So-net無料ブログ作成
廃村さーくる2(煉瓦遺構編) ブログトップ
前の10件 | -

第919話 北海道道東どうでしょう帯広編③『ばん馬と煉瓦と帯広市歴のイグニッション』 [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『あけましておめでとうございます^^;』
 
 年末のご挨拶もしなかったくせにいけしゃーしゃーと言わせていただきますよW
 
 まあ~去年は忙しかったです。
 そしてこれからも忙しいのでしょうね・・・
 昨日は夕方のニュースのグルメコーナーでも取り上げて頂いたし・・・(日テレ系列)
(正直辛い。売り上げは過去最高。でも、人員は過去最少人数なのよ・・・
 辞めてもいいのだが、居酒屋のネームバリューと4連休の夏休みと!きっちり出るボーナスが魅力的だかんねW)
 
 さて道東旅行の続きです。
 夕実ちゃんや菅原君たちが貴重な煉瓦の刻印を発見した後のお話です^^
 ではでは第919話スタートです☆
第919話・北海道道東どうでしょう・ばんえい・宮本商産・ルカちゃん・晴れ着2.jpg 
ルカちゃん・アイコン小.jpg公園内の煉瓦探索を終えた私たちは、再び帯広の中心地へと戻ってきました、ハイ^^
DSCF2893.jpg
2琴音アイコン小.jpgさっそく煉瓦ちゃん発見!
夕実ちゃんアイコン小.jpgよくよく見ると道路に面した側はイマドキの煉瓦さんですが、内側は古そうな煉瓦建築ですね^^
菅原君アイコン小.jpgさてその見解はどうかな^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgえ?違うの???
ルカちゃん・アイコン小.jpg前にも確かありましたよね。高級な煉瓦をイマドキ煉瓦と見まごうことが。
菅原君アイコン小.jpgとりあえず今日はこれで煉瓦探索も終わりだからのんびりと見て行こうじゃないか^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことでみんなでこの煉瓦建築をチェックすることにしたのですう~^^
 
DSCF2894.jpg
琴音アイコン小.jpg内側は焼き過ぎ煉瓦のイギリス積みかな? 縦窓がいい味出してんね^^
 
DSCF2895.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg道路面の外壁は・・・全部、小口積みじゃないですか?
 ますますイマドキっぽさが前面に出ているんですけどお^^;
 
DSCF2896.jpg
菅原君アイコン小.jpg外面の軒下は装飾煉瓦のディンティル(歯状)だね。その上は少し塗りなおしたようにも見えるかな?
 
DSCF2897.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgここが丁度、表側の煉瓦と内側の煉瓦の境ですね。
 ・・・やっぱり外面だけ後年に補修されたんじゃ・・・
 
DSCF2898.jpg
琴音アイコン小.jpg腰回り部分の笠上は斜めにカットした異形煉瓦ちゃんだね。
 裏側はどうかなあ?
 
DSCF2899.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうひょー! 煉瓦の刻印がありそうな平面が多く見えるよん(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgその後みんなで刻印探しをしましたが見つからず。
 そのまま大通りに面した正門側へ。
 
DSCF2900.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg宮本商産㈱? どんな会社なんでしょうか。
菅原君アイコン小.jpgここは明治36年創業の、ガソリンスタンドや工業用潤滑油販売・LPガス灯油販売、その他に『ちょいのりレンタカー』など手広い活動をされている商事会社かな^^
 元々は製麺業を主体として、今のコンビニみたいな食料品の小売店などもしてたそうだよ。
 
DSCF2901.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? ちょっと思ったのですが、東京駅の外面と似たような造りですう。
菅原君アイコン小.jpgお、夕実ちゃん中々いいところに気づいたね。
琴音アイコン小.jpgつーことは辰野さん?
菅原君アイコン小.jpgいやいやいや。それは無い。
 これは大正8年(1919年)に建築された宮本商産㈱の旧本社跡。
 明治後期~大正頃は全国でこの手のモダン風煉瓦建築が持て囃されたんだ。
 花崗岩を帯石に煉瓦積みとのコラボ。
 東京駅駅舎を手掛けた辰野金吾っぽさがあるよねえ^^
 
 そして夕実ちゃん?
夕実ちゃんアイコン小.jpgはいなんでしょ?
菅原君アイコン小.jpgこの外面のイマドキ風に見える煉瓦は、君が指摘した東京駅と同じ。
 つまりは『煉瓦タイル』を使ってるんだよ^^
琴音アイコン小.jpgな~るほどっす。だから似た感じがすんのね。
菅原君アイコン小.jpg帯広市のかつての繁栄の象徴ともとれるこの煉瓦建築。
 帯広と煉瓦を紐づける意味では是非とも来たかった場所なんだ^^
夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩はいつもそうですよね。
ルカちゃん・アイコン小.jpg普通に煉瓦構造物を見るのではなく『煉瓦から見える土地の歴史』ってやつですね^^
菅原君アイコン小.jpg煉瓦刻印さえ見つかればいい妹様とは違うのよん(*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgそんなことねーっすよ(半分当たってるけどw)
 
DSCF2902.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて、この後は???
2琴音アイコン小.jpgぶっちゃけちょっと休憩したい^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgというかーねむーい^^;
菅原君アイコン小.jpgそうだな。流石に寝ないでここまで来ちゃったから早々にチェックインして、しばらくマッタリした後みんなで食事がてら『ばんえい競馬』に行くぞ(*´д`*)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことで帯広市第一日目の煉瓦探索はこれにて無事に終了とあいなりました、ハイ^^
 
DSCF2904.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgツインを二部屋。菅原兄妹が同室なのが不満げな夕実先輩を力づくでひっぺ替えしてそれぞれの部屋へ。
 1時間後にロビーで落ち合いましょうと約束したのですが・・・
 
おっさん爆睡w.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgせ、先輩!もう夜の7時過ぎですう^^;
菅原君アイコン小・汗.jpg思いっきりみんなで寝過ごしちまったな^^;
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg何と何と!皆さん約束では5時半くらいにナイターでやっていると言う『ばんえい帯広競馬場』に出向いている予定が大出遅れをかましちゃったのですハイ(にっこり)
 
菅原君アイコン小.jpg大丈夫だ。まだ今からでも遅くはない!
 今から向かえばメインレース前にはたどり着けるはずだ☆
琴音アイコン小.jpgじゃあー、タクシーで行こうよ!
菅原君アイコン小.jpg駅前のホテルから走れば20分くらいだから走るぞ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpg寝起きにダッシュかよ!!!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg・・・たまに菅原さんの思考が意味不だなあとは思ってましたが、やっぱりちょっとおかしいなあw
 と、言うことで泣く泣くみんなで駆け足で競馬場へと向かいました^^;
 
 
DSCF2905.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgえ!? わあわあですう!
ルカちゃん・アイコン小.jpg競馬場、しかもローカルの中のローカルな競馬場だと思ってたのですが・・・
2琴音アイコン小.jpgなんか入り口からしてお洒落じゃんかお(*´д`*)
菅原君アイコン小.jpg『とかちむら』って言うスタンド前の商業施設だ^^
 2010年に開業した十勝の食産のアピールの場ともなってるんだよ^^
 豚丼にジンギスカンに焼肉など、ここならではのうんまいお肉も味わえる!
ルカちゃん・アイコン小.jpgあれ? でもです。
 お店が店じまいしてるような・・・
菅原君アイコン小.jpgもうメインとメイン前のレースしか残ってない時間に来ちゃったからなw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgああ~ん・・・寝坊しなければ十勝帯広の美味しいものが食べれたのに残念ですうう^^;
 
DSCF2906.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてお洒落なフードコートの店仕舞いに指を咥えつつも競馬場内へと向かう私たち。
 先輩の背にゾロゾロトついて行くとーーー
 
DSCF2907.jpg
琴音アイコン小.jpgうっは!一気に如何にもローカル競馬のスタンド内っぽくなってきたっすねw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg先輩に昔連れて行ってもらった浦和競馬場みたーい^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpg見回せば入り口付近には可愛らしい競馬グッヅが陳列されてはいたものの、
 そこから奥は簡素な造り。
 農作業の傍らに来たようなかっこのオジ様オバサマ達や、観光で寄ってみました!って感じの若人が数グループ狭い通路にひしめきあってましたですハイ☆
 
菅原君アイコン小.jpgせっかくだしコースを見に行こうよ皆(ワクワク☆
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg初ばんえいですものね。競馬好きの先輩がウキウキするのも分かります^^;
琴音アイコン小.jpg私もアニメ『銀の匙』での知識しかないから興味あるなあ~^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことでいざスタンド前のコースへと出てみましたよん^^
 
DSCF2908.jpg
2琴音アイコン小.jpgうほ!スタンド前の広場が広いなあ!
ルカちゃん・アイコン小.jpgコース前まで遠い・・・
 
DSCF2909.jpg
DSCF2910.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgコースをならしてるんでしょうか?
琴音アイコン小.jpgっつーか、障害の山って結構起伏あんのね。
ルカちゃん・アイコン小.jpgえ!?え!?えーっと・・・
 私ってば、テレビでしか競馬って見たことないのですが、
 こんな山あり谷ありのコースでしたっけ???
 
菅原君アイコン小.jpgああそうか。夕実ちゃん琴音は俺に付き合ってある程度競馬知識あるけれど、ルカちゃんにはわから無いかもな^^
 
 っつーことで、簡単に『ばんえい』ってものをレクチャーしよう^^
 
菅原君アイコン小.jpgルカちゃんのイメージしてるのは、グルっと一周して勝ち負けを競うレースだろ?
ルカちゃん・アイコン小.jpgはい、そうです。
菅原君アイコン小.jpgばんえい競馬ってのは、直線200m+二回の障害(起伏)を鉄製のソリを曳いた『ばん馬』が駆け抜けて勝敗を決めるレースなんだ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg鉄製のソリ?
菅原君アイコン小.jpg重量は概ね450キロ。
2琴音アイコン小.jpgサラブレットの平均体重とかわらねー重さじゃん!
ルカちゃん・アイコン小.jpgそんな重たいものを曳きづって走るのですか!?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなんかかわいそーですう^^;
菅原君アイコン小.jpgまあ~サラブレットだとそんな重たいものを曳かせて走るのは無理だが、
 ここで走るのは1トン前後の巨体を誇る『ばん馬』が主役だかんね^^
 
 元々は農耕馬などに丸太や俵を曳かせて競う余興のようなものだった(おおざっぱに言うとね
 
 公営競技として正式になったのは戦後のこと。
 当初は岩見沢・旭川・北見と北海道に4場あったばんえいも、2006年を最後にこのばんえい十勝競馬を残して全て開催終了・休止になったんだ。
ルカちゃん・アイコン小.jpg衰退の理由は・・・?
琴音アイコン小.jpg横から口出しちゃうけど限定競馬だったのもあんじゃね?北海道ローカルっていう。
菅原君アイコン小.jpgまあそれもあるだろうが色々と理由はあると思う。
 でも今は盛り返してるんだぞその人気^^
 ナイター開催や電話投票ネット投票、アニメの力なんかもあるのかもな^^
 
 ネットで競馬が買える時代がもう少し早ければ足利だって高崎だって宇都宮競馬だってクソー・・・ううう・・・
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgありゃりゃ・・・
2琴音アイコン小.jpgいつもの兄貴の悪い虫が騒ぎ出しちゃったかw
(※ 10年インターネット投票が早かったなら救われたローカル競馬場があったはずと言う持論です)
ルカちゃん・アイコン小.jpgとりあえずその重たいソリを曳くばん馬をちょっと見てみたいんですけど。
菅原君アイコン小・萌え.jpgまあまちたまえルカちゃん!
 先ずは馬券を購入しようではないか(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg・・・と言うことでばん馬も見ることなくスタンド内へと戻った私たち。
DSCF2911.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgえっと・・・マークシートでしたっけ?
 どこに何を書けばいいのか分かりません^^;
菅原君アイコン小・萌え.jpgまかせなさい!手取り足取り教えちゃるから☆
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわ、わたしも・・・
2琴音アイコン小.jpgつーか、私たち競馬新聞すら購入してないんだが!
 どの馬が成績良いーとか強えーとか全然わっかんないんすけど!
菅原君アイコン小.jpg今日は皆の『インスピレーション』でいいじゃないか^^
 どうしてもある程度知っておきたいなら場内モニターに映るオッズ表で人気や実力を見定めるんだな(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこ、ここまで来てまさかの『情報いっさい無しのガチ馬券』となった私たち・・・
 当たるも八卦当たらぬも八卦?
 いざ随分と頼りないばんえい競馬初レース購入です!
  
DSCF2912.jpg
菅原君アイコン小.jpgふっふっふ。オレはこの2番のニシノキングから流してみるぞい^^
2琴音アイコン小.jpgガッツリ数点勝負するかと思ったら全通り流しかよ!w
菅原君アイコン小.jpgばんえい競馬の流れを掴まないとな!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg今日はこのレースと次のレースしか無いんですけどお^^;
 
DSCF2913.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて馬券も購入してスタンド前へ。
 9月だと言うのに少し肌寒いです。
 見上げたスタンドはガラガラ。
 本当に先輩が言うほど経営が盛り返しているのか不安になりますねえ^^;
 
DSCF2914.jpg
菅原君アイコン小.jpgこのビールは景気づけだ^^
 みんなグビグビと飲みなされ☆
ルカちゃん・アイコン小.jpgそう言って各自先輩からサッポロビールを手渡される。
 何でも本当は競馬場グルメを皆に振る舞おうと思ってたら店が閉まっていて飲み物しかなかったからだとか。
 でもせっかくの菅原さんからのプレゼント。
 みんなで有難く頂戴して、レースが始まるのを待つことにしましたですハイ。
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgおや?
琴音アイコン小.jpgん?
ルカちゃん・アイコン小.jpgあんなにスタンド席ガラガラだったのに、レース間近になったら大勢の観客が!?
菅原君アイコン小.jpg俺たちも直線200mのレースを間近で見るぞ!
 急げ!!!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg余裕で目の前でばんえい競馬を見られると思っていた私たちは面を食らいました!
 何と!コースを囲む柵の前にはいつの間にやら人だかり!?
 何とか人の合い間を縫ってコース前へ。
 
 それはもうレース中盤だったのですハイ。
DSCF2915.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃあー!すんごく大きいお馬さんが坂を駆けあがってくるですう!
 
DSCF2916.jpg
DSCF2917.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgスピード的には一緒になって歩いてついていけるけれどーーー
 
DSCF2918.jpg
2琴音アイコン小.jpg凄い砂塵に猛迫力!!!
 
DSCF2919.jpg
DSCF2920.jpg
菅原君アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpg頑張れええ!!!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg思わぬ大迫力に面を食らったって言うのが私たちの正直な感想ですハイ(写真がブレてるのは迫力に圧倒されたのとカメラの性能ですw)
 
琴音アイコン小.jpgで、お兄ちゃん?
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg馬券は???
DSCF2921.jpg
菅原君アイコン小・汗.jpgニシノキングどこにもいねーw
2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg大外れーWWW
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて気を取り直して今度はパドックなるものを見物してきたよん^^
(※パドックとは? レース出走前のお馬さんのお披露目会です。そこで汗の掻き具合や闘志や状態、歩様なんかを観客が品定めする場所)
DSCF2922.jpg
2琴音アイコン小.jpgちん〇んでけー!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこらー!
ルカちゃん・アイコン小.jpgそこじゃないでしょ!
菅原君アイコン小・汗.jpgルカちゃん的確なツッコミありがとう^^;
 とは言え目の当たりにすると『ばん馬』って途轍もなく大きいなあ・・・
2琴音アイコン小.jpgまるで北斗の拳に出てくる黒王号そのものっすよね(踏み殺されそうなくらいの大きさ!)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて次は本日のメインレース『白露特別』
 菅原さんは『メインレース取れれば皆に豪華ディナーご招待だ(*´д`*)』と大きく気を吐いていましたよん^^
 
 確か外れようが負けようが夕食は菅原さんのゴチだったはず。
 そんな彼の馬券を覗き込むとーーー
DSCF2923.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg8番と5番がレースのトップを飾ればいいみたい^^
 私たち女子グループはギャンブルには数百円ほど賭ける程度に済まし、菅原さんの馬券を応援することにしましたよん^^
 
DSCF2924.jpg
DSCF2925.jpg
DSCF2926.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg今度は早めにコース前に陣取る私たち。
 そこにはコースを均す職員さんや機械たち。
 
 そしていよいよ高らかに場内へメインレーススタートのファンファーレがこだましてスタートです☆
 
DSCF2927.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg頑張れええ!
 
DSCF2928.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg行け!行け!ふぁいとですハイ!
 
DSCF2929.jpg
DSCF2930.jpg
2琴音アイコン小.jpg頼む!私は北海道グルメが食いたいんじゃい!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgで、結果はと言うとーーー 
DSCF2932.jpg
2琴音アイコン小.jpg8番も5番もどこにもいねーじゃねーかよお兄ちゃん!
菅原君アイコン小・汗.jpgば、ばんえい競馬って難しいね^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言う訳でー、すっからかんのすってんてんになったご様子ですw
 
 さて肩を落とす菅原さんには申し訳ないのですがーーー
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpg約束は約束だからね!
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことで、みんなで菅原さんに夕食をおごってもらうことになりましたよん^^
菅原君アイコン小・汗.jpg泣きっ面にスズメバチかよ!^^;
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgこの時、帯広駅にはタクシーで戻ったのですが、タクシーのオジ様曰く『昨日は100万馬券が出たんよ。中央競馬より頭数少ないけれど結構難しいだろw』と諭されましたですん☆
 
DSCF2933.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgやって来たのは駅から数分の炙り焼き主体の居酒屋さんです。
菅原君アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgかんぱーい☆
2琴音アイコン小.jpgくっはー!人のおごりはめっちゃ旨い!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うか・・・まともにご飯食べるのも飲むのもやっとですしねw
菅原君アイコン小・汗.jpg安月給なんだから・・・みんなほどほどにな^^;(出版不況。出版業界就職)
DSCF2934.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg七輪っていいですね^^
DSCF2935.jpg
2琴音アイコン小.jpgお姉さんジャンジャン持ってきて!
菅原君アイコン小・汗.jpgサワーでよろしくです^^;
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg結局は酔いが回ってくると思い思いに皆注文。
DSCF2936.jpg
DSCF2937.jpg
DSCF2938.jpg
DSCF2939.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg鳥の炙りに牛の陶板焼き(ジンギスカンちっくな感じ?)
 何だかんだで皆、幸せ笑顔で満喫でしたよん^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgで、先輩?
菅原君アイコン小.jpg何かな?
琴音アイコン小.jpg明日はどーするのさ?
ルカちゃん・アイコン小.jpg確かに気になってました。だって菅原さんは明日の宿泊地は『釧路』って言ってたし。
菅原君アイコン小.jpgああ。確かに明日はここから移動して釧路へと向かうがーーー
 その前に皆に『帯広と言えばここも外せないよな!』ってとこへと連れて行くつもりだ^^
2琴音アイコン小.jpgそこには煉瓦ちゃんある!?
菅原君アイコン小.jpgうんにゃ。煉瓦は無い。そしてそれはコンクリートだ。
2琴音アイコン小.jpg何だよコンクリなんて興味ねーよマジで^^;
菅原君アイコン小.jpgまあ~そうほざいとけ。
 でも目の当たりにしたら驚くと思うぞお前でもな!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことで次回は
日本屈指の『廃コンクリート物件』へのランディングです^^
 大自然の中に混とんと残る近代遺跡。
 自然の中では異物とも思える存在である人の織り成す人工物の名残。
 でもそれは凄かった・・・
 
 気になる方は是非とも気長に更新をお待ちくださいねw
 ではではカシコ☆
 

nice!(42)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

第917話 北海道道東どうでしょう 帯広編その①『六花亭って知ってる?』六花亭サロンKYU・櫻湯ほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『夏休み・・・どっか行きません?先輩方』
 
 久しぶりに集った廃村さーくるメンバー。
 その中のルカちゃんが私と琴音っちに声をかけてきたのですう。
 まだまだ9月の初旬。大学としたら夏休み(人によって違うけど)
 
『わきゃー。行きたいのはやまやまですう。でも9月とはいえ今からじゃ飛行機とかもチケット高くないですか?ルカちゃん^^;』
 
 私は急に提案されてもお金とかお金とかお金とか・・・と彼女に牽制するのだけれど、
『奴』がそれに待った!をかけてきやがりましたですう。
 
『いいっすね~旅行(*´д`*) んじゃー、今からでも最安で、かつパトロン付きで、しかも煉瓦ちゃんいっぱいありそうなとこを探してみるっす!!!』
 
 くそお・・・この雌豚(琴音)めえ^^;
 
 ・・・だがしかし
 彼女は煉瓦が絡めば、とんでもない努力を発揮する。
 
 そしてなんとその日の夜にさっさと決まってしまったのですう。
 彼女からのLINEにはーーー
北海道道東どうでしょう。帯広~釧路煉瓦旅。フヒヒ。もちろんお兄ちゃんも付いてくるよ夕実っち☆』
 
 だってさ!
 じゃー行くっきゃないですよね(*´д`*)ほわ~ん
 
 と言うことでーーー
 第917話、私と琴音っちとルカちゃんと菅原先輩での北海道道東地方4人旅、すたーとですう^^
第917話・道東どうでしょう①夕実ちゃんハロウィン・六花亭サロン2.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg9月某日早朝。いつものよーに私たちは草加市からの羽田空港行きのバスにライドオン。
 羽田空港に1時間弱で到着しました(便利な町だよほんと草加は) 
 
DSCF2761.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgほへー、宇宙食とかなんでこんなとこに?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgまさか買う気?
菅原君アイコン小.jpgちょっと気になるな、コレ。
2琴音アイコン小.jpg酒のつまみに買ってこーぜ!
 レッツ!宇宙食が機内食う~♪
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg空港ラウンジ内の売店の一角にあった宇宙食(まがいの奴)に、皆、朝から興味津々^^;
 いくつか買い込んで搭乗することになりましたですう~
 
DSCF2762.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg雨ですね、菅原さん
菅原君アイコン小.jpgでも向こうは天気予報じゃ晴れマーク付いてたから心配しなくてもいいぞ、ルカちゃん^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgは~い菅原さ~ん(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgうぐう・・・忘れてた。
 いつもはマックスクールビューティーな性格なルカちゃんが菅原先輩に対しては妙に甘い感じの受け答え。
 彼女が中学生時代から菅原先輩と接点があって、淡い恋心があるのを見落としていたですう^^;
 
 この旅路・・・中々気が抜けないですう!(夕実ちゃんの独りよがり)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg恋のライバルは一先ずおいておいてーーー
 いつにも増して妙に静かな雌豚(琴音)が気になった私は、
『わきゃ?体調でも悪いですか???』と、彼女を覗き込んだ。
 
Screenshot_20171020-015732.jpgScreenshot_20170904-063930.jpg
2琴音アイコン小.jpgフヒヒ♪ 今んとこ羽田空港はライバル居ねーし私っちの天下じゃw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgゲームに没頭してただけかい^^;
 
 彼女はハマってるスマフォアプリゲーム『レキシトコネクト』にご注進だっただけでした^^;
 
(※位置ゲー。所謂、スマフォのGPS機能を利用した位置情報ゲーム。レキシトコネクトはイジンと言う歴史上の人物を可愛らしくキャラ化したものを操り、日本や世界の地図にアクセスしてポイントを稼ぐゲーム)
 
DSCF2763.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgそんなこんなでレッツ!フライ!フライ!フライ!大冒険!のハジマリ。
 でもまたもや雌豚がゴソゴソと動き出すのです。
 
DSCF2764.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgJALだと機内インターネット使えるんすよ☆
 
 つ・ま・り・は・だ!
 
 位置ゲーもやりまくれる訳っすよー(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことは、空の上からガンガン!ポイントゲット出来るってことですか
2琴音アイコン小.jpg海も山も私の操るイジンちゃんで空爆しまくりです!
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなんともはや・・・彼女は空の上でも位置ゲーしてたのですう^^;
Screenshot_20171020-015739.jpgScreenshot_20171020-015802.jpg
菅原君アイコン小・汗2.jpgたしか・・・お前は前回もポケモンGOで同じようなことやってたよな^^;
琴音アイコン小.jpgあん時は、JALの機内無料インターネットサービスが時間限定だったし、
 そもそもポケモンGOのゲーム性とマッチしてなかったから残念な感じだったっすけどお、
 今回は離陸着陸以外は無制限!
 しかも車や電車じゃ決してたどり着けないとこまでアクセス出来るから、ゲーム的に最高なんだよん(*´д`*)
DSCF2765.jpg
DSCF2766.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうひょー! 福島県や岩手県の人(ゲームユーザー)もこなそうなとこもポイントゲットー。
菅原君アイコン小・汗.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg楽しそうで何よりですね(皮肉)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg・・・っとまあ、こんな感じの琴音っちでしたですよ^^;
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて、一路、飛行機は帯広空港へと向かう中、
 その中間地点辺りまで来たところでプチ宴会が始まりましたよ。
 
DSCF2767.jpg
菅原君アイコン小.jpgやっぱ、酒には『つまみ』だな^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそれがなぜ宇宙食もどき・・・
ルカちゃん・アイコン小.jpgとりあえずお好み焼き味と、たこ焼き味を開けてみましょうか。ハイ^^
DSCF2768.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃんが購入した宇宙食もどきをビリリ!と、万人に手に取りやすい感じできれーに広げて配りだしましたです。
 
DSCF2769.jpg
琴音アイコン小.jpg見た目はおもいっきしたこ焼きやん。
夕実ちゃんアイコン小.jpg位置ゲーから目を離してていいの?
2琴音アイコン小.jpgやべ! つまみ食べてる暇もねーw
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgとりあえず・・・彼女は放っておくことにしましょう^^;
 さて菅原先輩が、その宇宙食をまずは吟味し始めました。
 
DSCF2770.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgどんな感じですか?
菅原君アイコン小・汗2.jpgうん・・・。たこ焼き味だね。
 でも固くてスカスカなたこ焼きかなあ^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgドライフーズ感バリバリですものね^^;
 
DSCF2771.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgこっちのお好み焼き風宇宙食はどうでしょうか?
2琴音アイコン小.jpgちょっと待って私に食わせて!
菅原君アイコン小・汗2.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgどうぞ?
DSCF2772.jpg
2琴音アイコン小.jpg味はお好み焼きっぽさアリアリだけど、
 お酒のアテとしちゃどうかなーって感じっすねマジでw
 おおーっと、ゲームに戻らねば(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgまあ・・・想像の域を出ない感じのおつまみでしたです^^;
 むしろ硬さが目立つスナックといったところでしょうか。
 
 
DSCF2773.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて、そんなこんなしながらも、
 主翼の向こうに北海道の雄大な大地が見えてきましたですよ! 
 
DSCF2774.jpg
DSCF2775.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg無事に十勝帯広空港に到着ですね、ハイ^^;
菅原君アイコン小.jpgそんなに心配することも無いでしょ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgだって私、飛行機ってあんまり乗ってないんです。
 だから予習としてナショナルジオグラフィックで航空機事故の番組ばかりここ数日見てお勉強してました。
菅原君アイコン小・汗2.jpgなんでまたナショジオのメーデーとか^^;
 
(※ナショナルジオグラフィックのメーデーシリーズとは?
 過去の飛行機墜落事故を分析検証した再現ドラマ、ドキュメンタリーです。スカパーやCS放送の専門チャンネル)
Screenshot_20170904-091453.jpgScreenshot_20171020-015802.jpg
2琴音アイコン小.jpg十勝帯広空港もアクセスだぜ!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg菅原君アイコン小・汗.jpg着陸してもゲーム三昧かよ!^^;^^;
 
DSCF2776.jpg
DSCF2777.jpg
DSCF2778.jpg
DSCF2779.jpg
DSCF2780.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg直通バスで帯広市内に無事到着ですう^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgこれからどうするんですか?
菅原君アイコン小.jpg今日は帯広市内に数多く残る煉瓦遺構探索かな^^
2琴音アイコン小.jpgそして一泊してタウ・・・
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgタウ?
菅原君アイコン小.jpgそれは明日になってからのお楽しみだよ^^
 んじゃー、早速市街地中心に回って行こう!
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで休憩することも無くスタート。
 先輩が歩き出したのは駅から北側への道ですう。 
DSCF2781.jpg
DSCF2782.jpg
DSCF2783.jpg
DSCF2784.jpg
DSCF2785.jpg
DSCF2786.jpg
DSCF2787.jpg
DSCF2788.jpg
DSCF2789.jpg
琴音アイコン小.jpgこうやって歩いてみると、旭川同様ここ帯広市街も真っ直ぐな区画だらけっすね
ルカちゃん・アイコン小.jpgまるで大きな碁盤の目(どこ歩ってんのか分かりにくいw)
菅原君アイコン小.jpgこの町もまた北海道庁の植民区画市街地形成計画でこんな感じになったんだよ(明治25年頃から)
琴音アイコン小.jpgいわゆる開拓民の為の町ってことっしょ?
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことは開拓で大きく発展したんですね。
菅原君アイコン小.jpg十勝地方の中心都市である帯広は、その開拓した広大な農地からの集積ターミナルとして栄えたんだが、
 この街並を更に押し広げたと言うか発展に導いた理由は『もう一つある』
夕実ちゃんアイコン小.jpg琴音アイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg街を発展させたもうひとつの理由!?
菅原君アイコン小.jpgそれは『十勝監獄』の設置だ。
夕実ちゃんアイコン小.jpg刑務所が!?
菅原君アイコン小.jpg昔はね?囚人の労働力も開拓のあてにされてたんだよ。
 囚人たちによって道路や建物が数多く作り出され、この町の形成の大きな基盤ともなったんだ。
 
 しかもここは大きな監獄だったそうだ。
 多くの囚人を抱え、それに伴い役人の数も多かった。
 その人たちの為に官舎も造られ、
 商人も数多くやって来たそうだよ^^
琴音アイコン小.jpgさすが商人っすね!人が集まる所にお金の匂いを嗅ぎつけた訳っすかw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg刑務所設置で人がワンサカって・・・今じゃありえない感じだし不思議^^;
菅原君アイコン小.jpgちなみに余談だが、十勝地方の開拓に大きく貢献したのは、オレらの地元『伊豆』の人たちだったりする。
夕実ちゃんアイコン小.jpg琴音アイコン小.jpgマジっすか!?
菅原君アイコン小.jpg今で言うなら松崎町の人だね。
 依田勉三晩成社と言う開拓団を立ち上げ帯広を開拓したのがこの地域の基盤となったそうだ。
 
 まあ余談はこれくらいにして本題に入ろうか。
 
 実はその帯広に貢献した十勝監獄。
 そこでは数多くの煉瓦が焼かれたんだ。
夕実ちゃんアイコン小.jpg囚人煉瓦ってやつですね。
琴音アイコン小.jpg昔の監獄ってどこでも煉瓦焼いてたんすねw(小菅や前橋、網走もそう)
菅原君アイコン小.jpgその煉瓦が使われて・・・るのかも?って物件がもうすぐそこにあるそうなんだ。
ルカちゃん・アイコン小.jpg琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg何で曖昧なの^^;
菅原君アイコン小・汗.jpg正直言うとそこまで確定的なものじゃないんだ。
 なんせ煉瓦遺構ってのは建築史としては浅く、
 ジャンルとしてもとても狭いカテゴリーだからね^^;
 
 ただし、煉瓦の刻印とかもし見つけられたなら・・・
菅原君アイコン小.jpg歴史の証人には成れるかもしれないぞ^^
2琴音アイコン小.jpgそんなこと言われたらめっちゃ!燃えてくんじゃんかおおー(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgこの帯広の発展に貢献したかもしれない
 十勝監獄の囚人煉瓦の刻印探しが始まる予感。
 
 それは帯広駅から徒歩15分と言ったところでしょうか?
 
 私たちの目の前に見えてきましたです。
 
DSCF2790.jpg
DSCF2791.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうひょー!門塀も建物もすべて煉瓦ちゅわ~ん(*´д`*)
 
DSCF2792.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg六花亭サロン・・・KYU?
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? 六花亭・・・六花亭?
 あれ?もしかして・・・
菅原君アイコン小.jpgお、夕実ちゃんは六花亭にピンときたみたいだね^^
2琴音アイコン小.jpg六花亭って何さ!
DSCF3237.jpg
菅原君アイコン小.jpgこんなの北海道土産で頂いたことないか?
ルカちゃん・アイコン小.jpg琴音アイコン小.jpgあ、なんか包装紙の柄とか見たことある!
菅原君アイコン小.jpg六花亭ってのは帯広に本工場を構える北海道でも老舗の菓子メーカーさん。
 北海道土産としても老舗かな^^
 特にこのマルセイバターケーキは主力商品で、結構、なんとなくでも見かけることが多いんじゃないかな。
 
 バターサンドと言えば北海道じゃ六花亭。
 今でもお土産ランキングに乗るくらいだ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg六花亭についてはよく分かりました。ハイ。
 で、この目の前の煉瓦の建物は六花亭さんの何?でしょうか。
菅原君アイコン小.jpgお!ルカちゃん良いとこ突いてきたね。
 んじゃまー、この目の前の建物の概略を語ってみようか。
 
 この目の前の建物は大正元年(1912)に建てられた三井金物店の店舗。
 元々は土蔵造りの建物だったが大正期に煉瓦建築に変わったそうだ。
夕実ちゃんアイコン小.jpg要するに二代目ってことですね^^
菅原君アイコン小.jpgその後、六花亭が建物を買い取ったと言う訳なんだがーーー
 ここに使われている煉瓦が『十勝監獄製』との噂。
2琴音アイコン小.jpg噂ってなんだよw
菅原君アイコン小・汗.jpgだから調べてみる価値あるってことだろ?
 
 っつー・・・ことで、
 レッツ!煉瓦刻印探しスタート!!!
2琴音アイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgいきなりですかw
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgかくして六花亭サロンに囚人煉瓦の刻印を探せ!がスタートですう^^;
 各々、カメラを構えてブラブラ開始!
  
DSCF2793.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgわふ~!煉瓦の丸窓って素敵ですねえ^^
 
DSCF2794.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg通用門でしょうか。塔を持つ素敵な煉瓦塀ですう^^
 
DSCF2795.jpg
琴音アイコン小.jpgん? よーく見ると門塀の煉瓦ちゃんは歪っすねえ。
 
DSCF2796.jpg
琴音アイコン小.jpg煉瓦塀の笠の下には今んとこ刻印無さげかな。
 
DSCF2797.jpg
菅原君アイコン小.jpg本体の腰回りは焼き過ぎ煉瓦だな。積み方は典型的なイギリス積み。
 大正期だけに当然か。
夕実ちゃんアイコン小.jpg建物脇の煉瓦塀には特に刻印は無さそうですね。
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことは・・・
琴音アイコン小.jpg本体の軒下煉瓦ちゃんを注意深く覗くしか無さそうっすね。
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで、メインディッシュの六花亭サロン本体の軒下をみんなで観察することにしました。
 
 す・る・とーーーーー
 
 
DSCF2798.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgわふー!なんか『S』の刻印発見ですよハイ!
 
DSCF2799.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうひょー!マジだ☆Sの刻印だね(*´д`*)
菅原君アイコン小.jpg『S』??? うーん・・・S?
2琴音アイコン小.jpg他にもあるかもしんないしい、バンバン行こうぜみんな^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg了解です!
 
DSCF2800.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgみんな、軒下に煉瓦の刻印を発見して大興奮。
 この時ばかりは普段煉瓦にそこまで興味のないルカちゃんまでもが躍起になって探し続けましたよ^^
 
 ただ・・・
 
 先輩が『Sの刻印?』と、小首をかしげていたのが少し気になるところ。
 
DSCF2801.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてこっちはーーー
 
DSCF2802.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgありましたです!Sの刻印☆
 
DSCF2803.jpg
2琴音アイコン小.jpgこっちだって負けないぜ!同じくSの刻印ゲット(*´д`*)
 
DSCF2804.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgそれではこの長い煉瓦塀にはどうなんでしょうか?
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgそこは通用門側と違って、かなり先まで煉瓦塀が続いているようでした。
 みんなでそっちも研究ですぅ^^
 
DSCF2805.jpg
DSCF2806.jpg
菅原君アイコン小.jpgん?
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ?
琴音アイコン小.jpgこっちは何故かフランドル積みじゃんかお!
ルカちゃん・アイコン小.jpgこっちとあっちじゃ年代が違うんですかね???
菅原君アイコン小.jpgう~ん。もしかしたら初代の土蔵造りの時、塀だけは煉瓦だったかも?
 
DSCF2807.jpg
DSCF2808.jpg
DSCF2809.jpg
DSCF2810.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgなんと裏までキッチリ煉瓦塀で囲まれていましたよ。
 
琴音アイコン小.jpg煉瓦塀が残ってるところは結構あるけど、一部が壊されたりコンクリ塀になってたりするするんだよね。
 だからこんなに綺麗に残ってるなんてスゲーなあ~マジで^^
 
DSCF2812.jpg
DSCF2813.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて結局煉瓦塀には刻印が見つからずに店の前まで戻ってきました。
 そこにはかつて『三井金物店』だったことを語る屋号と店名が残ってましたです^^
 
DSCF2814.jpg
菅原君アイコン小.jpgうーん・・・Sかあ。
琴音アイコン小.jpgどうしたんじゃいお兄ちゃん。
夕実ちゃんアイコン小.jpgそうですよー。せっかく囚人煉瓦の刻印見つけたんでしょ???
ルカちゃん・アイコン小.jpgもしかして・・・違うとか?
菅原君アイコン小.jpg実はね?ある程度十勝監獄の煉瓦については予習してたんだ。
 この六花亭サロンKYUにも囚人煉瓦が使われているかもって聞いてたんだけどーーー
 
 そこに見つかる煉瓦の刻印は『五』や『六』の漢数字か、
『四つ葉十字の刻印』と思ってたんだよ。
 特に特徴的なのはやっぱり『四つ葉十字の刻印』なんだ。
 これに関しては監獄跡地の遺構にも残ってるので確定的な訳。
 
 でもSだろ?
 なぜだ???
ルカちゃん・アイコン小.jpgつまり新たな発見ってこと・・・にはならないみたいですね。
菅原君アイコン小.jpgそうなんだ。Sの刻印ってのは北海道では幾つか散見する刻印なんだよ。
琴音アイコン小.jpg〇にSとかだったら白石の鈴木煉瓦さんとかあるしね。鈴木さんは分工場もあったし。
菅原君アイコン小.jpgだから・・・もしかしたらば囚人煉瓦では無いんじゃないかとね。
 北海道には集治監と言う監獄の前身になるものが幾つもあったんだが、そのほとんどが煉瓦を焼いていた。
 そして幾つか刻印が残ってるんだが、十勝監獄・・・かなあ???ってとこさ。
琴音アイコン小.jpg明治中期以降の建物だし、その頃は民間の煉瓦工場もワンサカあったしね。北海道ってさ。
菅原君アイコン小.jpgまあ~学芸員でもないうちらにそこまでの調べは厳しいし保留ってことにしとこうかw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpg(逃げたねw)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて、ここからは先輩が『本物の囚人煉瓦のある物件を目指すぞ!』と言うことでーーー
 今度は帯広駅の南側へと向かうことになったとです。
DSCF2815.jpg
DSCF2816.jpg
DSCF2817.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgでもその前にガソリン調達ね~(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgうっは!北海道のセイコーマートって酒飲みには素敵過ぎなおつまみのラインナップですねえ^^
菅原君アイコン小.jpg北海道に住みたくなっちゃうよね!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg(それとこれとは話が別ですけどね^^;)
 
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさてその道すがら、ちょっと素敵な建物を発見。
 皆で見ていくことにしましたですう^^
DSCF2818.jpg
DSCF2819.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg櫻湯? もしかして銭湯でしょうか?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgまさかー。銭湯にしてはすごーくハイカラさんなのですよお^^;
 
DSCF2820.jpg
DSCF2821.jpg
琴音アイコン小.jpgでもバリバリ男湯って書いてあるっす。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgあらやだホントに銭湯なのね^^;
 
DSCF2822.jpg
琴音アイコン小.jpgでも・・・廃業してるっぽいねココ。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgですねえ・・・
 
DSCF2823.jpg
菅原君アイコン小.jpgいいね~!実にいいねえ!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそれはどっちの意味で?
 女湯だから?それとも先輩が好きな廃墟だから心くすぐられる?
菅原君アイコン小.jpg両方だね(断言)
2琴音アイコン小.jpg言い切ったよエロ兄貴w
 
DSCF2824.jpg
DSCF2825.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgでも高窓にカーテン、とってもモダンな銭湯だったみたいですね。
菅原君アイコン小.jpg営業してたら入浴したかったなあ・・・(廃業してても入りたいんだけどね)
琴音アイコン小.jpgなあお兄ちゃん。この裏手がちょっと気になるんだけど見に行っていい?
菅原君アイコン小.jpgああいいけど?
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで裏手側へと回り込む私たち。
 そこには?
 
DSCF2826.jpg
DSCF2827.jpg
DSCF2828.jpg
2琴音アイコン小.jpgうっは!やっぱりそうっすか。
 煉瓦の匂いがプンプンしてたんだよねー(*´д`*)
菅原君アイコン小.jpg匂いっつーか見えてただろw
 まあ~明治や大正期の銭湯ならボイラー室に煉瓦を使ってる可能性大きいしな。
DSCF2829.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgで、この建物ってどのくらい古いんでしょうかね???
琴音アイコン小.jpgちょっと待って!調べてみっから^^
 ええっとーーーああ、あったよ^^
 
 ここはーーー
 昭和初期(7年)の建築なんだって。
 煉瓦の建物は浴場だそうっす。
ルカちゃん・アイコン小.jpg先輩大外れ~w
菅原君アイコン小・汗.jpgくそ・・・ボイラー室じゃなかったかw
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg煉瓦の浴場。中は一体どうなってたんでしょうね。気になりますですう。
 
 さてさてここで、いつもの雌豚がわがままを言い始めました。
2琴音アイコン小.jpg朝から何も食ってねーんだけど!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg菅原君アイコン小・汗2.jpgつまみ食ってるじゃん^^;
琴音アイコン小・感涙.jpgいやそう言うんじゃなくもっとガッツリ系をね^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgそう言えばそうですね。どうします?菅原さん^^
菅原君アイコン小・汗.jpgじゃあ・・・道すがらに良い店あったならそこでランチにしようか。
 
DSCF2830.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgねえ!あれなんかいいんじゃね?
 なんかカレー食いたくなってきたっすマジで(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg帯広まで来たのにカレー?豚丼とかじゃないの?とは思いましたが誰も異を唱えることも無かったので入店。
 カレーショップインデアンさんにお邪魔することに^^
 
DSCF2831.jpg
DSCF2832.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgそしたらビックリです。
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうっは!めっちゃウメー!
菅原君アイコン小・汗.jpgおいおい、オレらが入店した後に続々と人が溢れ出したぞ?
ルカちゃん・アイコン小.jpg今、スマフォをいじってみたら、ここって結構有名店みたいですよ?
2琴音アイコン小.jpgだからかあーw
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgたまたま美味しそうだからと入店したお店は、帯広屈指の人気カレーショップのようでした。
 味もスパイスも食べてて実に心地よくさらさら美味しく食べれちゃいましたですう。
 帯広に来たならば是非ともいかがでしょうか?
 辛さもメニューも豊富で素敵なお店ですよ^^
 
 さて、中間地点の帯広駅まで帰ってきたところで、
菅原君アイコン小.jpgちょっとバスターミナル事務所に行ってくるからここで待っててよ皆^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgと、先輩がバスターミナルの案内所に行っちゃった。
ルカちゃん・アイコン小.jpgここからバスに乗っていくんでしょうか?
夕実ちゃんアイコン小.jpgそうルカちゃんが呟いてる間に先輩が何かを手にもって帰ってきましたです。
 
DSCF2833.jpg
DSCF2834.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg何ですかこれ?
琴音アイコン小.jpgああ~明日のね^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg明日の為のアイテム? 温泉って書いてあるし素敵な予感(*´д`*)
菅原君アイコン小.jpgまあそれは明日になってからのお楽しみだ^^
 じゃあ~ここから『かつて十勝監獄が存在した場所』へと歩いて向かうよ。
2琴音アイコン小.jpgやっぱ歩くんかよw
菅原君アイコン小.jpgそこには煉瓦があるんだ。我慢しろい。
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうん。歩く!ありゅくー(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg煉瓦となったら苦労なんて忘れちゃうんだから関心ですよね^^;
 
 さて次回は私たち『ものすごい発見をします』
 恐らく博物館に展示級の発見。
 気になる方は是非どうぞですう^^
 
※注釈 NHKの某番組で、作者が勤めてる居酒屋が紹介されて更に忙しさが増したのでブログ記事のアップがいつになるのやら分かりませんがねえ・・・(ぶっちゃけガッテンってやつですな。関係者さん曰く今年のガッテンの放送で2番目の高視聴率だったとか・・・^^;
 おかげで毎日が金曜日・・・
 さすが国営放送パワー・・・^^;
 体と精神・・・いつまでもつかな?アハハ(;・∀・)
 お返事とか期待しないで!ごめんなさい・・・
 

nice!(65)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

第916話 ワタシノハジマリノバショ後編『私にはスタートだったのっ!』長瀬海岸煉瓦塊・浦賀ドッグ外壁ほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『何かを好きになるにはキッカケ(理由)があるわけで』
 
『なんとなく好きに』だって『絶対小さな理由があるはず』
 そう。私にとって『煉瓦』を好きになるキッカケは二つあった。
 一つはお兄ちゃんたちに連れられて出向いた矢納水力発電所跡の蔦覆う素敵な煉瓦壁。
 そしてもう一つはーーー
 教授さん(駅員3さん)と共に出向いた浦賀ドッグなんだあ^^
 
 そこの長い外壁の天辺に二人して肘をつき、煉瓦の刻印と言うものを博物館とかの展示物じゃなく
『自分たちの眼で探し出し』
 そして『見つけた』のが、まるで宝探しのようで楽しくなっちゃってね。フフフ^^
 そして煉瓦刻印探しの旅に日々至るって感じでしょうか☆
 
 ーーーさて、
 お兄ちゃんと夕実っちと共に三浦半島の煉瓦の検潮所を見たんだけれど、
 私にとって『ハジマリノバショ』である浦賀ドッグはそれ程遠くないと、家を出る前から思ってたの。
 
 だったらば再訪を!
 だったらばもう一度あの時見つけた刻印を!
 
 と、再会に胸躍らせたんだけどーーー
『まさかあんなになってしまっただなんて』
 
 第916話、菅原琴音のハジマリ物語再訪スタートっす。
第916話ワタシノハジマリノバショ後編☆琴音ガックリ・浦賀.jpg 
DSCF2444.jpg
2琴音アイコン小.jpgやって来ました寿司が如何にも食えそうなとこ!
夕実ちゃんアイコン小.jpgイメージ的には『マグロ!』って感じですぅ^^
琴音アイコン小.jpgさて、海鮮系のお店はゴロゴロしてるんだけど、お兄ちゃんが連れてってくれたのはーーー
 
DSCF2445.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpg何だよう!ここまで来て回転寿司か!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgどうせならお寿司屋さんとかー
2琴音アイコン小.jpg市場とかで食べたかったのにい^^;
菅原君アイコン小.jpgまあまあまあ。回転寿司=廉価バージョンの寿司と思うだろうが、そうじゃねーってのを教えちゃる^^
 とりあえず入った入った^^
 
琴音アイコン小.jpgそう兄貴に言われて渋々入店する私たち。
 
 するとーーー
DSCF2446.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpgうっは!めっちゃ混み!!!
菅原君アイコン小.jpgだって超絶人気店だもんw
 むしろお昼時だっつーのに少しの並びで入店出来たことを光栄に思えw
 
DSCF2447.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgまずは生ビールですね^^
2琴音アイコン小.jpgくはー!五臓六腑どころか昇天しちゃいそうにうめー!(*´д`*)
菅原君アイコン小・汗2.jpgお前、さんざん飲んでただろうに・・・^^;
DSCF2448.jpg
菅原君アイコン小.jpgまずはこの店『海鮮』に来たならってことで お約束らしい『炙りカマトロ3貫握り』でいこうか。
琴音アイコン小・感涙.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgうわあ・・・うわああ・・・すごく美味しい(*´д`*)(*´д`*)
 
DSCF2449.jpg
菅原君アイコン小.jpgこれなんかどうだ?カワハギの肝付き。
2琴音アイコン小.jpgマジやべー!(*´д`*)
 
DSCF2450.jpg
菅原君アイコン小.jpg美味しんぼでも出てた、相模湾の地鯖もいいぞ?
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー☆と~ろ~け~そー(*´д`*)
 
DSCF2451.jpg
菅原君アイコン小.jpgマグロのわたなんてどうよ^^
琴音アイコン小.jpgマグロのもつ系っすか。美味しいけど人を選ぶかもっすね。
夕実ちゃんアイコン小.jpg私は大好き(*´д`*)
 
DSCF2452.jpg
菅原君アイコン小・汗2.jpg大トロは許してくれ(財布的に)
 しかしみんなに中トロを奢っちゃる!
琴音アイコン小・感涙.jpg最高です!抱いてくださいお兄様(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・ガルルルル.jpgそれは許さないから雌豚っ!
 
琴音アイコン小.jpg回転寿司と侮るなかれってやつっすかね^^
『ガチの回転寿司店ってのは別物』って思わされた感じだったっす。
 
 さてそんな中でお兄ちゃんと夕実っちと私が
『ダントツで気に入った一品』  がありやした。
 それはこちら↓
DSCF2453.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg・・・この塩辛・・・
2琴音アイコン小.jpgめっちゃ!うーまーいーぞおおおおおお!
菅原君アイコン小.jpg自家製だな。こういうところこそ100円均一とかの廉価回転寿司とは断然違うよな^^
 既製品とかじゃなく、職人さんがイカの肝にあて塩して水抜いて、余分な塩や臭みを洗ってから
 裏ごしで肝をこして、新鮮なスルメをそこに和えて寝かした一品だと思うよ^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgサイドメニューの塩辛だけで人気のあるお店だって納得ですう^^
2琴音アイコン小.jpgお土産で包んで欲しいくらいっす(*´д`*)
DSCF2455.jpg 
 
琴音アイコン小.jpgさあ~って、美味しいものもたらふく食べた私たち一行。 
 お兄ちゃんが見せたいと言う『もう一つの場所』へと向かうことに。
 っつーことで再び京急線にライドオン!
DSCF2456.jpg
DSCF2457.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg『わいあーるぴーのび』って随分変わった駅名ですね^^;
琴音アイコン小.jpg車中、通過駅でへんてこな駅名を発見。
 なあ~お兄ちゃん。YRP野比って何よ???
菅原君アイコン小.jpg元々は横須賀市野比に造られた野比駅って名称だったが、
『横須賀リサーチパーク』って言う国際的な電波・通信技術などの研究施設や機関が出来たってことで、
 その頭文字YRPを新たに駅名に付け加えたんだ(1998年改称)
琴音アイコン小.jpg英語が駅名に入るって何か馴染めないなあ。
夕実ちゃんアイコン小.jpgですね~。ただでさえ駅名改称って違和感しばらく感じちゃいますです。
菅原君アイコン小.jpg確かにな。オレは利用している東武伊勢崎線がスカイツリーラインって呼称変更にも未だに違和感あるし、
 スカイツリー駅よりも業平橋駅って名前残して欲しかった派閥だもんw
夕実ちゃんアイコン小.jpg草加駅のお隣『松原団地駅』も最近『獨協大学前駅』に変わりましたよね?
2琴音アイコン小.jpg菅原君アイコン小・汗2.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgうーん・・・未だになんかしっくりこないんだよねーw
(※長年親しんだ駅名でしたしね)
 
DSCF2458.jpg
琴音アイコン小.jpgさてやって来たのは『京急久里浜駅』
 私っち的には、初めて学芸員さんたちとの会合に参加した思い出の土地っす。
菅原君アイコン小.jpg確かお前、高校の一室に展示されていた超貴重な横須賀や東京湾の海堡の煉瓦や煉瓦刻印、
 しかも各博物館や資料館に展示前の資料を見せて頂いたんだよな?
夕実ちゃんアイコン小.jpgしかもフツーの一般人なのにですうw
琴音アイコン小・感涙.jpg今思うと『超絶大後悔』してるっすよマジで(:_;)
 
 当時の私は『なんとなく煉瓦が好き・・・かな?』とか、
『煉瓦の刻印? へ~そんなのもあるのね^^』と、
 長テーブルの上や下に陳列された煉瓦ちゃんを眺める程度だったしね^^;(しかも時間持て余してたw)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgもし『今の煉瓦好き状態でそこに飛び込んでたら?』
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgオシッコ漏らしながら写真パシャパシャ撮影して悶絶してたと思うっすマジで(*´д`*)
菅原君アイコン小・汗2.jpgやめろ妹よ。表現が汚らしい^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgまあそれだけもったいない出会いでもあり、興味がないとあるとでは世界観まったく別物だってことは分かったですう^^;
菅原君アイコン小.jpgまさかお前が、あれから煉瓦刻印求めて日本中を飛び回るとはオレも思わなかったよ^^
 
 でも言わせてくれ。
 
 煉瓦刻印に出逢ったからこそ『見知らぬ土地に行き、素敵な発見をし、その歴史を知り、より深く日本ってものを知れた』んじゃないか?
夕実ちゃんアイコン小.jpg色々な人との出会いなんかもありましたしね^^
琴音アイコン小.jpgそれはつくづく実感してるっす。
 だって、煉瓦やその刻印に興味持たなかったら・・・
 あの人にもあの土地にもあの自然にも何にも出会うことがなかったってことっすもんね!
 
 テレビでしか見たことない景色。
 ネットの動画や写真でしか見たことない風景。
 
 実際にそこに行き、目に焼き付けたものは画面の向こう側より思ってたものよりまるで別物ばかりの感動ばっかだったっすもん^^
菅原君アイコン小.jpgまあ~形はどうあれ流れはどうであれ煉瓦に触れてから『普通の日常よりも世界観が広がった』のは間違い無いんだろうな^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこっちは振り回されることばかりですが、それでも色んなところに行けたのは私も感謝ですう夕実ちゃんアイコン小.jpg 
 
DSCF2459.jpg
DSCF2460.jpg
琴音アイコン小.jpgさて、お兄ちゃんが言うにはこの久里浜を流れる平作川の河口付近に用事があるっちゅーことらしい。
 さっそく向かうことにしたんすがーーー
 
DSCF2461.jpg
DSCF2462.jpg
2琴音アイコン小.jpg途中にあるヨークマートでガソリン調達してきました兄上!
菅原君アイコン小.jpgご苦労だった。妹よ☆
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg(まだ飲むのかー)
DSCF2463.jpg
琴音アイコン小.jpgそんでもって河口にやって来たけど西に進むの?東に行くの?
菅原君アイコン小.jpg東へGO!
2琴音アイコン小.jpgブ・ラジャー!(了解)
 
 そして歩くこと2分くらいでーーー
 
DSCF2464.jpg
2琴音アイコン小.jpgやべえ!浜辺に煉瓦ちゃんらしきもの発見であります!
菅原君アイコン小.jpgそうだ。まさにそれが今日の第二目標である!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgでも先輩。この海岸通りからそこに降りて行くのは少し厳しい感じですけど^^;
 
琴音アイコン小.jpgと言うことで、
DSCF2465.jpg
DSCF2466.jpg
2琴音アイコン小.jpg少し手前の浜辺まで戻ってそこへと向かうことにしたっす♪
 
DSCF2467.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? 砂浜だとばっかり思ってたですが、ちょっと沖は遠浅の岩礁が多いですう。
 
 ---そしてようやくーーー
DSCF2468.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうひょー!来ました煉瓦ちゃん(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpg海辺に煉瓦の瓦礫ですか。一体何があったんでしょうかね???
菅原君アイコン小.jpgそれは後でオレなりに考察してみる。
夕実ちゃんアイコン小.jpg考察?
菅原君アイコン小.jpgまあ~まずは琴音よ!思う存分、例の奴を探すが良いぞ^^
2琴音アイコン小.jpgサー!イエッサー!(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことでこの煉瓦塊が何なのかも知ることも無くいきなりステーキ刻印探しスタートですう^^;
 
DSCF2469.jpg
琴音アイコン小.jpgおひょー、道路に近いところには3つの残骸。
 
DSCF2470.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgそこから少し海に出た所にも1つありますですね。
菅原君アイコン小.jpgオレ的にはこの向こう側にも沈んだ煉瓦がありそうな気がしてるが。
 
DSCF2471.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgここでようやく先輩が『ビーサン(ビーチサンダル)くらいは持ってきた方がいいよ^^』って言ってた意味が分かりました(写真はビーサンじゃありませんが)
 
DSCF2477.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgジャブジャブしながらも順繰りにチェックしていく私たち。
 
DSCF2472.jpg
琴音アイコン小.jpgこれ不思議な積み方っすね。
菅原君アイコン小.jpgだな。よく気づいたなお前。楔のような三角の煉瓦が入ってるだろ?
琴音アイコン小.jpg私的には元々立ってたものが波に土台部をさらわれて横倒しになっちゃった気がするんすけど。
 例えば海に突き出た何かしらの煉瓦構造物のアーチ煉瓦の入り口部分!
菅原君アイコン小.jpgそうか?オレは~横倒しになってはいないような気がするぜ?
 推測するならーーー
 海に煉瓦の柱を建てる場合、四角い煉瓦を長方形や正方形に積み上げるよりも斜めの煉瓦を入れて、なるべく角面を小さくして波の抵抗から守る・・・とかじゃないかな?
夕実ちゃんアイコン小.jpg確かに真四角よりもなるべく円形に近づけた六角とか八角形の柱の方が浸食に強そうですぅ^^
菅原君アイコン小.jpgどちらにしてもだ、何らかの煉瓦の基礎部位だったんじゃないかとは思うんだ。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg煉瓦の支柱(土台)なのか・・・はたまた煉瓦構造物の入り口部分なのか?
 
DSCF2473.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? こっちは完全に煉瓦の平面が上を向いてる塊ですよ?
菅原君アイコン小.jpg多分、そこに刻印があれば何かヒントになるかも?
 
DSCF2474.jpg
2琴音アイコン小.jpg来た来た来たあああ!!!
 これって『〇にT』だし東京煉瓦㈱の刻印じゃん!
 
(※東京煉瓦株式會社工場。明治31年足立区江北鹿浜に創設。
 荒川放水路計画により足立区宮城に移転。
 だから前期・東京煉瓦㈱と後期・東京煉瓦㈱が存在)
DSCF2475.jpg
菅原君アイコン小.jpgお!こっちにもあんぞ!^^
 摩耗してるけど東京煉瓦㈱っぽいな。
 
DSCF2476.jpg
 夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!見てくださいですこれ!
菅原君アイコン小.jpg完璧だな刻印の残り具合^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgその後、私たちは沖合の煉瓦塊を除いていくつか刻印を発見しましたです^^
DSCF2478.jpg
DSCF2479.jpg
DSCF2480.jpg
DSCF2481.jpg
2琴音アイコン小.jpg御免!もう刻印腹いっぱいっすw
 っつーか東京煉瓦㈱の煉瓦刻印ばっかりで飽きたw
夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩。さっきは刻印が見つかることで『ここにある煉瓦が何の構造物だったのかのヒントになるかも?』って言ってましたけど・・・
2琴音アイコン小.jpg何のヒントになるんだよw
菅原君アイコン小.jpgヒントと言うか、実はある程度何なのかを知ってて少し君たちに刻印探しで遊んでもらっただけなんだよ^^;
2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgもてあそばれてただけ?私たち^^;^^;
菅原君アイコン小.jpgこれは色々な資料本や教授、横須賀の先生方に聞いた感じだと恐らくーーー
 
 この今いる久里浜の長瀬と言う海岸にあったらしい
『浦賀ドック建築用試作煉瓦を焼いた煉瓦窯の名残』
 ・・・かもだ。
夕実ちゃんアイコン小.jpgかも?
琴音アイコン小.jpg(浦賀ドック!?)
菅原君アイコン小.jpg先生方も確証を得ない研究途上の話なのでクエスチョンマークつけるけれども、
 
 かつてこの久里浜の岬を隔ててお隣さんにある浦賀ドックの建造の際に試作(プロトタイプ)として久里浜に煉瓦窯を築いたそうなんだ。
琴音アイコン小.jpg!? 
 
 ・・・っつーことは、その煉瓦窯に使用されたのが東京煉瓦㈱の煉瓦ってこと?
菅原君アイコン小.jpgだな!
 それを繋ぐ可能性として、浦賀ドックと言うのは様々な煉瓦が使用されているんだが、
琴音アイコン小.jpg愛知県の岡田煉瓦さんとかでしょ?
菅原君アイコン小.jpgそう。その中には東京煉瓦㈱の煉瓦もあったそうだ。
 
 浦賀ドック築港の案件の際、
『どの煉瓦を使用したら良いのか?』と模索したと思う。
 
『自前で焼いた方が安価じゃね?』ってことで久里浜に試作の煉瓦窯を造って焼いてはみたものの、
 その出来は思うものではなく結局、
 愛知からの輸入煉瓦や都市近郊の大手煉瓦工場の煉瓦製品に頼ることになっちゃったんだ。
 
 東京煉瓦㈱さんには試作の窯建造でもお世話になっちゃったしー
 引き続きよろしくお願いいたします(*´д`*)・・・ってなことじゃねーかな?w
琴音アイコン小.jpgなるほどね。まさか浦賀ドックと繋がりあっただなんて私的にびっくりっすマジで☆
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgでもでもでもですよー
 こんな潮の満ち引きで海に沈んじゃう場所にわざわざ煉瓦窯つくったですか???
菅原君アイコン小.jpg昔の地図を見ると、元々ここら辺は内陸だったんだ(と言っても沼地に近いもの。そして漁船が使う入江的な場所だった)
 
 関東大震災でもう少し隆起したが、その後は浸食されて今に至るって感じかな^^
久里浜S38年.jpg
(昭和30年代頃の航空写真。少しだけカラー化処理)
琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgうわーほんとだあ!
菅原君アイコン小.jpgいくつもの古い航空写真からボクも煉瓦構造物が映ってないか探したが、解像度的に探し出せなかった^^;
 とは言え、限りなく答えに近いものなんじゃないかと思うよ^^
(※ 調べ始めはこのすぐ近くが陸軍の駐屯地であり機雷学校もあったので、軍の煉瓦遺構じゃないかと思ってたが、資料本の記述などからこの結論に至った感じ)
2琴音アイコン小.jpg答えが出てマジさいこー!
 っつーことで~
 祝杯いきやしょかw
 
DSCF2482.jpg
DSCF2483.jpg
DSCF2484.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgってな感じでここからは海に足を投げ出し皆で缶チューハイの祝杯をぐびぐび^^;
 しばらく太平洋を眺めてまったりしましたですよ^^
(吟生生サラミは確かに美味しかったですう)
 
 さて、再び砂浜経由で歩き出したところ、
 こんな発見もありました!
 
DSCF2485.jpg
DSCF2486.jpg
2琴音アイコン小.jpg砂浜に『大阪窯業の耐火煉瓦刻印ちゃん発見っす!』(*´д`*)
 
DSCF2487.jpg
DSCF2488.jpg
菅原君アイコン小.jpgちょ、ちょっと待て!
 結構探すと東京煉瓦㈱の煉瓦が散乱してるなココ☆
 特に気になるのはやっぱり『大阪窯業の耐火煉瓦がなぜここにあるのか?』だよな。
琴音アイコン小.jpg大阪窯業さんの煉瓦も試作煉瓦窯に使われたかも?
 って、疑問が出てくるよね!
夕実ちゃんアイコン小.jpg煉瓦窯で煉瓦を焼くには耐火度の高い煉瓦が必要・・・ですよね?
菅原君アイコン小.jpgいい線いってると思うよ夕実ちゃん^^
 もしかしたらば大阪窯業さんも、試作煉瓦の段階では浦賀ドックと何らかの繋がりがあったんだと思うね^^
 
琴音アイコン小.jpgさあ、お兄ちゃん。ここからはどうすんの?
菅原君アイコン小.jpgもう特に予定は無いかな^^
 結構、煉瓦史的には収穫のある旅だったと思うしな。
琴音アイコン小.jpgじゃあ・・・私のお願い聞いてもらっていいかな?
菅原君アイコン小.jpg無茶なことじゃなきゃ別にかまわないぞ?
 まだ昼の2時を過ぎたくらいだし。
琴音アイコン小.jpgじゃあ・・・
DSCF2489.jpg
2琴音アイコン小.jpgここから隣にある『浦賀ドックに行きたい』んですけど!
琴音アイコン小.jpgと言うか本当に御免なさい。ここまで来たならどうしても見ておきたいとこがあるんす。 
菅原君アイコン小.jpg珍しいなどうした? お前がそこまで真面目に頼むなんて。ああ構わないよ。
 ここからはトンネルを潜ればもうすぐそこが浦賀だしな^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで久里浜駅に戻って帰宅するのではなく、少しお隣の浦賀へと向かうことになったとですう。
 何時に無い琴音っちの真剣な眼差しに、そこに行かなければいけないと私も先輩も思ったのです。
 
DSCF2490.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgトンネルを潜るともうそこは浦賀。
 そしてそこには煉瓦の構造物が、早速お出迎えですう。
 
DSCF2491.jpg
DSCF2492.jpg
菅原君アイコン小.jpg川間ドックか。初めて見たな。
琴音アイコン小.jpg世界で現存4つしか現存しない煉瓦ドックの一つっすね。私も初めて見たっす。
DSCF2493.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩曰く、浦賀ドックの分工場として設立された大型船の修理工場だそうですう(明治28年築港開始。明治31年開港。戦時の戦艦も修繕しましたよ^^)
 
 残念ながら今現在は民間のマリーナ施設として使われているので会員や許諾を得ないと間近では見れないみたいです^^
 
 さてそこからは浦賀湾の縁を辿って歩いていきましたよ^^
DSCF2494.jpg
琴音アイコン小.jpg浦賀の渡し・・・懐かしいなあ(浦賀湾の東西を結ぶポンポン船。かつて教授さんと一緒に乗った)
 
DSCF2495.jpg
DSCF2496.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg琴音っちが逐一その景色に懐かしむ、この浦賀。
 
 彼女にとってここがどんなに大切か思い出の場所なのか、
 普段よりとても饒舌に喋べくる彼女を見ていて私と菅原先輩は気づきましたですよ。
 
 そして、
 
 彼女は浦賀ドックのある部分を向こうに見つけて、弾むように突然駆けだしたのです。
 
DSCF2497.jpg
2琴音アイコン小.jpgねえねえ見てよ皆!
 ここっす!
 この浦賀ドッグの外周にある煉瓦壁が私のハジマリ物語なんだよお(*´д`*)
 
DSCF2498.jpg
菅原君アイコン小.jpgおおー!帯鉄補強はしてるけど立派な煉瓦壁だな!ココは。
夕実ちゃんアイコン小.jpgしかもこれって・・・フランドル積み!?
2琴音アイコン小.jpgね!いいでしょ?
 素敵な煉瓦壁でしょ!(*´д`*)
 
 私はこの煉瓦壁のもうちょっと先の煉瓦壁に教授さんと一緒によじ登って『初めて煉瓦刻印を発見したんだよ!』
 
 今思えばその刻印は『本当に刻印なのか不確かなもの』だったけれど、
 それが宝探しみたいでとっても楽しくてハート掴まされたんだよう^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgいつもの理屈っぽくて、かつ何に対しても冷めてる感じの琴音っちなんて、そこにはどこにも無かった。
 
 ただただ今は丸で小さい子供が母親に素敵なものを見つけちゃったんだよ!ってはしゃいでる感じだったのです^^
 
 だけどーーー
 
 
DSCF2499.jpg
琴音アイコン小.jpgあれっ!?
 
DSCF2500.jpg
琴音アイコン小・感涙.jpgあれあれ!?
菅原君アイコン小.jpgこれは・・・
琴音アイコン小・感涙.jpgううう・・・・
 うわあああああああっーーーー!!
 今どき煉瓦ちゃんになっちゃってるううう。
 なんで?
 え?
 なんでなんで?
 何でだよおおおおおおおおお。。。
 
菅原君アイコン小.jpgもしかして・・・改修されちまった・・・のか? 
DSCF2501.jpg
DSCF2502.jpg
琴音アイコン小・感涙.jpg私の思い出の刻印があ・・・ 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなんとまさかの改修の憂き目にあい、思い出の煉瓦も消えていた・・・のですう。
菅原君アイコン小.jpg調べてみた感じじゃ・・・昨年くらいに改修されたみたいだな^^;
琴音アイコン小・感涙.jpg何でまた、よりによって思い出部分だけw(現・住友重機械工業㈱の施設)
菅原君アイコン小・汗2.jpg色々事情があるんだろ。住友さんにもな^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg琴音っちの落胆たるや・・・^^;
 
琴音アイコン小・感涙.jpg私にとって『ここが煉瓦刻印との関わりのスタート』だったからね・・・
菅原君アイコン小.jpgまあ・・・今日はやけ酒に付き合ってやるぜ?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg思い出の場所が無くなっちゃったんだもんね^^;
 私もトコトン付き合いますですよ^^;
琴音アイコン小・感涙.jpgみんな・・・ありがどう・・・
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことで、帰ってから粛々と琴音っちの慰め大会がスタート。
 死ぬほどお付き合いで朝までやけ酒を飲んだ次第ですw
(割とマジで。ボクにとって結構ショッキングな出来事だもんなあ~^^;)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて次回はいよいよ『遅めの夏休みシリーズ』のハジマリですう^^
 そこには『博物館とか資料館に預けなきゃ怒られちゃうんじゃねーの?』ってくらいの超貴重な大発見がありました。
 その他にも遺構にグルメにてんこ盛り!
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg向かった舞台は『北海道の道東』
 気になる方はぜひどうぞですう^^
 ではではまた会う日までです☆
 

nice!(64)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

第915話 ワタシノハジマリノバショ前編『海を見続ける煉瓦』油壷検潮場(旧)ほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『夕実ちゃん!海に行くぞ!!^^』
『わきゃあ!海ですか!?行く!行くです☆』
 
 ーーーある夏も終わりかけの午後。
 
 いつものように琴音っちのアパートでダラダラしていた私。
 そこに菅原先輩がやってきて海に誘われちった(*´д`*)
 
 だけど当然のごとく『私も行きたいっす!海(*´д`*)』と、余計な雌豚(琴音)まで乗ってきた(-_-;)チッ
 
『で、先輩。どこの海ですか?』
『今回の目的地は神奈川県の三浦半島の煉瓦だよ^^』
『むひょー!お兄ちゃん最高っす(*´д`*)』
 えっとお・・・
 ・・・海の話じゃないの?
 ・・・海水浴じゃないの???
 また煉瓦絡みですか^^;
 
 この人たちはどうも普通の観光もレジャーもしてくんないし誘ってくれないよね^^;
 
『じゃあ・・・じゃあです。水着とか要らないんですね・・・(;´д`)トホホですう』と嘆いたら、
『個人的には見たいけどビーサン(ビーチサンダル)くらいかな~必要なのは^^』だってさ^^;
 
『目指すは油壷マリンパークのすぐ近く!明日朝一出発すんぞ!(*´д`*)』と先輩は指先を天井に掲げて行き先を宣言した。
 油壷マリンパーク?
 聞いたことあるようなないような?
 
 ---っと言うことでえ~
 第915話、神奈川県は三浦半島編スタートですう~^^
第915話ワタシノハジマリノバショ前編・油壷検潮場・夕実ちゃん2.jpg 
DSCF2371.jpg
DSCF2372.jpg
DSCF2374.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgさてニューデイズでお酒とおつまみを買い込んで到着したのは京急線の『三崎口駅』と言うところ。
琴音アイコン小.jpg神奈川県の三浦半島の終着駅っすね^^
 でもここが終点って中途半端過ぎない???
夕実ちゃんアイコン小.jpgですよね。だってまだまだ三浦半島の途中ですよ?
 先っちょの城ヶ島までまだまだ遠いですしー。
菅原君アイコン小.jpgだよな。元々は油壷まで延伸するつもりだったらしいが・・
 油壷ってここから西だし、半島の先へとは元々線路をつくる気は無かったみたいだね^^;
 
 さて、いい具合に『油壷』ってワードが出てきたな。
 実は今日はそこへと向かうわけなんだがーーー
 
 そこに行けば『なぜ油壷へと延伸しなかったのか?』が少し分かると思うよ^^
 っつーことで早速バスに乗ってレッツゴーだ(*´д`*)
 
DSCF2376.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgかくして、私たちは京急バスに乗り込んで、その終点の油壷マリンパークを目指すことになったとですう^^
 
DSCF2377.jpg
2琴音アイコン小.jpgうっは!股に挟まないとチューハイこぼれちゃうよ!
菅原君アイコン小・汗2.jpg路線バスで酒なんか飲むなよお前・・・
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg誰かに見られたら恥ずかしいですう。
2琴音アイコン小.jpgだって私たち以外、誰も乗ってないじゃんかお(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg琴音っちの傍若無人さ加減には呆れるばかり。
 いや・・・確かに人いませんけどね?(マリンパーク大丈夫かしら・・・)
DSCF2378.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgそんなこんなで15分くらいで油壷マリンパーク前に到着ですう☆
琴音アイコン小.jpgオープン30分前っつーのに、駐車場にも2台くらいしか止まってないっすね。
菅原君アイコン小.jpg昔はこの手の水族館が無かったから大賑わいだったんだけど、今や江ノ島や八景島シーパラダイスと周りに出来ちゃったしな。
 動植物水族館、企業もそうだけど長年活況を得るってのは大変なんだよ^^;
 
 さて目的の場所はここじゃない。
 ここから2~3分のとこだ^^
2琴音アイコン小.jpgめっさ近いとこに煉瓦ちゃんある訳ね!
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg私的には水族館に行きたかったけれど、彼らはグングンと来た道を戻りだす・・・^^;
 
 そーしてたどり着いたところはーーー
 
DSCF2379.jpg
琴音アイコン小.jpg油壷検潮場入り口?
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? 国土地理院って書いてありますですよ。
 地図とかそう言うの作ってるとこですよね^^
菅原君アイコン小.jpgそうだね。一番思いつくのは地図とかかもね^^
 国土地理院ってのは日本国内の基準となる測量を行う行政機関だ。
 そして他にも役割がある。
2琴音アイコン小.jpg地図だけじゃないんすかw
菅原君アイコン小.jpg日本各地に計測・測量場などを設けて河川や海、山体の変化なども監視してるんだ。
 つまりはコレ、『自然災害から国民を守るための機関』と思ってくれていいと思うよ^^
琴音アイコン小.jpgつーことはだ。検潮場って『海関係』っしょ?
夕実ちゃんアイコン小.jpgそしてそこに煉瓦さんがいらっしゃるってことですね^^
菅原君アイコン小.jpgまあ~それは実物見てからにしようぜ^^
 んじゃ行こうか☆
 
DSCF2380.jpg
DSCF2381.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg森の中へと下るコンクリの階段を降りて行く私たち。
 その切れ目から海が少し覗いてきました。
 もうここからでも綺麗な海が想像できるくらい☆
 ちょっと心躍りかけたところでーーー
琴音アイコン小.jpgねえ夕実っち、その岩肌見てみそ(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpgえ?どうしたの?って・・・
DSCF2382.jpg
DSCF2383.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgうぎゃあああああああああああああ!
 私がフナ虫苦手なの知ってるくせに^^;
2琴音アイコン小.jpgこの際あんたも海育ちなんだから克服しようよ(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・ガルルルル.jpg死んじゃえ雌豚ぁ!(無理なものは無理)
 
菅原君アイコン小・汗2.jpgお遊びはそこまでにして・・・
夕実ちゃんアイコン小・ガルルルル.jpg死活問題ですう!
菅原君アイコン小・汗.jpgほら御覧。見えてきたよ^^;
DSCF2384.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそう言われて正気を取り戻した私の眼下にはポツンと建物が。
琴音アイコン小.jpgちょっと待てよお兄ちゃん!
 煉瓦ちゃんじゃねーじゃねーかマジで(-_-メ)
菅原君アイコン小.jpgまあまあ、押さえて押さえて^^
 まずはこの建物には解説案内板があるから見てみようぜ。
DSCF2386.jpg
DSCF2387.jpg
DSCF2388.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg油壷検潮場。海面の上がり下がりを記録する建物って書いてありますですね。
菅原君アイコン小.jpgそうなんだ。この上がり下がりってのは『津波の潮位の計測』なんかにも重要な役割をもってる訳。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgつ、津波・・・。そう言われるととっても凄い建物に見えてきました^^;
DSCF2385.jpg
琴音アイコン小.jpgおよ???
 ちょっと待って!!!
 このめっちゃ近代的なブツの後ろに煉瓦ちゃんいるじゃないのさあああああああああ!
 早速イコウッス(*´д`*)
菅原君アイコン小.jpgあちゃー。見つかったかw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpgぶっちゃけもう見えてました☆
 
 
DSCF2389.jpg
2琴音アイコン小.jpgくうー!ちっこいけどなんかワクワクしてきた!
 
DSCF2390.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg頭上注意って張り紙ありますけどお、入り口上部の石の装飾がグラグラしてるとかでしょうか?
2琴音アイコン小.jpg夕実っち!上よりも目の前!目の前!!
夕実ちゃんアイコン小.jpgえ!?
DSCF2391.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgひえええ~っ!!??
夕実ちゃんアイコン小・ガルルルル.jpgもっと先に言ってくださいです!
2琴音アイコン小.jpgしょうがないじゃん海なんだしw
 
DSCF2392.jpg
DSCF2393.jpg
菅原君アイコン小.jpgこじんまりしてるが、立派な煉瓦だな。
 
DSCF2394.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgあの・・・この説明版、さっきの新しい建物とまるっきし同じなんですけど^^;
琴音アイコン小.jpg確かにこの煉瓦造りの検潮場を説明するものって感じじゃないっすね。
菅原君アイコン小.jpgそうだな。まあ~せっかくだしここらへんでこの建物の解説といくか^^
 
 先ほど見てきた近代的な油壷検潮場は平成7年に建設されたコンクリの検潮場だ^^
 そしてこの目の前の煉瓦造りの建物がその前身。
『旧油壷検潮場』ってわけ^^
 
 明治27年(1895年)建造。
 その間100年を超えるデータを取り続けてきた海の守り神と言っていいんだよ^^
 そのデータの中には『関東大震災時の海の潮位の変化』も入っているんだ。
夕実ちゃんアイコン小.jpg関東大震災・・・
 私は正直言うと、小さな煉瓦造りの観測機くらいにしか思ってなかったのですが・・・
 めちゃくちゃ見直してしまいましたですこの建物!
琴音アイコン小・感涙.jpg私なんて涙止まらねーし!
 だって一個人を助ける煉瓦ちゃんには数多く出会ってるけれど、ここは100年もの間、万人の為にコツコツと頑張ってたんしょ?
 もう感謝だし、愛さずにはいられないっす!マジで☆
菅原君アイコン小.jpgそうなんだよ。ここは小さいけれど偉大な煉瓦建築って思ってほしいね^^
 
 因みに検潮所って『どんな仕組み?』って人に図説を用意したぞ。
検潮所のしくみ.jpg
菅原君アイコン小・汗.jpgちょっとどこのサイトの図説を拝借したのか忘れちゃったけどこんな感じだ。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpgそこ重要でしょうよ!(元サイト様。ごめんなさい^^;)
 
菅原君アイコン小.jpgんじゃー!ここの歴史なんかも説明できたと言うことでえーーー
 
菅原君アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgいつもの行ってみやしょうね(*´д`*)(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことで恒例の『煉瓦刻印探し』です^^;
 れっつすたーとお☆
 
DSCF2395.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg積み方はツートンツーのイギリス積みですう^^
 
DSCF2396.jpg
菅原君アイコン小.jpg目地は何だろ?綺麗な海砂混じってそうだな。
 
DSCF2397.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩、この建物の下にある標石っぽいのは???
菅原君アイコン小.jpg三角点標石だね^^ 経度・緯度・標高の基準点だよ。
琴音アイコン小.jpgさすが検潮所!
 
DSCF2398.jpg
DSCF2399.jpg
琴音アイコン小.jpg裏手に回るとここがどういう構造物かよくわかるっすね^^
菅原君アイコン小.jpg堅牢な石積みを土台にして波からの浸食にも耐えうる造りにしてあるんだ^^
夕実ちゃんアイコン小.jpg全部煉瓦じゃダメなんですか?
琴音アイコン小.jpg『防水』って考えると、流石に焼過煉瓦ちゃんや釉薬煉瓦ちゃんでも自然石には敵わないんすよ^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgじゃあ耐火煉瓦とかでも???
菅原君アイコン小.jpg夕実ちゃん。実は耐火煉瓦は赤煉瓦よりも水には弱いんだよ。火には滅法強いんだけどねえ^^
 
DSCF2400.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgこの穴ぽこが気になるんですが・・・
菅原君アイコン小.jpgそれは何だろうなあ?
 
DSCF2402.jpg
DSCF2403.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg再び上に回って観察です。
 海に面した下方を覗き込むと、何だか変な溝の付いた石柱がありましたです。
琴音アイコン小.jpgお兄ちゃん。あれって何さ?
菅原君アイコン小・汗2.jpgん~・・・わからんw
 もしかしたら・・・昔の潮位測量の名残・・・とかじゃないかな?
 
DSCF2404.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg海に面した側には小窓も。
 
DSCF2406.jpg
琴音アイコン小.jpgなあ兄ちゃん。行政のブツだから特級とか一級とか高そうな煉瓦ばっかだと思ってたけど、随分と焼きムラのある煉瓦ちゃんも多い気がすんだけど
菅原君アイコン小.jpgそうだなあ。風化でなったわけじゃない気泡のブツブツなんかもあるし
DSCF2407.jpg
菅原君アイコン小.jpg間近で見ると結構、歪な煉瓦も多いな。
夕実ちゃんアイコン小.jpgこれって全部、焼過煉瓦さんなのでしょうか?
菅原君アイコン小.jpg殆どそうだと思うけど、釉薬煉瓦っぽいのもチラチラあるような気もするよね。
 
DSCF2408.jpg
菅原君アイコン小・汗.jpgおおっと! そういや刻印探しすんのすっかり忘れてたなw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgいいんじゃないでしょうか。構造を知るのもお勉強だと思いますし^^;
2琴音アイコン小.jpgんじゃー!今度こそレッツファイティング(*´д`*)
 
DSCF2409.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgこの検潮場。四方ぐるりと軒先煉瓦が突出してるので、もしかしたら・・・の可能性大ですね^^
 
DSCF2410.jpg
DSCF2411.jpg
DSCF2412.jpg
DSCF2413.jpg
DSCF2414.jpg
DSCF2415.jpg
DSCF2416.jpg
琴音アイコン小・感涙.jpgんー・・・無いっぽいいいいい( ;∀;)
菅原君アイコン小・汗2.jpgもしかしたら・・・とは思ってたんだがな。許せ妹よ^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことで残念ながら刻印ぽいものすら見つけられませんでしたですう^^;
 
 とは言えーーー 
DSCF2417.jpg
DSCF2418.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgこの検潮場のある内湾って、とっても素敵な眺めですよね!
菅原君アイコン小.jpgそうだよね夕実ちゃん^^ ここは油壷湾って言う三浦半島きってのリアス式海岸の静かな内湾なんだ☆
 
 天然の良港であり、日本が近代化を迎えた頃にはヨットハーバーのメッカでもあったんだよ^^
 
 まあそのおかげか別荘地とかヨットハーバー関係者などのある一定の人種が好む土地でもあり、普通の人が来ることも無く植生も守られ素敵な自然が残る土地柄でもあったわけだ。
琴音アイコン小.jpgあー、やっと分かって来たぜお兄ちゃん。
 つまりはこういうことっしょ?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgえっと・・・何の話???
琴音アイコン小.jpg簡単なことっすよ。京急が油壷まで線路を延伸しなかった。もしくは出来なかった理由って『景観破壊』を怖がった地元の人の反対にあったって感じじゃね?
菅原君アイコン小.jpgまあぶっちゃけそんな感じだと思うよ^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgああ・・・その話ね^^;
夕実ちゃんアイコン小.jpgでも確かにここまで線路が通ってーーー
 観光客がワンサカワンサカだったら・・・
 この眼前の綺麗な景色は本当に今も綺麗だったか。
 それが保たれていたか・・・と言われると、正直私も自信が無いように思えますです。
琴音アイコン小.jpgなんとなく分かるけど、なんでそこまで言い切れるの?夕実っち。
夕実ちゃんアイコン小.jpgだって『ごみの漂流物も廃棄されたようなゴミもほとんど見かけなかった』じゃないですかあ。
菅原君アイコン小.jpg琴音アイコン小.jpg確かに・・・
夕実ちゃんアイコン小.jpg悲しいのは『人があまり来ないから自然美がある』ってとこでしょうかです。
 モラルさえ良ければ、きっと自然と共有できると思っちゃったですよ。
菅原君アイコン小.jpg確かにな。
 でも悲しいかな、みんなが皆、善人じゃないしね^^;
琴音アイコン小.jpgまあ、とりあえずうちらだけでもポイ捨て厳禁ね!
菅原君アイコン小.jpg因みに夕実ちゃん、なんでここが『油壷って言われてるか』教えてあげようか。
夕実ちゃんアイコン小.jpgそう言えば気になってたですう^^
 油とか何かこの綺麗な海辺には似つかわしくない感じですよね?
菅原君アイコン小.jpg諸説あるんだが、
 かつてここらを治めていた三浦一族が北条家に追いやられて家臣たちがこの湾に投身した様が油のように一面深紅の海に染まったからだとかーーー
 
 いつもいつも油を流し込んだように凪った静かな水面だったからーーーとからしい。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgえっと・・・血とか油のようなとか・・・
 もっと昔の人は他に良いネーミングを付けられなかったんでしょうか^^;
2琴音アイコン小.jpg案外、土地の名前なんてそんなもんよ(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgとっても素敵なとこなのに・・・^^;
 
 さて、ここで油壷検潮場を十分に堪能した私たち。
 てっきりこのまま帰路に就くかと思いきやーーー
DSCF2419.jpg
DSCF2420.jpg
2琴音アイコン小.jpgなんかすぐ近くにある廃桟橋っぽいのがめっちゃ気になるんすけどマジで!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg・・・って仰る琴音っちの希望で、検潮所横の廃桟橋?へと行くことになったとですう・・・^^;
 
DSCF2421.jpg
琴音アイコン小.jpgこれって検潮所に関係あるのかな???
菅原君アイコン小.jpgんん~・・・、オレ的には特に関連性なさそうに思えるが・・・、とにかく真横にあるのが謎だ。
2琴音アイコン小.jpgせっかくだしー先っちょまで行ってみたい(*´д`*)
菅原君アイコン小・汗.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgいや、鉄骨の幅も狭いしボロボロだしやめようよ^^;
 
DSCF2422.jpg
2琴音アイコン小.jpgでもほら? 案外頑丈っすよ^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgほんとに行っちゃったよあの人^^;
DSCF2423.jpg
2琴音アイコン小.jpgココからしか決して撮影できない新旧コラボの油壷検潮場のショット、ゲットだぜい(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg落ちても死ぬことはないけどビショビショですう。
 早く・・・いやゆっくり慎重に帰ってきてよ琴音っち^^;
琴音アイコン小.jpgん?
 あら?
 えええっとーーーねえねえ!ここからだともう少し先に変なものが見えるんすけど!
DSCF2424.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg廃桟橋の先で『よっ!はっ!とおっ!』と声を上げつつ周りの写真をパチっていた琴音っちが、
 私たちのもとに帰ってくるなり、
 この桟橋の更に先にも怪しげな景色を見つけたぜい!と自慢げに写真を見せてくれたのです。
菅原君アイコン小.jpgおおー、何か石積みや、はしけみたいな残骸があるな!
2琴音アイコン小.jpgでしょー(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことで・・・アレは何なのかを確かめに湾の縁を歩って確かめることになったとですう^^;
 
DSCF2425.jpg
2琴音アイコン小.jpgでっかいキノコ発見!
菅原君アイコン小.jpg食べ応えありそうだな!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg係船柱でしょ・・・^^;
 と言うことは・・・ハーバーの名残?
 
DSCF2426.jpg
DSCF2427.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg木々をかき分けていくとそこには護岸・・・らしきものが。
 
DSCF2428.jpg
DSCF2429.jpg
琴音アイコン小.jpgやっぱ船着き場っすよねー。
 
DSCF2430.jpg
菅原君アイコン小.jpgん?これはなんだろ?
 
DSCF2431.jpg
DSCF2432.jpg
DSCF2433.jpg
DSCF2434.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgかろうじて残る小道を進むと廃桟橋から見えた景色へと到着したようですう。
 
DSCF2435.jpg
DSCF2436.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgそしてコンクリートの階段の先はーーー
 
 
DSCF2437.jpg
琴音アイコン小.jpgおおー! 完全に行き先水没してるっすよ。
 
DSCF2438.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg向こう岸にも同じような構造物があるですね^^
琴音アイコン小.jpgっつーことは?
菅原君アイコン小.jpg恐らく向こうへと続く橋みたいなものがあったんじゃないかな?
 
 検潮所付近には別荘も舟屋も無さそうだし、この橋の向こうに別荘地があって、今いるボクたちの方にヨットや船を係留してたんじゃないかと思うね^^
琴音アイコン小.jpgでもこれ、結構年数経ってるよね?
菅原君アイコン小.jpgんじゃー、いつごろまでこの廃橋があったのか航空写真を見てみるか。
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgそう言って先輩はタブレットをピッポッパ。
 そして見せてくれたのがコチラですう。
油壷検潮所58年.jpg
菅原君アイコン小.jpgこれは昭和52年頃のこの地域の写真なんだがーーー
夕実ちゃんアイコン小.jpg琴音アイコン小.jpg何か橋っぽいのがあるうう!
菅原君アイコン小.jpg検潮所横の桟橋もしっかりしてるよね^^
 そしてこの後の年代だと橋も壊れ、桟橋もみすぼらしい感じに映ってるんだ。
 更にこれより前の時代を見てみたんだがーーー
 戦後からしばらくはこの橋すら見受けられなかった。
琴音アイコン小.jpgんじゃ、昭和中期頃に出来たけど案外短命な橋だったって感じっすかね。
菅原君アイコン小.jpg写真見た感じじゃな。
 
 で、どうする?
 このまま先を目指すか?
2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgもういいですw
菅原君アイコン小.jpgだよなw んじゃー次を目指そうか^^
 
DSCF2439.jpg
DSCF2441.jpg
DSCF2442.jpg
DSCF2443.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg帰りがけにもう一度旧油壷検潮場を拝んでから、私たちは次の目的地へと・・・
 
 えっと次の目的地ってどこですか先輩夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg
菅原君アイコン小.jpg寿司食いに行くんだよ☆
2琴音アイコン小.jpg待ってました!
菅原君アイコン小.jpgそしてそこから久里浜にある煉瓦に会いに行くぜ!
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで次回はお寿司と煉瓦とそして・・・
 琴音っちが煉瓦の刻印にハマったキッカケの場所へと進みます。
 ではではまた今度、お会いいたしましょうですう(*´д`*)
 

nice!(85)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

第912話 会津喜多方リベンジ編ファイナル☆『煉瓦の記憶(メモリー)』会津若松第29連隊の兵舎跡地ほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『わきゃ・・・土砂降りですう・・・』
 
 会津旅行最終日の朝、前日の深酒でずっしりと重くなってる半開きの私の瞼の視界の先に、
 同室の夕実っちがカーテンの向こうを見てガッカリ顔をしているのが見えた。
 
 エエエ…
 
 今日も昨日に引き続き、Kさんとの会津煉瓦探検!って思ってたのに超絶最悪のコンディションじゃないかー^^;
 
 そこにお兄ちゃんがやって来たのだが、その表情はとってもしぶーい顔^^;
 色々と協議の結果、
『Kさんとの煉瓦探訪』は丁寧にお断りすることに相成ったのでありやす(残念無念)
 
『早めに会津地方を立つとするか・・・。ん~・・・でもそれまでは2時間半くらいは余裕があるし、雨天だけれど会津若松市内でも散歩してから帰ることにしようぜ^^』とお兄ちゃん。
 
 ---と言うことで最終日は会津若松市のぶらり旅っす。
 
 第911話、会津喜多方リベンジ編ファイナル!
 そこには思いがけない発見も!
第912話・会津喜多方リベンジ編ファイナル!琴音・第29連隊兵舎跡地2.jpg 
 
DSCF2002.jpg
DSCF2004.jpg
 ホテルのラウンジで朝食をとった後早々、若松市内へと飛び出した私たち。
 かなりの雨勢がアスファルトを叩きつけていたんだけど、
 そこは旅慣れたお兄ちゃんと夕実っち。しっかり雨具を用意してたのであるっす(関心関心)
 
『さてですよ~、この後はどこへ行くですか?先輩』と夕実っちがお兄ちゃんに尋ねる。
 私もそう思ってた。
 
『う~んそうだね^^ 前回、琴音と夕実ちゃんが行けなかったお城に行ってみようか^^
 
 それと先ほどKさんに御免なさいの電話をした際に、幾つか若松市内の煉瓦なんかも教わったんだ。
 
 それはお城の周辺にあるそうだし、どう?夕実ちゃん^^』
『わきゃー!賛成ですう^^』
 
 お城と煉瓦かあ。私的に願ったり叶ったりっす(*´д`*)
 断る理由もなくそのプランに乗ることにしたっすよ^^
 と言うかKさん本当にありがとうございました☆
 
 さて、お兄ちゃんを先頭に歩いて行くとーーー
DSCF2007.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!ちょっと素敵なお店発見ですう^^
 
DSCF2008.jpg
菅原君アイコン小.jpg鈴善? 一体どんなお店なんだろ?
 
DSCF2010.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg入り口の煉瓦アーチがとっても素敵ですう(*´д`*)しかも赤瓦付き☆
 
DSCF2011.jpg
琴音アイコン小.jpg古い建物なのかな?見た感じ釉煉瓦っぽいけど。
菅原君アイコン小.jpgどうだろうな。確かにこうやって下から平面を見ると焼過煉瓦っぽくない色むらがあるな。
 
DSCF2012.jpg
琴音アイコン小.jpg結局この時は分からずじまい。
 
 後々調べてみたら・・・
『鈴善煉瓦蔵』と言う鈴善漆器店の建物らしいっす
(天保3年創業の会津漆器の老舗。会社としては昭和20年設立。職工機械製造や軍需木工品製造なども手掛けた凄いとこ。
 この煉瓦蔵自体の詳細年代は分からないけれど大正~昭和の間のようです。
 資料館やギャラリーとして建物を保存。
 私たちが今見ている煉瓦の建物はその中の一部『たい夢会津総本店』って言う飲食店として使われている???)
 
 さて会津若松駅から歩くこと20分くらいでKさんに助言された場所にやってきたんです^^
 
 お兄ちゃんは意気揚々と『この小学校を取り囲む煉瓦塀は歴史も古くてネット検索でもヒットする有名所だよな^^』とわたし達に振り返ったんだけどーーー
DSCF2014.jpg
DSCF2016.jpg
菅原君アイコン小・汗.jpgん?あれ? ・・・なんか・・・古い感じしないなあ^^;
琴音アイコン小.jpg一部分だけ古めかしい感じの煉瓦塀はあるっすけど、その殆どは比較的イマドキ煉瓦ちゃんじゃね?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこれはどういうことなんでしょうかですう^^;
 
 
琴音アイコン小.jpgこれも後々分かったことなんすが・・・
 
 まずはこの小学校から説明いたしやす。
 この小学校は『会津若松市立鶴城小学校』
 
 明治6年創設と言う日本屈指の歴史ある学校っす^^
 大正期にはこの小学校のシンボルとも言える煉瓦塀が周りを囲いました。
 
 ですが平成28年、校舎ならびに他施設の老朽化の全面改築により煉瓦塀も改修されたようっす^^;
菅原君アイコン小・汗2.jpgくそ・・・もっと早くここへと来たかった・・・
琴音アイコン小・感涙.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそれを言うなら私たちもですよ。
 だって、前回、会津に来た時にここに来たならば古きゆかしき鶴城小学校の煉瓦塀を見れたはずですからね^^;^^;
琴音アイコン小.jpgさて、お兄ちゃん曰く『この近くにも有名煉瓦物件あるから・・・あるはず^^;』と、なんとも頼りげの無い声で私たちをもう一つの物件へと案内してくれた。
 
 けどお・・・ 
DSCF2024.jpg
DSCF2025.jpg
DSCF2027.jpg
DSCF2026.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgもしかして・・・この煉瓦の門柱だけ?
菅原君アイコン小・汗.jpgお、おう・・・^^;
2琴音アイコン小.jpgこれだけかよ!
菅原君アイコン小.jpgここは会津若松第二中学校の煉瓦の門柱って言うとこだ。
 これしか無い・・・これだけだけど、結構歴史のあるものだったりする。
夕実ちゃんアイコン小.jpg古い学校とかなんですね!ここも。
菅原君アイコン小.jpgいや、ここが開校したのは1947年だ。
2琴音アイコン小.jpg昭和じゃねーか!
菅原君アイコン小.jpgまあーそうなんだが、この門柱はもっと以前のものなんだ。
 かつてこの会津若松には歩兵第29連隊と言う陸軍が駐屯してたんだよ。
 この門柱は29連隊の名残とも、65連隊の名残では?とも言われている。
 
 65連隊は29連隊と共に明治40年に仙台市中心に発足した歩兵部隊。
 特に第29連隊が大正14年からこの会津若松市へと駐屯するんだ。
 この地から兵隊さんは出兵・帰還を何度も繰り返しそしてーーー
 1945年、終戦。軍旗奉焼をし解散することになった。
 
 これは学校の沿革なんだがーーー
wakamatuNO2.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg29連隊の兵舎を改装してって書いてあるですね。
菅原君アイコン小.jpgそうなんだよ夕実ちゃん。第29連隊の兵営地であったこの辺りは終戦間もなく学校や別の物へと使われたんだ^^
琴音アイコン小.jpg1947年に学校開校って、終戦からほんとちょっとしか経ってないじゃん。しかも最初は他の学校を間借りしてたんすね。
 
菅原君アイコン小.jpgんで、こっちが終戦翌年の航空写真をカラー化したやつだ。 
ダウンロード (1).jpg
ダウンロード.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgすごく広いですね。
菅原君アイコン小.jpg練兵場とかもあったしね。兵舎とか戦後のお金ない時代には仮校舎としてもうってつけだったわけだよ^^
 
 でもそれも時代を経て名残を失っていくわけ。
 そして残ったのがこの『煉瓦の門柱』ってことなんだ。
夕実ちゃんアイコン小.jpgなんかちょっと切ない・・・
菅原君アイコン小.jpg残ってるだけマシと思うしかないかな^^
 
琴音アイコン小.jpg・・・
菅原君アイコン小.jpgん?どうした琴音。
琴音アイコン小.jpgいや~探せばまだまだ痕跡って残ってるんじゃないか思ってさ。
菅原君アイコン小.jpg残念ながら建物として現存するのはこれだけらしいぞ?
琴音アイコン小.jpgそれでもちょっと探してみたいっす。お願いっす!
菅原君アイコン小・汗.jpgそこまで言うなら・・・
夕実ちゃんアイコン小.jpgかくして私たちは琴音っちのわがままを容認。これ以外の第29連隊の名残を探してみることにしたのですう^^
DSCF2029.jpg
DSCF2030.jpg
菅原君アイコン小・汗2.jpgやっぱり何もないなあ。そもそも跡地は学校と、この古めかしい集合住宅がほとんどだし^^;
夕実ちゃんアイコン小.jpgこの学校裏手にある団地も跡地なんですか?
菅原君アイコン小.jpg地図で見る限りじゃ兵舎があった場所と被ってるね^^
 とは言え・・・何もないんじゃねーか?琴音^^;
琴音アイコン小.jpgん? ちょ、ちょっと待ってよお兄ちゃん!
 この団地の庭先に煉瓦が結構散見するよ!!??
DSCF2031.jpg
DSCF2032.jpg
菅原君アイコン小.jpgお、マジか。しかもモルタルついてたりして、昔、煉瓦の何かの建物があったんじゃないかって臭わせるな!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg住宅の煉瓦塀とかじゃなくて?
菅原君アイコン小.jpgこの団地もかなり古い。年代別航空写真を見た感じだと戦後~現在まで団地以外が建ってた形跡は無さそうだし・・・もしかしたら!?
2琴音アイコン小.jpgそんなことはいいのだ!早速煉瓦の調査を開始するっす!
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで私たちは団地の側溝周りや庭先にある煉瓦を見て回ることになったとですう。
 
 するとーーー
 
 
DSCF2033.jpg
DSCF2034.jpg
菅原君アイコン小・汗.jpgげ! これは・・・見えにくいけど『品川耐火煉瓦』の白煉瓦じゃねーか!
夕実ちゃんアイコン小.jpg古そうな感じですけど、品川耐火煉瓦ってこんなとこにもあったりするのですか??
菅原君アイコン小.jpg実はね夕実ちゃん。 福島県ってのは『耐火煉瓦製造が盛んだった』場所でもあるんだよ^^
 品川白煉瓦㈱ってのは大手も大手で、全国にいくつか工場を建てたんだ。
 明治26年の福島県小名浜支工場を母体に、明治38年に福島県に湯本工場って大きな工場を建ててるんだよ。
 
 この型は旧時代の品川さんの煉瓦。もしかしたら兵営地の建物に使われていた物の残骸を庭先に拝借したとかじゃないかなあ^^
 
琴音アイコン小.jpgえ!? ええっ!!!???
菅原君アイコン小.jpgどうした!?どうした!?
2琴音アイコン小.jpgこれヤバくね?
DSCF2036.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!? あ~刻印ですう(*´д`*)
 ひし形にSSってことは同じく品川耐火煉瓦さんですよね?
 今まで割と見てきましたけどどうしたですか? 琴音っち^^
2琴音アイコン小.jpgいや・・・だって!赤煉瓦の『ひし形SSの刻印』って初めて見たもん!
菅原君アイコン小.jpgそれがほんとだったら超レアだな!(※品川耐火煉瓦では赤煉瓦も作っていたデータもあるのだけど、現存したものはほとんど見かけないのである)
 でも琴音? こっちのを見るとーーー
DSCF2037.jpg
琴音アイコン小.jpgあれ?『ひし形にTS?』もしかしてさっきのも擦れてただけでこれと一緒なのかな???
夕実ちゃんアイコン小.jpgこのTSって刻印は?
菅原君アイコン小.jpgうーん・・・分からないね^^; とは言えこのTSの刻印の『T』の部分と琴音の見つけた『SSの擦れたS』の部分は若干違うようにも見れるな(Sのように丸みを帯びたフォントだし)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!?こっちにも発見ですう(*´д`*)
 これは馴染みのあるあれですね!
DSCF2038.jpg
DSCF2039.jpg
菅原君アイコン小・汗.jpg琴音アイコン小・感涙.jpgじょ!上敷免製!!!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgえ?なんでそんなに驚いてるですか???
 日本煉瓦製造㈱って言う明治期からあった日本の巨大煉瓦製造メーカーさんのよく見かける刻印じゃないですか^^;
2琴音アイコン小.jpgいや、だって!
菅原君アイコン小・汗.jpgこんな明治期にしか打たれなかった刻印がここに散乱してるってことは・・・
 しかも福島県にってことは・・・
 
 かつてここに『古い煉瓦の構造物があった証明』ってことなんだよ夕実ちゃん。
 時代とか考えても『かつて第29連隊の兵舎とかに使用されていた煉瓦』の可能性が大きく広がったわけだよ。
 
 その上ーーー
琴音アイコン小.jpg昔、日本煉瓦製造㈱で働いていたオジ様とお話させてもらったんだけど、上敷免製の刻印煉瓦の北限(つまりは流通限界)ってよくわかってないって聞いてたんすよ。
 でもこれで少なくとも福島県までは流通してたってことが見えてきたわけっす。ま、軍需としてだけど。
夕実ちゃんアイコン小.jpgもしかして・・・結構な発見?
菅原君アイコン小.jpgそうだね^^
 これだけ古い年代の煉瓦が戦後に趣味や悪戯でここに持ち運ばれたって考えるには無理があるし、かつての軍部がどこの煉瓦製品を使っていたか仕入れていたかって分かる貴重なことだと思うよ^^
夕実ちゃんアイコン小.jpg探せばあるんですね。痕跡。
琴音アイコン小.jpgしかも煉瓦の刻印からっすもんね。
菅原君アイコン小.jpg煉瓦ひとつとってもそこから歴史が紐解ける可能性あるんだから面白いよな(*´д`*)
DSCF2040.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg他にはもう少し見やすい品川耐火煉瓦さんの煉瓦さんなんかもありましたです^^
 思わぬ貴重な発見に菅原兄妹も至極ご満悦ですう。
 
 雨も止み、この後はお城見学へと行きましたです(ってゆーか、すぐ横ですもんお城w)
 
DSCF2044.jpg
DSCF2063.jpg
DSCF2064.jpg
DSCF2065.jpg
DSCF2066.jpg
菅原君アイコン小.jpgよし、帰ろうか。
琴音アイコン小.jpgそうっすね。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg何でよ!もっと鶴ヶ城を語ろうですよお!
菅原君アイコン小・汗.jpgだってよくよく考えたらさあ・・・
 ボクたち、高校の修学旅行でここに一度来てるじゃん。
2琴音アイコン小.jpgすっかり忘れてましたテヘ(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg確かに学生時代はまるで興味もなくここに来てましたですね(バスで延々と白虎隊の映画を見せられた記憶が蘇る・・・)
DSCF2057.jpg
DSCF2058.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgとりあえず位置ゲー『レキシトコネクト』のお城コンプっす(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgもしかして・・・それだけの為にここへ来たんじゃ・・・^^;
 
DSCF2069.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgちなみにここ鶴ヶ城(会津若松城)にも石垣刻印があるらしいので探してみたけれど見つからなかった模様。
 皆で缶チューハイで祝勝を上げて帰途に就くことにしましたです(何の祝杯なんだか・・・)
 
DSCF2074.jpg
DSCF2075.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg西若松駅まで歩いて乗り継ぎの電車のチケットを購入(何か1の付く日だったようで割引になってたよ♪)
DSCF2076.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg会津田島からは再び新型特急リバティで帰ることに(*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgリバティで帰る前に田島でお酒のおつまみ買ってこうっす!
 
DSCF2078.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことで帰りの酒宴の為に駅売店で購入してきたのがこちら^^;
 
DSCF2079.jpg
DSCF2080.jpg
DSCF2081.jpg
DSCF2082.jpg
DSCF2083.jpg
DSCF2084.jpg
DSCF2085.jpg
DSCF2086.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgこれが大当たり☆ この、おふくろ弁当お薦めですう(*´д`*)
 南会津の郷土料理詰め合わせなんですがとっても美味しかったですよ☆
 
 ソースかつも喜多方ラーメンも食べれませんでしたが、最後の最後に美味しいものに出逢えました♪(数量限定)
 
2琴音アイコン小.jpgさて次回はこのメンバーで引き続き『伊豆への里帰り』の物語っす!
菅原君アイコン小.jpg天城の山中に煉瓦求めてリベンジだよな^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgそれは日本にある世界文化遺産の一つを造った『構造物』
 旅のお供の新アイテムなんかも登場!
 山登りに沢の清水と盛りだくさん!
 
 気になる方はぜひお待ちくださいね^^
 ではではまた今度お会いできることを楽しみにしていますですう(*´д`*)
 

nice!(88)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

第911話 会津喜多方リベンジ編☆山都駅油庫・喜多方市の煉瓦構造物『あなたはどの煉瓦蔵が好き?』磐越西線の煉瓦たちほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『皆さんに見てもらいたい煉瓦がたくさんあるんですよぉ~^^』
 
 Kさんからの願っても無いお誘いに、私たちは意気揚々と車に乗り込んだのですう(お姉さまからはお水を何本かいただいた)
 先輩に聞けば取り立てて今日の予定は無かったみたい。
 琴音っちに至っては『三津谷の登り窯見学が今日のメインイベントでこれ一本だったから他は何にも考えて無かったっすw』だってー^^;
 
 でもこんな機会滅多にないですよね?
 そこまで煉瓦に興味ない煉瓦サークル部長の私でもワクワクする出来事でしたですよ^^
 
 さてこの後はたくさんの煉瓦さんを見せてくださったのですがーーー
 前半と後半でガラリと変わりますう。
 ではでは第911話スタートするですよー(*´д`*)
第911話会津喜多方リベンジ編・山都駅夕実ちゃん2.jpg
『まずは喜多方市内の煉瓦蔵達を見てください^^ あ、一応ちょいのりさん(琴音)が前回訪れてないとこを周りますから☆』
 
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgキャー!抱いてー!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこらこらこら^^;
菅原君アイコン小・汗2.jpgすみません・・・Kさん^^;
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさてここからは喜多方の未だ見ぬ煉瓦蔵さん達をたくさん見せて頂くことに。
 
 すると琴音っちがーーー
2琴音アイコン小.jpgどうせなら『どの煉瓦蔵が一番いいか(欲しいか)決めようぜ!』
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgって言いやがりましたです。でもまあそれも面白いかもね^^
 
 ---車に揺られて数分で
DSCF1933.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg最初のお宅にやってきましたよ^^
琴音アイコン小.jpgうおー!蔵と言うか素敵な・・・煉瓦の長屋門???
夕実ちゃんアイコン小.jpg長屋門?
菅原君アイコン小.jpgお屋敷を囲う長屋に門を付けたものだよ夕実ちゃん。ここは~母屋と繋がってそうだし、ちょっとそれとは違うかもだが^^
DSCF1934.jpg
琴音アイコン小.jpgん?よく見ると元々屋根だったようなラインが見えるっす。
菅原君アイコン小.jpg出っ張りの玄関でもあったのかな?
夕実ちゃんアイコン小.jpgとは言えお洒落なとこですね^^
 
『このお宅はですね、門の向こう側にも煉瓦があるんですよ、ホラ^^』
 そう言うKさんの指先をなぞるとーーー
DSCF1935.jpg
2琴音アイコン小.jpgふおおおおお!素敵な煉瓦の小屋ちゃーん(*´д`*)
菅原君アイコン小.jpgしかも軒下の煉瓦が鋸の歯みたいな雁木積みかあー(洒落てる!ってか、お金掛かってるよね絶対w)
2琴音アイコン小.jpg私的にここが今日一番の煉瓦蔵っすね(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg菅原君アイコン小・汗.jpg早いなアンタw
 
『まあまあまだまだありますからね^^ 次に行きますよ☆』
 ---と言うことで次の物件へと向かいましたです。
DSCF1936.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!ここも素敵です☆
菅原君アイコン小.jpg赤瓦に赤煉瓦!腰回りは釉薬煉瓦のコントラスト。ここもいいなあ~(*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgでもさっきのがいいもん!
 
『はいはい・・・^^; では次に行きましょうね』
DSCF1937.jpg
菅原君アイコン小.jpgおお・・・ここはシンプルだけどいいねえ~!
DSCF1938.jpg
2琴音アイコン小.jpg窓枠の煉瓦アーチにプチ要石が入ってるだなんて凝ってるなあ(*´д`*)
DSCF1939.jpg
DSCF1940.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgしかもさっき先輩が言っていた雁木積みですよ^^
菅原君アイコン小.jpgオレ的にはどれも甲乙付け難しってところかな^^
2琴音アイコン小.jpgでもやっぱり最初のがいいもん!
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg差をつけるにはどれもこれもが魅力的で決まらない感じですね^^
 どれ一つとっても同じ煉瓦蔵が無いのが特徴です。
 なんせ会津の男たちは40代までに蔵を建てられなきゃ一人前じゃないとまで言われていたそうです。
 蔵一つとっても、そこに個性とプライドがあるのではないでしょうか?ですう^^
DSCF1943.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgさてさて次に出向いたのは立派な煉瓦煙突がある大きなお屋敷の裏手です。
 
DSCF1944.jpg
菅原君アイコン小.jpg煙突があるってことは・・・煉瓦工場・・・いや、酒蔵かな?
 
『半分正解~かな^^ ここは甲斐本家蔵座敷と言いまして味噌醤油・製糸業で財を成した喜多方でも特に有名な観光スポットなんですよ。
 元々は酒造業が出発点でした^^
 
 おや?
 時間があったら中の見学も出来たのですが・・・』
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg時計を見やるKさんを見て、皆ふと我に返るのです
琴音アイコン小.jpgえ?あれ??もう4時過ぎじゃん!
菅原君アイコン小・汗.jpgほんとだ。こんな時間になってるだなんてまったく気づかなかったよW
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgそれだけ夢中になってたってことなんでしょうね^^ 私だってお腹がすくのを忘れてたくらいでしたし(ランチ食べてないねそう言えばw)
 
 さてと甲斐本家蔵座敷の内観はいつの日かまたお邪魔することにして外から見ることになりました。
 そこにはやっぱり煉瓦さんがたくさんあったのですう^^
 
DSCF1945.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!?棟瓦の下がラーメンの丼のマークっぽいですう^^
琴音アイコン小.jpg千葉県印西市の大森鳥見神社の玉垣の煉瓦ちゃんを思い出しちゃうね~⇒第859話
DSCF1946.jpg
菅原君アイコン小.jpg鬼瓦も立派なもんだ^^
 
『さて皆さん^^ ここは特に裏手側が煉瓦塀となっているのでそこにも注目ですよ☆』とKさん。
DSCF1947.jpg
DSCF1948.jpg
DSCF1949.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgそこには立派な煉瓦塀が座敷蔵をコの字に覆ってたのですう^^
 
『さて次の場所への時間もあるのでここで一端、喜多方市の煉瓦蔵は終わりですがいかがでした?^^』
 
2琴音アイコン小.jpgやっぱりここが一番かな!
菅原君アイコン小・汗.jpgなんでだよ!一番最初に見たやつじゃねーのかよ^^;
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgやっぱり村一番のお金持ちの煉瓦ちゃんは別格だもの(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg菅原君アイコン小・汗2.jpg現金な奴め・・・^^;^^;
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg私的には甲乙つけ難しなんだけどお、明るい感じの②番目の煉瓦蔵が素敵でしたよ^^
 
 さてここからは喜多方市中心から離れ郊外へとKさんの車は走り出します。
 周りを見やれば田園風景。
 
 ふと道中ポツリと先輩が呟いた。
菅原君アイコン小.jpg(この先にあるのは・・・恐らく磐越西線絡みの煉瓦構造物・・・)
琴音アイコン小.jpgん?何か言ったお兄ちゃん。
菅原君アイコン小.jpgあ?あ~なんでもないぞ。どこに連れてってくださるか楽しみだな^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩は琴音っちに何でもないよと返したけれど、どうやら先輩的に気になっていたとこみたい。
 
 ---やがてKさんの車は、
 なだらかな平坦地と山の境目、つまりは会津盆地のきわへとたどり着いたのですうーーー
松野隧道付近3d.jpg 
『ここです^^ ここに磐越西線の煉瓦があるのですよ』とKさんが車を止めたその先にはーーー
  
DSCF1950.jpg
2琴音アイコン小.jpgうひょー!煉瓦のカルバートっすね(*´д`*)
菅原君アイコン小.jpgキターーー(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgあのー・・・早くしないとKさんがどんどん先に行っちゃいますよw
(カルバートの向こう側にはもうKさんが居ます)
DSCF1951.jpg
2琴音アイコン小.jpg三重の巻き煉瓦ちゃんに~
DSCF1952.jpg
菅原君アイコン小.jpgイギリス積みの腰巻☆
DSCF1953.jpg
2琴音アイコン小.jpg隅石もカックイイね!
DSCF1954.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!車一台がやっとですう^^
DSCF1955.jpg
菅原君アイコン小.jpgん?中の煉瓦はーーー
琴音アイコン小.jpgところどころ白華してるね。
夕実ちゃんアイコン小.jpg白華???
菅原君アイコン小.jpg煉瓦なんかは気候や年月によって白むことがあるんだよ^^
 煉瓦内部のカルシウムやアルカリ成分が水に溶けだして煉瓦表面を結晶化したりするんだ。
 それは白華現象って言うんだよ夕実ちゃん^^
 特に寒かったり湿気が多いとこんな感じになったりするんだよ。
夕実ちゃんアイコン小.jpgへえ~、会津地方の真冬の厳しさとかも関係してくるんですかね。
 
 さてこの後はKさんと一緒に煉瓦を直に触って色々と談義しましたです。
DSCF1957.jpg
DSCF1958.jpg
琴音アイコン小.jpgKさんKさん!ここの煉瓦も樋口窯業さんのなんですか?
 
『うーん・・・うちの製品にも似てる部分もあるのですがどうでしょうか^^;
 磐越西線に使われた煉瓦たちが全てうちの製品かと言われれば・・・そうではないようですし。
 実際、かつて喜多方には4つほど製造所や工場があったそうですしね^^』
 
菅原君アイコン小.jpg勉強になります!^^
 う~んそうだよな。実は樋口さんだけでは無いような気もしてたんですボクは。
 樋口さんの生産高と磐越西線建築に必要な煉瓦数はイコールでは無いと思ってたので。
 
 例えばーーー年代は違えど会津も含め福島県ってのは大正8年頃にはなんと大小36戸の煉瓦工場があったそうだ(従業員は全体で320人ほど)
夕実ちゃんアイコン小.jpg福島県って意外と煉瓦工場や製造所が多かったんですね(多かった。また耐火煉瓦も多かったりする)
琴音アイコン小.jpgっつーことは刻印見っければいいんじゃね?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg確かに刻印があれば・・・どこの製品だか一発で分かるのですが・・・
 基本、この手の鉄道系煉瓦構造物は煉瓦の刻印が見えそうな平面など絶対見せない鉄壁な造りなのを散々学びましたよね^^;
 
 この後、菅原兄妹は煉瓦刻印探しーーー
菅原君アイコン小・汗2.jpg琴音アイコン小・感涙.jpgやっぱみつからねー
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg時間もあまりないし、やっぱり鉄壁と言うことで刻印は見つからなかったようですう^^;
(※関東東北は特に鉄壁。関西とか九州地方は煉瓦の小口面に刻印を打つことが多々あるので見える部分にあったりするのですが)
 
 さてっと、Kさんに言わせると『この先にも見せたいものがあるんですよ~^^』とのこと。
 と言うことで再びKさんのお車に飛び乗って先へと行くことになったですう^^
 
DSCF1961.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!線路沿いの道をグングン進むですう^^
菅原君アイコン小.jpgお!これはもしかして・・・
琴音アイコン小.jpgもしかして??? 
DSCF1962.jpg
菅原君アイコン小.jpgもしかしたらば・・・廃線区間を今走ってるんですよね^^
 
『そうです^^ ここは磐越西線の旧線跡を走ってるんです。
 もうすぐ見えてきますよ☆
 その証拠が^^』
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg廃線区間?って最初は驚きましたです。しかも現役の磐越西線と並走してるかのような今走ってる何でもない脇道が???って。
 
 でもその答えはすぐに出たのですう^^
DSCF1963.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg先ほどの煉瓦のカルバートからちょっと先で、磐越西線と並行していた脇道が微妙にズレだしたところ、
 なんと目の前の山肌にポッカリとお口を開けてる空間が見えてきたのですよ!
琴音アイコン小.jpgうはー!マジっすか!
 れ、煉瓦ちゃんのトンネルやんっ!!!(*´д`*)
 
『では早速、行きましょうか^^』
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgアハハ・・・凄い藪ですう・・・^^;
 
DSCF1965.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgKさんや先輩に熊笹を踏み抜いてもらってなんとかトンネル前まで到着。
 するとそこは煉瓦の立派なトンネルだったのですう^^
 
DSCF1966.jpg
菅原君アイコン小.jpg一応・・・中には入れないようにコンクリで塞いであるのか(ただし、恐ろしいほど壁は低い)
 
DSCF1967.jpg
DSCF1968.jpg
DSCF1969.jpg
2琴音アイコン小.jpg5重巻き建てのアーチが重厚っすね(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpg煉瓦の風合い的に樋口さんとこのじゃないのでしょうか?
『どうなんでしょうね^^ うちのだったら嬉しいですが。
 では中も見ます?』
菅原君アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgはいはい!行きたいです☆
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことでちょっとだけ(?)中を見ることになったですがーーー
 
DSCF1970.jpg
琴音アイコン小.jpgえっと・・・
DSCF1971.jpg
菅原君アイコン小・汗.jpg凄いドロドロですねKさん。向こう側まで^^;
DSCF1972.jpg
『・・・やめておきましょうね^^;』
 
琴音アイコン小・感涙.jpg菅原君アイコン小・汗.jpgはーい^^;^^;
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgどこからか水が浸入してるのかトンネル内は結構な深さの泥濘。流石に装備もしてないし(サンダルです)諦めることになったとですう^^;
 
 さて次へと向かう際にこのトンネルの脇道を通ったのですが。
 ドロドロの原因が分かったのです(ただし写真なし)
琴音アイコン小.jpgあれ?なんか池みたいになってる。
 
『そうなんです。あのトンネルの続きであろう場所が点々と沼地みたいになっているでしょ?
 恐らく崩落や陥没したトンネル内に水が入り込んであんなドロドロになったんだと思います^^』とKさん。
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさてこれは帰ってから調べたことなのですがーーー
土木学会誌第3巻第5号松野隧道崩落概況一部.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg旧岩越線つまりは磐越西線のこの区間が開通したのは明治43年(1910年)
 それが8年後の大正6年(1917年)に地すべりによってトンネルが崩落する事故が発生したのです。
 
『松野隧道(トンネル)崩壊事故』
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg喜多方~山都区間はこの事故によって約一年間も不通になったそうです。
 当時、東京から新潟へ抜けるルートは信越本線しかなく期待されていた(と言うか大活躍)磐越西線の一年もの不通は経済や流通に非常に深刻なダメージを与えたそう。
 
 最初は松野隧道の復旧に奮起したものの、御覧のとおり地質の悪さに復帰は断念、すぐ脇に迂回ルートを急ピッチで作ることになります。
DSCF1974.jpg
DSCF1975.jpg
DSCF1977.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgこちらは現役線の慶徳隧道。
 元々は松野隧道の出口と対になっていたトンネルなのですが、
 松野隧道廃止と共に旧慶徳隧道の東口200メートルほども破棄。
 え?何を言ってるかよく分からないって???
 
 つまり簡単に言うと『付け替え線の為に慶徳隧道の入り口から200メートル部分を新たに新設』したってことです。
 復旧は一年後の大正7年(1918年)
 工期がとても短いのに立派な煉瓦造りです!昔の人は恐ろしい(賞賛)
夕実ちゃんアイコン小.jpgちなみに現役の慶徳隧道の坑口200m付近(?)には、今もなお旧時代の慶徳隧道と繋がる部分が残存してるそうですよ^^
(真っすぐだった慶徳隧道はその旧線とぶつかる辺りでかなりのカーブを描いてます)
 
琴音アイコン小.jpg説明ありがと夕実っち。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgどういたしましてですう^^;
 さてこの後はKさんが時計を見ながらも最後の場所へと連れて行ってくれましたですよ^^
 
 やって来たのは磐越西線の駅『山都駅(やまと)』
 そこにはこんな素敵な煉瓦さんがいらっしゃいました^^
DSCF1980.jpg
『磐越西線の煉瓦と言ったらここもご披露しないとと思いましてね^^』とKさん。
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpg菅原君アイコン小.jpg実は来たかった場所でしたw
夕実ちゃんアイコン小.jpgこれってもしかして・・・ランプ小屋とかいうやつですか?
菅原君アイコン小.jpgお、夕実ちゃんもだいぶ分かって来たね^^
 
 そう、ランプ小屋とか危険品庫とか油庫とか言う保線の油などを保管しておく倉庫だね^^
 
『ここは山都駅油庫と言います^^』
 
2琴音アイコン小.jpgでは早速刻印探しに行きやすよ!
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことでやっぱりいつものですうw
 今回はKさん共々刻印探しをすることになりましたよ^^
(Kさんは小型のライト持参でやる気満々) 
DSCF1981.jpg
琴音アイコン小.jpgうは!軒下煉瓦ちゃん一杯で良いね(*´д`*)
DSCF1982.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg小さい建物ですけど小窓がお洒落に感じますう^^
DSCF1983.jpg
菅原君アイコン小.jpg中はどうなってるのかな?
琴音アイコン小.jpg今でも倉庫代わりに使われてるっぽいね。
DSCF1984.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg積み方はイギリス積みですう^^
DSCF1985.jpg
琴音アイコン小・感涙.jpgうーん・・・でもそれっぽいのもないなあ・・・^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgどうやら油庫の外壁3面は刻印らしいものは無いみたいです。
 残りは駅のホームからしか見えませんね^^;
琴音アイコン小.jpgあれ?そういえばKさん今何時ですか?
 
『もうすぐ6時ですね^^ ・・・ってあれ? 皆さん今日の宿泊はどこでしたっけ?』
 
菅原君アイコン小・汗.jpgそう言えばオレらは会津若松のホテル予約してたんだった^^;
 
『それでしたらこの山都駅でお別れと言うことにいたしましょうか^^ ここから乗れば電車一本ですし』
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgなんと何だかんだで5時間近くもKさんにお世話になっていたようです。ありがたいことですね^^
 
 と言うことでここでKさんとお別れすることになったのですが、
DSCF1987.jpg
DSCF1988.jpg
DSCF1989.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgKさんと一緒に最後にホーム側の煉瓦の刻印探しをすることにしましたよ^^
 
DSCF1990.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgするとKさんがーーー
 
『これ、ちょっと怪しくないですか?ここここ!^^』とライトの光を当てるのです。
琴音アイコン小.jpg菅原君アイコン小.jpgどこですどこです?お!
 
DSCF1991.jpg
DSCF1992.jpg
2琴音アイコン小.jpg刻印のような刻印じゃないようなw
菅原君アイコン小.jpgなんかの窪みかな?
 
『そうですね~、もしかしたら焼成時に付いた煉瓦を支えた部分の跡とかもしれませんね^^』
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言ってもちょっとした変化が最後に見られて良かったような気がしてます^^
 
 さて電車もやってきました。
 ここでKさんからの嬉しいお誘いがもう一個。
 
『これ私の名刺です。もし明日予定が無ければ引き続き色々とご紹介しますよ^^
 行きたいところがありましたら言ってくださいね^^
 では☆』
 
琴音アイコン小・感涙.jpg何から何まですみませんKさーん(T_T)
菅原君アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgありがとうございました☆
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgまさかこんな喜多方旅行になるとは思ってもいませんでしたね^^
菅原君アイコン小.jpgんじゃー若松についたらパーッといこうかパーッと(*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgそう言えばランチも食わずに夢中だったっすw
夕実ちゃんアイコン小・ガルルルル.jpg飯くわせー!
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさあ~若松駅に着くなりホテルに駆け込みちゃちゃっと身支度整えて夕ご飯を食べに出かけましたよ^^
DSCF1993.jpg
2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg菅原君アイコン小.jpgかんぱーい(*´д`*)(*´д`*(*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgかあああああああああああああー!
 空きっ腹にキンキンのビアーで胃が燃えるようにあつい!
 でもさいこーです!!(*´д`*)
DSCF1994.jpg
DSCF1995.jpg
DSCF1996.jpg
DSCF1997.jpg
DSCF1998.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgその後は次々に思い思いの物を注文。
 中でも美味しかったのが馬レバー刺しでしょうか(*´д`*)
琴音アイコン小.jpg馬はレバ刺しOKなんすね。
菅原君アイコン小.jpgいいじゃないか。オレは牛豚のレバ刺しが禁止になっちゃったからどんなに感動してるかお前らには分からんだろw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg先輩、レバ刺し大好きでしたもんね^^;
 
 この後は、ランチの分も取り返す勢いで大酔っ払いの皆でしたですw
 さてーーー
 明日はどんな旅になるのか?
 
 まさかあんなことになるなんて・・・(次回会津喜多方リベンジ編ファイナルです!)
 

nice!(80)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

第908話 加賀の都の煉瓦奇譚編☆ファイナル『すごいぜ!手取川さん☆』七ヶ用水給水口・金名線跡・福岡第一発電所ほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『ガタンゴトン・・・ガタンゴトン・・・ふわわわァ・・・』
 
 北陸鉄道石川線のワンマン列車が奏でる枕木を打つリズムに誘われ、
 早起きした私たち三人は幾度となく大あくびをするのだ。
 
『なんで電車のガタンゴトンって心地よいんですかね?』と私は琴音先輩になんとなーくふってみた。
 私は科学的なと言うか、せめてウィキペディアくらいな答えを待ったのだ。
 
 すると彼女は眼をゴシゴシしつつもこう答えるのだった。
『マジでさ、うつらうつらしちゃうよねこのリズム☆ 正直、私たちと一緒に乗り合わせてる学生さんたちが寝過ごさないか心配っすw』
 
 ・・・なんだかとっても答えになってない返事が返ってきた^^;
 
 でも、周りを見やればいつの間にか大勢の通学の学生さんたちに囲まれていた。
 旅人には窮屈なくらいw
 
 正直、朝早くならローカルもローカルな路線でがらんがらんだと思っていたからちょっとドギマギ居心地悪いかもですよんw
 
 ーーー彼、彼女らの会話が否応なしに私たちに聞こえてくるんだけれど、
 アニメ・ゲーム・昨日のテレビの話、ニュース・先生の話、恋愛話etc
 
 かつて私たちが通学の電車内で友達たちと交わしたたわいもないコミュニケーションと何も変わってないんだなあ~って少しばかりニンマリしちゃうのだった^^
 彼女たちの手には携帯やらスマフォやらもあるのだけれど、
 話すことはやっぱ変わんない。
 アイテムは変われど会話ネタって変わんないんだよね^^
 
 ふと、夕実ぶちょーが車窓を指でなぞりつつ『わきゃー!なんか金沢市とは別世界ですう☆』と外の世界を指さすのだ。
 ・・・わあ。
 昨日までいた金沢市とはほんとに別物。
 雪の演出も相まってかその景色に私は思わずホッペを冷たいガラスに寄せて向こうの世界に引き込まれてしまった。
 
 第908話、最後の舞台は金沢市の隣『白山市』
 雪と煉瓦と命の水の物語、スタートですよん^^
第908話・加賀の都の煉瓦奇譚編☆ファイナル・ルカちゃん・北陸鉄道ほか2.jpg
DSCF1406.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてやって来たのは終点『鶴来駅(つるぎえき)』ですよん。
夕実ちゃんアイコン小.jpg渋い駅舎ですう^^
DSCF1407.jpg
DSCF1408.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg先輩、この後はどちらへ?
琴音アイコン小.jpgそうっすね。じゃ~この地図を見てくんしゃい。
北陸鉄道石川線.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgこれは今乗ってきた北陸鉄道石川線ですよね?
2琴音アイコン小.jpg実はこの鶴来駅の先に用事があるのだ(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそれって結構遠い?
琴音アイコン小.jpg地図で言ったらこんな感じかな?
名称未設定 4.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgえっと・・・
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg勿論バスかタクシーですよね?
琴音アイコン小.jpgバスもあるっちゃあるんすが・・・
 今は橋の工事とかで途中で迂回しちゃうんすよ(当時の話)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgええー・・・あるきー・・・^^;
2琴音アイコン小.jpgいいじゃない!
 しかもこの鶴来駅ってかつては終点じゃなかったんすよ?
ルカちゃん・アイコン小.jpgもしかして・・・廃線?
2琴音アイコン小.jpgそう、ここからは能美線と金名線ってのが続いてたんす^^
(※能美線・のみせん:1925年開業1980年廃止)
(※金名線・きんめいせん:1926年開業1987年廃止)
琴音アイコン小.jpg今回は金名線跡を見ながらも目的の煉瓦ちゃんまで雪中行軍っす(*´д`*)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgなんともはや・・・
 まさか廃線跡を拝まされるとはですよん^^;
 先輩が言うには金名線跡を辿れば自ずと目的地へとたどり着くとのこと。
 では行きますかねw
DSCF1409.jpg
DSCF1410.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgこうやって見ると、この先もレールがありますですね。
ルカちゃん・アイコン小.jpgじゃあこの先はーーー
DSCF1411.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgあらー、ほんとに廃線だ。
 
DSCF1412.jpg
2琴音アイコン小.jpg私っち的には、ここを歩きたいんだけど(最短距離だしねw)
 モラル的にやめておきやす(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg当然ですう^^;
DSCF1413.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて、線路を見ながら進んでいく私たち。ふとここで整備された河川にぶち当たりました。
夕実ちゃんアイコン小.jpgこれが有名な手取川ですか?
琴音アイコン小.jpg有名? あ、お酒ねw(夕実ちゃんは日本酒好き)
 手取川はもうちょっと先かな(並行して流れてる)
 ここは・・・なんだろね?運河とか用水っぽいけど・・・
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg結局、琴音先輩もよく分からないこの河川。
 あとあと分かることになるのでしたーーー
 
DSCF1414.jpg
2琴音アイコン小.jpgあ、いっけね!雪山って幻想的だなーって見てたら、廃線跡から離れてあるいてたよマジでw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgええっ^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpg私たちは運河のへりを歩き続けていたのですが、どうやら廃線跡はその対岸側みたい^^;
 とは言え向こうへと渡る手段も無く、結局歩き続けることになったよん。
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? 大きな川が段々見えてきましたですよ。もしかしてこの運河さんと合流するのかな?
琴音アイコン小.jpgちょっと待って!
 うごおおおお!何あれ!何あれ!!!
ルカちゃん・アイコン小.jpg先輩が指さしたその先にはーーー
 
 
DSCF1415.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg煉瓦だ!
 
DSCF1416.jpg
DSCF1418.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgえっと・・・扁額には『七個用水給水口』って書いてあるですう。
DSCF1417.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgむひょー!こんなのあるなんて知りませんでしたよマジで(*´д`*)
 4連アーチの煉瓦の取水口かあ!
 3個の大き目な取水口とちょっと小さめの取水口がひとつ(写真右手側)
 三重巻きの煉瓦ちゃんに迫り石がカックイイ☆
夕実ちゃんアイコン小.jpgでもでもですよ?
 七個用水って書いてある割に取水口は4つですう。
琴音アイコン小.jpgこれはちょっと調べないとね。
 ちょっと待っててっす。
 
 ---少女スマフォで検索中ーーー
 
琴音アイコン小.jpgなんとなくわかったよ☆
 ココはしちかようすいきゅうすいぐち』って言うんだって^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgななこだと思ってたwww
琴音アイコン小.jpg七ヶ用水とも書くそうっす。
 明治36年建造。金沢平野への灌漑用水を束ねる大元なんだって^^
 ちなみに夕実っち、これを見てみそ。
夕実ちゃんアイコン小.jpg何々???
七個用水.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!? 七つの用水があるですよ(納得)
琴音アイコン小.jpg元々は手取川の支流などを線形改良し造られた疎水なんだってさ。
 なんせ手取川ってのは日本屈指の急流河川
 
 洪水なんかに散々悩まされたんだって(勾配差がかなりあるので短時間で増水。鉄砲水状態)
 工事も当時は大変だったろうなあ~。
ルカちゃん・アイコン小.jpgでもそのおかげで石川県の美味しいお酒や農作物が取れたわけですよね。
夕実ちゃんアイコン小.jpgこの煉瓦さんが銘酒・手取川や天狗舞をつくってくれたですか!
 今までで一番好きな煉瓦構造物になっちゃいそうですー(*´д`*)
琴音アイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg(日本酒基準かよ・・・)
DSCF1421.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてっと、手取川と用水が合流した辺りにやってきましたよん。
DSCF1420.jpg
琴音アイコン小.jpg前と後ろを振り返る感じ、金名線とも合流したみたいっすね^^(給水口の辺りで用水を跨いで合流します)
DSCF1422.jpg
DSCF1423.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgここに枝権兵衛さんがどうのこうのって看板ありますですう。
琴音アイコン小.jpg私財を投入してまで七ヶ用水を作ったのが権兵衛さんなんだってさ。すごいよね。
DSCF1424.jpg
DSCF1425.jpg
DSCF1426.jpg
DSCF1428.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてこの後は金名線跡を再び追うことに。
 するとーーー
 
 
DSCF1429.jpg
DSCF1430.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!? 何か駅舎みたいなのが見えますですよ???
琴音アイコン小.jpgあれが『加賀一の宮駅舎跡』
 石川線の終点っす。
夕実ちゃんアイコン小.jpgえ? ここ金名線じゃないの???
琴音アイコン小.jpgもちろん金名線なんだけど、2009年までは石川線の延長線として加賀一の宮駅までは使われてたんすよ。
ルカちゃん・アイコン小.jpg最近なんですね。
琴音アイコン小.jpgこの先へと続く金名線の終着駅でもあったんす。
 かつてはここからほど近い白山神社の総本山にして加賀一宮『白山比咩神社』への参拝客に利用されてたんだって。
 
 1927年竣工。廃線になったあとは壊される予定だったけれど、
 周辺住民の方々の反対で今も残ってるっす。
ルカちゃん・アイコン小.jpg屋根に被されたブルーシートが切ないですね・・・
琴音アイコン小.jpgだよね。それでも町のかつての功労者へのささやかだけれども惜しみない気持ちがそこにはあると私は思うっすよ。
夕実ちゃんアイコン小.jpgちゃんと保存整備してくれる時は来るのでしょうか。
琴音アイコン小.jpg・・・分からないかな。残念だけど。 
DSCF1431.jpg
DSCF1432.jpg
DSCF1433.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて、駅舎の裏手側を歩っていた私たちの目の前にこんな煉瓦が目に飛び込んできました。
 あの人が放っておくわけないですよね☆
 
DSCF1434.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうひょー!煉瓦ちゃんの蔵か何かかな?
 行ってみたいー(*´д`*)
DSCF1435.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? ここから廃線跡を跨いで向こう側に行けるみたいですう^^
2琴音アイコン小.jpgならば行くしかないのでアリマス(*´Д`)
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg了解です(*´д`*)(*´д`*)
DSCF1437.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgまだレールは残ってるんですね^^
DSCF1438.jpg
2琴音アイコン小.jpgこういう蔵、一戸欲しいなあ~(*´д`*)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgそんなこんなで、ここから再び歩き出します。
 地図の上ではまだ半分も来ていないw
 しかもここからが結構大変な道のりでしたーーー
 
 
DSCF1439.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー、なんか如何にもって感じがしますですよ。
琴音アイコン小.jpgお、夕実っちもだんだん目が肥えてきたんじゃない?
 多分あれは鉄道の築堤なんだと思うよ^^
DSCF1440.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgん?藪でもなく綺麗な道になってきましたね廃線跡。
琴音アイコン小.jpg手取キャニオンロードって言う自転車歩行者専用道路っす。
 廃線の再利用っすね^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgやっと歩きやすそうな道で嬉しいですう(;´д`)
DSCF1445.jpg
琴音アイコン小・感涙.jpgぐは!めっちゃ降ってきた^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg寒い!寒いのですう^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgところがどっこい!・・・ってやつですかね。
 ここから殴りつけるような吹雪^^;
 足元はグショグショ・・・。
 こんな日にサイクリングもお散歩もする人もいないようで(当たり前か)
 途中から真っ新な深い雪のキャニオンロードをあるくことになったよんw
 
DSCF1447.jpg
2琴音アイコン小.jpgとりあえず一端休憩しようっす。ここなら雪も降らないし!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなぜ缶チューハイ^^;
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgとは言えこの休憩でだいぶ落ち着きました。
 この後は、この道程最難関に出くわすことにーーー
DSCF1448.jpg
2琴音アイコン小.jpgぐは!歩道も何もないスノーシェッドかい^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg意外とダンプや車が行き交ってて怖いですう・・・^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgどうします?
琴音アイコン小.jpgこの法面との狭い間を歩くのが一番無難かな^^
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことで・・・結局この道でもなんでもないとこをひたすらに歩くことに^^;
 
 ーーーそこを恐々抜けると視界が開けてきましたよん。
DSCF1449.jpg
DSCF1450.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg温泉あるです!
ルカちゃん・アイコン小.jpgしかも250円ですよ?
2琴音アイコン小.jpg行かないよw
 ここまで来たならもうすぐそこなんだから!
 ほら行った!行った!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgええー・・・
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg帰りは絶対ダダこねて温泉に行こうと胸に秘め、渋々先輩に押されてあるきだしました^^;
 
 すると下り坂となったところでーーー
DSCF1451.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!なんか如何にもな物件が見えてきたですう(*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgそう。あそこがゴールだから頑張って!
DSCF1452.jpg
DSCF1453.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg歩道の雪をワッシワッシと踏み抜いて近づいてくるそれは、
 特に煉瓦好きでもない私の心をときめかせました。
夕実ちゃんアイコン小.jpg雪景色も相まってすごーい!
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpg雪に赤煉瓦って映えるっすね~マジで(*´д`*)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgそしてようやくそれを目の当たりにした私たちです^^
DSCF1455.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!なんか苦労したからか(勝手に苦労しただけ)とっても立派な煉瓦の建物に見えるですう☆
ルカちゃん・アイコン小.jpg私もですよ^^ で、先輩、この建物は???
琴音アイコン小.jpgここは『福岡第一発電所』って言うっす。
夕実ちゃんアイコン小.jpg発電所跡じゃなくて現役なの???
琴音アイコン小.jpg1911年(明治44年)竣工の水力発電所なんすよ。しかもバリバリ現役にして国の登録有形文化財さ(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg石川県なのに福岡???
琴音アイコン小.jpgそれは白山市河内町福岡に建ってるからっすよ^^
 
 ここもまた七ヶ用水同様、手取川と言う母なる河川から恩恵を授かった場所と言えるかもしんないっすね。
夕実ちゃんアイコン小.jpg手取川さん素敵です☆
2琴音アイコン小.jpg私的にはこう言う素敵な明治の煉瓦構造物を造り変えずに有効利用してるってのが大好きだお(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgですよね。もっと現代的に出来るだろうし、簡素化して建物の維持費を抑えることもできると思いますしね。
琴音アイコン小.jpg前にも言ったけど、しっかり作った煉瓦構造物って強いんだよ^^
 コンクリより耐用年数長いんだから☆
 
 んじゃーーー
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgせっかくここまで来たので福岡第一発電所を舐めまわしたいと思いやす!
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgそう言うことなら頑張ります(*´д`*(*´д`*)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg七ヶ用水と共に金沢を石川県を裏で支え続けてきた福岡第一発電所の調査開始ですよん☆
 
DSCF1456.jpg
DSCF1457.jpg
2琴音アイコン小.jpgくうーーーっ!あの丸窓は最高やね!
DSCF1458.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg雪の白と赤煉瓦の赤のコントラストもこの時期ならではですう^^
DSCF1459.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgそこに続く山肌を見やれば、超絶太い水圧鉄管に驚かされます!
DSCF1460.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg先輩、これってかなり保存状態よさげじゃないですか?
2琴音アイコン小.jpgだよね!こんな綺麗な煉瓦の水力発電所はそうそう無いよ(*´д`*)
DSCF1461.jpg
DSCF1462.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgイギリス積みってやつですよね?
琴音アイコン小.jpg・・・
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgって聞いてる?私の話。
2琴音アイコン小.jpgああ御免ごめん! ちょっと刻印も探そうかな~ってねw
ルカちゃん・アイコン小.jpgそう言いつつ先輩は双眼鏡で道路下になる福岡第一発電所の腰回りの煉瓦に視線を向けていたのですよん。
DSCF1463.jpg
DSCF1464.jpg
DSCF1465.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgで、どーなの?
琴音アイコン小.jpg煉瓦の平面もたくさんあるんすけど、なんせ遠すぎてよく分かんないかなw
ルカちゃん・アイコン小.jpgここって、もっと近づいて見れたり出来ないんでしょうか???
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg現役の発電所って、そうそう近づくの難しいんじゃないですか?(敷地内立ち入り禁止が当然のごとく多い)
2琴音アイコン小.jpgふっふっふ。実はここ、ある程度までなら行けるのだ!
 っつーことで、真正面から堂々と行くよ!
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgどうせ行けるのなら行ってみたいかもw
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgかくして琴音先輩について行く私たち。
 どうせフェンス越しとかそういうのだろうと思ってたのですがーーー
DSCF1466.jpg
2琴音アイコン小.jpgはい、ここから行くよ!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg真ん前から行けるんだw
DSCF1467.jpg
DSCF1468.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg入り口には福岡第一発電所の説明版。
DSCF1469.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgそこには今の時期と正反対の福岡第一発電所の雄姿なんかも掲載されてましたよん^^
 
DSCF1470.jpg
DSCF1471.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうはー!マジ威風堂々、超絶立派ぁん(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpgむしろここまで来てもいいなんて、サービス精神が最高ですう~☆
 
DSCF1472.jpg
2琴音アイコン小.jpg丸窓の煉瓦ちゃん最高!
ルカちゃん・アイコン小.jpg換気扇が見えますが・・・
2琴音アイコン小.jpgそこは気にしちゃダメw
 
DSCF1473.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgここは入り口?
ルカちゃん・アイコン小.jpg搬入口でしょうか。流石に現在仕様に造り変えてますよん。
 
DSCF1474.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg並行する道路から見ていると高さを感じないけれど、こうやって見上げるとかなり高いですね(ちょうど建物の真ん中くらいの高さに道路があるので)
 
DSCF1475.jpg
2琴音アイコン小.jpg流石にグルッと全部は見せてくんないっすねw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgまあ・・・生活の要ですし悪戯されたらヤバいでしょー^^;(危険だしね)
 
DSCF1476.jpg
DSCF1477.jpg
DSCF1478.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgとってもサービス精神豊富な福岡第一発電所。
 私はこういうの見るの初めてだったのでちょっと感動でしたよん(先輩たちはたくさん見てるでしょうが)
 
琴音アイコン小・感涙.jpg刻印無かったねー・・・無いねー^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgいつものことじゃないですかー
 
DSCF1479.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて、福岡第一発電所を満喫した私たちは鶴来駅までのバスが出るバス停まで戻ってきました。
 ・・・ですがーーー
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわきゃー・・超絶雪が吹雪いてきましたですう^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgでもあと30分はバスこないですよん^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg屋根がある待合所ですけど・・・めっちゃ吹き込んできますです^^;
(むしろまったく雪など防げない!寒いw)
琴音アイコン小.jpgねえねえ皆、お腹減ってない?
 さっきスーパーで食べ物買っておいたからバスを待つまで腹ごしらえしようず^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこんな環境で!?
琴音アイコン小.jpgはい、みんなの分あるからどうぞ(*´д`*)
DSCF1480.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!? あー、これならちょっと食べやすいかもですね^^
DSCF1481.jpg
DSCF1482.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg寒風吹きすさぶバスの待合所でごはんなんか!って思ってたのですが、
 笹に包まれた鯖に鯛に鮭寿しが、とっても美味しかったのですよん(*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgこれも買ったから食べてみそ(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgそう言われて先輩に差し出されたものはーーー
DSCF1483.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgえっと・・・ごめんなさい先輩。
 殴っていいですか?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgバス停の待合所でお刺身食べるなんて聞いたことないですよっ!
2琴音アイコン小.jpgじゃあーいいよ!
 だってブリの炙りポン酢なんて中々都内のスーパーじゃ見なくね?マジで。
 独り占めしちゃうからそこで指を咥えて見てるが良いのだ!((ノェ`*)っ))
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgとは言え、ごくり・・・やっぱいただきますよん。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgああー裏切者ですう^^; 
琴音アイコン小.jpgどうよ?
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgモラルとか色々考えたけれど・・・
 めっちゃ美味しいです!格別ですw
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgまさかこんなところでランチするとは想いもよりませんでしたが、やっぱり北陸のお魚は美味しいですね^^
 
 さて、この後はただバスを待つだけなのですがーーー
DSCF1484.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? なんか道の対岸にありますですよ?
琴音アイコン小.jpgどれどれ?カメラの望遠で見ちゃるぞい^^
DSCF1485.jpg
DSCF1486.jpg
DSCF1488.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgちょっと望遠でおおちゃくしちゃいましたが、どうやら立派な史跡があったですよん^^
(※うたうらのたき。説明は省略します)
 
 そんなこんなでバスに乗り込んだ私たちは鶴来駅へと駆け込みます。
DSCF1489.jpg
DSCF1490.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgそこには次の電車を待つ学生さんたちや観光で訪れた方たちがストーブの周りで大勢賑わってました^^
夕実ちゃんアイコン小.jpg駅舎のこのアットホーム感、たまりませんね^^
琴音アイコン小.jpgいいよね~。みんなで駅舎のストーブで暖を取って談笑する姿。
 せくせくする都内とは別物っすよ^^;
 
DSCF1491.jpg
DSCF1492.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg一泊二日の短そうでとっても長く感じた金沢旅行も、このはくたか号に乗ることでいよいよ終焉です。
 帰りの車中ではそれぞれのお土産の見せ合いっこ合戦でしたよんw
 
DSCF1493.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgゴーゴーカレーは菅原先輩にお土産(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg私はおと・・・お父様(駅員3さん)に無難にクッキーとかですよん^^;
 
 ですが琴音先輩ったらば・・・
DSCF1494.jpg
2琴音アイコン小.jpgデパ地下の総菜最高!
ルカちゃん・アイコン小.jpgってな具合で、金沢駅の最寄りのデパ地下にわざわざ出向いて新幹線アフターおつまみを物色して既に酔っぱらってましたよんw
 
DSCF1495.jpg
DSCF1496.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgなんでも、JRの売店・キオスクやベルマートやニューデイズ、駅舎内のお土産屋さんでおつまみ買うより、その駅周りのデパートやスーパーで総菜買った方が断然良いのだそうです。
 まあ~・・・そりゃそうかもですよんw
 
 とは言え先輩たちとの久しぶりの遠征(ルカちゃん的には会津若松シリーズ以来)
 なぜ金沢が栄えたか。
 煉瓦と言う視点で少しでも知ることが出来てよかったかなあ~なんて思います^^
 
 
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgここまで読んでくださりありがとうございました^^
 季節は夏を迎えようとしている梅雨の時期。
 3月の金沢旅行記をここまで引っ張ってしまったことをお詫び申し上げますw
 
 さていかがだったでしょうか?
 煉瓦から見る『金沢』は^^
 煉瓦ひとつとっても色々な歴史や土地の記憶が見えてくるものなんだなあ~って、改めて思い知らされた旅でしたよ☆
 
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさて次回は会津地方の物語。
 ボクとしては数年前に訪れた物語のリベンジ編と言うか解答編でしょうか?
 気になる方は是非どうぞなのだー
 ではではまた今度お会いいたしましょうず☆
  

nice!(89)  コメント(26) 
共通テーマ:日記・雑感

第907話 加賀の都の煉瓦奇譚編☆旧専売公社煙草工場・玉川図書館別館ほか『偶然たどり着いた思い出の場所』 [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『あんなとこに木があるなんてエッチいですう(*´д`*)』
 
 そうなんです。
 琴音先輩に『石垣の中に煉瓦があるから見つけてみそ(*´д`*)フヒヒ』と促され、必死に探した私と夕実ぶちょー。
 
 するとまるでその存在をワザと隠すかのように煉瓦トンネルの前だけに木が覆いかぶさってたんですよん^^;
 
 金沢城址の石垣をこっそり穿った煉瓦のトンネル。
 あれって何?
 
 第907話、すたーとですよん^^
第907話・加賀の都の煉瓦奇譚編☆蟹・金沢・ルカちゃん2.jpg 
DSCF1347.jpg
DSCF1348.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgてっきり説明書きも何もないレアな煉瓦トンネルと思いきや・・・しっかりとここの由縁が書いてあるじゃないですか琴音先輩w
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgふつーに金沢城址に来れば煉瓦があるって誰でも分かる仕様なんですね^^;
2琴音アイコン小.jpgまあ~そう言わないでよw
 そう。ここは訪れたなら誰でもが気づく金沢城址の煉瓦ちゃんってことっす^^
 ここだけ覆い隠すように木が立っているんすが、それは後年に植えられたらしいっす
ルカちゃん・アイコン小.jpgなぜ?
2琴音アイコン小.jpgわかりやせんw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg分かんないのね^^;
琴音アイコン小.jpgこんな戦争遺構の説明書きも近年までは無かったみたいだしね。
 
 説明看板に書いてあるように、
 ここは『弾薬庫へと通ずる煉瓦トンネル』だった場所っす。
 この戌亥櫓石垣をぶち抜いた煉瓦ちゃんのその先は本丸跡!
 だからこの向こう側に行ってみようっす(*´д`*)
DSCF1349.jpg
DSCF1350.jpg
DSCF1352.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことで、ぐるっと回って裏手側。つまりは戌亥櫓があった高台までやってきたよん^^
DSCF1353.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg裏側は石垣じゃないんですねぇ^^
DSCF1354.jpg
2琴音アイコン小.jpgくうー!もっと近くで見たい!
DSCF1355.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg見た感じイギリス積みっぽいですが。
琴音アイコン小.jpgそうだね。でも多分、天井部(欠円アーチ部)は煉瓦トンネルのお約束で長手積みだと思うっすよ^^
DSCF1356.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて・・・これじゃ遠すぎて埒が明かないですよん。どうせならここから降りちゃいます?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg怒られちゃうですよ^^;
琴音アイコン小.jpgでももしかしたら・・・
 この更に先の本丸からあそこにコッソリ降りる場所があるかもしれないし行ってみようっす(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgあいあいさー
ルカちゃん・アイコン小.jpg画して立ち入り禁止の看板も無いような小道でも見つけようと本丸跡へと向かう私たちですがーーー
DSCF1357.jpg
DSCF1358.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg先に言っていいですか?
琴音アイコン小.jpgどうぞ。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg絶対こんな藪を抜けてまであそこに行きたくないですw
2琴音アイコン小.jpgだよねw
DSCF1359.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg本丸や戌亥櫓と石垣の間を見渡せる格好の場所まで来ましたが、結局ご覧のように立ち入り禁止☆
夕実ちゃんアイコン小.jpgこの窪んだとこに弾薬庫があったんですかね。
琴音アイコン小・感涙.jpgそうだと思うっす。ううう・・・行きたかったにゃー^^;
DSCF1360.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgこんな分厚く積み上げた石垣をいったいどうやって後から煉瓦トンネル仕様にしたんですかね?
夕実ちゃんアイコン小.jpg掘ったら石垣崩れてきちゃいそうですう。
琴音アイコン小.jpg不思議に思うかもだけど、自然の岩盤だって岩や石の積み重なりだよ?案外掘れちゃうもんなんすよw
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてここでタイムリミットです。
 今日予約したホテルへと向かうことになったのですがーーー
DSCF1367.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgコリコリしてていいっすね(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなにしてるの・・・
DSCF1368.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgこの出っ張りがたまらんとです(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgただのオジサンじゃん・・・^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpg・・・とまあ、琴音先輩が金沢城の石川門の出っ張りでエロおやじ化してたのはご愛敬・・・なんですかね^^;
 
 ちなみに石川門は重要文化財です。先輩のように摩ったりなでなでしたりともてあそばないでくださいね☆(このおっぱいみたいなのは“乳鋲”と言いますよん)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて、無事にホテルに到着した後は身支度整えてお食事へと向かいましたよん。
夕実ちゃんアイコン小.jpgやっぱり金沢に来たなら蟹が食べたいですう(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言う夕実ぶちょーのリクエストに皆賛同。
2琴音アイコン小.jpgならば近江市場にリターンするっす!
ルカちゃん・アイコン小.jpgそんなわけで近江市場に戻ってみたらばーーー
DSCF1369.jpg
DSCF1370.jpg
2琴音アイコン小.jpg店やってねーし!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそもそもお買い物するとこでしょここ^^;今・・夜の8時だよ?市場もやってないでしょ^^;
2琴音アイコン小.jpgだよね☆
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg先輩たちの適当な行動にはいつも呆れることばかりw
 スマフォでお店とか検索すればいいのにね┐(´д`)┌ヤレヤレ
 
 でもここから歩いてお店を探すのはもうめんどくさってことになりーーー
DSCF1382.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg近江市場でこの時間でもやってるお店へと突撃することにしたんだよん^^
DSCF1371.jpg
2琴音アイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgカンパーイ(*´д`*(*´д`*)*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgくうー! 五臓六腑どころか爪の先までビールが染み渡るねえ~(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpgお通しのお魚さんも美味しいですう☆
DSCF1372.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgホタルイカの沖漬け大好きですよん☆
2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg私も☆
ルカちゃん・アイコン小.jpgそして皆でメニュー見ながら頼んだのはこちら↓
DSCF1373.jpg
DSCF1374.jpg
2琴音アイコン小.jpgくっふー!
 のどぐろちゃんのお刺身旨い!
夕実ちゃんアイコン小.jpg脂も味も濃厚ですう!
DSCF1375.jpg
DSCF1376.jpg
2琴音アイコン小.jpg白子ポン酢もたまんないね!
 お酒が進む進む。お姉さん御代わり!(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgわたしから見ると料理のラインナップが超絶オッサンなんですが・・・(美味しいけど)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgごめんねルカちゃん。
 やっぱり海の近くで育った私たちだから、こういう美味しい海の幸がやっぱりステイタスなの☆
 ピザ・から揚げ・お洒落な創作料理より、やっぱこういうの選んじゃうんだよ、えへへ☆
2琴音アイコン小.jpgシーフード最高(*´д`*)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgやはり生まれとか土地柄とかが食の嗜好にかかわってくるんだと思っちゃいましたよん。
 私はオールマイティー。
 色々なものを食卓で食べさせてくれたパパやママに感謝かな^^
 さ~て、
 ここで念願の物が到着だよん☆
DSCF1377.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgああ~ん蟹最高(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg私なんて子供の頃はお正月とかしか食べれませんでしたですよお^^;
 お父さんが胡坐書いたところに乗っかってね?
 お父さんが剥いてくれた蟹の身を頬張るんだよ☆
 幸せ時間だったなあ~(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg幸せ談義は終わりですか?
 じゃあ~さっそくいただきましょうですよん☆
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg私の思い出あっけなくスルーなのね^^;
DSCF1378.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてさて、目の前にやってきたズワイガニを目にしてここで琴音先輩と夕実ぶちょーの『かにかに戦争勃発』です。
 
夕実ちゃんアイコン小・ガルルルル.jpgそのまま食べるのがいいんじゃないですか!
2琴音アイコン小.jpgいいや!ここは混ぜ混ぜが至高!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg普段はとっても仲の良い二人がなぜか揉めてるのです。
 その理由はーーー
DSCF1379.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg丸々一杯の蟹を頼んだと言うことで、
 身肉だけでなく『カニみそ』が付いてきた訳なんです。
 
 琴音先輩の言い分はーーー
2琴音アイコン小.jpgせっかくカニみそあるんだから身をほぐして身肉と混ぜて、ちびちびとつまんでお酒を楽しもー!
  
 夕実ぶちょーの言い分はーーー
夕実ちゃんアイコン小・ガルルルル.jpgみそと身肉は別々に味わうのがいいのですう。
 だって、全部カニみそ味になっちゃうじゃん!ムキー(-_-;)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgむむむ・・・両者の言い分、どちらも捨てがたしですよん^^
 で、結局
2琴音アイコン小.jpg今度、お兄ちゃんと夕実っちのデートをセッティングすっからここは譲ってちょんまげ!
夕実ちゃんアイコン小.jpgやっぱカニみそ混ぜ混ぜだよね(*´д`*)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg・・・と、夕実ぶちょーが確約も何もない口約束で見事に騙され(篭絡)
DSCF1380.jpg
DSCF1381.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgみんなで、せっせせっせと蟹身をほぐして混ぜ混ぜしたんだよん☆
 
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgくっはー!超絶、お酒が進みゅー(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpgカニみそ混ぜ混ぜをチョコっとつまんでか~ら~の~、日本酒最高ですう~(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgお酒もだいぶ進んだところで琴音先輩?
 明日はどこを見に行くのでしょうか???
琴音アイコン小.jpgノープランです☆
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg(;゚Д゚(;゚Д゚)エエエッ!!??
琴音アイコン小.jpgいくつかピックアップはしてあるんだけどさ、明日も天気が悪そうだしこれから考えるとこっす^^
 でもまあー期待してちょ(*´д`*)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg明日はどうなることやら。
 まさかあんなことになるなんて、今の私たちは知る由もないのですーーー
 
DSCF1383.jpg
 
 ---少女たち爆睡中ーーー
 
DSCF1386.jpg
DSCF1387.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg『東横インの朝飯食べたらさっさと行くよ(*´д`*)』と言う琴音先輩に連れられてやってきたのは金沢駅から徒歩15分ほどの玉川公園というとこでした。
DSCF1388.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!?煉瓦さん居ますです^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg先輩ここは?
琴音アイコン小.jpg今は金沢市の図書館『玉川図書館・別館』って名前だけど、
 元々は明治44年に造られた旧専売公社C-1号工場跡なんすよ^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgせ、専売公社ってなんですか??^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpg簡単に言えば、国営の塩とか煙草を作ったり売ってたとこですよね?
琴音アイコン小.jpgそうっすね^^ 今はJTって言う会社名になったけど旧大蔵省から分離した外局の特殊法人だったわけ。
 昔は煙草も塩も国が管轄してたっつーことっす。
(※塩は更に塩事業センターへと独立)
 
 ここは煙草工場跡の再利用なんだけど、建築には妻木頼黄先生が関わってるそうっすよ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg妻木・・・さん?
夕実ちゃんアイコン小.jpg横浜赤レンガ倉庫や半田赤れんがとか門司港レトロの煉瓦さんに関わってる人ですね^^
琴音アイコン小.jpgお、煉瓦サークルの部長っぽくなってきたね。関心関心w
 じゃーなんとなく説明したっつーことでいつもの行きますかw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgやっぱりやるのね刻印探し^^;
 
DSCF1389.jpg
2琴音アイコン小.jpg雪がちらついてて軒下煉瓦を見上げるのマジきっつい^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgこの日も朝から雪や霙の悪天候。撮影にはかなり四苦八苦しましたです。
DSCF1390.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg腰回りの煉瓦さんは色が違うですね。
ルカちゃん・アイコン小.jpg焼過煉瓦ってやつでしょうか?
2琴音アイコン小.jpgねえねえ下ばっかり見てないで一緒に軒下周り探してよ!
夕実ちゃんアイコン小.jpgでもここに刻印ぽいのあるですよ?
2琴音アイコン小.jpgえ?
DSCF1392.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgほら。
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgぐわああああああ!まじかw
ルカちゃん・アイコン小.jpg形てきに例えるなら・・・『漢字の部首のがんだれに〇』でしょうか?
琴音アイコン小.jpg『屋号の山に〇』にも感じるかなあ。とは言えお手柄っす夕実っち(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpg褒められちった(*´д`*)
DSCF1393.jpg
DSCF1394.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgあれ?ここに説明書きがありますけど・・・
ルカちゃん・アイコン小.jpg大正二年創建って書いてありますよ?
琴音アイコン小.jpgここが私もよくわかんないんだよね。
 明治44年とも大正2年とも言われてるんだよ。
 私的には明治44年押しかな^^
 
(※明治44年着工。大正2年竣工でした。昭和47年煙草工場移転後に図書館別館として保存だそうです)
 
 さてと別棟も見に行こうっす^^
DSCF1395.jpg
DSCF1396.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!超絶お洒落さんな図書館ですね^^
琴音アイコン小.jpg赤煉瓦の特色はそのままに近代的に造られた本館っす^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgこういう設計士さんの心遣い素敵ですよね^^
 
 さてこの後は『金沢の街をプラプラしつつ北鉄石川線の玄関口まで行くっす』と言う琴音先輩について行くことになったですよん^^
DSCF1397.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg雨かと思いきやーーー
DSCF1399.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg晴れたりw
DSCF1400.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg・・・って思ってたらまた雨^^;
 そんな折、琴音先輩がある場所で立ち止まったのです。
DSCF1401.jpg
DSCF1402.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgどうしたですか?
ルカちゃん・アイコン小.jpg九谷光仙窯???
琴音アイコン小.jpgうん。いや・・・なんでもないよ。先に行こうか。
 もうすぐ駅だよ^^
夕実ちゃんアイコン小.jpg変なの。
DSCF1403.jpg
DSCF1404.jpg
DSCF1405.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgやってきたのは北陸鉄道の野町駅。先輩が言うにはここから終点へ。そして更に先へと向かうとのこと。
 いったい何がまってるのやら。
 次回へと続きますよん☆
 
ちょいのり・サザエさんver1.jpgお久しぶりです^^ それしか言葉がないかな。
 最近は新店舗が出来たりと仕事面の変化や生活面で忙しくてブログを書くよりも横になることが多いのでお許しを。
 だって疲れてたらやる気マックスファイヤーで楽しい記事とか中々書けないしね☆
 
 さてまだまだ雪が降ってる金沢シリーズで申し訳ございませんw
 何だかんだで戦火を免れた煉瓦建築がいくつも残る金沢市。食事もさることながら新旧選り取り見取りの街並みも人を引き付けてやみませんね^^
 刻印も見つけたし大満足(今回のシリーズではこれが最後の発見だけど)
 
 次回は金沢市のお隣に出向くことになる訳ですがーーー
 その際に偶然『見たことあるような建物』に遭遇しました。
 それがこの九谷光仙窯。明治3年からある九谷焼の製陶の老舗です。
 
 ここを偶然見かけたときは思わず立ち止まってしまいました。
 ここはかつて生前の彼女と一緒にマグカップに絵付けをした場所だったのです。
 忘れてた自分もヒドイのだけれど思い出の渦が急速にフラッシュバックして思わず泣いてしまった。
 
 彼女と一緒に絵付けしたマグカップは今でも重宝してるし大切な宝物。
 ・・・お酒飲みすぎだよ?って怒られちゃうかもだけどね^^
 
 さていつ更新できるか分からないけれども次回は金澤煉瓦奇譚編ファイナル。
 雪の辛さを味わった、でも、行った甲斐のある場所をご紹介します。
 ではではまた今度お会いいたしましょう!
 

nice!(77)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

第906話 加賀の都の煉瓦奇譚編☆金沢城址の煉瓦ほか『落書きだらけのアイウォンチュー?』石垣刻印の博物館 [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『アワワ・・・アワワですう。今度は雨ですう^^;』
 
 そうなんですよん^^;
 近江市場で豪華海鮮ドーンを頂いて外へと飛び出してみたらば
 超絶冷たい雨の、お 出 迎 え ☆
 どうあっても晴れてくれないみたいですねw
 
『さてこの後はどこにいくですかあ?』と夕実ぶちょー
『ズバリ!金沢城址っすよ^^でもどうせ行くならあそこを突っ切って行くっすよ(*´д`*)』
 そう返す琴音先輩が指をさしたのはーーー
 
 第906話 加賀の都の煉瓦奇譚編☆スタートですよん(*´д`*)
第906話・加賀の都の煉瓦奇譚編☆金沢城址の石垣刻印・ルカちゃん2.jpg 
DSCF1271.jpg
DSCF1272.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg尾山神社?
DSCF1273.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ!? 何か神社にしては随分とモダンな造りですうー^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg中国っぽさのある門ですよん。
DSCF1274.jpg
DSCF1275.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgでも門の意匠はとっても日本です。琴音先輩これは?
DSCF1276.jpg
琴音アイコン小.jpg私たちが今くぐってきた門は『神門』って言う国指定の重要文化財なんす(目の前のは拝殿。他は何故か重文じゃない)
 コレができたのは明治8年かな。
ルカちゃん・アイコン小.jpg随分とハイカラな建物建てちゃったんですね。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgしかも昔からある拝殿や本殿が重文じゃないってどういうことなんですかね^^;
琴音アイコン小.jpgそうだよね。まあ~この三層式の神門、元々は御神灯という火を灯して燈台みたいな役割もしてたんだって。
 ちなみに天辺の避雷針は日本最古っす。
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgたぶんその避雷針が決め手でしょw
琴音アイコン小.jpgまっさか~w
 おっとっと、ここに用事がある訳じゃ~ないのよ。
 この奥に用があるからそこへ行くっすよ^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgは~い^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgそう先輩に促されてついて行くとーーー
 
DSCF1277.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわふー!煉瓦塀があるですう!
ルカちゃん・アイコン小.jpg位置的に拝殿の裏手だから本殿の塀でしょうか?
琴音アイコン小.jpgそうっす^^ でも神社の垣根だから『玉垣』って言うんすよ。
 夕実っち・・・あんた千葉県で煉瓦の玉垣見たときに覚えたでしょうが^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgアハハ・・・そうでしたっけw(千葉県印西市・大森鳥見神社。第859話)
DSCF1278.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgこの意匠は?
琴音アイコン小.jpg剣梅鉢って言う前田家の家紋っす^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなんで神社に加賀のお殿様の家紋があるですか^^;
琴音アイコン小.jpgだってこの神社は前田利家を祀った神社だもの。
ルカちゃん・アイコン小.jpg