So-net無料ブログ作成
検索選択

第905話 加賀の都の煉瓦奇譚編☆金澤監獄跡・兼六園の煉瓦塀『その煉瓦壁は進撃の巨人?』 [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『昔の建物に煉瓦が使われていることって多いですよねん。今まで見た感じじゃ軍関係・鉄道系・蔵や塀が特に多いですよね?琴音先輩^^』
『そうっすね^^ 公共物なら鉄道・軍、役所とか多いっすね。そのほかには堰とか学校とかかな。民間なら蔵や塀が多いっすね☆』
『わきゃー。じゃあ~じゃあ、これから向かってるところもそうなんですか?琴音っち^^』
『それは行ってから説明するっすよw』
 
 お兄さんの菅原さんと似たように随分ともったいぶる琴音先輩。
 まあ~知らされて行くよりも面白いからいいのだけれど。
 
 さて私たちは兵器庫を後にして歩き出した。
 金沢城址や兼六園を起点にするならその裏手側でしょうか?
 
 はてさて何が待ってるやらーーー
 
 第905話、スタートするよん(*´д`*)
第905話・ルカちゃん・近江市場ランチ・金澤監獄・兼六園の煉瓦ほか・ブログ用.jpg
DSCF1232.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ・・・金沢ってどぶ川ひとつとっても綺麗ですうー
ルカちゃん・アイコン小.jpgですよね? 水がとっても綺麗ですよん。
2琴音アイコン小.jpgこらこらw どぶ川とかヒドイことゆーなー!
DSCF1233.jpg
琴音アイコン小.jpgここは辰巳用水の一部。ブラタモリでもやってたっしょ?
 犀川の上流地から兼六園(金沢城址)まで引っ張ってきた立派な疎水っすよマジで^^;
夕実ちゃんアイコン小.jpg今も街の暮らしに役立ってるんですか
琴音アイコン小.jpgん~・・・、戦後しばらく生活用水が流れ込んだりして汚れちゃったから、
 生活用水路とは別かな(兼六園への流水専用にバイパスを造った)
ルカちゃん・アイコン小.jpgじゃあー、観光用ですね☆
琴音アイコン小・感涙.jpgそれを言っちゃ~おしまいっすよw
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてそんなこんなでーーー
DSCF1234.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg何か大学っぽいとこまでやってきちゃったよん^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgここは?
琴音アイコン小.jpg金沢美術工芸大学っす^^
 
DSCF1235.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!よく見るといかにも芸術大学っぽいオブジェがそこかしこに(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgあれなんてカニかな?
2琴音アイコン小.jpg分からん!w
ルカちゃん・アイコン小.jpg見た感じ、煉瓦のれの字も見えませんよん?
夕実ちゃんアイコン小.jpgもしかして大学構内に潜入ですかあ!
琴音アイコン小.jpgうんにゃ。実は大学に入らなくても外から充分見られるのだ!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgそう言われて先輩についていく私と夕実ぶちょー。
 
DSCF1236.jpg
2琴音アイコン小.jpgここがその煉瓦ちゃんがある場所っす(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgあの・・・雪で何も見えないんですけどお^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpg場所的に大学の校外と言うか道路と隣接する部分ですね。
 もしかして学校の煉瓦塀の跡とか?
2琴音アイコン小.jpg近い!でも残念。ちょっと違うかな^^
 と言うか煉瓦探してよみんな!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgは~い^^;
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgそんなこんなで先輩が指し示す辺りを見てみるとーーー
DSCF1237.jpg
DSCF1238.jpg
DSCF1239.jpg
DSCF1240.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!何か煉瓦の塊があるですね^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg雪が無ければもっとたくさん顔を出してそうですねココ!
2琴音アイコン小.jpgそうなんすよ^^; 今回、一番来ちゃいけない時期に来ちゃったかもしんないw
ルカちゃん・アイコン小.jpgここって学校の煉瓦塀じゃないって言ってましたけど、
 じゃあ~元々何がここにあったんですかね???
琴音アイコン小.jpgよくぞ聞いてくれました!
ルカちゃん・アイコン小.jpg先輩がそう仕向けたんです☆
2琴音アイコン小.jpgえへへ☆ まあいいじゃん(*´д`*)
DSCF1241.jpg
琴音アイコン小.jpgここは元々『明治の五大監獄』の一つ『金澤監獄だった場所』なんすよ^^
 明治40年竣工。かつてはここに高い高い煉瓦塀があったんだって^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!?
 そう言えば愛知県の明治村で金澤監獄の正門とか見た気がするですよ?
 ここがその元々の場所だったんですね^^
琴音アイコン小.jpgそうっすね^^ 他にも看守所や監房なんかもあそこには移設されてたっすね。
 そのどれもが大体昭和47~52年頃に移築されたのかな?
 解体されたのはその前の46年頃。
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことは、移築もされずに残ってた煉瓦塀跡ってことなんですね。
琴音アイコン小.jpgまあそう言うこってす。
 まあ~殆どごく僅かっすけれど、それでもこの土地の記憶の欠片として残ってる訳なんすよ^^
 
 んじゃー!せっかくだし刻印探しでもしてみましょうず(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgほとんど雪の中じゃーん^^;
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことで、この後は学校前の雪を掘る女子3人と言う一種異様な光景が繰り広げられたわけですw
(※ ぶっちゃけオッサン一人だけどなw)
 
 
DSCF1242.jpg
DSCF1243.jpg
DSCF1244.jpg
DSCF1245.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgあの・・・ちょっといいですか?
琴音アイコン小.jpgはいどうぞ。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg雪をかき分ければ結構、煉瓦さんが顔を見せるですが・・・
 表面が結構ボロボロですよ^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgですね。その上苔むしてるよん^^;
琴音アイコン小・感涙.jpgやっぱ雪の日に来るんじゃなかったかもしんないね・・・(;T∀T)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg最悪のコンディションとはこういうことでしょうかね。
 結局諦めて次の場所へと進むことになったよん^^;
(※ 実は調べて分かったことなんだが刻印がここに存在するらしい・・・^^;
 
DSCF1246.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgなんか兼六園の裏手ってすんごく急坂なんですね。
2琴音アイコン小.jpg高低差けっこうあるよ^^
 3D図で見るとこんな感じかな?
兼六園3D図.jpg
琴音アイコン小.jpg金沢城址も兼六園も台地の先っちょに造られたしね。
DSCF1247.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? 八坂(はっさか)だからサッカーボールの絵が書いてあるですう(*´д`*)
2琴音アイコン小.jpg違うからw サッカーボールに似てるけど違うよ^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgじゃあ~なんですのん?
2琴音アイコン小.jpgごめん!調べられなかったw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgなにそれーw
 
DSCF1248.jpg
DSCF1249.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgと、まあ~坂をヒイヒイ言いながら登り切ったそこはもう兼六園です☆
DSCF1250.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg入園料払ってしばらくのんびり園内観光。
 でも人が多すぎて情緒もへったくれもないのですよんw
2琴音アイコン小.jpgさてもうすぐ皆のお待ちかねの兼六園の煉瓦ちゃんだよ(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgへえー兼六園に煉瓦ですかあ^^;(あんまり興味ない)
ルカちゃん・アイコン小.jpg子供の頃、兼六園に煉瓦なんか見ませんでしたけど?
琴音アイコン小.jpg気にしてないだけで実はあるんすよ。もしくは園内くまなく巡ってないとかさ^^
 
 あ!あったあった!あそこだよ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg先輩に促されて向こうを見やる私と夕実ぶちょー。
 するとーーー
 
DSCF1251.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!? ほんとにあったですうー☆
ルカちゃん・アイコン小.jpgでもこれだけですか?古そうなのは間違いない感じですけど。
琴音アイコン小.jpgもしかしたら・・・あるかもだけど、兼六園内から一般の人が見れるのはこれだけだと思うっすよ^^
DSCF1252.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgでもこの煉瓦塀って何なんですか???
ルカちゃん・アイコン小.jpg昔、兼六園って煉瓦塀だったとか???
琴音アイコン小.jpgそれを説明するにはまずこの地図を見てもらわにゃならんですよ。
兼六園の煉瓦.jpg
琴音アイコン小.jpg石川県立伝統産業工芸館の西口にこの煉瓦塀があるよね?(工芸館内からも兼六園への入出場可能)
 その近くに別の建物もない?
ルカちゃん・アイコン小.jpgええっと・・・
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg建物があるのは分かるですが・・・
 漢字が読めませんです御免なさいw
琴音アイコン小.jpgこの園内に隣接する建物は(表現おかしいけど)
『成巽閣(せいそんかく)』って言うっす^^
 
 さてここからが本題。
 この成巽閣は簡単に言うとお殿様のお母さんの隠居所として造られた建物っす(1863年・前田斉泰の母・真龍院)
ルカちゃん・アイコン小.jpgそんな時代から煉瓦塀?
2琴音アイコン小.jpg流石にそれはねーっすよ^^;
 日本の赤煉瓦史が根本から覆っちゃうよw
琴音アイコン小.jpgここは明治の廃藩置県で国の管理下になっちゃうんだけど転機が訪れる!(博物館として利用されてた)
 
 大正天皇が金沢に巡行されることになったんだけど当時最適な宿もない!ってことになりアワワワワ・・・
 それならココいいんじゃね?と白羽の矢が立ったのが成巽閣だったわけ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgむしろこんなにも観光のメッカなのに当時お泊りになられるホテルも満足に無かったことにビックリですよんw
琴音アイコン小.jpgだよね。私もソレ思ったよ。
 で、
 その大正天皇巡行の際に再び前田家に成巽閣は返り咲き♪
 そしてそして、
 何かあったらとんでもない!っつーことで、
 警護・警備の為に赤煉瓦の城壁まで造っちゃったのだ!
夕実ちゃんアイコン小.jpgえ!? じゃ~この煉瓦塀って大正天皇がお泊りになるから建てたんだぁ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg時代とは言え私も驚きましたですよん。
琴音アイコン小.jpg明治42年建造。ごく一部現存。
 赤煉瓦ミュージアムや金澤監獄同等、金沢市で屈指の古参の煉瓦ちゃんなんだよね~(*´д`*)
 
 さてせっかくだしいつもの奴をやっておこうっす^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg刻印探しですね。はいはい^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgじゃー参りますか。れっつ刻印探し☆
DSCF1253.jpg
琴音アイコン小.jpg辛うじて軒下煉瓦ちゃん見えてるね^^
 んん~でも無さそう^^;
夕実ちゃんアイコン小.jpg煉瓦自体も焼過煉瓦っぽいですね。
琴音アイコン小.jpg昔はぐるりとこの煉瓦塀が囲ってたそうっすよ。
 恐らく・・・当然1級品か特注煉瓦が使われてたんじゃないかと思うんす。
 でも目地のモルタルは雑かなあ^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpg急増仕上げ?
琴音アイコン小.jpgなんせ明治41年まで県所有の博物館で煉瓦塀の建造が42年だしね^^;
DSCF1254.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg横から見るとそんなに厚くない壁ですう。
ルカちゃん・アイコン小.jpgこれじゃ巨人達に突破されそうですよん^^
2琴音アイコン小.jpg進撃の巨人じゃないんだからこれで充分っすよ^^;
DSCF1255.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg結局、刻印らしいものも何もなかったようです。
 
 ちなみに成巽閣は今現在、歴史博物館として一般公開されてるよん^^
 そのどれもが名勝・重要文化財・県指定有形文化財だったりします☆(煉瓦塀以外w)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてこの後はーーー
DSCF1256.jpg
DSCF1257.jpg
DSCF1258.jpg
DSCF1259.jpg
DSCF1260.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg園内を再び散策。
 そして次に向かうは金沢の台所です。
 なぜならば・・・
夕実ちゃんアイコン小・ガルルルル.jpgガルルルル!
 早くランチを食べさせるのです! 
 兼六園内のお茶屋の軽いメニューじゃ満足できないのです!
 たらふく食わせろー!
ルカちゃん・アイコン小.jpg・・・と、夕実ぶちょーが怒りを露わにしたからなんですよん^^;
 まあ確かに今日は新幹線での朝食(お酒とおつまみ)以外何も食べてませんしねw
琴音アイコン小.jpgはいはい。ど~ど~!
夕実ちゃんアイコン小・ガルルルル.jpgガルルーーー
琴音アイコン小.jpgお腹すいてるのは皆も一緒だから落ち着いてよ夕実っち^^
 そのテンションマックス顔写メ撮ってお兄ちゃんに送っちゃうよ?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそれだけはやめてくださいごめんなさい許してください何でも言うこと聞きますから!
 香林坊の道のど真ん中で土下座でも、指を咥えながらM字開脚でも何でもするのでお願いっ!^^;
 
DSCF1261.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg何とか夕実ぶちょーをなだめてやってきたのは、金沢観光と言ったらばお約束の近江市場ですよん^^
 ここの説明はもはや不要ですね☆
 
2琴音アイコン小.jpgちょっとせっかくだし市場の上から見てみようか?
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg上から???
ルカちゃん・アイコン小.jpgそう言われて琴音先輩について行くとーーー
DSCF1269.jpg
DSCF1270.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgちょっとしたアングルの差ではあるけれど、上から活況の市場を覗けるのも面白いと思った次第です^^
 
 さて、
DSCF1263.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgお昼もだいぶ過ぎたと言うのにどのお店も大賑わい。
 名店とかそんなこだわりもない私たちは、幾らか空いてそうなお店に飛び込んだ(それでもほぼ満席^^;)
夕実ちゃんアイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgカンパーイ(*´д`*(*´д`*)*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgくっふー! 空きっ腹に中生ビアーの淡々が胃袋に流れ込む感覚マジ最高(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpg大人の特権ですう(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg皆、至極ご満悦☆
 そして頼んだものがやってきましたよん(*´д`*)
DSCF1264.jpg
2琴音アイコン小.jpgうごおおおおおおお!THE海鮮ドーン!!!
 
DSCF1265.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃあ!イクラにチンマリだけど金粉のっかってるですう(*´д`*)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg朝ごはん我慢した分だけ昼に掛けよう!って琴音先輩の提案に乗り、ひと際値段の張る海鮮丼にしたんだよん^^
 お値段相応?
 でもさすが美味しそう(*´д`*)
 
DSCF1266.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg蟹のほぐし身に~
DSCF1267.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgその他諸々最高です(説明しないのかよw)
2琴音アイコン小.jpgウニ旨いなあ・・・
夕実ちゃんアイコン小.jpg甘味が最高ですう(*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgミョウバンで色止めしてない純なウニちゃんだね☆
 ミョウバン特有の苦み渋み無いからちゃんとしたウニなんだろうなあ~(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg先輩たちの故郷(伊豆)も海の幸いっぱいあるんでしょ?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgあるけど・・・
琴音アイコン小.jpgぶっちゃけ北陸の海産物には少し敵わないかな~って思うよ? バリエーションと言うかラインナップ圧倒的だもの(あと観光客向けとは言えコストパフォ的に)
夕実ちゃんアイコン小.jpg金粉とか無いですう~
ルカちゃん・アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgそこは関係ないかなっ!
琴音アイコン小.jpgでもルカちゃんには伊豆の美味しいものをいつか教えちゃるぞ(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpgウツボの干物とか?
ルカちゃん・アイコン小.jpgそれ以外でお願いします☆
 
 お値段相応なのかもしれませんが皆、大満足の海鮮丼でご満悦です。
 さて、
 琴音先輩は食後のお茶をズズズと啜った後に振り返って次のミッションを私たちに告げた
2琴音アイコン小.jpgホテルのチェックインまでの残り二時間で『金沢城址の煉瓦と石垣刻印のダブルゲットしに行くぞい(*´д`*)』
ルカちゃん・アイコン小.jpgやっぱり金沢城址にも煉瓦があるんですね^^
 と言うことで次回は、いざ金沢城!ですよん☆
 
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgここまで読んでくださりありがとうございました^^
 次回からはもう少し更新ペース上げたいところですが・・・
 上野れんこんが新規店出来るのでね。忙しいのよw
 ではではまた今度☆
 

nice!(86)  コメント(26) 
共通テーマ:日記・雑感

第904話 加賀の都の煉瓦奇譚編・旧第四高等中学校&旧金沢陸軍兵器廠兵器庫『三食パンの煉瓦ですう☆』 [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『正直、煉瓦刻印探しとしては超絶最悪なコンディションっす^^;』
 
 先を行く琴音先輩が私たちにクルリと振り返り天を仰ぎつつ嘆くのだ
 事実、雨や雪や曇天やら晴天やらと、まるで山のように目まぐるしく天候が変わる金沢旅行だったと思うのですよん。
 
 でもその最悪なコンディションの中でも何かを見つけようと金沢市内をみんなで駆け巡りましたよ^^
 
 私たちが踏み込んだ二歩目のストーリー
 第904話、始まり始まりい~^^
第904話 加賀の都の煉瓦奇譚編・ルカちゃん・旧金沢陸軍支廠兵器庫2.jpg
DSCF1166.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgやってきたのは香林坊から数分のところ。
 
DSCF1167.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgなにか工事中ですけど煉瓦の建物あるです^^
 
DSCF1168.jpg
DSCF1169.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg旧第四高等中学校本館?
琴音アイコン小.jpgそうっす。ここは明治24年に建てられた高等中学校の建物っすよ^^(昭和25年閉校)
夕実ちゃんアイコン小.jpg第四ってことは~、金沢市内に第一も第二の学校もあったってことですかぁ?
琴音アイコン小.jpgうーん、ちょっと・・・いやだいぶ勘違いしてるっすね夕実っち。
ルカちゃん・アイコン小.jpg勘違い???
琴音アイコン小.jpg旧制高等学校ってのは今でいう『大学に相当する教育機関』ってことっす。
 噛み砕いて言うなら『地方の最高学府』って位置づけで、
 仙台・金沢・鹿児島などに建てられた8つの高等中学校のうちの一つがここだったんすよ^^
(※当初は5校。後に8校。その中には東京もあるけれど。ちなみに東京のは今現在東大の駒場キャンパス1号館)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわきゃ・・・めっちゃ名門ってことですね^^;
琴音アイコン小.jpg『学都・金沢』とも言うべきかな^^ んでね?高等中学校で現存するものは煉瓦建築が多いんすけど、
 特にここは見ておくべきとこなんすよ~(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgどうして???
2琴音アイコン小.jpg説明めんどいからとりあえず目の前の壁を見てよ!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgそう言われちゃったので見る私と夕実部長。
 するとーーー
DSCF1170.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgあれ?近くで見ると色々な種類の煉瓦さんですう^^
 
DSCF1171.jpg
DSCF1172.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg上は普通の赤煉瓦っぽいですけど、下部は黒っぽい煉瓦ですよん。
 
DSCF1173.jpg
DSCF1174.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgここなんて赤・白・黒の三食パンみたいですう^^
 
DSCF1175.jpg
DSCF1176.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg窓枠もカラフルだし、軒下周りも随分とカラフルですね!
琴音アイコン小.jpgそうなんすよ。実はこの旧制石川第四高等中学校本館には『釉薬煉瓦・白煉瓦(耐火煉瓦)・赤煉瓦』と三種類の煉瓦を組み合わせた珍しい煉瓦建築なんすよね~(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgでもでもですよ~?
 釉薬煉瓦って会津地方で習ったけれど『雪や雨風に耐えられるように造られた煉瓦』ですよね?
ルカちゃん・アイコン小.jpgこれだけだと雪の多い石川県だと言うのに煉瓦の機能と建物の造りが合いませんよね?
2琴音アイコン小.jpgいいの!ここは『デザイン重視』なんだからw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgそうなんだーw
2琴音アイコン小.jpgんじゃまー、なんとなーくココの説明も終わったっつーことで、早速いつもの刻印探しいこうか(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgあいあいさー
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことでいつものです^^
 ですが刻印を探せそうな場所は屋根の下の軒下煉瓦しか無さそう。
 その上、数分前まで雪も止んでいたいたのに霙っぽいのがバンバン降ってきちゃったよん^^;
 琴音先輩はカメラのレンズを何度も何度も拭いつつ悪戦苦闘してたのです。
 
2琴音アイコン小.jpgくそー!軒下煉瓦ちゃんがよりにもよって全部『白煉瓦』だよお^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこれじゃー赤煉瓦の刻印を見つけるのも無理ゲーですね^^;
琴音アイコン小.jpgん?
 ・・・あれ?
 わお♪
 それでも刻印発見っす(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpgええっ!? どれどれ???
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg琴音先輩が捉えたやつを見せてもらうことに。
 するとそこにはーーー
  
DSCF1177.jpg
旧制石川第四高等中学校本館の軒下白煉瓦拡大.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg白煉瓦さんの刻印ですね☆
琴音アイコン小.jpgどこのかは分かんないけど間違いなく刻印っすね(*´д`*)
 しかもディンプル付き☆
 
DSCF1178.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgそのほかにも刻印は見受けられないけれどディンプルと言う『くぼみ』の付いた白煉瓦がたくさん使用されていましたよん^^
DSCF1179.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgさてですう。一通り見て回りましたがこの後はどこに行くですか?
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実部長の質問に琴音先輩は、
DSCF1180.jpg
DSCF1181.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg『県立歴史博物館に行くよ(*´д`*)』と、校門に備え付けてあった街角パンフのマップを指さして教えてくれた。
 そこにはもう答えが載ってるねw
 赤煉瓦ミュージアムってさw
 
DSCF1182.jpg
DSCF1183.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg金沢城址を横目に見つつも兼六園の入り口に来ました。
 そこでは作業員さんが松に降り積もった雪を掻き落としてましたですよん^^
 
兼六園の周辺地図.jpg 
DSCF1184.jpg
DSCF1185.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? 歩道に茣蓙が敷いてあるです。
琴音アイコン小.jpg広阪から歴博まではそこそこ坂道だし、雪で足元すべらない配慮じゃないっすかね?
 もしくは融雪溝も無いし雪解け水が歩道を川のように流れちゃうのを防ぐためなんじゃないかと思うよ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg雪のある地方は何かと大変ですね^^;
 
DSCF1188.jpg
DSCF1189.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて、そんなこんなで『いしかわ赤レンガミュージアム』へとやってきたよん☆
 
DSCF1190.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!? 歴史博物館とも書いてあるし『旧金沢陸軍兵器支廠兵器庫』って物騒な名前も括弧書きで書いてあるですよ?
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことはお約束の『戦争遺構の再利用』ってやつですね琴音先輩^^
琴音アイコン小.jpgまあそう言うこってすw
 
DSCF1191.jpg
琴音アイコン小.jpgここに一応説明書きがあるけどぉ簡略するね。
 
 元々は明治42年(1909)~大正3年に建てられた二階建て煉瓦造りの陸軍の武器の倉庫っす。
 第5・第6・第7号兵器庫の3棟がまさに目の前のソレっす^^
夕実ちゃんアイコン小.jpg5~6~7号ってことは1・2・3・4号の建物は?
2琴音アイコン小.jpgめんどくさいので割愛するっすw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなぜーw
 
琴音アイコン小.jpg終戦後には金沢美術工芸大学の校舎に転用されるんすが、昭和61年に石川県立歴史博物館として開館し、今に至るって感じかな^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgんじゃー、サクサクサクーーって感じでここも煉瓦刻印探しでしょ?
琴音アイコン小.jpgん、ん~・・・そうだね^^
 じゃあ~ここはとっても広大だけれども協力して探すっす^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgラジャー('◇')ゞ
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgおや?
 こんな明治~大正の如何にも古そうな煉瓦の倉庫を目の前にして随分と琴音先輩の言葉に歯切れの悪さを感じたのは気のせいでしょうか???
 
 とは言えさっそくいつもの作業開始ですよん。
DSCF1192.jpg
DSCF1193.jpg
DSCF1194.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgここも腰回り(建物下部)は色違いの煉瓦さんですね^^
琴音アイコン小.jpg艶っぽいし釉薬煉瓦っぽくもあるけど、焼過煉瓦のような気もするなあ。欠損した部分でも見れれば判断し易いんだけど^^;
 
DSCF1195.jpg
DSCF1196.jpg
DSCF1197.jpg
DSCF1198.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg雪がいつのまにやらチラつく様相に刻印探しも悪戦苦闘。
 そんなこんなで隣の煉瓦棟へ移動です。
 
DSCF1199.jpg
DSCF1200.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわきゃあ・・・こっちは正面がトイレになっちゃってるんですね^^;
2琴音アイコン小.jpgせめて裏手側に配して欲しいよなあ~^^;
 
DSCF1201.jpg
DSCF1202.jpg
DSCF1203.jpg
DSCF1204.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg第2棟(トイレが真正面にあるやつ)と、第3棟である加賀本多博物館の間の中庭には、
 ブラタモリの金沢編でも紹介していた辰巳用水の石管のオブジェなんかがありましたよん(復元モデル)
 
DSCF1205.jpg
DSCF1206.jpg
琴音アイコン小.jpgこっちは煉瓦4重巻きの立派な入り口とキーストーン(迫石・せりいし)っすね^^
 
DSCF1207.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgううう・・・せっかく軒下の煉瓦さんも顔を出していて~刻印探しにうってつけですが、
 見上げていると口に雪がいっぱい入ってきちゃうですう^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgそれは夕実部長が無駄に口をあんぐり開けなが見上げてるからだけですよw
 とは言え・・・
DSCF1208.jpg
2琴音アイコン小.jpg超絶、本降りになってきちゃったっすねマジで^^;
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg数十分前の青空も嘘の様だし2・3分前の小降りが大嘘のように吹き付ける雪。
 さすがに屋内に退避することになったですよん^^;
 
DSCF1209.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgですが、せっかく屋内に退避したっちゅーのに・・・
 
DSCF1212.jpg
2琴音アイコン小.jpgうひょー!中庭に超絶怪しい煉瓦構造物発見っす(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg・・・と、琴音先輩が中庭に走り出しちゃったので雪の中を渋々追うことになったよん^^;
 
DSCF1213.jpg
DSCF1214.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg渋々琴音先輩の後を追うと、何かのオブジェかと思いきや『改修工事の際に掘り出された煉瓦の基礎』だったよん。
 
DSCF1215.jpg
DSCF1216.jpg
2琴音アイコン小.jpgうーん~(*´д`*) バリバリ古い感じでいいねー!超いいねー(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpgでも刻印見当たりませんですう^^
 
DSCF1217.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg向こうにも同じようなものが建ってますよん^^
2琴音アイコン小.jpgマジかw んじゃー、あっちも探しちゃうぞー☆
 
DSCF1218.jpg
DSCF1219.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgとは言え・・・結局それらしいものも無く肩を落とす私たち(いやむしろ琴音先輩のみ)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこんな実際の基礎だったりと如何にも古そうな煉瓦さんなのに刻印とか全然無いですう。
ルカちゃん・アイコン小.jpgそうですよね?
 雪で中断したとは言え数多く軒下の煉瓦面を見たけれど、
 それらしいもの全然見当たらないのはなんでだろ???
琴音アイコン小.jpgんん・・・多分・・・
『ここは終戦後に何度も修復された煉瓦建造物』だからかもしんないかなあ・・・
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgええっ!?それを先に言ってよw
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことは、昭和の復元の建物???
琴音アイコン小.jpgそんなことはないよ。
 何度も補修修繕をしてるけれど外観のソレはほとんど当時のままそのものっすよ^^
 
 だからこそ私は軒下の煉瓦ちゃんよりも、この掘り起こされた赤煉瓦の基礎に興味があって駆け付けちゃったのだ(*´д`*)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgここでなぜ琴音先輩が当初、軒下の煉瓦刻印探しに憂い顔だったのか理解した。
 乗り気じゃなかったのか納得した。
 要するに修繕が幾度もあって、例え刻印が見つかっても明治大正当時の物なのか判別しにくいって危惧だったみたいですね^^
 
 さてっと・・・
ルカちゃん・アイコン小.jpgさすがに雪がワンサカ吹き付けるので屋内に再び退避です。
DSCF1220.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg有料と無料のゾーンがありますですよ?
ルカちゃん・アイコン小.jpg休憩所はタダです☆
琴音アイコン小.jpgまだまだ降りそうだし休憩所でマッタリもいいっすけど・・・
 無料ゾーンでも見学しようっすw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgですよねーw
琴音アイコン小.jpgさっき煉瓦基礎の説明書きを見た感じじゃ、無料ゾーンに『現状保存の煉瓦基礎もある』って書いてあったしね(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg要するに『野ざらしじゃない煉瓦基礎』が保存されてるってことですよね?
2琴音アイコン小.jpg風雨にさらされてない分、刻印の発見の可能性ありそうじゃん(*´д`*)
 しかも無料!
 これはレッツ!無料ゾーンだす~(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことでそこへと真っ先に行くことになりましたよんw
 一応『写真撮っても平気ですか?』と受付のお姉さま承諾を得ています^^
 
DSCF1221.jpg
DSCF1222.jpg
琴音アイコン小.jpgへえ~、床下がガラス張りになってて見えるようになってるんすね^^
 
DSCF1223.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgじゃあ~ここもいつものやつですねw
 
DSCF1224.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgうう・・・でもでもですよ!
 ガラスが邪魔になって上手く見えないですね(ぼやける・・・)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg頑張って刻印を探してみたものの、それらしいものは見当たらず。
 その後はサクッと展示物を閲覧して外に出ることにしたのですよん。
 
DSCF1225.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgなんかめちゃくちゃ晴れてるんですけどっ!!!
ルカちゃん・アイコン小.jpg無料ゾーンに居た時間はせいぜい20分くらい。
 そんな短時間に、こうも天候が変わるものかとビックリしちゃったよん^^;
 山か!ここはw
 
 その後は見ていない煉瓦棟の裏側も刻印探ししましたよん。
DSCF1226.jpg
DSCF1227.jpg
2琴音アイコン小.jpg刻印じゃないけど少し怪しい傷発見!
夕実ちゃんアイコン小.jpg傷や煉瓦の経年劣化の綻びにしてはずいぶんと怪しいですね^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgでも先輩?
 同じようなものが同一の建物に見つからなければ刻印と判断するには厳しいって私に言いましたよね???
琴音アイコン小.jpgだねえ^^;
 同一建築物内に同種の刻印が存在すればするほど刻印の確実性が増すって言ったね。
 うーん、多分だけどやっぱりただの煉瓦のキズなんかもしんないかな。残念^^;
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg結局、それらしいものも見つけることが叶わなかった感じみたい
 
 さて琴音先輩は『次の煉瓦ちゃんに会いに行くっす(*´д`*)』と、歴博を後にしかけるところでこんなものに出会いました。
DSCF1228.jpg
DSCF1229.jpg
DSCF1230.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg旧金沢陸軍兵器支廠兵器庫通用門?
琴音アイコン小.jpg兵器庫が造られた時代からある裏門の一部みたいっすね。
ルカちゃん・アイコン小.jpgですがびみょーに平成27年に再現とも書いてありますよん^^
琴音アイコン小.jpg刻印は・・・無いみたいね^^;
 正直、建物の裏手にひっそりとあるから見過ごしそうだけれども立派な国の重要文化財指定ってのが、
 わかる人にわかってもらえればうれしい物件っすね^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgで、この後は?
 そろそろお昼時ですけど?
夕実ちゃんアイコン小.jpgお腹ぺこぺこですう(むきー!)
2琴音アイコン小.jpgランチはもうちょっと待ってね!
 次は『金沢監獄の跡地』と『兼六園にある煉瓦ちゃん』を見てから海の幸ガッツリ行くよ!(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg先に食べたい・・・
2琴音アイコン小.jpg我慢して我慢してこそ食い物は最高に旨いのさ☆
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことで次回は金沢の煉瓦ぷらす海の幸ですよん☆
 
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgお久しぶりです皆様!
 この二週間ほどアプリゲーにどっぷり浸かり、ブログが廃墟状態でしたねw
 もう5月だというのに3月の雪の金沢ですよw
 まあ~のんびり書かせていただくのでご理解ください☆
 
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさて、こんなにもブログを放置していたにも関わらず、また放置プレーに戻ります。
 実は今日から連休を頂けたので会津喜多方へ行ってきます^^
 前回は電車乗れずに無駄に会津の山を歩いたり、資料館が休館日だったりと満足いくものではなかったのですが、
 今回は資料館さんにコネクトし資料館どころか喜多方煉瓦(三津谷の煉瓦窯)まで見させていただくことになりました(*´д`*)ウレシー
 
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgもうワクワクが止まらない感じです!
 一介のブログ人ではありますがガチ取材出来るってのは嬉しいねえ☆
 ではいつものように寝ないでこれから行ってきやすw
 新型特急リバティにも乗れるし楽しみ☆
(※みんなのとこへ訪問はしばらくnice!のみで・・・^^;)
 

nice!(98)  コメント(23) 
共通テーマ:日記・雑感

第903話 加賀の都の煉瓦奇譚編・金沢市民芸術村『アートにロックに煉瓦刻印探し』 [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『わたし得意ですよん金沢^^』
 
 珍しくサークルに顔を出したルカちゃんが自慢げに言う。
 
『ほほ~金沢結構行ったことあるっすか?』と琴音っちが問えば・・・
 
小学校の頃に2回ほど兼六園に行きましたよん(*´д`*)』だそうだ^^;
 
 さてなんでこんな話をしているかと言えばーーー
 
 今回は女の子三人での金沢旅行を決め込んだからなんですよ^^
 
 もちろんサークル活動の一環で行くので煉瓦です^^;
 
 
 ここでルカちゃんが私の気持ちを代弁して言ってくれた。
 
『ねえ琴音さん。金沢にも煉瓦ってあるんですか???
 
 第903話 加賀の都の煉瓦奇譚編、すたーとですう(*´д`*)
 
第903話 加賀の都の煉瓦奇譚編・ルカちゃん・金沢市民芸術村2.jpg 
 
DSCF1112.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg北陸新幹線なんて初めてですよん^^
琴音アイコン小.jpgあれ?そういえば私も初めてかも。
夕実ちゃんアイコン小.jpg今まで飛行機ばかりでしたしね^^
 
 さて朝も早よから上野に集合。いざ乗り込みましょうですう(*´д`*)
 
DSCF1113.jpg
DSCF1114.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg『のんびり行きたいっす(*´д`*)』と琴音っちが言うもんだから学生には(金額的に)つらいグリーン車に^^;
 
DSCF1115.jpg
DSCF1116.jpg
2琴音アイコン小.jpg私的にはコンセントあるのがいいっすね(*´д`*)
 
 これでレキシトコネクトのエリア踏破が捗るぞい☆
ルカちゃん・アイコン小.jpgあれ?ポケモンGOは?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgもうやめちゃったんだって^^;
 
 今は位置ゲー『レキシトコネクト』にハマってる彼女だった。
 
DSCF1117.jpg
DSCF1118.jpg
DSCF1119.jpg
2琴音アイコン小.jpgくそー、トンネルばっかりでゲームが全然捗らなかったっすよマジで^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpg北陸新幹線区間はトンネル多いし長いしGPSが届きませんしねw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこらこら、ゲームはもういいから^^;
 
 ゲームにお酒にとやっていたらあっという間の金沢です。
 近いですよね意外と^^
 
 さて今日と明日の旅行ルートは当然琴音っち任せなので聞いてみた。
 
 ねえねえ琴音っち。先ずはどこへと行くんですかあ???
 
琴音アイコン小.jpgそうっすね。金沢市には煉瓦遺構が数多く点在してるんすが・・・
ルカちゃん・アイコン小.jpg点在!?ってそんなに煉瓦があるんですか?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgお城と兼六園と近江町市場だけかと思ってましたw
2琴音アイコン小.jpgそりゃねーっすよw 何気に近代建築も多い街なんすよ^^
 
 んじゃま~まずはジャブってことでー
 金沢駅から一番近い煉瓦ちゃんに会いに行くとするよ!
 
 その名も『金沢市民芸術村』
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg芸術村???
2琴音アイコン小.jpgいいからいいから行こう行こう!
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgかくしてJR金沢駅から一番近い?と言う煉瓦の物件に会いに行くことになりましたです^^
 
DSCF1120.jpg
DSCF1121.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgあ、なんかそれっぽいのが見えてきましたよん^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg降り続いていた雪も歩き出した途端にぱたりと降り止み、12分くらい歩いた頃でしょうか?
DSCF1124.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg金沢市民芸術村と言う場所にやってきましたよ^^
 
 
DSCF1125.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgなんか結構広大な敷地ですね~。施設もいっぱいだし。
夕実ちゃんアイコン小.jpgここって何の施設なの???
琴音アイコン小.jpgここは簡単に言えば市民の総合文化施設っすね^^
 
 金沢の伝統的建築技術保全や若手の技能養成を目的とした金沢職人大学校も併設されてるっす。
 
 要するに技術系文化施設☆(ちなみに年中無休・24時間営業)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgで、ここに昔の煉瓦もあるってことですか?
 
2琴音アイコン小.jpgご名答! そうなんす。実はここ昔はーーー
 
『金沢紡績(錦華紡績)金沢工場』っつって、
 紡績工場の跡地に金沢市民芸術村が造られたってわけなんすよ^^
 
 この広大な敷地内には大正12年(1923年)から昭和初期に建てられた煉瓦の倉庫が数多く残っていて、
 それがアトリエなどとして使われてるんす(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgへえ~
琴音アイコン小.jpgちなみに開村は1996年。金沢市が操業停止した紡績工場の土地を買い取って公園整備化しようとしたんだけど、
 
 当時の市長さんが『え?この煉瓦倉庫も壊すの?勿体なくね?』っておっしゃってくださったおかげで煉瓦倉庫が有効再利用されたんだぜ!と付け加えておくっす^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg市長さんマジ有能ですねんw
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて一通りの歴史をかいつまんだところで、さっそくその煉瓦倉庫群に会いに行ってみましょうです^^
 
DSCF1126.jpg
DSCF1127.jpg
DSCF1128.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg三月中旬とは言えやっぱり北陸ですね。
 公園内の雪を踏みしめて進むと目の前に煉瓦さんが登場ですう(むしろわざと雪に突入。だって久しぶりの雪だったんだもんw)
 
DSCF1129.jpg
DSCF1130.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgわお。こうやって見るとすっごくお洒落っぽい感じなとこですね^^
夕実ちゃんアイコン小.jpg美術館って言われてもそう思っちゃいますです^^
 
DSCF1131.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg『PIT5』これは???
琴音アイコン小.jpg元々あった煉瓦倉庫を再利用してるんすけど、
 5棟それぞれに『PIT1~PIT5』って名付けてるんすよ^^
 ちなみにこのPIT5は『アート工房』っす。
 
DSCF1132.jpg
DSCF1133.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgあれ? ん~でもよく見ると『古煉瓦じゃない』ですよね?
ルカちゃん・アイコン小.jpgあ、ほんとだ。私でもわかるよん^^
琴音アイコン小.jpgまあ~中にはねw
 
 基本、今現在の耐震構造に合わせないといけないから全部が全部当時のままって訳にはいかんのですよ。
 
 しかも元々の煉瓦倉庫も基本は木造2階建てであり、外壁部が煉瓦だったってことなの。
 完全レンガ積みじゃないんだ^^
 
琴音アイコン小.jpgでもこの横のPIT4へと続くところを見てみそ(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgそう言われて次のPIT4を見る私とルカちゃん。
 するとそこにはーーー
 
DSCF1134.jpg
DSCF1135.jpg
DSCF1136.jpg
DSCF1137.jpg
DSCF1138.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgおお~如何にも古~い感じの煉瓦ですよん^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgでも随分と表面がボロボロですよ?
琴音アイコン小.jpg多分、元々はモルタルがかぶさってたんじゃないかと思うっす。それが白漆喰っぽい感じなのかよく分からないけれど、
 これはモルタルを剥がして煉瓦面を出したってとこっすね。
 
DSCF1139.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgちなみに聞きますがPIT4は?
琴音アイコン小.jpgミュージック工房だよ^^
 
 じゃあ~刻印探しには非常に悪条件だけど、
 
 ロックに刻印探し行くぜ!
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgおーべいべー♪(*´д`*(*´д`*)
 
 
DSCF1140.jpg
DSCF1141.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg刻印発見ですよん(*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgむう・・・。刻印は刻印だけど耐火煉瓦ちゃんだよソレ^^;
 ちなみに東濃炉材㈱さんのイマドキ耐火煉瓦ちゃんだし^^;
 
DSCF1142.jpg
DSCF1143.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg刻印探しをしていたら、あっという間にPIT1まで来ちゃいましたです^^;
 それだけ刻印探しには不向きな感じだったとですう。
 
DSCF1144.jpg
DSCF1145.jpg
2琴音アイコン小.jpg見れそうなとこは沢山あるっちゅーのになあ・・・。削れまくってるのがネックっすね^^;
 
DSCF1146.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgでも見てくださいよ。琴音先輩がいつも言ってるシワシワ煉瓦ですよん^^
 
DSCF1147.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg古い煉瓦なのは間違いがないですね^^
 
DSCF1148.jpg
琴音アイコン小.jpg目地は洒落っ気も何もない感じだなあ~
 
DSCF1149.jpg
DSCF1150.jpg
DSCF1151.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそんなこんなで倉庫群の表側には刻印は見つけられなかったとですう。
 
 ですが、JR線側(つまりは裏手側)からも煉瓦倉庫を見れることに気づいた私たちは、折り返しで刻印探しをリスタートすることに。
 
 
DSCF1152.jpg
DSCF1153.jpg
2琴音アイコン小.jpgうひゃー!こっちも厳しいかあ^^;
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこちらもモルタルを剥いだ感じの煉瓦面。
 
 結局諦めて次へと向かうことにしましたよ^^;
 
 さて、捨てる神あれば拾う神ありとでも言うのでしょうか。
 次への目的地へと歩く最中、
 
 何とゴミステーションに神様が居たのですw
DSCF1154.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg琴音先輩!あそこのゴミステーションに煉瓦がありますよん!
2琴音アイコン小.jpgお! うーん・・・でもカラス除けのゴミネットを押さえておく置き石的煉瓦だよねあれ^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgばっちい・・・ですう^^;
琴音アイコン小.jpgまあ・・・物は試しで見てみようか。
 
 って!おい!!??
 
DSCF1155.jpg
DSCF1156.jpg
2琴音アイコン小.jpgこんなところで煉瓦刻印んんーーーーーーーーーゲットだぜ!
夕実ちゃんアイコン小.jpg〇に・・・何か棒線っぽいのが刻まれてますね。
ルカちゃん・アイコン小.jpgどこの工場製品とか分かるんですか?
2琴音アイコン小.jpgさっぱりだね!w でもちょっと嬉しいかも(*´д`*)
 
DSCF1157.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgちなみに長土塀2ってとこらへんです。要らない情報ですねw
 
 さてこの後は金沢市の中心街へと向かいます。
 
DSCF1158.jpg
DSCF1159.jpg
DSCF1160.jpg
DSCF1162.jpg
DSCF1161.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg夜は絶対カニだよね?だよね???
琴音アイコン小.jpgそれはどうかなw
 
(※カニは一応出てきますのでお楽しみをばw)
 
DSCF1163.jpg
DSCF1164.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて、金沢城址にも兼六園にも近い香林坊までやってきたところで琴音っちが本日のスケジュールを教えてくれたのです。
琴音アイコン小.jpg今日のメインはこれからっす^^
 
 幾つか有名どころの煉瓦建築を見てから最後は『兼六園や金沢城址内にある煉瓦を見物』して夕食だよ(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgえ!?兼六園に煉瓦なんてあるんですか!?
夕実ちゃんアイコン小.jpg金沢城址にも煉瓦!?
 
 思わぬところに煉瓦があると聞かされてビックリの私とルカちゃん。
 
 
 次回も煉瓦が盛りだくさん。
 ただし悪天候との闘い。
 気になる方はぜひ覗いてみてくださいね^^
 
 

nice!(102)  コメント(23) 
共通テーマ:日記・雑感

第902話 琉球レッドと青い空・三重城~首里編☆『国内最後の煉瓦造り灯台跡』 [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『坊勢さん!坊勢さん!もうチェックアウト時間ギリギリです!』

 

 んん~・・・

 なんだかまどろみの外から菅原君の大きな声が聞こえてきた(むにゃむにゃ・・・

 でもどうせ夢なんだろ?っと、私は深い深い微睡の中へと戻ろうとするのだ。

 するとーーー

『プルルルルルルルーーー!』と、けたたましい電子音が私を再び揺り動かす。

 無意識に取ったソレは受話器?

 耳元に充ててるのか分からないがその向こうから菅原君じゃない声が聞こえてきたのだ。

『お客様、チェックアウト時刻が近づいております。身支度など手配はおすみでしょうか^^』

 ん?

 え?

 ええええっ!?

 第902話、琉球レッドと青い空編ファイナル、スタートだぞい^^;

第902話・琉球レッドと青い空・三重城灯台跡・坊勢さん・ブログ.jpg 

DSCF1022.jpg

菅原君アイコン小.jpgやっちゃいましたね坊勢さんw

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgううう・・・ごめん^^;

 まさか深酒で爆睡こいていたとは面目ない^^;

菅原君アイコン小.jpgまあボクも起床予定時刻から2時間くらい過ぎて起きたので何も言えませんw

 

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgまさかの大出遅れ。

 実は今日。午後三時の帰りのフライトまでの間に菅原君がぜひ『リベンジしたい!』と言っていた、

『中城城(なかぐすくじょう)』へと行く予定だったのだが寝坊してしまったのだぞい^^;

 なんでもその中城城は国の史跡であり世界遺産なのだが、

 その中には中城高原ホテルと言う廃墟もあるそうなのだ。

 

菅原君アイコン小.jpg廃墟マニアなら沖縄で行っておかなければ!ってとこなんですがまあ仕方がないですね。今回も諦めますw

(※ 前回の渡名喜島編です。記事はこちら→板前さんでも旅したい!)

 

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgさてそんな彼は

『そこがダメなら時間の許す限り別の場所に行きましょう☆』と、いくつかピックアップし始めたのだ。

 二の矢三の矢がすぐさま思い浮かぶんだから凄いよね・・・^^;

 

DSCF1023.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg沖縄ホテル?

 そこは私たちが宿泊した東横インおもろまち駅前から歩いて15分くらいの場所だった。

DSCF1024.jpg

DSCF1025.jpg

DSCF1026.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpgなあ菅原君よ。パッと見、煉瓦もチラホラ見えるが~

 この沖縄ホテルに立ち寄ったのはなぜだい???

菅原君アイコン小.jpgこの沖縄ホテルさんは昭和16年創業のホテルなんですが、この中には沖縄でも珍しい煉瓦造りの建物が残ってるそうなんです^^

 まあそれは次回、沖縄に取材に来た時にここへ泊ってじっくり舐めまわしましょうw

 ボクたちが今日目指すのはここから海へと歩いたところです^^

 

坊勢さん新アイコン・小.jpgさて菅原君に連れられてやってきたのは、もうすぐ海が目の前って場所。

 お世話になった旭橋バスターミナルから歩いて15分くらいのとこだぞい^^

DSCF1027.jpg

三重城跡.jpg

DSCF1028.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgここは・・・神社と言うか御嶽とか?

 

DSCF1029.jpg

菅原君アイコン小.jpg参拝者各位って書いてありますしそうかもですね^^

 

DSCF1030.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg鳥居もあるし御嶽っぽいね。

 ん~でもこんなところに煉瓦なんてあるの?

 見たところ石垣くらいしか無さそうだけど???

菅原君アイコン小.jpgいや、よーく見てくださいよ坊勢さん。そこの木の根っことか^^

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgどれどれ・・・

DSCF1031.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgありゃ?本当に煉瓦片あったねえ^^;

菅原君アイコン小.jpgじゃあ~境内っぽいとこまで登ってみましょう^^

坊勢さん新アイコン・小.jpgあいあいさー^^

 

 彼に導かれるように鳥居をくぐった私の目の前には少し異様な形で煉瓦が飛び込んできたのだ。

DSCF1032.jpg

DSCF1033.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgえ? なんか周りの石垣に煉瓦の塊がたくさん混じってるぞい^^;

菅原君アイコン小.jpgでしょ? じゃあ~ちょっとじっくり見させていただきますよ坊勢さん(*´д`*)

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgそう言って彼は、へんてこりんな石垣目がけて猫まっしぐら^^;

 本当に煉瓦好きなのね^^;

 私は興味ないので彼の後ろから行動を覗くことにしたんだぞい^^;

 

DSCF1034.jpg

DSCF1035.jpg

菅原君アイコン小.jpgへえ~モルタルが残ってるってことは・・・ブツブツ

 

DSCF1036.jpg

菅原君アイコン小.jpg煉瓦の質感も・・・ブツブツ

 

DSCF1038.jpg

菅原君アイコン小.jpgこれは何かの遺物かな・・・ブツブツ

 

DSCF1039.jpg

菅原君アイコン小.jpg刻印があるとすれば・・・あそこ(沖縄監獄)かな?・・・ブツブツ

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgさっきからブツブツごにょごにょ言っててよく聞こえないんですけど!^^;

 

DSCF1041.jpg

菅原君アイコン小.jpgちょっとこの周辺にも興味があるので下にも降りていいですか?

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgうん・・・かまわんぞい^^;

 

DSCF1042.jpg

DSCF1043.jpg

菅原君アイコン小.jpgおお~下への階段も上から見ると煉瓦片か^^

 

DSCF1044.jpg

DSCF1045.jpg

DSCF1046.jpg

DSCF1047.jpg

菅原君アイコン小.jpgこっちにも結構、煉瓦片落ちてるなあ~^^

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgそ、そうね^^;

 

DSCF1048.jpg

DSCF1049.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg煉瓦に夢中で全然かまってくれない彼。すると今度は『上に戻りましょう^^』と振り回す。

 苦笑いでそれに応える私がいた・・・^^;

 

DSCF1050.jpg

DSCF1051.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg上に戻って彼の目線を追うのだが、私でもひとつ気づいたことがあった。

 それはぐるりと一周、煉瓦が混じった石垣で囲まれていたってこと。

 しかもそれは瓦礫を積み上げたようなもの。

 もしかして『ここには昔、何かがあってそれの残骸を石垣に使った?』とかなのかな???

 

DSCF1053.jpg

DSCF1054.jpg

DSCF1055.jpg

DSCF1056.jpg

DSCF1057.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg一通り一周したところで、いよいよ種明かししてくれるもんだと思いきや、

 今度は・・・

菅原君アイコン小.jpgうおー!敷地内もよく見ると煉瓦の土台のようなもんが露出してる(*´д`*)

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgってな感じで地面に埋まってる煉瓦を見はじめちゃったぞい^^;

DSCF1058.jpg

DSCF1059.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpgただ、こっちは石垣と違って元々何かが建っていた?って感じにも見えたのだ。

DSCF1061.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgなあ~菅原君よ。そろそろこの御嶽っぽいとこが何なのかお姉さんに教えてくれないかな^^;

 割と私ってばM属性だけど、ここまでじらされると辛いのよw

菅原君アイコン小.jpgあーすみませんごめんなさい^^; ちょっと夢中になりすぎちゃいましたねw

坊勢さん新アイコン・小.jpg見たところ『むかしここに何かが建ってた』って感じに思えるんだけど、どうかな?

菅原君アイコン小.jpg正解です^^

 じゃあ~ここの説明をばいたしやしょう☆

 実はここ『国内最後の煉瓦造り灯台が建っていたところなんですよ^^

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgえ!? 国内で最後の煉瓦の灯台だったとこ???

 こんな神聖な場所に???

菅原君アイコン小.jpg灯台の名前は三重城灯台』

 三重城と書いて『みえぐすく』です^^

 元々は倭寇などの外敵に対する城塞だったのですが、目の前の海(沖縄港)から船立つ人々を見送る場所でもあったんです^^

 それもいつしか拝所となり神聖的な場所に移り変わったのですが、

 明治33年4月に津堅島灯台と同時期に建設された先原崎灯台の対岸に、この煉瓦造りの灯台が建てられたんです^^

(※沖縄港対岸に建てられた先原崎灯台は実質沖縄最古の煉瓦燈台。現・那覇空港管制の施設内に残存します^^)

名称未設定 2.jpg

名称未設定 4.jpg

菅原君アイコン小.jpg坊勢さんは『なぜこんな神聖な場所に灯台??』って疑問に思ったでしょ。

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgいや普通に思うでしょ^^;

菅原君アイコン小.jpg沖縄と言うか琉球人は海洋信仰って言いまして、特に海をつかさどる神に対して信仰心があるんです。

 島人にとっては海の安全は欠かせないもの。

 だから諸説ありますがここに灯台を建てることに進んで土地を寄進したとも言われてるんです^^

坊勢さん新アイコン・小.jpg言われてみれば納得かも。

 燈台って海の防人って言うもんね^^ 元々船出を見送っていた場所でもあったんだろうし分かるなあ☆

三重城灯台.jpg

菅原君アイコン小.jpgこれはかつての三重城灯台の写真なんですが、灯台と言うには随分とずんぐりむっくりだし、周りは今より石垣積みの場所ですよね。

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgあんまり煉瓦煉瓦してないね^^;

菅原君アイコン小.jpgこれは推測ですが、対岸の先原崎灯台のあくまでもサポート的な灯台だったんだと思いますよ^^

 そして『なぜ?この三重城の拝所には煉瓦片がゴロゴロ石垣として使われているのか?』ってところでしょうか。

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgもしかして・・・『戦争?』

菅原君アイコン小.jpg正解です。

 詳しくは調べきれませんでしたが、対岸の先原崎灯台(サチバルザチ灯台)は、

 1945年(昭和20年)の沖縄戦で破壊されています。

 ここも同じくして破壊されてしまったと考えるのが正解だと思います。

菅原君アイコン小.jpg恐らく・・・この拝所の周りを囲むガンタ積みされた石垣は、

 沖縄戦で破壊された灯台の煉瓦塊や煉瓦片を使った石垣・・・なんだと思います。

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgむう・・・

 私は言葉に出来なかった。

 正直言うと、彼に連れられてここへ来た時には『ガラクタな積み方の石垣』だなあ・・・くらいに思っていたから・・・

 ここにも『沖縄戦の名残』があったわけなんだね。

(※ ガンタ積みと言うのは瓦礫などを積み上げた擁壁。都内でも古い地区で見かけることがあります。ただし土台や壁としてはとても脆弱です)

菅原君アイコン小.jpg土地って調べていくと歴史が地層のように積み重なってるものなんですよね。

 時に辛く、時に驚かせてくれることがあります。

 戦争の傷跡をここにも知ることになったけれど、ボクは煉瓦関係のついでとは言っても、

『ここに来てよかったし、知ることができて嬉しかった』ですよ^^

坊勢さん新アイコン・小.jpgそうだねえ。ただの観光では気づかない沖縄の傷跡を知る場所だった・・・ってお姉さんもビックリしたぞい。

 いや、むしろ君に感謝したい。

菅原君アイコン小.jpgマイナーではあるけれど知ってもらえれば幸いです^^

 

坊勢さん新アイコン・小.jpgさて、せっかくだし拝所で拝んで行こうよ菅原君よ^^

菅原君アイコン小.jpgそうですね^^ 手を合わせていきましょうか☆

DSCF1063.jpg

DSCF1064.jpg

DSCF1065.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgお礼も込めてここの中心にある祠っぽいとこへと参ったのだが・・・

 えっと菅原君?

 なんか随分とくたびれているような気が・・・

菅原君アイコン小.jpgですね・・・

 周りは結構ゴミだらけですし・・・

 花火か何かをしたような煤けたとこもあるし・・・

 あんまり今では祈りの場として訪れていないような・・・気がしますね^^;

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg切なくなっちゃうな。この現状は^^;

菅原君アイコン小.jpg悲しいけれど、結構・・・今は昔ほど信仰心とか薄れてる時代なのかもしれませんね。

 

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgそれもまた悲しい現実ってやつなんだと思わされた今回。

 ちょっとシュン・・・としちゃった私に彼は

DSCF1066.jpg

菅原君アイコン小.jpg自分らで飲んじゃうからお神酒でもなんでもないけれど、買い置きしたお酒でも飲んで乾杯しましょうよ坊勢さん^^

 ここ、結構良い眺めでしょ(*´д`*)

坊勢さん新アイコン・小.jpgそうだね☆

 神様には悪いけれど飲んで笑って土地をねぎらうのもアリだw

 そんなこんなで最後は沖縄シークワーサーの缶チューハイで二人で乾杯したぞい(*´д`*)

 

 さてこの後はどうしたのかと言うとーーー

菅原君アイコン小.jpg中城城の代わりに首里城でも行きますか^^;

坊勢さん新アイコン・小.jpgと、あんまり乗り気じゃない感じで彼が首里城でも観光しようと告げた。

 なんで『しぶしぶな感じ?』って問うと、

菅原君アイコン小.jpgあんまりそこまで興味ないんですよw

 何回も首里城行ってるしw

 あるとすれば・・・首里城の石垣刻印探しくらいかな^^

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg私としてはむしろ首里城の石垣にも刻印があるのかと驚いたところなんだが、

 彼にとってはそこまで興味のあるものではなかったようだ。

 むしろフライトまでの残り2時間を切ったところで何かをできる最後の観光スポットでありアクセスのよい場所だったってとこだろうか^^;

(※ この後は写真の羅列が続きますw)

 

DSCF1072.jpg

DSCF1077.jpg

DSCF1081.jpg

DSCF1083.jpg

DSCF1087.jpg

菅原君アイコン小.jpgふう~とりあえず前回来たときは工事中だった守礼門を見れて良かったかなw

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg守礼門見れただけで満足って^^;

 ちなみに『首里城の石垣刻印』は『よくわからねーw』だったそう^^;

 あるらしいのだが私もよくわからなかったぞいW

 

DSCF1089.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpgこの後はーーー

DSCF1090.jpg

DSCF1091.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg首里城前にある円鑑池で鳥さんと戯れたりしてたんだがーーー

 そこで菅原君はさりげない発見をかますのだ。

 

DSCF1093.jpg

DSCF1092.jpg

DSCF1094.jpg

DSCF1095.jpg

菅原君アイコン小.jpgまさかの首里城付近で煉瓦構造物発見(*´д`*)

坊勢さん新アイコン・小.jpg見たところ首里城前に隣接する沖縄県立芸術大学のキャンパスの敷地っぽいぞい?

 

DSCF1096.jpg

DSCF1097.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpgその煉瓦跡っぽいところから奥へと視線を移すと、

 沖縄師範学校跡の碑があった。

 えっと~菅原君これは???

菅原君アイコン小.jpgいや~これは知らなかったので今ちょっとだけ調べてみますよ^^

 ああ~なるほど!

 今は沖縄芸術大学のキャンパスになってますが、

 元々は明治13年創立、明治19年にこの場所に移ってきた沖縄師範学校の名残みたいです☆

 戦中には軍事拠点としても使われた場所でもあったそうです。

 ただし調べが浅いので(すみませんが時間ないので省略)

 この煉瓦が創立当時の学校に使われた煉瓦なのか、

 戦中の軍の建物として使用された煉瓦なのかは、いつの日かじっくり調べたいですね^^

 

菅原君アイコン小.jpgおっといけない!もう帰る時間っすよ坊勢さん!

 ハリーアップw

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgここからは大慌てで那覇空港へと戻ることに^^;

DSCF1107.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg寝坊しちゃったおかげで『本当に世話しない沖縄最終日』だったぞい^^;

 まあ・・・お酒の飲みすぎのせいだが、

 若い男の子と二人きりの酒宴ですもの。仕方ないよね(*´д`*)

 

DSCF1108.jpg

DSCF1109.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg後はもう帰るだけ。

 急いで空港に着いた割には40分くらいの余裕時間☆

 最後の最後まで(ギリギリまで)

 私が勝手にデートだと思い込んでた沖縄取材の後半戦を彼とお酒で飲み明かしたぞい☆

 おかげで二人とも羽田空港でキャビンアテンダントのお姉さんに

『お客様!無事に羽田空港へと到着いたしました^^ 

 ぐっすりと良い夢を見られていたようですね☆ 

 旅は一端ここで終わりかもしれませんが、また是非とも次のフライトではその続きをお世話させていただけたら幸いです^^』と、

 二人共ども起こされちゃったぞい^^;

菅原君アイコン小.jpg爆睡でしたねw

坊勢さん新アイコン・小.jpgでも楽しくもあり勉強させられた旅だったぞい^^

菅原君アイコン小.jpgそう言っていただけるとJALのお姉さまじゃないけど助かります。むしろ自分の趣味に付き合っていただいてありがとうございます^^

(客室乗務員さんてのはサービスと言うか言葉選びと言うか何かと素敵な言い回ししてくれることがある。教育なのかな。個々の感性かもだけどプロってこういうことだよね。とっても素敵!)

 

《あとがき》

坊勢さん新アイコン・小.jpgさて楽しかった?彼との沖縄煉瓦探索編も終了。

 個人的感想としては沖縄の煉瓦には『戦争』と言うキーワードが必ずついてくるものだなあと思ったぞい。

 煉瓦に残る機銃掃射の跡

 戦争によって破壊された灯台の煉瓦塊の石垣の再利用。

 観光と呼べる場所では正直無かったのかもしれない。

 でも少しでもこの記事を見て知っていただけたなら沖縄戦の代弁となったなら・・・

 ちょっとだけでも記せたことに意味があったのかなあと思ってます^^

坊勢さん新アイコン・小.jpg私の出番はここまでだぞい^^

 次回からは彼が言うには『加賀百万石の煉瓦とは?』だって☆

 金沢の煉瓦ってことかな???

 気になる方は是非どうぞ見てくれたまえw

 ただし季節外れの雪の舞うストーリーだそうだ☆

 


nice!(86)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

第901話 琉球レッドと青い空・キャロットアイランド編☆『帰ってきたよ!ホートゥーガー1949』ホートゥーガー・トゥマイ浜・人参展望台ほか [廃村さーくる2(島旅)]

『この津堅島には陣地壕群跡とかあるのですが、どうします?』

『うむう・・・普通の観光しちゃ・・・ダメ?』

 

 

 私はそういう戦跡遺構も見ておいた方が良いとは思ったのだけれども、

 だけれどもーーー

 やっぱり普通に島を観光とかしてみたいと思ったのでパスって言ってしまった。

 すると菅原君は

『わかりました坊勢さん^^ 小難しいのは抜きでのんびり津堅島を見てみましょうか。

 もちろん売店でお酒買ってね☆』

 うはーん(*´д`*)

 これは嬉しい申し出だぞいw

 と言うことで菅原君とのラブラブ津堅島ツアースタートだぞい(*´д`*)

第901話・琉球レッドと青い空・キャロットアイランド編・坊勢さん悪戯書き・ブログ用.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpgさてどうしようぞ菅原君よ。船が出るまで1時間半くらいあるぞい^^

菅原君アイコン小.jpgそうですね~。ぐるっと一周するのもありですが、ちょっと時間足りないかな?

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgえ?この津堅島ってけっこう大きいの???

 船から見た感じじゃそんなに大きくなかったと思うぞい^^;

菅原君アイコン小.jpgじゃあ~せっかくなのでこの津堅島のスペックをさらりと紹介しますか^^

 

『津堅島』と書いて『つけんじま』と呼びます。

津堅島・俯瞰図.jpg

菅原君アイコン小.jpg沖縄県うるま市の沖合に浮かぶ小規模離島。

 とは言っても全周約7キロなので、徒歩で1時間半で一周してくるのは無理がある感じですw

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg意外とあるのね^^;

菅原君アイコン小.jpg人参の生産が盛んで別名『キャロットアイランド』とも言われています^^

 ちなみに標高が高いところでもせいぜい38メートル。

 地図で見るとーーー

津堅島・ぺったんこ・3D.jpg

菅原君アイコン小.jpgこんな感じで胸がぺったんこです^^

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg私は意外と大きいぞい^^;

菅原君アイコン小.jpg知ってます。

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg知ってんのかよ!いやらしいね君はw

 

 ・・・と言う、誰に向かって説明してるのか分からないけれど津堅島の大体の大きさを知った私。

 この後は『行ける範囲で観光しよう』ってことになったぞい^^

  

DSCF0972.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg再びターミナル付近に戻り、今度は逆方向を目指した私たち。

 すると如何にも名勝名跡っぽい立て看板に出くわした。

 

DSCF0973.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpgホートゥーガー?

菅原君アイコン小.jpgなんでも『かつて日照り続きで水不足の際に、羽を濡らした鳩がいるのっておかしくね?』ってことになり、

 島民が『鳩が集まってるとこ掘れば水があるんじゃね?マジで!』と、掘ってみたら水が出ちゃったことから、

 ここはホートゥーガーと呼ばれるようになったとか^^

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgもしかして・・・『ハトが』→『はとぅーがー』→『ハートゥーガー』って感じ?

菅原君アイコン小.jpgかもしれませんねw

 とは言え随分と長いこと島民の飲料水として使われていたようです^^

 アクアウェイター(生命の水)は信仰の最もたるものです(特に離島は飲料水確保がとっても重要)

 名前の由来は置いておいてかつての島民の命の源を見てみるのもいいですね^^

坊勢さん新アイコン・小.jpg私的には看板に書いてある男女が抱き合ってるような石の方が気になるのだが。子孫繁栄の神って書いてあるし(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgここは急な階段なので坊勢さん気を付けてくださいね^^

DSCF0974.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg私の話スルーかーい^^;

 

DSCF0975.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg・・・階段をゆっくり降りていくと目の前は海。

 そしてその階段の途中にはーーー

 

DSCF0976.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg小さな祠があったぞい^^ 

 ん~でも男女がくんずほぐれつしてるような石には見えないぞい。

菅原君アイコン小.jpg地質がすごいな~!

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg(私の言ってること全然聞いてねーなー^^;)

 

DSCF0977.jpg

DSCF0978.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg階段の終着点に見えてきたのは、如何にもソレっぽいとこ。

 だが、彼は相変わらず地層の方ばかり気にしていたのだ^^;

 

DSCF0979.jpg

DSCF0980.jpg

菅原君アイコン小.jpgおお~、ここは丁度『固い地層と柔らかい地層の境目』なんですね(*´д`*)

 見てくださいよ坊勢さん!下に転がってる石は脆そうな泥岩とか砂岩っぽいです。

 鳩も水が湧き出そうな地質の境目を知ってたんですね☆

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgブラタモリっぽくなってきたぞい・・・

 と言うか、地質学なんかで見ると生命の泉とか神秘性なくなっちゃうぞい(ロマンもへったくれもないね!w)

 まあ・・・むしろ鳩ポッポはよく頑張りましたって褒めたいぞい☆

 

DSCF0981.jpg

DSCF0982.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg銘板っぽいのあるぞい。

『HōTO.GĀ.1949.12.8.改悛』

 この改悛ってのはどんな意味なのかい?

菅原君アイコン小.jpg改悛って言うのは悔い改めることとかそういう意味合いです。

 そして1949年かあ・・・

坊勢さん新アイコン・小.jpg1949年がどうかしたのかい?

菅原君アイコン小.jpg実は、津堅島の島民たちは沖縄戦が始まるとともに沖縄本島へと強制移住させられるんです。

 そして帰島を許されたのが戦後の1949年・・・なんです。

坊勢さん新アイコン・小.jpg・・・え?

 じゃあ・・・改悛ってのは、この場合どういうことなのだい?

菅原君アイコン小.jpg戦争・・・に対して悔い改めよと言うことなのか、占領した米軍に対して・・・のことなのか、

 日本軍に対しての感情なのか・・・わかりかねますが

 一つ言えるのは、元々島民がお世話になっていた泉に、ようやく帰島を許されてここへ刻んだこの1949ってのは大変重みのある数字・・・だと言えるんだと思います。

 

坊勢さん新アイコン・小.jpg私は彼の言葉を聞いて胸の奥がギュッと締め付けられた。

 故郷を追われ、やっと帰ってこれた我が島を目にした島民は何を思ったのか。

 島民の拠り所に刻まれた数字。

 てっきり今の建築物に当たり前にある『定礎』のプレートみたいなものかなって軽く思ってしまった自分に恥じてしまった。反省である・・・。

 

DSCF0983.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpgちなみにホートゥーガーの中はこんな感じだぞい^^

 今は水が湧き出ているのかよく分からなかったね。

 

DSCF0986.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgさて時間もあと1時間弱残ってるということで北上してみたぞい^^

 途中・・・沖縄諸島特有の巨大な墓地へと迷い込んだりもしたし、

 わんわんお(犬)に吠えられたりもしたけれど、

 ターミナルで得た簡易な手書きのパンフレットを見るに、どうやら次の観光的な物件へとたどり着いたようだぞい。

DSCF0987.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgえっと・・・何あれ^^;

菅原君アイコン小.jpgあからさまに怪しい物件ですねw

 

DSCF0988.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgもしかして・・・津堅島名物『津堅人参』を模した展望台的なもの?

 

DSCF0989.jpg

菅原君アイコン小.jpgその名も『人参展望台☆』せっかくだし登ってみましょうよw

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgベタだねえーw

 

DSCF0990.jpg

DSCF0991.jpg

DSCF0992.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpgあらやだ、ベンチも人参風なのね^^

 

DSCF0993.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgわざわざなぜここに悪戯書きするのか意味不だねえ・・・

菅原君アイコン小.jpg深キョンもびっくりですw

 

坊勢さん新アイコン・小.jpgそしてそこまで高くないキャロットタワーの頂上まで到着。

 辺りをぐるりと一望するとーーー

DSCF0994.jpg

DSCF0995.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgホントに真っ平な島なんだね^^;

菅原君アイコン小.jpgなんせ最大標高38メートルですからね^^

 

坊勢さん新アイコン・小.jpgさてもう1時間を切った頃合い。

 最後にどうせなら海が見たいとお願いすると快く受けてくれたのだ^^ 

DSCF0996.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgなんか人参が屋根にのっかってるんだがw

菅原君アイコン小.jpg意地でも人参押しなんですねw

 ここはビーチの管理棟かな? 今は冬場だからやってなさそうですが、

 夏は結構にぎわうそうですよ^^

坊勢さん新アイコン・小.jpgへえ~^^ それならますますどんなビーチなのか行ってみたくなったぞい☆

 と言うことで防風林的垣根を越えて海へと繰り出した私たち。

 その目の前に広がるはーーー 

 ------

DSCF0997.jpg

DSCF0998.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpgおおお~!結構素敵なビーチじゃないかあ(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgここは『トゥマイ浜(津堅島ビーチ)』って言うんですが、沖縄屈指の裏スポットビーチとも言われています。

 のんびりとプライベートな感じでマリンレジャーを楽しむならおすすめですよ(*´д`*)

坊勢さん新アイコン・小.jpgくうー!夏に来れなかったのが残念だぞい(*´д`*)

 ひょっとしたら私の水着を拝めたかもよ?ウヒヒ(*´д`*)

DSCF0999.jpg

菅原君アイコン小.jpgああ・・・誰だこんな綺麗な砂浜に悪戯書きするやつは・・・

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg私の水着姿はスルーかーい^^;

 まあでも砂浜見ると何か書きたくなっちゃうね^^

 

 さてこの後は出来る限りトゥマイ浜を歩いてみることにしたのだぞい^^

DSCF1001.jpg

DSCF1002.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpgビーチの奥にはこんな岩も^^

 

DSCF1003.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg曇りがちだが歩ってきた砂浜を振り返ると素敵な光景だった。

 ただし菅原君はと言えば・・・

 

DSCF1004.jpg

菅原君アイコン小.jpgなんだろこれ? フジツボ・・・じゃないよなあ。食べれるのかな???

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg・・・ってな感じでロマンも情緒もないことばかり興味を持つのだ^^;

 この子は普通に口説き攻め落とすのは無理そうね^^;

 

DSCF1005.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg今回一番のお気に入りスポットは、この岩礁と岩礁の間の波打ち際☆

 そこの砂浜はのぞき込めば顔が映ってしまうかのような鏡の砂浜だったの(*´д`*)

 

 さあ、後はターミナルまで戻るだけなのだが・・・

DSCF1006.jpg

DSCF1007.jpg

菅原君アイコン小.jpgKSKってどこの耐火煉瓦メーカーだろ?

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg・・・とまあ、植え込みに見つけた耐火煉瓦の考察に没頭する彼を引っ張っていくの大変だったぞい^^;

 

DSCF1008.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg一応、ホテルにも遅れるむねを連絡。

 そしてようやくターミナルへ^^

 

DSCF1009.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg菅原君アイコン小.jpgかんぱーい(*´д`*)(*´д`*)

 

DSCF1010.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg船を待つ間にプチ酒宴(*´д`*)

 高速艇は貸し切り状態だったぞいw

 

DSCF1011.jpg

 ---バスで約2時間・・・

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg中々時間通りに来ないバスにやきもきし、

 乗れたところで夕方の大渋滞・・・。

 結果、那覇に舞い戻った時間は夜の9時だった^^;

 津堅島に行くならば・・・島で一泊するか、一日丸々津堅島に費やすかだねこりゃ^^;

 

 さて遅めのディナーへと繰り出した私たち。

DSCF1021.jpg

DSCF1012.jpg

DSCF1013.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpgカウンター席にある魚ちゃんと一緒に乾杯だぞい(*´д`*)

 

DSCF1014.jpg

DSCF1015.jpg

DSCF1016.jpg

DSCF1017.jpg

坊勢さん新アイコン・小.jpg馬刺しに刺し盛りにグルクンのから揚げ☆ もちろんビールの後には泡盛を嗜んだぞい(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpg坊勢さん!イカ墨の雑炊があるみたいです!

 ちょっと冒険してみましょうよ最後の〆に(*´д`*)

坊勢さん新アイコン・小.jpgお、いいねえ~☆ 

 と言うことで最後はガーリックの効いたイカ墨雑炊を注文したぞい(*´д`*)

DSCF1018.jpg

菅原君アイコン小.jpgうはー!マジで真っ黒w

 ん?

 あれ?

坊勢さん新アイコン・小.jpgどうした?菅原君よ^^

DSCF1019.jpg

菅原君アイコン小.jpgお米が入ってないんですけど^^;

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgなんとビックリ。お店の人の手違いでスープのみで来ちゃったのだ^^;

(そんな間違いあるんかね?^^;)

 

DSCF1020.jpg

坊勢さん新アイコン汗・小.jpg色々あったけれどこれは実にうまいねえ^^

菅原君アイコン小.jpgイカ墨って面白いですよね。コクが増すって言うか^^

坊勢さん新アイコン・小.jpg見た目に騙されがちだが、アミノ酸やグルタミン酸などの旨味成分が入ってるんだぞい^^

 行きつけのパスタやさんのイケメンに聞いた受け売りだけどね(*´д`*)

菅原君アイコン小.jpgでも歯が真っ黒ですw

坊勢さん新アイコン汗・小.jpgまあ・・・それはね^^;

 そんなこんなで丸一日を費やした津堅島旅行もおしまい。

 マイナーな島とは言え色々考えさせられることばかりだった気がする。

 さて彼が言うには明日もフライト時間ギリギリまでコアな観光をするらしいのだが・・・

 ホテルに帰ってからの二次会が足を引っ張ることになるとはーーー

 

坊勢さん新アイコン・小.jpgと言うことで気になる方はぜひどうぞだぞい^^

 

 


nice!(91)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感