

菅原君アイコン小.jpg合同酒精のGSな^^;

DSCF9690.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわきゃあ・・・この一番下にある煉瓦さんって大変ですよね^^;

菅原君アイコン小.jpgまあそうだよね。何しろ煉瓦造り約5階建て分の重量を支えてるわけだし。

 煉瓦は柔じゃないってことだ^^

DSCF9691.jpg

DSCF9692.jpg

DSCF9698.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgこの後は双眼鏡を取り出したりして刻印探しに精を出すのですがーーー

2琴音アイコン小.jpg軒下煉瓦ちゃん遠すぎるよ!

菅原君アイコン小.jpg貧血になりそうだからもういいやw

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと、その煉瓦の巨人さんを前に挫折しましたです^^;

DSCF9702.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg敷地内には現在も稼働してると言う3棟の煉瓦倉庫も^^

2琴音アイコン小.jpg見学会とかあるなら是非とも行きたいっすよマジで(*´д`*)

DSCF9704.jpg

DSCF9705.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpgさて私たちは旧蒸留塔を離れて再び駅前へと歩みを進めますですう。

2琴音アイコン小.jpgフライトまでまだまだ時間あるけどどうすんのさ?お兄ちゃん。

菅原君アイコン小.jpg本当は煉瓦から離れて観光として神居古潭にでも行こうと思ってたんだが・・・(煉瓦あるんだけどね)

2琴音アイコン小.jpg神居古潭いいじゃん!私行きたいよ!うしおととらの聖地(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpg残念ながら最寄りまでの徒歩往復時間と電車時間考えたら厳しそうなんだ^^;

 だから『もう一つの旭川の煉瓦遺構』へと行くことにした^^

DSCF9706.jpg

DSCF9707.jpg

DSCF9708.jpg

夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩が言うには、そこへは『旭川駅から徒歩40分・・・』

2琴音アイコン小.jpgなんで徒歩なんだよ、おかしいだろうがよーw

菅原君アイコン小.jpgええじゃないかw

DSCF9709.jpg

夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg分かってはいたけれど先輩のバス嫌いには苦笑いですう^^;

 

 さて、旭川駅に戻る道中、

 昨日訪れた銀座ライオンに差し掛かりました。

2琴音アイコン小.jpg昨日は夕方で出来なかった銀座ライオンの煉瓦刻印探していこうっす(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgまあ・・・ちょっとくらいならいいかな^^;

夕実ちゃんアイコン小.jpg朝も早よから大の大人が3人も店の写真をパシャパシャしたり双眼鏡・・・

 正直すごく怪しまれました^^;

 ですがーーー

 実はこの行動が旭川旅行の最後の最後に出会いをもたらしてくれるのは今はまだ誰も知らない物語なのですうーーーーーーー

 

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgここまで見てくれてどうもです!

ぎゃる魅.jpgなげーよ!記事がw

うおっか姫1.jpgしかもアンタ、1月中旬までには旭川旅行記を終らすって息巻いてなかったっけ?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgおとなの事情ってやつですよw

 さて今回は旭川に残る『最古』と『日本初』を見てきた訳なんだが、

 大事に古き良きものが利用されていたりして嬉しかったね(*´д`*)

ゼブラ2.jpg消えゆくものが多い世の中ですしな。

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg次回は旭川煉瓦古潭編ファイナル。

 記事にもあるように素敵な出会いやグルメもありました^^

 ではではまた今度会いましょうず(*´д`*)

  


nice!(79)  コメント(21)