So-net無料ブログ作成
検索選択

第717話 しまねっこ探訪編☆ファイナル『前略、あいらぶゆー』出雲大社♪ [島旅]

『もし彼女が出来たなら今の自分のブログの存在を伝えるべきか?』

 

 え?今現在彼女なんて居ませんよ?

 にです仮にw

 まあ~でも悩むね^^;

 

 試しにアナタ!

 自分が『ちょいのり』になっちゃったとイメージしてくださいな^^

 ーーーほら!

 だんだんアナタはちょいのりにな~~る~

 だんだん40の独身のおっさんになってきた~

 はい!

 アナタは今『ちょいのりです』 

 ・・・どうですか?

 新しい彼女に『このブログを伝えられますか?』

 こんなブログを描いてるんだけどって『紹介できますか?』

 

 アイコン形式会話ブログ自体は別にいいんじゃないかとは思うんです(大好きなの^^)

 でも・・・

 絵はやばいよなw

 この絵はw

 特にタイトル絵の女の子の絵とかフツーのアラフォーのおっさんは描かないからな!(笑

 

 じゃあ・・・彼女が出来たら絵は捨てる?

 もしくはブログ自体辞めてしまうか歳相応なものに変えてしまう?

 

 考えて・・・しまいました。色々とね^^;

 

 でもここまでコツコツ積み上げてきたものを壊すのもなあ。

 努力とは言わないけれどさ、少しづつ少しづつ絵を描き続けて、昔より描けるようになったかな?なったかな?って、

 自分の過去記事の絵柄とか見るの楽しいんだよ^^

 いつかは全編すべてが漫画とは言わないけれど、挿絵が多目のライトノベル風に記事や物語が書ければいいかなあ~ってのが、

 小さなちいさな、でも大きな目標だったりもするわけで^^

 

 まあ~そんとき考えますw

 というか理解のある彼女募集です☆

 自薦他薦問いません(自薦ってなんやねん

 

 さてと、そんなどーでもええことは置いておいてだ、

 我が国屈指の最強縁結び神社へと辿り着いた主人公ちょいのり。

 何を願ったか?何を神様に請うたのか?

 隠岐島旅・島根本土編最終章。

 第717話と綴って717(無いな)ってのがちょっと気になるけど、スタートです!

第717話・夕実ちゃん・出雲大社・手のハートマーク2.jpg 

DSC06108.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg4連休最終日。なんだかんだで一番夏らしい日だった^^;

 歩くだけで出てくるは出てくるは

 中年のギトギトした穢れた汗あられ☆

 デオトラントペーパーで拭いつつも下り参道を闊歩する。

ぎゃる魅.jpg中年ってだけでもマイナスなのに、ギトギトとかブログに書くと余計嫁さん集まらない気が・・・w

DSC06109.jpg

DSC06110.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg坂を下り終わったところで土俵を脇にみっけたぞい^^

うおっか姫1.jpg神社と相撲(土俵)って結構どこでも相関するものよね

ゼブラ2.jpg昔は角力と言って、力自慢の代表者たちに組んだり蹴ったりさせて、物事を決めていたりもしましたからね。

ちょいのり・サザエさんver1.jpg勝利者(チカラ)こそ正義。優勝劣敗か。

 シンプルだけどそうだったんだろうな^^;

DSC06111.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg歩きつかれたので丁度喫煙所があったからここで一服。

 喫煙者には肩身の狭いこの世の中。

 神社の片隅で細々と煙をくゆらせますかねえ・・・って思ってたら

 結構な人だかり^^;

うおっか姫1.jpgどちらかというとむしろ喫煙所なんて設置しないほうがいいんじゃないかしら

ゼブラ2.jpg数多の重文どころか国宝のある出雲大社ですしな^^;

 不始末で消失などは洒落にもならんです。

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgだって喫煙所あるんだからしょーがないじゃーんw

DSC06112.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgここからまーっすぐ参道を進むわけだが・・・(真ん中の道は木の保護の為通行禁止)

うおっか姫1.jpgん?どうかしたの?

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgカップルばっかりじゃないか

 あんたらもう良縁なんだからお参り必要ないじゃないw

うおっか姫1.jpg別にこれからも仲良くやっていこうねってお参りしてもいいじゃない^^;

ぎゃる魅.jpg中年のひがみっすねw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgなんか一人だと浮くよ~^^;はずかしくなってくるよー^^;

 ということで写真を撮るふりしながら本殿へと向いました^^

DSC06113.jpg

DSC06114.jpg

DSC06115.jpg

DSC06116.jpg

DSC06118.jpg

 

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpg手水舎まで来たのはいいが・・・中々柄杓が取れない^^;

 順番待ちしてたらおばちゃんに横取りされたし^^;

 んで、ようやく口と手を清めて本殿へと趣く。

DSC06120.jpg

DSC06121.jpg

DSC06122.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgそしてやっとこさ来たゾイ!例の大注連縄ですよ!大注連縄^^

うおっか姫1.jpgやっぱり大きいわねえ^^

ぎゃる魅.jpgすごく・・・太いです(ゴクリ

(※ 重さ実に4.4t。長さ13.5m。太さは大きいとこで8メートル!

 今年7月9日に、30名とクレーン2台で一日掛りで懸替えされたそうです^^)

DSC06123.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさっそく拝殿にてお賽銭と2礼2拍手1礼・・・じゃないんだな!出雲大社って^^;

うおっか姫1.jpgえ?違うの?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgなんか皆、拍手の数が多いなあ~と思ったら(横目に見て

 2礼4拍手、願掛け、1礼なのね^^;

 おいら一生懸命、2礼してパンパンたたいて1礼して手を合わせてお願い事しちゃってたよ(恥ずかしかったなあ・・・

ぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgうおっか姫1.jpgそれは結構はずかしいねw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgよく見ると参拝の作法のたて看板が近くに立ってました^^;

 どうやらこれでオイラの願い事も叶いそうにありませんなw

DSC06124.jpg

DSC06125.jpg

DSC06126.jpg

DSC06127.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgその後は本殿周りをぐるりと一周です^^

DSC06128.jpg

DSC06129.jpg

ぎゃる魅.jpgあらやだ可愛いっす^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgウサギが邪魔で座れませんでした。

ゼブラ2.jpgコラコラ^^;

 実質ほんとうの縁結びの神的存在は、因幡の白兎さんですぞ^^;

 因幡の白兎に嫌われると『結婚出来ない』と思っても間違い無いです。

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgガビーン・・・w

DSC06130.jpg

DSC06131.jpg

DSC06132.jpg

ぎゃる魅.jpgこの建物はなんすか?

ちょいのり・サザエさんver1.jpg多分、出雲大社の警備員さんの詰所だろうな^^

 扇風機とかあったけど、夏は暑いだろうなココ^^;

 まあ~歩いてて思ったのは警備員さんが多いよね~ここは^^

ゼブラ2.jpg参拝客も多いですし、国宝・重文のオンパレードですしな^^

DSC06133.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg本殿の東西にはそれぞれ『十九社』と言う横になが~い建物があるのだが

(※ 十九社と言うのは簡単に言うと、全国からやってくる神々のホテルみたいなもんですw)

DSC06134.jpg

DSC06135.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgその屋根の苔むし感がたまらなく渋いですなあ~^^

ぎゃる魅.jpg出雲大社に出張してくる神様たちのホテル・・・なんか切なく感じるっす^^; だって、

ゼブラ2.jpgぎゃる魅。それ以上は言ってはいけないぞ。

ぎゃる魅.jpgはーいダディーw

DSC06136.jpg

DSC06137.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg今年厄年(本厄)なんだよなあ・・・オイラ^^;

うおっか姫1.jpgせっかくだからお祓いしてもらったら?

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg時間も無いしそれはやめといたよ☆

ゼブラ2.jpgぎゃる魅.jpgうおっか姫1.jpg(たぶんこの人、お祓いする気さらさらねーな)

DSC06138.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg帰り道、参道上から三度笠をかぶった小学生の大集団が下ってきた。

うおっか姫1.jpgなんかのイベントかしらね?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgわからん^^; 『こんにちは^^』って言ってくるもんだからこちらも最初は笑顔でこんにちわ~って返してたんだが、

 行列が長すぎるよw

 ベルトコンベアーのようにこんにちわを言うはめになっちゃったじゃないか^^;

うおっか姫1.jpgそのくらいいいじゃないのさw

DSC06139.jpg

DSC06140.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgはい!あとは帰るのみであります^^

 一畑電車で出雲市駅まで戻ることにしたよ^^

DSC06141.jpg

DSC06142.jpg

DSC06143.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg神様の手前、我慢してたお酒をグビリのローカル路線の旅路です^^

DSC06144.jpg

ぎゃる魅.jpgあのドームみたいなのなにさ

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg知らん。知ってる人居たら教えてくれw

DSC06145.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg乗客が多すぎて車内の撮影はほとんどできなかったが、

 車内が全部木目調のデザインでオシャレなんだよなあ~この電車♪

 しかもつい立が付いてる2人っきりのボックスシート?みたいな席もあったりさあ~^^

ぎゃる魅.jpgおっちゃんには縁が無い席だねえ

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgそれは言わない約束だろw

DSC06146.jpg

DSC06147.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『川跡駅』で乗り換え。ここからスイッチバックするように出雲市駅へと戻ります^^

ゼブラ2.jpgん?なんでまた切符を買ってるのですか???

うおっか姫1.jpgそうよねえ。出雲市駅までの切符を買えば良かったんじゃないの?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg慌てて乗ったので切符はてけとーに買ってしまったのじゃ^^;

 ゆとりがなくって、えへへ☆

DSC06148.jpg

DSC06149.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg車内には旧路線図なんかも貼ってありました^^

 なかなか粋なことするじゃんね。この電車☆

DSC06150.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgさってっと。出雲市駅に帰って来たはいいのだが、空港行きのバスの出発まで40分くらい時間があった。

 駅の観光案内のお兄さんに話を聞いたところ、

 なんでも近くに日帰り温泉があるから待ち時間にいかがですか?と返ってきた^^

DSC06151.jpg

DSC06152.jpg

DSC06153.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgということで時間つぶしに回転寿司へ^^

ぎゃる魅.jpg温泉じゃねーのかよw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgいや・・・だって今日は朝から何も食べて無いし^^;

DSC06154.jpg

DSC06155.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgくうう~!お参りの後のビール最高!

ぎゃる魅.jpgお寿司はどうだったの?

うおっか姫1.jpg海も近いし、地元っぽいネタなんかもあったりしたんじゃないの?^^

DSC06157.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgこの後はバスに乗り込んで、少年サンデー読みながら空港へと無事に着きましたゾイ^^

ぎゃる魅.jpg(普通の回転寿司だったんだなきっと)

DSC06158.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさっさと保安所通過してまずは駆けつけ一杯。

 くう~!空港で飲むお酒最高♪

ぎゃる魅.jpg飲めればどこでもいいんだろうよw

DSC06159.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgちなみに帰りはプラス1000円してJALの『class J席』にしましたぞい^^

うおっか姫1.jpgなにそれ?

DSC06160.jpg

DSC06161.jpg

DSC06162.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg普通の席より前後の間隔空いててゆったりシートっす^^

 小心者のオイラでも遠慮なくシートを倒して寝れるっす☆

うおっか姫1.jpgまあ・・・良かったわねえ^^;

ゼブラ2.jpg今回の旅はなんだかんだで大盤振る舞いでしたな

ぎゃる魅.jpgタクシーなんて絶対使わないおっちゃんだったのになあ^^;

ちょいのり・サザエさんver1.jpg年に1回くらいだし、ちょっとくらい贅沢してもいいだろ?^^

 また、仕事が順調だからこそ成せる技とでも思ってくださいな^^

(昔の島旅だったらこうはいかないよなあ・・・)

 

 さて、これで夏の4連休『隠岐シリーズ』も終わりです。

 まさかの旅先変更での急遽な隠岐諸島旅行でしたがいかがでしたでしょうか?

 今では最初からここが目的地だったように思えてしかたありません^^

 それほど楽しかったっすよ☆

DSC06163.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgではでは飛行機のハットラック?(頭上の収納棚)の隅っこに設置されてた変な物体の画像を見ながらバイバイです^^

 

 次回は久しぶりに廃村さーくる(古煉瓦ver+廃墟)です^^

 


nice!(109)  コメント(34) 
共通テーマ:日記・雑感

第716話 しまねっこ探訪編vol①『先生!どう考えてもこっちのほうが近道です!』旧大社駅&大社線(廃線) [島旅]

『4連休のチャンスは正月休みと夏休みだけなんです』

 あとはゴールデンウィーク明けの2連休か11月にもらえるだろう2連休のみ。

 だから宿泊込みの島旅などなどは多くて年4回なんです^^

 でも正月休みは前日に会社の忘年会で朝まで拘束されるので!

 4連休マックスで使えないかなw

 とはいえ連休いただけるだけでありがたいです^^

 居酒屋勤めなんてそんなもんですしね。 

 

 ---さて、

 隠岐シリーズの島旅編は終わりましたが、本土編が残ってたりします^^

 ではでは第716話、行くでやんす(フンガッ!)

第716話・夕実ちゃん・指差喚呼2.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg前記事で『どこに行くかナイショにした』んだけど、みんな悶々としたんじゃないかな!

『ああ~ん・・・ちょいのりはどこに行ったのかまるで見当つかないよ~^^;』って!

うおっか姫1.jpg出雲大社でしょ?

ゼブラ2.jpg出雲大社ですよね

ぎゃる魅.jpg出雲大社しかねーだろオッサン

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgな、な、なんで分かった!? いや~ほんとに参っちゃうね^^;

 世の中やブロガーさんはスレた人が多くて困っちゃうよw

 

 まあ~出雲の国にせっかく来たことですし、せっかくですから出雲大社に寄る事にしましたぞい♪

 さっそく空港から出雲大社へはどう行ったら良いのかを検討。

 どうやら直通のバスが出ているそうだ^^

 これは楽チン楽チンと、バスの券売機へと向ったよ☆

DSC06033.jpg

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgあれ?

ぎゃる魅.jpg直通バス出てないじゃん。

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgどうやら今の時間は直通バスが出ていないらしい・・・^^;

(今現在、正午くらいです)

DSC06034.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgしょうがないので出雲市駅までのチケットを購入してバスに乗車。

 そこからバスか電車に乗り換えて出雲大社を目指すことにしました。

 

 ---約30分。

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg出雲市駅に到着☆

 さて乗り換えのバスでも探そうか^^

DSC06035.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg今現在12時半過ぎ。どうやら出雲大社行きのバスは丁度出て行ってしまったようです^^;

うおっか姫1.jpgことごとくタイミング逃してるわねw

ぎゃる魅.jpgでも1時発のバス待ってればいいんじゃね?

ゼブラ2.jpgもしくはここから鉄道で行くのもOKなんですよね?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgまあそうだけど、時間的余裕はありそうでない。

 空港から遠くないとはいえ、帰りの時間を考えるとサクサク進んで余裕を持って空港に帰りたいのじゃ。

 しかも出雲大社以外にも寄りたいとこあるしな^^;

DSC06036.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgということで、奮発します!

DSC06037.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg『ザ・タクシー』ですよ!タクスィー!

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpg今回の旅は大盤振る舞いだなw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさっそくタクシー乗り場へ。タクシーのおじちゃんに

『すいません。大社駅跡へ行きたいんですが・・・』と伝える。

ぎゃる魅.jpg大社駅跡ぉ???

うおっか姫1.jpg出雲大社じゃないの???

ちょいのり・サザエさんver1.jpgうむ。実は前後逆になっちゃったが、なんでも出雲大社の近くに『旧大社駅跡』なる廃駅・廃鉄があると聞いていたので、

 出雲大社の後にそこへ行こうと思ってたんだよね^^

 

 タクシーのおじちゃんは

『ほう、大社駅に行きたいの^^ いいよ~。ああでもお兄さん観光?出雲は初めて?

 出雲大社には行かないの?ああ大社も行きたいのね^^

 でも大社駅跡からだと結構歩くし遠いよ?

 歩くの好き?はあ~面白いね^^

 だったら周辺の地図あげるよ^^

 あとこれ空港行きのバスの時刻表だ。

 あとこれも持ってった方がいいな。

 ああバス停の場所もいくつか教えておくよ^^

 どこどこがどこどこでーーー』と、

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgめっちゃ色々とお世話されちゃいました☆

うおっか姫1.jpgありがたいわね~

ゼブラ2.jpgよほど何もわから無そうな一人旅の人に見えたんでしょうかなw

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいやマジ感謝だよ^^ 正直ほとんど出雲大社周辺とかバスや鉄道路線を調べて無かったしなw

ぎゃる魅.jpgそれもヒドイ

ちょいのり・サザエさんver1.jpgこの後は車中、島旅の話ししたり、釣りの話ししたり、

 今度ゆっくり来れるなら日御崎神社周辺に宿取ってのんびりしたらいいよ!なんて勧められながら進みます^^

DSC06038.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg途中『ここいら辺に昔、駅があったんだよ~^^』『へえ~マジっすか!?』ってな感じで、

 今は無き廃線のいくつかを教えていただきました^^

 

 ---タクシーに乗ること12~3分くらいでしょうか?

DSC06041.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg目的の『旧大社駅跡』へとやってきました^^

『色々とありがとうございました!』とタクシーのおじちゃんにバイバイして目の前の建物とオイラは対峙するのだ。

うおっか姫1.jpgえ?廃線の駅舎なのよね?

ぎゃる魅.jpgどう見てもめちゃくちゃ立派すぎじゃね!?

ゼブラ2.jpgそもそも『何の廃線』なのか、『どういった駅舎』なのか聞いてませんでしたな。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそうだねw 説明うっかり忘れてたなw

DSC06039.jpg

DSC06040.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgかつて出雲市駅と大社駅を結ぶJR西日本の『大社線』と言う路線があったんだ^^

ぎゃる魅.jpgなんで廃線になっちゃったのさ

ちょいのり・サザエさんver1.jpg沿線の過疎化による赤字ってのが一番の理由かな。

 あと、なんせ大社駅から出雲大社までは結構ある。

 本当は出雲大社の近くまで路線を伸ばそうと思ってたようだけれど、地元の人に反対された経緯があるそうだ。

 これじゃ観光としても人を呼び込めないよね~^^;

 結局バスや後発の『一畑電車』にとって食われた(一畑電車も危ういですが)

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgちなみに簡単な地図だとこんな感じかな。

島根県・一畑電車・大社線.jpg

ぎゃる魅.jpgおもいっきし今の路線は遠回りっすね^^;

ちょいのり・サザエさんver1.jpg大社線があったら歩き込みでも近いと思うんだけどな。

うおっか姫1.jpg廃線になったのっていつ頃なの?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg1990年かな^^

ゼブラ2.jpg今なら『出雲大社、平成の大遷宮』や、『高円宮典子女王殿下と、出雲大社の神職千家国麿さんのご婚約内定』で盛り上がってることですし、

 大社線が我慢して存続してたなら・・・とか考えてしまいますな^^;

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそうは言っても、永続的に利益が無いと無理なものは無理なんだよ。

ぎゃる魅.jpgでもなんかもったいない路線って感じっすねえ^^;

DSC06042.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgでは簡単な説明も終ったし、いざ旧大社駅跡へレッツニャー!

DSC06043.jpg

DSC06044.jpg

DSC06045.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg立派な木造建築。ここは1924年(大正13年)に新たに建てられた二代目の駅舎。

 1990年に廃駅舎となってしまったがーーー

 2004年に重文(重要文化財)指定、

 今でも廃止時そのままの造りで残ってるところなんだ^^

DSC06046.jpg

DSC06047.jpg

うおっか姫1.jpg天井高くてモダンな照明ねえ^^

DSC06048.jpg

DSC06049.jpg

DSC06050.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgどこを見ても大正モダンチック!

 どんな小さな部位を見てもシックでオシャレだよな~。

 当時、利用してた人は別にそうは思わないのだろうけれど、

 今の在り来たりなコンクリの駅舎が100年経とうが、昔の建築美には絶対叶わないだろうと思います^^

うおっか姫1.jpgアンタ個人の主観だけれど、分からなくもないわね^^

DSC06051.jpg

DSC06052.jpg

DSC06053.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgかつては特急列車も乗り入れてたのかな^^

DSC06054.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg壁には典子さまと国麿さんのご婚約の新聞欄が掲示されてましたぞい^^

DSC06055.jpg

DSC06056.jpg

DSC06057.jpg

ぎゃる魅.jpg喫茶店もあるの?

ちょいのり・サザエさんver1.jpg元駅長事務室には『喫茶・野の花』さんが^^

 あんまり喫茶店とか行かないオイラだが、こんなとこなら是非ともお茶してみたいなあ~^^

(どうやら平日はやってない模様。非常に残念です^^;)

DSC06058.jpg

DSC06059.jpg

DSC06060.jpg

DSC06061.jpg

DSC06062.jpg

DSC06063.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg切符売り場の奥には、駅員さんの冬服夏服などの制服を着飾ったお人形さんがいましたぞい^^

うおっか姫1.jpg白の制服に蝶ネクタイが素敵ね~^^

DSC06064.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ~ここで一旦外へと出ましょう!

 迎えるは団体改札口!

 まるで競馬のスタートゲートのようでワクワクしますな!

ぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgうおっか姫1.jpgそんなわけないじゃん!って思うんだけど、なぜかゲートに思えちゃう私達w

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgその団体改札口の脇から、ちょっとした小部屋に入ってみた。

 元々は待合室のスペースなんだろうか?

 調べてないので分からないけれど、恐らく間違い無いと思います^^

 そこにはーーー

DSC06065.jpg

DSC06066.jpg

DSC06067.jpg

DSC06068.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg旧国鉄時代の腕章やら機材、記念切符の展示なんかあったよ^^

(かつてここに勤めていた方や、JR・国鉄のOBさんのご好意の展示物だそうです^^)

 オイラはそこまで鉄道に詳しく無い。

 とは言っても、いつのまにか鉄道マニアのブロガーさん繋がりで昔よりは、その知識をなんとなくだが知ることになったようだ。

 昔ならなんとなく見て、さっさとスルーしてたかもだが、

 今ではじっくり見ちゃう人になっちゃったなあw

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgなるべくハマラナイようにしてますけどね☆

 

 ---さて、再び外へ出てみましょうか^^

DSC06069.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgホームにやってきたよ^^

DSC06070.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgせっかくなので向こうの島へと行ってみる^^

DSC06071.jpg

DSC06072.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgん!?

 するとだよ! 向かいのホームの端っこに『あるもの』を八犬伝です!里見こーたろーです!

DSC06073.jpg

DSC06074.jpg

DSC06075.jpg

DSC06076.jpg

うおっか姫1.jpg機関車ね^^

ちょいのり・サザエさんver1.jpg野ざらしでボロボロなのが少々玉に瑕ですが、それでもやっぱりかっこええなあ~^^

 マニアじゃないけど惹かれるよな^^

 ほんとは中まで覗けるのだが・・・

 丁度子供達の集団が占領してまして・・・

 乗るのは諦めちゃったよw

DSC06077.jpg

DSC06078.jpg

DSC06079.jpg

DSC06080.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg機関車の外観を見て周りつつ、再び駅舎のあるホーム側へ戻る^^

DSC06081.jpg

ゼブラ2.jpg切符の精算所も渋いですなあ~^^

DSC06082.jpg

DSC06083.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgホームの端っこには・・・転轍器?ってやつですかね???

 よくわからないけどなんかかっくいいーぜ!

DSC06084.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgあと、ここは一応終点の駅だし、レールがくねっと曲がった車止めを見に行ってみたぞい^^

 そしたらーーー

DSC06085.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgレールが藪に飲み込まれているのか、撤去されちゃったのか分からないけど無かった^^;

 でも、丁度レールの終りっぽいとこに

DSC06086.jpg

DSC06087.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgユリがひとつだけ咲いてました^^

 どうやら彼女が『ここまでよ~^^』と教えてくれる大社線の駅員さんのようですね^^

DSC06088.jpg

DSC06089.jpg

DSC06090.jpg

ぎゃる魅.jpgあの大きい鳥居は何???

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgあれは『神門通りの大鳥居』だよ^^

(もしくは宇架橋の大鳥居)

 出雲大社4っつの鳥居のうち、一番外っかわの『一の鳥居』だ^^

ぎゃる魅.jpgえ?じゃー、そんなに遠く無いじゃん!出雲大社までw

ちょいのり・サザエさんver1.jpg言っただろ?『一の鳥居』って。

 あそこまでなにげに歩くし、まだまだアソコはスタートラインに過ぎないんだからw

DSC06091.jpg

DSC06092.jpg

DSC06093.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ!いよいよ目指しましょう!出雲大社へと^^

DSC06095.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgぶっちゃけ旧大社駅跡からまっすぐ道路を進むだけです^^

 お散歩好きなら、なんら苦になる距離ではありません☆

 もし出雲大社にまだ訪れたことが無い方で、出雲大社に詣でたい!って思ってる方がいらっしゃったら、

 どうでしょうか?

 旧大社駅跡を見てまわってから出雲大社へ行かれるのも楽しいと思いますよ^^

DSC06096.jpg

DSC06097.jpg

DSC06098.jpg

DSC06099.jpg

DSC06100.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg一の鳥居を潜ってから景色はガラッと変わる。

 右に左に松並木とお土産屋さんがズララララー^^

DSC06101.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg出雲大社前駅に到達。随分とオシャレな駅舎です^^

 ちなみにコチラは国の『登録有形文化財』

 1930年(昭和5年)に建てられたステンドグラスのある洋風建築であります^^

 

 さあ!ここから少しすると、いよいよ上り坂。

 いかにもこれから神社神宮大社が待ってますぜ!って感じになってくる☆

 カップルの波を・・・追い越し追い越し、

 急にごみごみしてきた人々の間を進むとようやく見えて来ました♪

DSC06105.jpg

DSC06106.jpg

DSC06107.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgいよいよ来ました『出雲大社』です☆

うおっか姫1.jpgなんか来たこと無いけど凄そうな感じするわね^^

ちょいのり・サザエさんver1.jpgここで鳥居をくぐってめっちゃビックリしたのはナイショです。

 

 だって・・・

DSC06108.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg大社まで『下り道(下り参道)』だとは知らなかったから!

 ということで次回に続きます^^

ぎゃる魅.jpgちょっと待てやあああオッチャン!

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgなんですか?ぎゃる魅さま。

ぎゃる魅.jpg隠岐・島根シリーズは今回で最期って前に言うたじゃねーか!

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg大人の事情ですよw

 

 


nice!(105)  コメント(28) 
共通テーマ:日記・雑感

第715話 隠岐に召しませ!隠岐・島後編☆ファイナル!『島旅ウォッチ?隠岐のラブラブ狛犬さん!』 [島旅]

『最近・・・、床に落ちた10円玉とか中々拾えないんですけど!』

 ページをめくろうと思っても指先乾いていて全然めくれないし・・・(それでも唾つけてページめくりたくないプライド☆)

 煙草が二本、火が点いてることあるし・・・

 やだねえ~オッサンって!

 歳とりたくないよーw(もうすぐ誕生日です!宣伝っ!)

 

 さてオッサン話しは置いておいて続きです。

 もうどうにもできないしねw

 

 今回の隠岐シリーズもいよいよクライマックス。

 そしてなぜか尻すぼみのように地味にフィナーレへと向います!

 第3日目の夕刻から第4日目の『本土への』フライトまでの物語をお送りいたします。

 ではでは第715話、スタートです^^ 

第715話・妖怪ウォッチ・フミちゃん・島後散策2.jpg 

DSC05949.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg非常階段を確認しておくのは常識だよな!

ゼブラ2.jpg意外と気にしませんよ~^^;

ぎゃる魅.jpg浴場とレストランだけ把握してりゃ~いいじゃんw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgオイラはまだまだやりたいことがあるので一応チェックするのだ!死にたくないものお~☆

 ま、しっかり周辺チェックで自分の今回のお部屋にちぇっくインです^^

DSC05950.jpg

ぎゃる魅.jpg一人なのにベッド2つっすか。優雅な宿泊っすねw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgしょうがないだろ!ここしか空いてなかったんだから^^;

 もしかしたらこのあとお姉さんとの出会いもあってムフフもあるかもしれないじゃないか♪

ぎゃる魅.jpgベッド2つをムフフでどうやって使うんすかw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgはいはいすいませんでした!はいはいオイラの負けです!ふーんだっ!^^;

 ま、そんなことは置いておき、

 朝9時からのロングランなドライブでヘトヘト。

 使わない(だろう)ベッドに荷物を投げて、もう一つの方のベッドに大の字に寝転んだ。

 ---気持ちええ~♪

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg四肢を伸ばしてねっころがる。疲れた後にはご褒美だよね^^

 さあ、せっかくのホテル宿泊ですよ!

 アメニティも充実です☆

 しかも見て欲しい!

 いや見てよ!

 ここ西郷港を見下ろすオーシャンビューのこの部屋の素敵さを!

 ほら!

DSC05951.jpg

DSC05952.jpg

DSC05953.jpg

DSC05954.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg消防隊進入口のステッカーが

 めっさ邪魔なんですけどっ!

うおっか姫1.jpgホテルになにかあっても、真っ先に助けてもらえそうだからいいじゃないのさw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgくそー!独り者いじめだコレはw

 まあそれはしょうがないし諦めるという事で、さっそくーーー

DSC05955.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgさっき自販機で買ってきた缶チューハイで今日の旅路の疲れを労います^^

 くっはあああ~!最高デス☆

 この後は夕ご飯まで何もする気がおきず、部屋のテレビで暇つぶしをしておりました^^

 

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgとはいっても地元ローカルっぽい番組ばかりでちんぷんかんぷん^^;

 チャンネルを回しては次、回しては次を繰り返してたのだ。

 だらだらとチャンネル回すこと数十回ーーー

DSC05956.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpg夕方のアニメ枠だろうか?

 いかにも子供向けっぽいアニメが放送してた。

 他に見るものも無いので、チャンネル回さずにこのアニメに固定。

 ダラダラと視聴してました^^;

ぎゃる魅.jpg妖怪ウォッチ!?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそう。たまたま見かけて見たのが、今世間で流行ってるという『妖怪ウォッチ』だったんだよねえ~^^

 ほんとに初見でした。

 噂には流行ってる(子供達に)とは聞いていたのだが・・・

 ポケモン含めて自分の守備範囲のアニメでもねーよなコレ!って思ってたからスルーしてたのだ。

 でも~

 面白いなコレw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg元々はゲームなんだそうだけど、このアニメはギャグ多目でおもれーw

 久しぶりにはまってしまいました☆

 でもアニメのギャグは、今の子供達に分かるのかな?ってのが多々あります。

 ネタ的にはボクの思春期から青年時代の時代背景だったりするしねえ。

ゼブラ2.jpgお子さんと一緒に見てはまってしまうお父さんお母さんもいるらしいですな^^

うおっか姫1.jpgぶっちゃけアンタが30歳くらいで結婚して子供居たら一緒にはまってたかもしれないわよねw

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgそれは言わないでー^^;

ちょいのり・サザエさんver1.jpgまあでも、職場にオイラと同い年くらいで小学生の息子が居る同僚といいますか上司がいるんだけれど、

(つい先日、テレビ番組『噂の東京マガジン』の、やって!Tryのコーナーに彼は出演してましたよ~^^)

 妖怪ウォッチの話題を振ったら嬉しそうに食いついてきたよ~^^

 なんでも妖怪ウォッチのグッズ集めに奔走したりしてるらしい。

 息子とのコミュニティーツールになるなら良いアニメじゃないか☆

 オイラにはその境遇、その親バカっぷりが実に羨ましいですね^^

(親父とアニメの話なんてしたことねーし^^; ボクの為に走り回ってたのはいつも母親だったし)

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそんな妖怪ウォッチのおかげで、あっという間に夕ご飯です☆

DSC05957.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgロビー横にあるレストランへとやってきたぞい^^

DSC05958.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgとりあえず案内された席に着くなりビール注文!

 もうバイクも車も乗ることが無い!

 好きなだけ飲めるしね☆

ぎゃる魅.jpgすでに缶チューハイ飲んでるやんかあ^^;

DSC05959.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg料理のラインナップはこんな感じ^^

DSC05960.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg何か貝とお~

DSC05961.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgお刺身と~

DSC05962.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg隠岐牛の陶板焼きと~

DSC05963.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg鯛かぶとの煮付け☆(オイラ、鯛の頭の煮付け大好き!)

DSC05964.jpg

DSC05965.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg隠岐牛ジュージュー焼いて美味かったぞー!

DSC05966.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg米なすのしぎ味噌も良かったねえ^^

 結局追加で日本酒やらなにやら頼んじゃいました☆

 ホテルの飲食に居たオイラからすると無難なホテル懐石だなあ~とは最初は思ったけど、酔えばなんでもうめーよw

 

 ---この後は

 自分の部屋のあるフロアーのお酒の自販機の缶チューハイを売り切れになるまで買い込んで

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgいつのまにやら爆睡です☆

(※ 正確に言いますと、別のフロアーの自販機の缶チューハイも拉致ってます☆)

おっさん爆睡!.jpg

DSC05967.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgおはようございます^^

 多少お酒が残ってはいますが素敵な朝を迎えられましたよ!

 そして見てださいよ!

 窓からの素敵な早朝オーシャンビューを!

DSC05968.jpg

DSC05969.jpg

ぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgうおっか姫1.jpg曇ってるw

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgというか雨でした^^;

うおっか姫1.jpg最終日の予定は?

ちょいのり・サザエさんver1.jpg11時ジャストの飛行機で出雲空港に帰って、夕方6時の飛行機で羽田かな。

ぎゃる魅.jpgじゃあ~島後じゃもう観光しないんだね(むしろ夕方まで何してるのかひっかかるな)

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg観光はあらかた昨日で終了だ。

 さてとりあえず朝食を食いに行って身支度を整えようか^^

DSC05970.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg朝飯はドが付くドノーマル!でもご飯いっぱい食べれちゃうんだよなあ~、旅先の朝飯ってね^^

 この後はさっさと身支度を整えホテル精算して飛び出した。

DSC05971.jpg

DSC05972.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg空港までのバス時間もきっちりチェック。

うおっか姫1.jpg11時フライトなのに10時10分発のバスって大丈夫なの?

ちょいのり・サザエさんver1.jpg空港まで10分くらいだしな。あと、離島便って結構アバウトだし、バスが多少遅れても待っててくれるからこんなもんだよw

 

 さて、9時前にホテルを飛び出したわけなんだが・・・

DSC05973.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg早めに出てきたのには理由がある。それはこの西郷港周辺のお散歩パンフレットだ。

 たまたま手に取ったパンフだったのだが実に色々と事細かく書いてあってねえ~^^

 フライトまでの2時間でお散歩してみようかなあ~と思ったのだよ^^

うおっか姫1.jpgなるほどね

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgあと、このパンフに載ってないような発見とかできたらいいなあ~なんて思ってたりして(例えばレンガとかレンガとかな!)

 っつーことでそぼ降る雨の中、パンフ片手に街歩きです☆

DSC05974.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgさっそくレンガ発見!

ぎゃる魅.jpgどう見ても古煉瓦じゃないよね?

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそだな。耐火レンガって言う部類のレンガちゃんだね^^

DSC05975.jpg

DSC05976.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg途中、自販機でお酒も購入。

ぎゃる魅.jpgまだ飲むのか

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgぐびぐびしながらレンガ探しや町並み探検です☆

DSC05977.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgふれあいタウンピアさんには傘買ったりお菓子買ったりと、よくお世話になりました^^

(ちなみにここは昔、隠岐の役所跡だったりする。明治期の建物は移築されて隠岐郷土館として再利用されてるんだよ~^^)

DSC05978.jpg

DSC05979.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg結局、百万両には行かなかったな^^;

ぎゃる魅.jpgおねーさん居るお店なのにもったいないっす

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgブラブラと街歩きしててふと思うことがあった。

 それは島後だけじゃなく、西ノ島でもそうだったんだがーーー

DSC05980.jpg

DSC05981.jpg

DSC05982.jpg

DSC05983.jpg

DSC05984.jpg

DSC05985.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgレンガ調タイルを使った家屋が非常に目に付いたことだ。

うおっか姫1.jpgたまたまじゃないの?

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいや~、マジでほんとだってばさ。ま、あくまでもレンガ調タイルだからあんまり興味わかないんだけどねw

DSC05986.jpg

DSC05987.jpg

DSC05988.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgま、そんなこんなで西郷地区に流れ込む二本の河川のうち、『宇屋川』という川沿いまでやってきた。

 見た感じ、こちら側の地区は古めかしく味わいがあるような感じ。

 せっかくなので川を遡るようにお散歩開始^^

DSC05989.jpg

DSC05990.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg川と平行して続く通りが『だんじり舞通り』

DSC05991.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg町並みは一気にノスタルジックになってきた^^

DSC05992.jpg

DSC05993.jpg

DSC05994.jpg

DSC05995.jpg

DSC05996.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgこちらもやっぱり川と共に生きてきた集落なんだろうね^^

 家の裏手には小船が留め置けるような川へと降りる階段が当たり前のようにたくさんあったゾイ^^

DSC05997.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgオシャレなゴミ箱もなぜかあったw

ぎゃる魅.jpg鹿、かっくいいっす!

DSC05998.jpg

DSC05999.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgある程度まで上流に来たのでUターンして川の向こう側の道を歩いてみた。

DSC06000.jpg

ぎゃる魅.jpg道徳の道?なんすか道徳の道ってマジで!

DSC06001.jpg

DSC06002.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgごめん。歩いてみたけど何が道徳なのかよくわからんかったw

ぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgうおっか姫1.jpgなんだそりゃw

DSC06003.jpg

DSC06004.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ~今度は八尾川まで歩いてきました^^

うおっか姫1.jpg旅行初日にランチを食べた辺りね^^

DSC06005.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgその近くに『水祖神社』というのがあるのでそこに寄ってみる。

ぎゃる魅.jpg『みずそじんじゃ?』

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいいや。みずそとは読まない。『水祖神社と書いて(みおやじんじゃ)』って読むんだってさ^^

うおっか姫1.jpgその水祖神社に来て、お参りでもしてきたわけ?

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgいや。狛犬に会いに来ただけだ^^

ぎゃる魅.jpg狛犬?・・・なんでよ?

DSC06006.jpg

ゼブラ2.jpgえっと・・・普通にどこにでもあるような狛犬だと思いますが?

 狐や他の動物とかでしたら多少珍しいでしょうが^^;

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgオイラが求めてるのはそっちじゃない。

 オイラが会いたいコマさん(狛犬)は、この神社の裏手にひっそりとあるのだよ。

 っつーことで、境内の裏手にぐるりとまわります。

 するとそこにはーーー

DSC06007.jpg

ぎゃる魅.jpgコマさんラブラブしてりゅ!

うおっか姫1.jpg狛犬って言ったらふつーは神社の入り口や本殿前に左右一対よねえ^^;

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgなんでも古い狛犬を仲良く隣同士で保存しているそうなのだ。

 オイラ的には絶対こっちのほうがご利益ありそうだと思って、拝んできたぞい^^

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgどうか素敵なおねーさんとであえますように!ってね(真顔

ぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgうおっか姫1.jpg叶えばいいねえー(棒読み

DSC06008.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgさて、この神社の裏手が非常に鬱蒼として、なんだか小山のようになっていたことに気づいた。

 しかも小山の中には本殿を通らないと行けない感じになってる。

ぎゃる魅.jpg何か神社の大事なものが小山に隠されてるとか!?

 気になるっすね

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgだよな。で、不思議な小山にどこからか行けないかな~と探っていたら、

DSC06009.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg脇に小山の天辺へと繋がっていそうな階段があったのだよ!

 ということでレッツにゃー☆

DSC06010.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg何も無かったw

ぎゃる魅.jpgなんもねーのかよ

ちょいのり・サザエさんver1.jpgこの神社の裏の小高い山は古墳なんだってさ^^

 もしかしたら骨くらいは埋まってるかもね!

DSC06011.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさて初日にも来た『愛の橋』 そこをスルーして更に上流へ

DSC06012.jpg

DSC06013.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそこには八尾川に架かるドノーマルなネーミングの『八尾川橋』がある。

 その橋を渡った先にはーーー

DSC06014.jpg

DSC06015.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『福かっぱ大明神』という小さな祠がありましたよ^^

 その中に祀られているのは

DSC06016.jpg

ぎゃる魅.jpgかっぱがキュウリもってりゅ!しかも非常に新鮮な感じのキュウリ!

DSC06017.jpg

DSC06018.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgなんでも昔、八尾川には悪さをする河童が住んでいて、

 キュウリをパクったら持ち主の人にバッサリと腕を切られちゃったそうだ。

ぎゃる魅.jpgそこまでしますか・・・w

ちょいのり・サザエさんver1.jpg腕を切られちゃった河童は『もう悪いことしないからボクの腕返してよおおおお!^^;』と頼み込んだ。

ぎゃる魅.jpg腕・・・返してもらってどうにかなるんすかね・・・

ちょいのり・サザエさんver1.jpg腕を返す事と、これ以上悪さをしない事が交換条件で無事交渉成立。

 ご主人が敷地内に河童を祀ったらご利益があったそうです。

ぎゃる魅.jpgえっと・・・なんで悪さした河童先生を祀ったのかが意味不明なんですけど

ちょいのり・サザエさんver1.jpg色々あったんだろうな。

ぎゃる魅.jpg色々って何!

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgなんだかんだで時計を見ると10時近く。

 バス停まで戻ることにした^^

ぎゃる魅.jpg色々ってなんだよおおおお! 

DSC06019.jpg

DSC06020.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgバス停近くの小道。ここはかつて映画館があったそうだ。

うおっか姫1.jpg旅館・松浜さんのおじいちゃんと一緒に見た写真集にも載ってたわね^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあいよいよ西郷港ともお別れ。定刻どおりに来たバスに乗り込んだ。

DSC06021.jpg

DSC06022.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgバスから旅館・松浜さんが見えた^^

 おじいちゃんまた今度来るね!と、心の中でバイバイ。

DSC06023.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg約10分。無事に隠岐空港着っす^^

 んでさっそく出国手続き。

 すると受付のおねーさまにこんなのを渡された。

DSC06024.jpg

ぎゃる魅.jpgなにコレ?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg非常口付近の席なので、万が一のことがあったらご協力お願いしますと言うやつだねえ^^

 オイラ何度目かの遭遇だが、勿論協力させていただきますぞい(どうか無難にフライト終えますようにw)

DSC06025.jpg

DSC06026.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg非常口座席は手荷物を足元に置けないので頭上のラックにうんしょと放り込む。

DSC06028.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあいよいよフライト加速G体験です!プロペラがギュインギュインとーーー

ぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgうおっか姫1.jpgもう説明はいいから早く飛べよ!

DSC06029.jpg

DSC06030.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg隠岐をふわっと離れたら、そこは先ほどまでが嘘のように晴れ模様☆

DSC06031.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg無事に出雲縁結び空港に到着です☆

 さあ~現在正午前。

 帰りのフライトは午後6時過ぎ。

『空白の時間、約6時間』

DSC06032.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg次回、オイラはいったいどこへ向ったのでしょうか?

ぎゃる魅.jpg答えでてるじゃねーかw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg次回、廃墟と神社で隠岐・島根シリーズふぁいなるです☆

 

 


nice!(99)  コメント(33) 
共通テーマ:日記・雑感

第714話 隠岐に召しませ!島後編☆vol⑤『いいえわたしはトカゲ座の男?』トカゲ岩・さざえ村・岩ガキのっくめねー!の巻 [島旅]

腕時計を10年ぶりくらいに購入しました^^』

 

 元々は腕時計してたのですがーーー、腕時計のバンドの部分に汗をかくのが嫌いだったのと、

 PHS、携帯と、常に時間が分かるアイテムを持ち歩く事になって特に必要ないかな?って感じでいつのまにかしなくなっていたんです。

 だけれどもここにきて必要性を感じることになり購入です^^

 原付乗ってると一々ケツポケから取り出すのもめんどくさいし、

 廃墟巡りなんかでも何度も携帯を落としそうになりましたしね^^;

 おかげで前よりスムーズな気がします(一々一時停車しなくても時間見れるしなw)

 ちなみにいつも行く御用達のアウトドアーショップでの購入。

 時計眺めていたら同じくオジサマ2人組みも眺めていたんですが、

『スントってメーカーが今流行ってるらしいんですよ^^』

『スント?そうなのかい?じゃあ一考だねえ~^^』という2人の会話を盗み聞き(勝手に聞こえてきた)していたオイラは、

 それでいいじゃん!流れに乗ろうってことで、スント社というメーカーさんの腕時計にしましたですよ!(ミーハー)

 予定予算より高かったけどまあいいかw

 大事に使い潰そうと思います☆

 

 さて、相変わらず不定期更新なのはお許しをば。

 忙しい週末が重なったり、仕事の仕込み量の兼ね合いで、ブログすっとぼけてさっさと寝ちゃってる感じですので^^;

 では第714話っつーことでスタートいたしやしょう。

第714話・レンちゃん・トカゲ岩へ2.jpg

DSC05866.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgローソク岩(島)を後にして集落へとやってきた頃合、再びポツリポツリと車体に雨が打つ。

 見上げれば晴れている。

 相変わらず狐の嫁入り状態でございやす。

DSC05867.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ~ここから一路島の東海岸を突っ走って西郷港へと帰る寸法です。

 ーーー原付飛ばすこと1時間(法定速度です)

DSC05868.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg中村港というとこにやってきました^^

 どうやらここから数十もの島々が点在する白鳥海岸への遊覧船が出ているらしいとのこと。

 島好きには打って付けの遊覧船ですよ!

 乗らないわけには行きませんよね?全国の奥様たち^^

ぎゃる魅.jpgだれがヤンママやねん。ベビーカーでゴロゴロしちゃうよ!

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgお前のことなんて言っとりゃせんよ^^;

 んで、切符売り場まで来たのですがーーー

DSC05869.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgやってねーしっ!^^;

うおっか姫1.jpgほぼお盆も同然の時期よねえ・・・

ゼブラ2.jpg観光客もいくらか見込めるこの時期にやってないとすると・・・運休と言う名の店仕舞いでしょうか^^;

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg理由は分からないけれど、多分普段から採算あってないんだろうな・・・。

 なんせ路線バスの本数は非常に少ないし、あとは乗り合いタクシーかレンタカーくらいしかないし(しかも栄えている西郷港からすると真反対の場所)

 観光客もあんまり来ないんだろうね^^;

うおっか姫1.jpgでもそういうのもっと旅行前から調べておけばよかったんじゃないの?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgいやそうだけど~、だって今回の旅って『急遽変更になった島旅』だったのもあるんだよ^^;

ぎゃる魅.jpg確かにそだね^^;

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg行き当たりばったりに磨きがかかってるのはご理解くださいw

DSC05870.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさっさと次を目指そうと思ったところ、

『さざえ村』というご飯食べれそうなお店八犬伝です!里見こーたろーです!

 思えば朝から何も食ってない。時間も昼過ぎ丁度いい!

 っつーことでお邪魔することにいたしましたよおー^^

 

 中に入ると観光客が数名。高校野球見ながら美味そうなの食ってましたっす。

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgおしながきを見ると『さざえ丼』とか『岩ガキ』とか海の幸満載です。

ぎゃる魅.jpgむしろさざえ村なのにトンカツとかだったらおかしいっしょw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg正直申しますと・・・ボクはサザエ・アワビとかあんまり得意じゃ・・・なかったりします^^;

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgじゃあなんで入店したw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg魚は好きなんだけどなあ~^^; まあ~そうも言ってられません。

 せっかくだし店のおばちゃんに『さざえ丼』と『岩ガキ1個』を注文して、料理を待っている間に外をブラブラしましたです^^

DSC05871.jpg

DSC05872.jpg

DSC05873.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgぬお!? ここにも水木せんせーの古典妖怪が!

ぎゃる魅.jpg古典妖怪言うなw れっきとした妖怪界のスーパースターっすよ!

DSC05874.jpg

DSC05875.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさてそろそろ料理が出来上がる頃合かなあ~と再び店の中へ。

 出てきた料理はこんな感じっす^^

DSC05876.jpg

DSC05877.jpg

うおっか姫1.jpgサザエが入った卵とじなのね^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg火が入れば別なんだよオイラ!

 サザエ刺し・アワビ刺しはあんまり得意じゃないけれど、つぼ焼きとか、蒸しアワビなら大好きだからな!

 ネギとサザエと御出汁をトロトロの半熟とき卵で仕上げた丼物は最高でしたよ!

 さて次はオプションで頼んだ岩ガキだ。

DSC05878.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg写真じゃ分かりづらいが、煙草の箱くらいデカイ!

 ・・・正直、こんなにでっかいのが来るとは思わなんだ・・・^^;

うおっか姫1.jpgむしろ喜ぶべきところじゃないのさ

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgいやあ・・・えっと・・・でか過ぎてのっくめない(飲み込めない)のよ^^;

 牡蠣って口の中で噛み砕いて食べるものでもないでしょ?

ぎゃる魅.jpgわかんないけどそうなのかな?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg口の中に入れた最初の瞬間は『うっほ~♪ めっちゃカバヤジューシーで最高っすね!』って思ったよ?

 でも喉をとおらねーんだこれがw

 基本、オイラは喉が弱くてね・・・・

 少しでも喉より大きいものだとオエオエしてしまうのだよ(喉の右側が子供の頃から少し張り出していて狭いんです^^;)

 ・・・どうしようかと思ったよ。

 こっそり口の中に箸を突っ込んで半分の大きさに引き裂こうとかもう色々とw

うおっか姫1.jpg最早、美味しさの感動より岩ガキとの格闘ねw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg最期は水と共に一気に流し込んで何とか事なきを得ました。

 欲張らずにカットしてから食べるのをオススメしときますw

(ちょいのり談 まあ、そんだけデカイんですよここの岩ガキ☆)

DSC05879.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ食事もたっぷり取ったしネクストステージへ!

 炎天下なのでドリンクも購入していきました。

DSC05880.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgカゼノコ号を走らせること数十分。

DSC05881.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『隠岐・自然回帰の森』という看板を道すがら発見。

 妙にトカゲ岩が気になった。

 結構時間が押していたのですが、原付で近くまで行けそうだし、そこから500㍍歩くだけっしょ?と安易に思って行ってみることにしましたよ^^

ぎゃる魅.jpgおもいっきし何かダメフラグがたったような気がしてならないっすねw

DSC05882.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg森の中に一歩踏み入れただけなんだけどめっちゃ涼しい!

DSC05883.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg道路わきに流れる清流も目で見て涼しさを感じさせてくれました。

 ---原付でひたすら登ること何分???

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『中谷駐車場』と言うところまでやってきました^^

 どうやら車などで行ける最終地点のようです。

 ここにカゼノコ号を止め、トカゲ岩への道を確かめることに^^

DSC05884.jpg

ぎゃる魅.jpgトカゲ岩展望所まで200㍍やん。結構近くね?

DSC05885.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgオイラもそー思った^^ でもーーー

DSC05886.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgなんかすげーその登り道が鬱蒼と茂っていたので(写真じゃわからないと思いますが先のほうが暗くて怖そう^^;)

DSC05887.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg別ルートの山道から望むことにしたっす^^

ぎゃる魅.jpgうおっか姫1.jpgゼブラ2.jpgなんでわざわざ遠回りw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgだってこっちの方が開けてて、登りやすそうだと思ったんだもん!

DSC05888.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg整備された道をガンガンと進みます^^ 

DSC05889.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg途中にはキャンプ?の小屋?。バンガローの土台?桟敷?みたいなのが点在してました。

DSC05890.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgひたすらひたすら登るぜよ!

DSC05891.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg途中、水が流れていたりするのはご愛嬌^^;

 それでもガンガン!わしわし登る!

DSC05892.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgおかしいなあ・・・駐車場から100㍍ばっかしだというのに、えらく登ってきた感じがする^^;

DSC05893.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgまあそれでも気にせずガシガシ登ることにした☆

DSC05894.jpg

DSC05895.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg歩く事何分だろうか?

 目の前に『屏風岩』という岩肌が見渡せるとこにきた^^;

DSC05896.jpg

DSC05897.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgふとそこには、今の現在地とこの先の大まかな目標が掲示されてた。

 もうちょっと行けば・・・トカゲ岩も見えるのかな?

 

 でも、引き返すことにしました☆

ゼブラ2.jpgぎゃる魅.jpgうおっか姫1.jpgなんでよw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgいいですか?ボクの足元みてくださいよ。ホレ↓

DSC05898.jpg

ゼブラ2.jpg整備された道とは言えその足元は『山を舐め過ぎ』ですな^^;確かに。

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgサンダルで行くのは失礼ですよ^^;

 というかー、草がめっちゃ痛いんです!

うおっか姫1.jpgそんだけ素足さらしてればねえ・・・^^;

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgそれなりの格好・装備しないと行っちゃいけないと思ったのでUターンです^^;

 まあほんと反省です今回^^;

 ---再びカゼノコ号まで舞い戻って下山開始。

DSC05899.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpg行きでは気づかなかったが、これってテキサスゲートじゃね?

ゼブラ2.jpgただの道路を横切る用水路の上の渡し(蓋のようなもの)でしょ^^;

(※ ちなみにテキサスゲートとは、与那国島で出会った馬や牛の侵入を防ぐ道路上に設置した溝であります^^)

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそこからは時間が押しに押してかっ飛ばす(勿論、法定速度です☆)

DSC05900.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg島後『布施(ふせ)』のデザインマンホールゲット!

DSC05901.jpg

DSC05902.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg別バージョンの『布施』のデザインマンホールも道すがらゲット☆

うおっか姫1.jpgデザインマンホーラーは旅先でもしっかり仕事しないとねw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg島旅・廃墟・煉瓦とデザインマンホールが趣味ですからねっw

DSC05903.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg壮大な景色を眺めつつ飛ばすんだが、なんせ島後島は『デカイ』

 途中、東屋みたいなとこ見つけたので休憩を入れる。

DSC05904.jpg

DSC05905.jpg

DSC05906.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgボロボロの展望案内図を見ながら景色を見るのだが・・・

 なんかココめっちゃカビ臭い!

ぎゃる魅.jpgどゆこと?

DSC05907.jpg

DSC05908.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgどうやらこの展望所に敷き詰められているパネルが木だったようで、それが原因みたいだった^^;

うおっか姫1.jpgあんまりそういう実状は言わないほうがいいんじゃないのかしら。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいや。別に良いとこだけ切り取って、面白おかしく島旅なんていくらでも演出できるよ?

 でもオイラはそういうの嫌いなのだ。

 どちらかというと闇の部分もあるけれど、最後にはそれでもこの島は面白いとこいっぱいだぜ!って紹介したいんだよね^^

 離島の実状を知るのも決して悪いことではないとボクは思ってます。

DSC05909.jpg

DSC05910.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgカゼノコ号を更に走らせ数十分。

 ちょっとかっくいい感じの島が見えてきたと思ったら展望スペースがあったので、勿論駐車して絶景を眺める^^

DSC05911.jpg

DSC05912.jpg

DSC05913.jpg

DSC05914.jpg

DSC05915.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『大久の黒島』と言うそうだ^^

 見ようによっちゃ軍艦島っぽくも見えるかっこいい島っすね☆

うおっか姫1.jpg沖に浮かぶ変な島って説明は・・・なんだか可哀想な気がするわねw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgここは火口跡の名残りの島なんだって。

 日本の神話の神様が生んだ最初の島々は全部が火山島だったことを考えると、

 隠岐もやっぱりそうだったんだなあ~と思うよね(まあ島はほとんどが火山島ではありますが)

DSC05916.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgここでローソク岩(島)の道中で山肌に見えたところどころ緑っぽい石の謎がようやく解けた。

『かんらん岩(輝石)』と言う火山で成り立った石の形跡だったのね^^

 すごく丁寧な説明看板にお辞儀して次へと向いました^^

DSC05917.jpg

DSC05918.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg道中見る、すべての島々がダイナミック!

 中にはこんな奇岩?も↓

DSC05919.jpg

DSC05920.jpg

ぎゃる魅.jpgうは!なんか防波堤に乗り上げた難破船みたいっすねw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgおいらの中じゃ今回の島後島の中でも

『ベストオブ奇岩賞』を送りたい♪

DSC05921.jpg

DSC05922.jpg

DSC05923.jpg

DSC05924.jpg

DSC05925.jpg

DSC05926.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ~!なんとか頑張って走ってたら西郷港の近くまで戻ってきたゾイ!

 正直、時間の制約ありすぎて満足に観光スポットを巡れなかったかもですが、

 それでも素敵な時間を過ごせたような気がしてます(なんせどんなものでも感動しーやさんなもので^^)

DSC05927.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgカゼノコ号(レンタルバイク)を予定時間に返却すべく、

 隠岐国分寺までやってまいりました。

うおっか姫1.jpgそう言えば隠岐レンタカーさんと国分寺はご近所だったわよね。

DSC05928.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgそしたらさー国分寺のすぐ裏がモーモードームだったのね^^;

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgなんでそんな近くなのに気づかないんだアンタw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg地図がアバウトすぎなんだよアバウトw

 いや、単純に自分の見落としですね。申しわけないっす^^;

DSC05929.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ~後鳥羽天皇が承久の乱に敗れて辿った隠岐の島。

 それでも超VIPです(失礼で恐れ多い物書きですが)

 島の皆から歓迎を受けます^^

 おもてなしと言いますか『後鳥羽天皇にエール!』ってことで牛突きの催しが行われたのがこの頃らしい。

 そこから隠岐では700~800年とも言われる伝統の牛突きと言う風習が残ったそうです(めっちゃ噛み砕いて解釈してます)

 さっそくその牛突きを見れるらしい

 モーモードームの入り口っぽいとこへ行ってみるのだが・・・

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg入り口閉まってるっぽい???

ぎゃる魅.jpgここまで来てっすか!?

うおっか姫1.jpgと言うか、開催日じゃないんでしょw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg諦めきれないオイラは、レンタルバイクの返納時間も迫ってるっちゅーのに、モーモードームの周りをウロウロするのじゃ。

 ---すると

DSC05930.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgモーモードームではなく?国分寺牛突き場の看板を発見!?

DSC05931.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgここまで来たなら見てみたい!なんでもいいからモーモーしたいっす☆

 っつーことで矢印の通りに向ってみる。

DSC05932.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgここは国分寺の中なのか外なのか?

 外壁?に沿って矢印が差し示されてるのでその通りに向う。

DSC05933.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgそしたらモーモードームの入り口っぽいとこに出くわした☆

DSC05934.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg受付があったからコッチが玄関だったのねw

 駐車場側はどちらかというとお勝手口だったのかね?

 さっそく中へ突入してみます。

 そこは全天候木造ドームの大きな大きなところでした!

DSC05935.jpg

DSC05936.jpg

DSC05937.jpg

DSC05938.jpg

DSC05939.jpg

DSC05940.jpg

DSC05941.jpg

DSC05942.jpg

DSC05943.jpg

DSC05944.jpg

DSC05945.jpg

ぎゃる魅.jpg牛さんいないっすう・・・

ちょいのり・サザエさんver1.jpgうん。勿論牛さんいなかったよ?

 残念ながらね^^;

 でもすごかったなあ・・・

 いなくても雰囲気バリバリ伝わってくるとこだったよ。

 ツノとツノがぶつかる時ってどんな音なんだろ?

 それを うおおおおおおおおおお!って応援する観客の様をイメージしまくっちゃったなあ~^^

うおっか姫1.jpgいつか間近で本物を見てみたいとこよね^^

ゼブラ2.jpgお正月の島旅で牛突きの伝統が残る島々へ行ってみるのもいいですな^^

 隠岐もそうですし、徳之島など南西諸島なども闘牛の文化が色濃く残っていますしね。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそうだな~^^ 行ってみたいし見てみたいね^^

 まだ年末年始の島旅は未定だけどw

ぎゃる魅.jpg(来年も奄美大島に行くって言ってた気がすんだけど有耶無耶にすんのかなあ・・・?)

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさて、念願のモーモードームもじっくり堪能。

 その後無事にカゼノコ号を返却。

 隠岐レンタカーさんが今回オイラが泊まる宿まで車で送ってくれました♪

DSC05946.jpg

DSC05947.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『隠岐ビューポートホテル』

 西郷港のまん前であり、隠岐で一番メジャーなホテルでしょう。

うおっか姫1.jpgお高いんじゃないの?

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgここしかこの日は空いてなかったんだからしょうがないでしょ(震え声で)

 正直、今までの島旅で一番お金かかってますw

 交通費も宿泊費もね(ヤケクソ!)

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそれもクソ忙しいけれども、その分、お給料面できっちり恩恵を授かっている賜物ですぜ^^

うおっか姫1.jpg二年前のニート時期を考えたら感謝すべきよね^^

ちょいのり・サザエさんver1.jpgほんとそう思うよ・・・

 今の職場にめぐり合えなかったら、こんなこと無理だったしね^^

 急遽の島旅キャンセル代・無駄な?高速船の往復・ちょっとリッチなホ・・ホテル宿泊なんて

 昔だったら絶対無理だったからね^^

 あまつさえ町場の居酒屋では考えられない夏休み4連休をいただけるわけです☆

(※ 大きいとこは知らん。中なり小なりの居酒屋形態じゃ、4連休なんて絶対ありえないから^^; マジで)

 だからこれからも社畜となってがんばりますよー!

 今の職場でw

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpg動機が不純だけどまあ分からなくも無いねw

DSC05948.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgフロントで宿泊手続きをし、自分の部屋のフロアーにお酒の自販機がしっかりあるのを確認して次回に続きます☆

 

 ここまで読んでくださりありがとうございました^^

 次回は夜食と朝散歩の地味なお話となっておりますw

 そして次々回で隠岐シリーズファイナルであります♪

 

 


nice!(106)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感

第713話 隠岐に召しませ!隠岐・島後編☆vol④『ローソク島に火を灯せ?』ダブル杖&840㍍&GOKA温泉 [島旅]

『まず訂正させてください!』

 すいませえ~ん、えっとぉ~、ローソク岩ローソク岩って前記事で書いちゃったけどぉ~、

 実は~ローソク?みたいな~感じぃ~(非常にウザイ感じで訂正。イメージはコギャルっぽく。ふっる~いw)

 まあそんな感じですw

 前記事は直しませんよ?

 だってこの記事の冒頭の前書きも矛盾しちゃうから!

 

 さてそんなことは置いておいてサクサク行きましょう^^

 隠岐諸島三日目、島後巡り。

 行き当たりばったりが裏目に出ることになります。

 でも最期に夏色プレゼントが貰えたかな^^

 ではでは第713話、スタートです☆

第713話・琴音・隠岐・ローソク島展望台2.jpg 

DSC05825.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpg福浦トンネルを後にし、遊覧船乗り場へと向ってる最中、

 山肌に豪快に滝が降ってるのが見えた。

 せっかくなのでまたより道っす^^

 あんだけ立派な滝なら、さぞかしパンフの地図に載ってるだろうと思いきや、載ってねえ^^;

DSC05826.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg近隣のホテルの敷地内なのかな? もしくはその外?

 丁度駐車スペースがあったので、そこにカゼノコ号をとめて徒歩で向うことに。

DSC05827.jpg

DSC05828.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg滝つぼ辺りが見えてきた!

DSC05829.jpg

DSC05830.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg出来れば滝の真下くらいまで近寄って写真撮りたかったんだけれども、どうやらこんな立派なとこなのに観光地化されてない^^;

 舗装道路とは言わないけれど、道を造ってもいいんじゃないかなあ~と思いました。

 泣く泣くあえなく退散です。

DSC05831.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそしてよーやくローソク島遊覧船乗り場に到着っす!

 でも・・・あれ?

 あれれ?

 乗船のチケット売り場とかどこなの?

 そもそも遊覧船ぽいのいなくね???

ぎゃる魅.jpgえっと・・・どういうことだってばさ!

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgうん、実はだな・・・

 予約のみの遊覧船だったようだ^^;

 予約をすれば、観光協会さんから時間指定の連絡が入って乗船できるらしい・・・w

うおっか姫1.jpg予約は・・・

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg勿論してません☆

ぎゃる魅.jpg威張るなw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg行けば乗れるもんだと思ってたけど失敗だったようだね^^;

 でも、でもでもだよ!

 どうしても諦めきれない中年のオジサマは、

 中年の汗くらいベットリと諦めなかったのだよ。

ぎゃる魅.jpgねちょねちょしてそうw

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgパンフの簡易な地図をもう一度見直してみるとーーー

 あったよ!ありました♪

 どうやら『陸からも見れるところがある』ようですぜ^^

 というわけで、レッツビギン、レッツトライです☆

 なんだかんだで大分Uターン。

DSC05832.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgようやくローソク島展望台はコチラですの看板があるところまでやってきた^^

DSC05833.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgカゼノコ号(レンタルバイク)なら約7キロも大したことは無いとはいえ・・・

 ここからはひたすら登り道。

 あごなし地蔵尊のおじいちゃんに頂いた手ぬぐいを頭にギュッと巻きつけて気合入れて行く事にした(おじいちゃんありがとう!)

ぎゃる魅.jpgなんかパンツかぶってるようにも見える~w

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg失敬なw

 

 ---カゼノコ号が頑張ること20分?

DSC05834.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgローソク島を見渡せる展望台と、ローソク島をもっと見渡せる遊歩道の分岐点にある駐車スペースまでやってきました(トイレあり)

 そこには案内板が立っていたのだがーーー

DSC05835.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『第二展望台』、コチラは遊歩道を下って超間近にローソク島を展望できるらしい。

 ただしそこまでは840㍍。プラス急勾配^^;

DSC05836.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg片や『第一展望台』、現在地の駐車スペース(休憩所)から徒歩20秒♪

 ただし、ローソク島からはすこぶる遠い!

ぎゃる魅.jpgそりゃやっぱり第二でしょ?マジで。

うおっか姫1.jpg普通はそうよね。だってあんなにローソク島ローソク島って言ってたんだからあ^^

ゼブラ2.jpg第二展望所しかありえませんな!

DSC05837.jpg

DSC05838.jpg

DSC05839.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgあれがローソク島かあ!素敵な眺めじゃないか(よし帰るぞ!)

ぎゃる魅.jpg待てよオッサン!楽してんじゃねーぞ!

 あんなちんまいローソク島見て満足か?あん?

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgすいませんほんとすんません^^; 実はほんとに『もうこれでいいかなあ~』って思ったのよ^^;

 確かに『うは・・・第一展望からだとちっせーw』とは思ったさ。

 でもでもさあ~

 平坦な道なら840㍍って大した距離じゃないよ?

 でも斜めの840㍍って意外と遠いぜ?

 しかも往復だしw

(その上、運動不足の中年ですよ!中年貴族ぅ!)

うおっか姫1.jpgまあそうよねえ~。

ゼブラ2.jpg勾配考えると遊歩道って言うほど気楽でもないところですな^^;

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgだろ? だから『もういいよね?』って心の中の悪魔に囁いたら

『あん?いいんじゃね。お前がそう思うならψ』って温かいエールを頂いたのだよ。

 でも、

『ちょっとまってクダサーイ!ほんとにそれでイイデスか?ブログ的には味気ないデース。もう一度ご一考ヲ!☆』と、

 心の中の端っこにまだ居たらしい天使が訴えたんだよ!訴訟も辞さないってさ。

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgっつーことで『仕方が無く』第二展望所へと向うことになりました☆

 ブログの為に労力使うなんてプンプンのゲキオコですよ!

ぎゃる魅.jpgぶっちゃけ最初から行く予定ってことっすねw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg規定路線です☆

DSC05841.jpg

DSC05842.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgおよ? 遊歩道入り口に木の棒がいっぱい刺さってました。

 なんだろねこれ?

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgどう考えても『杖』です

DSC05843.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgせっかくなので『ダブルストック』と洒落込みましたよ^^

 なんか楽そーだしいーw

うおっか姫1.jpg逆に負担にならないかしら・・・^^;

DSC05844.jpg

DSC05845.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg最初の下りは道もならされていて順調順調!

 こりゃ楽々行けるや☆って思ってました^^

DSC05846.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgむしろ欲張って持って来た二本の杖が邪魔でしょうがない^^;

 杖の扱いの経験が無いから、ギクシャクギクシャクです^^;

 生まれたての仔馬のように変なとこに杖を置いてはカクカクカクカク降りてました^^;

 でも転ばぬ先の杖って訳でもないけれど、

 杖とのリズムがあってくると急勾配のカーブなんかはグリングリン!とうまく降りられるようになってきた^^

DSC05847.jpg

ぎゃる魅.jpgあれ?こっちだとローソク『岩』ってなってるよ?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgそうなんだよな^^;

 パンフや看板だと『ローソク島』がほとんどなんだが・・・

 ここの標識は『ローソク岩』なんだよ^^;

 よーわからんです。どっちでもOKってことなのかな?

DSC05848.jpg

DSC05849.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg降ること何分か忘れちゃったけれど、森が開けて海の向こうにそれらしきものが見えてきた!

DSC05850.jpg

DSC05851.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgやっとこさ第二展望所に到着っす☆

 そこから見えたローソク島(岩)はこんなだった。

DSC05852.jpg

DSC05853.jpg

DSC05854.jpg

DSC05855.jpg

ぎゃる魅.jpg確かにローソクっぽいっちゃローソクっぽいっすね。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいやむしろ、よくぞこんな形に侵食されて残りましたね!と、

 自然の壮大なお遊びに感動しちゃったよ^^

 っつーかもっと(*^〇^*)わお!って感動してくれよw

うおっか姫1.jpgわお

ゼブラ2.jpgわお

ぎゃる魅.jpgわお

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg随分とスレた人たちですな^^;

 んでもって、せっかくここまで来たのなら~ってことで記念撮影です^^

DSC05856.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgローソク島はコッチですと、指差して記念撮影☆

ぎゃる魅.jpg先生!指先がズレまくってます!

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgですよねー!

 だからもう1回、パシャリ☆

DSC05857.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg今度こそバッチリやろ?

ぎゃる魅.jpgう~ん・・・OK・・・ってことにしよっかw

DSC05858.jpg

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgさあ帰り道です。

 帰り。つまり登りはきつかったなあ・・・^^;

 杖なかったらもっとヤバかったかも^^;

 交互に杖を地面に突けば足の手助けにもなるし、

 急勾配の登りの時は、同時に2本の杖を突くことで、振り子のように前に進めるんだね^^

 杖がこんなに便利なものなんて改めて知らされたよ^^;

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgただし、腕もパンパンになったけどねw

ゼブラ2.jpg負担を両脚から四肢に分散しているだけですしね。とは言えストックや杖の有り難味はあると思いますな^^

DSC05859.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg山肌にヘンテコリンな紋様を見つつもひたすらに登るオイラ。

 軽登山というか軽々プチ登山の末に、

DSC05860.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgよーやくカゼノコ号の元まで返って来た^^

 ご来光とかそんなたいそうなもんじゃないけれど、ちょっとしたものでも山ってのは登るにせよ降るにせよ、やりきった後は達成感あるよなあ~^^

 いずれオイラも『山登りシリーズ』なんてのもやってみたいと思いました(実はなぜかもうストックだけは持っているw)

ぎゃる魅.jpg廃墟・煉瓦・島旅と来て山も目指しますかw

うおっか姫1.jpgどんどん『居酒屋けいば』ってブログタイトルから離れていくわねw

ちょいのり・サザエさんver1.jpg10年くらいブログやってれば、そりゃ~嗜好もいろいろ変わってくるもんだよ^^

 

 さあ、ローソク岩(島)もなんとか間近に見ることが出来て満足だが、

 まだまだ予定していた道中の折り返し地点だ。

 時間も無いし先へと急ぐゾイ!

 

 すっかり日に熱せられてアツアツとなったレンタルバイクのシートに腰を下ろして(ケツが焼けそうです!)

 山道をひたすら下る。

 

 すると道中、道路の先に蠢くものを発見した。

 それはーーー

DSC05861.jpg

DSC05862.jpg

DSC05863.jpg

ぎゃる魅.jpgクワガタの雌!?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgたぶんヒラタクワガタのメスだな^^ ひさしぶりにクワガタ見っけたよ!

うおっか姫1.jpg道路にウロチョロしてて踏まれたりしないの?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg展望台の行き帰りではまったく人とすれ違わなかったなそういえば^^;

 とはいえ踏まれてしまわないように道路の端っこに誘導しといたぞい^^

 最期に素敵な出会いで締めくくりですな。

 

 ---ようやく集落のある麓まで下ってきた。

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgおや?道路の先に立派な建物八犬伝です!里見こうたろうです!

DSC05864.jpg

うおっか姫1.jpg『隠岐温泉GOKA』 つまりは温泉施設ね^^

ぎゃる魅.jpgここいらで風呂もいいねオッチャン!

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgだよな!隠岐唯一の温泉と言っても間違いはないだろ(たぶん)

 島巡り前半戦の疲れを一旦癒すのもまたいいんじゃないかと、オイラは寄ることにしたのだ^^

DSC05865.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg準備中でした☆

ぎゃる魅.jpg素晴らしい!

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg次回は道中で食べたランチの話と再びヤマノススメ・セカンドシーズンです!

ぎゃる魅.jpgまた登るのかよ!

 

 ここまで読んでいただき誠にありがとうございました^^


nice!(103)  コメント(26) 
共通テーマ:日記・雑感

第712話 隠岐に召しませ!島後編☆vol③『ボクも島の人たちみたいに、おもてなし出来る人になりたい』 [島旅]

『さて、隠岐・島後島のスペックも紹介せねばなりませぬな^^』

 

 隠岐諸島主要4島の中でも最大の島『島後(どうご)』

 知夫里・西ノ島・中ノ島の3島で『島前』と呼ばれるのに対して、島後は単独で『島後』と言われるだけあってデカイ。

 人口は1万5000人を越え、周囲はなんと200㌔オーバー。

 港を離れると『ここは本当に島なのかな?』と思わされるくらいです^^

 さて、そのどでかい島をレンタルバイクで滑走することになったちょいのりですがーーー

 どこまで島後を見て、どこまで島後を感じたのでしょうか?

 ではでは第712話、島後編☆スタートです!

第712話・隠岐・夕実ちゃん・レンタルバイク2.jpg 

ちょいのり・サザエさんver1.jpgまず最初に『島半分を捨てることにした』

ぎゃる魅.jpgえ!?どーゆーことっすか?マジで???

ゼブラ2.jpgなるほど。あまりにも大きい島だから全部を見てまわるのは諦めたということですな。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgまあそういうことだ。

 ある程度ポイント絞らないととても一日じゃ回りきれない島だしなあ^^;

うおっか姫1.jpg壱岐や奄美大島、奥尻の時は島が大きすぎて全然まわれなかったものね^^;(迷子になったのもあるけれどw)

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさて、今回お世話になる鉄馬もご紹介しておこう!

 レンタカー屋さんで借りた原付、その名もーーー

DSC05737.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『カゼノコ号』だ(勝手に命名)

うおっか姫1.jpgいつものお約束ね^^ 島で借りる原付や自転車には必ず競走馬の名前をつけるやつw

ぎゃる魅.jpgカゼノコ?あんまり聞いたこと無い馬名っすね

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgなんだと!? ・・・まあしょうがないかな^^;

 地味ではあるが、ボクが敬愛してやまない超名馬『アグネスデジタル』の子供であり、

 彼に初のG1・jpn1と言うビッグタイトルを今年、プレゼントしてくれた孝行息子なのだよ!

ゼブラ2.jpgまあ地方のG1ではありますが立派なものですな^^

ちょいのり・サザエさんver1.jpg『アグネスデジタルの子がG1を優勝したら競馬をやめる』と決めていた。

うおっか姫1.jpg確かそんな約束してたわねw

ぎゃる魅.jpgでもやめてないんでしょ?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg中央競馬(JRA)のG1勝ったら辞めるってことにしたから☆

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpg絶対やめないなこの人!w

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ~一通り前説がおわったところで飛び出しましょうw

 ではいくぜカゼノコ!

 

 レンタカー屋さんを飛び出したのはいいのだが・・・

 手持ちのおおまかな地図だと今自分がどこらへんにいるのか良くわかって無かった^^;

ぎゃる魅.jpgいきなり不安な感じいw

ちょいのり・サザエさんver1.jpg道の標識と地図を見比べつつ『たぶんコッチだなあ・・・』と進みます。

 すると 

DSC05739.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpg隠岐国分尼寺跡はコチラです!なる標識を発見。せっかくなので大きな道を外れて寄ってみることにしたのだ^^

DSC05740.jpg

DSC05741.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgじゃあ先へとガンガン行こうぜカゼノコ☆

うおっか姫1.jpgなにもなかったのね

ぎゃる魅.jpgほんとになんもなかったんすねw

DSC05742.jpg

DSC05743.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそこから本当に直ぐ近くに『隠岐国分寺』を発見^^

DSC05744.jpg

DSC05745.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgここにも水木せんせーの古代妖怪がいらっしゃいました。

ぎゃる魅.jpg古代妖怪言うなw

DSC05746.jpg

DSC05748.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgこの国分寺のおかげでようやく自分の現在地と地図が合致。

 ここで旅のプランニングを立てることに。

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgここで!? もう決まってるんじゃないのかよ!

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgいや漠然とは決めていたけど、改めてじっくり練ることにしたのだ。

 ここから島の右側へ行き、海岸線を北上して島の北側にある『ローソク岩』を見て、島の真ん中を縦断する道路で帰ってくる計画さ^^

 これなら時間的にもなんとかなりそうだと思ったのだ(島の左側半分は諦めることで)

 まずは最初のチェックポイント『隠岐モーモードーム』っす☆

ぎゃる魅.jpgモーモードーム?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg隠岐にも800年の歴史を誇る『牛突き』の伝統文化が残ってるのだよ^^

 それを観光客にも見せてもらえる施設らしい。

 いざ!モーモードーム!

 待ってろモーモードームウウウウウ!!!

DSC05749.jpg

DSC05750.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgはい。と言うことでカゼノコと共に『あごなし地蔵道』というところにやってまいりました^^

 どうやらここに行くとあごなしゲンさんに会えるらしい。

ぎゃる魅.jpgちょっと待てやオッサン

うおっか姫1.jpgモーモードームはどうしたのよw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg国分寺から直ぐ近くだと思ったのだが・・・

 あっちかな?こっちかな?とやってるうちに・・・

 今回計画していた道順を逆走してたのです^^;

 戻ってやり直すのもタイムロスだし、そもそもオイラは道に迷っても一旦戻ることはしない人間。

 しょうがないのでローソク岩経由~最期にモーモードームに切り替えることにしたw

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgだから余計迷子になるんだよ!w

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgせっかくなので、予定には無かった『あごなし地蔵』さんを見てこようと大きい道路から外れて山の方へ。

 地図的にはそこまで時間もかからなそうだったし^^

DSC05751.jpg

DSC05752.jpg

DSC05753.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg国道485号線から逸れて『都万目(つばめ)』と言う集落を目指します^^

 道々には立派な灯篭、家々には立派な蔵が目立つ。

DSC05754.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg進むこと10分くらいかな?いよいよあごなし地蔵さんのとこまでやってきた^^

 駐車場にカゼノコ号を止め、歩き出すオイラ。

DSC05755.jpg

ぎゃる魅.jpgわあ、亀がいるう^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg手水舎の亀さんにご挨拶していよいよあごなし地蔵さんへ会いに。

 会いに・・・

DSC05756.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgあれ?なんかお堂への階段にブルーシート被せてある・・・。

 しかも地元の人が数人、せわしなくお掃除していた。

うおっか姫1.jpg工事中とか改築かしら?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgなんかお邪魔な気がしてきて、オイラはあごなし地蔵さんをご拝顔するのをやめることにしたのだ。

 ここまで来たけどまあ~しょうがない。

 再び駐車場へと向った。

 

 ---すると

『おや?あごなし地蔵を見られにきたのですかな^^ だったら是非見ていってくださいよ^^

 ちょっと散らかってますけどせっかくですし^^』と、

 地元のおじいちゃんらしき人が声を掛けてくれたのです^^

DSC05757.jpg

『実は昨日お祭りがありましてね、みんなで片しているところなんですよ^^』

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgお祭りの後だったのかと苦笑い^^; とはいえそれでもお邪魔かな~と思ってしまった内向き志向のオイラでやんす^^;

『昨日いらっしゃったならもっと良かったですね^^ でもまあ見てやってくださいな』と、おじいちゃんが案内してくれました^^

DSC05758.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg『あごなし地蔵』 歴史は端折りますが『古くから歯痛に効くと信仰された』地蔵尊です^^

 50年に一度のご開帳って聞いてたけれど定かじゃない。

 でも偶然にもご拝顔できてラッキーですね^^

ぎゃる魅.jpgやっぱり仏像には『顎が無い』んすか?あごなしって言うくらいだし。

ちょいのり・サザエさんver1.jpg『あごなし』って言っても『顎』のことじゃないよ^^

 阿古という農夫が昔居て、隠岐の島に流配された有名な歌人のお世話をしていたそうなんだ。

 でも阿古さん虫歯でねえ・・・(いや歯の病気であって虫歯かどうかは妄想ですが)

 それを見かねた歌人が身の回りの世話のお礼もこめて地蔵菩薩を彫り込んだんだ。

 それを毎日拝んでたら虫歯が治ったってことからーーー

『阿古直し』→『あこなおし』→『あごなし』になったって言われてるのさ^^

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgそういうことなんだw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg日本の古くからのネーミングには割と多い話だよね^^

 お賽銭投げて、ここでも旅の無事を祈っておきました。

ぎゃる魅.jpgどうか虫歯がなくなりますようにとかじゃないのかw

DSC05759.jpg

DSC05760.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgその後は、お祭りのお話とかおじいちゃんに聞いたりして、最期に『ありがとうございました^^』と言って、カゼノコ号に戻ろうとした。

 そしたら

DSC05761.jpg

『お祭りの残りだけれど、コレどうぞ^^』と、

ちょいのり・サザエさんver1.jpg手ぬぐいと缶コーヒーをいただいちゃいました^^

うおっか姫1.jpgあら、嬉しいわねえ^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgおじいちゃんお世話になりました!ありがとうございます^^

ぎゃる魅.jpg全然関係ないけどオッチャンの手黒くね?マジで。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgこれは日焼けだな^^ 指先が白いのはバイクのグリップ握りこんで日に当たらない部分だからだね。

ぎゃる魅.jpgマジかよ

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそれだけ三日目は天候に恵まれたってことっすよ^^

DSC05762.jpg

DSC05763.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgさて、あごなし地蔵さんとこから国道へと戻ってきたのだがーーー

DSC05764.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpg国道脇の道が妙に気になったので散策することに。

ぎゃる魅.jpgすいませんが廃なとこはいいから普通に観光地に行ってくれませんかねマジでw

 島旅だよ?島旅!

DSC05765.jpg

DSC05766.jpg

DSC05767.jpg

DSC05768.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgトンネル脇だから、昔の旧道なんだろうね。小さな滝があって涼しいとこでした^^

 さあ時間は有限だ。さっさと行くぜ!カゼノコ号!

DSC05769.jpg

DSC05770.jpg

DSC05771.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg途中、高速のSAじゃないけれど道中の途中にある神社で休憩を入れることにした。

 なんせ炎天下の中の運転だしな^^

DSC05772.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgおじいちゃんコーヒーありがとう!おいしくいただいたよ^^

DSC05773.jpg

DSC05774.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgさて駐車場を間借りするだけでは悪いので、

『水若酢神社』さんに寄ってみよう^^

うおっか姫1.jpgほんとにどこにでも神社あるのね。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgまあな。隠岐には確か100近くの神社が存在したりあったらしいからな。

うおっか姫1.jpg100っ!?

ぎゃる魅.jpg神産み国産みの島は伊達じゃない!っすね

DSC05775.jpg

DSC05776.jpg

DSC05777.jpg

DSC05778.jpg

うおっか姫1.jpgここにもやっぱり土俵があるのね

DSC05779.jpg

ぎゃる魅.jpg亀さまもいるっす☆・・・ちょっと不気味^^;

DSC05780.jpg

DSC05781.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg本殿到着!・・・って思ったら拝殿だったようだ。しかも奥にある本殿には行けないみたい^^;

DSC05782.jpg

DSC05783.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgおよ?ふと脇に立派な意匠の何かが置いてあった。

ぎゃる魅.jpg何かって何だよw 調べろよw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg見た感じ、屋根と屋根の間にあるっぽいやつだよな!

 しかもスペア(予備)みたいな感じ!

ぎゃる魅.jpgだからなんなんだよコレw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg本殿は入れないけれど、遠目にめちゃくちゃ立派だなあ~と思ってたから、

 意地でも周りから撮影してみたぞい!

DSC05784.jpg

DSC05785.jpg

うおっか姫1.jpg素人で興味薄い私でも立派に見えるわね~^^

ちょいのり・サザエさんver1.jpg全体像撮らなかったのが少し失敗だったけれど、大きいよ~^^

 しかも見てよ、分厚い茅葺の屋根!

 重文指定なだけありますぜ、水若酢神社☆(詳しいことはググってくださいw)

 さあ~本日二度目のお参りもしたことだし、進むのみと参道を引き返すオイラ。

 すると地元のおばあちゃんだろうか?

 こんにちは~と声かけてすれ違おうと思ってたら

 つかまった

『あら観光?どうでした^^ ああそうそう、トイレとか大丈夫?あっちにあるわよ^^あ、それとねそれとねーーー』

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいやあ~・・・すっごいマシンガントークでここいら辺のスポットの説明をレクチャーされましたですよw

ぎゃる魅.jpgオッサンもよく人につかまるなあw

ちょいのり・サザエさんver1.jpgまあでもありがたいよね^^ 

 オイラはシャイではありますが、こういう人になりたいですよ。

 だから今日出会ったおじいちゃんおばあちゃんはとても尊敬です^^

DSC05786.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさて休憩も充分。いざローソク岩へとガンガン向います。

DSC05787.jpg

DSC05788.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpg途中、たまたま信号で止まって横を見ると『刻印煉瓦』が!

ぎゃる魅.jpgマジか!?

DSC05789.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgと思ったら五箇小学校のオブジェだったw

DSC05790.jpg

DSC05791.jpg

DSC05792.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg近所に旧校舎らしきものが見えたのですかさず寄り道w

 う~ん渋い!廃好きにはたまりませんね♪

DSC05793.jpg

うおっか姫1.jpg天気も良いし気持ちよかったでしょ^^

ぎゃる魅.jpgカゼノコに乗って風を切るとか洒落ですか?

ちょいのり・サザエさんver1.jpgきもちいいぞ~^^ オイラがレンタカーじゃなくレンタルバイクを選ぶのもこういった理由だな^^

 とは言え晴れてると思うだろ?

ぎゃる魅.jpgえ?晴れてるじゃんバリバリ。

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg実は晴れてはいるんだけれど『狐の嫁入り』状態だったんだ。

ゼブラ2.jpg要するに天気雨だったってことですな。

ちょいのり・サザエさんver1.jpg雨雲から風で流れてくるのかわからないけれど、晴れてるのに降ったりやんだりだったw

 それでも大した雨じゃなくて助かったよ。

DSC05794.jpg

DSC05795.jpg

DSC05796.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいよいよ河口も広がり、海が近いことを感じる。

DSC05797.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそして奇岩の山肌を抜け切ったとき、それが訪れた。

DSC05798.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg福浦港。ローソク岩へと向う遊覧船の出る港でやんす^^

うおっか姫1.jpg海の青と緑がきれいねえ~^^

DSC05800.jpg

ぎゃる魅.jpgん?このトンネルなにさ

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgここは福浦トンネルって言う、明治期の手掘りのトンネルだ^^

 遊覧船乗り場にまっすぐ行かずに、少しコチラへおじゃますることにしたよ~^^

DSC05801.jpg

DSC05802.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgここは明治初期に掘られた海沿いのトンネルを歩く事が出来るんだって。

 ではせっかくだし行ってみようね^^

DSC05803.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg向こうに見えるは弁天島。

DSC05804.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg足元にはいくつもの潮溜まり^^

ゼブラ2.jpgと言う事は、時間によっては海の底かもしれないのですな。

DSC05805.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg岸壁はロッククライミングのボルダリングみたいな地層。

DSC05806.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg最初のトンネルに到着したぞー^^

DSC05807.jpg

うおっか姫1.jpg吸い込まれそうなくらいキレイな海ね^^

ちょいのり・サザエさんver1.jpgほんとそうだったよ^^ 

 あと、景色に見とれてばかりもいられないよ?

 手すりとか一切無いので慎重に進まないと落っこっちゃうから要注意です!

 落ちた場合、どこから上がれるかも考えとかなきゃいけないかもです。

ぎゃる魅.jpgそこまで考えないといけないのかココはw

DSC05808.jpg

DSC05809.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgトンネルと言うか・・・海の縁を歩いてる感じ^^;

DSC05810.jpg

DSC05811.jpg

DSC05812.jpg

DSC05813.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgしっかりした靴での散歩をおすすめします。

ぎゃる魅.jpgあんたサンダルやんけ

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg一応、岩とか登ってもOKなサンダルなんですけど^^;

DSC05814.jpg

DSC05815.jpg

DSC05816.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ無事にトンネルへ到着。

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgはあ?トンネルからトンネルに来ただけじゃないの?

DSC05817.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg海沿いのトンネルと平行してもうひとつトンネルが通ってるのだよ。

 今通ってきた海沿いのトンネルが明治初期。

 そして内陸側が明治後期~昭和の『新トンネル』ということなのさ。

 波の侵食もあるし、車も通れないってことで、時代に合わせたニーズです☆

ぎゃる魅.jpgそういうことか 

DSC05818.jpg

DSC05819.jpg

DSC05820.jpg

DSC05821.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg途中、山から染み出た水がシャワーのようにもなっていたけど、わ~い♪と子供のように突貫です!

DSC05822.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg手掘りなので地層もまるまる見ることが出来ます^^

DSC05823.jpg

DSC05824.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg中々ワイルドなトンネルで面白かったっす^^

 さて、いよいよ隠岐に来たならここには行かないとね!って場所へ行きますよ^^

 題してちょいのりのヤマノススメ・セカンドシーズンです。

ぎゃる魅.jpgなんで海に行くのにヤマノススメなんだよw

 

 ここまで読んでくださりありがとうございました^^

 


nice!(100)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

第711話 隠岐に召しませ!隠岐・島後編☆vol②『イカ腸の美味しい食べ方?(粗相編)』 [島旅]

『とうとう二年前の年末と同じ売り上げになってしまいました』

 正直びっくりしています。

 世間一般、飲食では8月は閑散期というのが常。

 でもさー・・・忙しかったねえ^^;

 この会社に入った月からずっと売り上げ伸びっぱなしだから、

 オイラ的には『オレって結構貢献してね?マジでw』とか、

 けっして思ってないけどさー。思ってないよ?(いやらしい笑みをうかべながら)

 まあ~色々やることなすことがお店的にうまくいっちゃったんでしょうね。

 (テレビや雑誌で露出が増えたのもあるだろうし、専門的な料理だったってのもあるのかね?まあ料理がまずかったらお話にならないのだけれど、ボク的にはいつも美味しく提供で来てるのか?と言われると全部が全部自信は無い。頑張るけれどさ)

 

 さて、例のテレビのせいでやっぱりクソ忙しいですw

 テレビで紹介されたメニューは嫌になるくらい注文いただくし、

 別のメニューも相乗効果なのかバンバン頼んでいただけるし・・・

 ありがたいことですが個人的には『もう許してw』と言ったところでしょうかw

 仕込み量も増えたので、おのずと家に居る時間も削られている。なんかそんな感じの日々であります。

 しばらくは(?)ブログ更新も伸ばし伸ばし先延ばしなのかなあ・・・

 

 さあ愚痴をたっぷり書いたところで先へと進みましょう。

 なんせ隠岐シリーズは半分も書ききれてないしねw

 ではでは第711話、ちょっと短めの記事でスタートです^^

711話・タイトルバック.jpg

DSC05685.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg土砂降りの中をお迎えの車で無事に到着。通された部屋はシンプルな和風の部屋でした。

うおっか姫1.jpgいきなりもう布団用意されてるのねw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgいや~むしろありがたいよ。とりあえずゴロンとして『クウゥ~!』と布団の上に大の字になって一息つけたっすもん^^

DSC05686.jpg

DSC05687.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg窓の外は相変わらずの天気。明日はどうなんだろうか・・・

DSC05688.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg遅くチェックインしたのではありますが、夕食はもう少し後にしていただけますかとお願いし、

 せっかく持って来たパソコン開いてみたぞい^^

 宿の隣がNTTだからなのか主要ターミナルがすぐそこだからなのか、隠岐の島提供無料スポット経由で快適に閲覧できたっす^^

 ブログでも更新しよーかなあーとも思ったけど、天気とニュースの情報だけ見てパタンと閉じましたw

ぎゃる魅.jpg旅先更新しねーのかよ

うおっか姫1.jpgせっかく環境整ってるのにねえ

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg島旅の時くらいのんびりしたいじゃんw 日常から何もかも切り離すことが癒しの旅路ってもんすよ。

うおっか姫1.jpg普段でもブログとか、すっとぼけてるのに何を言ってるんだかw

 

『プルル・・・プルル・・・』

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgおや?部屋の電話が鳴り響く。さっそく受話器をとると

『お食事のご用意が出来ましたのでよろしくおねがいします^^』と、夕食のお電話です。

DSC05689.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgなんだかんだでめっちゃお腹すきまくりです!

ぎゃる魅.jpgジオバーグ定食以来、食べてないもんなオッチャン。

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg身支度戸締りして早速いそいそと出かけました^^

DSC05690.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg大広間前で仲居さんが待っていてくれました^^

 通されて自分の席に着く。

 ふと周りを見るとオイラ以外は初老の男女4名さんが居るだけだった。

 さて、飯です。

DSC05691.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgお膳に並ぶスターティングメンバーはこんな感じ。

DSC05692.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgオイラのアイコンの髪型の貝殻とー

DSC05693.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg何かお刺身とー

ぎゃる魅.jpg何かってなんだよw 曲がりなりにも板前なんだから説明しろよw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg憶測で自慢げに書いて違ってたら恥ずかしいだろw

 だから何かのおさしみーw

DSC05694.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそして何かの焼き魚!

ゼブラ2.jpg何かで通すつもりだこの人w

DSC05695.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgこれはオレでも分かるぞ。多分イカとイカの腸の陶板焼きだろ?(大根おろしプラス)

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgあんたほんとに料理人なのかよ

DSC05696.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさ!待ちに待ったビールも登場です!

ぎゃる魅.jpgオッサン、今日はさんざんアルコール飲んでたじゃねーか

ちょいのり・サザエさんver1.jpg宿屋での最初の一杯は別物っすよ☆

 では揃ったところで、

 お店の従業員さんかなあ~と最初は思ったけれど、恐らく宿の娘さんぽいお姉さんにお酌をしてもらったビールをグビグビっと喉に流し込む!

 くっはあああ~!美味い☆

 家で飲むのと全然ちがうぜー!

DSC05697.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg箸袋には西ノ島の時同様に島の唄が書いてあったよ^^

DSC05698.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg一通りおかずをついばみながらお酒グビグビ☆

 イカの陶板焼きの味噌がプツプツと音をたてて食べごろになるまでの時間を楽しむんだ~^^

DSC05699.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgビールの後は日本酒へ移行♪ 旅先だと日本酒もめっちゃうめ~なあ~♪

(本当は日本酒大好きだった。日本酒で人様に大迷惑を掛けてから封印しているので^^;こういう時に小瓶を一杯飲む程度にしてるんです)

 さあ、なんだかんだでおかずも食べちゃった。

 頃合を見計らってかお姉さんが、小さいお櫃を持って来てたのですがーーー

DSC05701.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgまあ普通のご飯です。

 でもオイラ、お酒はいるとご飯あんまり食べない人間だったりなんですよね。正直おかずとお酒で良いくらいだ。

 でもせっかくだし食べる。

 食事を作られた方に悪いしね^^

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgん?ここで気づく。

 いや、ほんとは最初から『決めていた』

DSC05702.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgイカワタのエキスをたっぷり吸い込んだ汁をご飯にダイブ!

うおっか姫1.jpgお行儀悪いわねw

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgそうだけど、たまらねーよ☆

 海原雄山先生が怒ろうが料理の鉄人の人たちが『邪道だろ!』って言って来ても

 白飯にイカワタぶっかけご飯は美味いのじゃああああw

 

 結局ーーー

 普段なら『おひつのご飯をいくらか食べて残りはごめんなさい^^;』だったところを完食ですw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg見てくれ悪くても美味いもんは美味いんだぜです^^

 お腹もご満悦。

 次期女将さんなのかな?お姉さんにごちそうさまして出ることにした^^

DSC05703.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgすぐに部屋に戻ってもいいとは思ったが、せっかくなのでロビーへと出た。

DSC05704.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgテレビもやってたけれど、それよりもボクは横に置いてあった書籍たちに目が行ったんだ。

 隠岐の百年という本に興味を持って、柔らかいソファーにどっぷり腰を沈めた。

DSC05705.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg行儀が悪いが、煙草に火をつけてのんびりじっくり写真集を覗き見る

DSC05706.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgへえ~。隠岐にも昔は映画館があったのか~。

 そんな感じで食後のまったりゆったり時間を過ごしてたんだ^^

 するとーーー

『あら、そういうの興味ありますか^^』と、旅館まで迎えに来てくれたおじいちゃんが声を掛けてきたんです^^

 詳しくは聞かなかったけれど、多分宿の先代のご主人ってことになるんだろうね。

 そこからは、写真の1ページ1ページを指差して、

 おじいちゃんとの答え合わせの時間を過ごすことになる^^

DSC05707.jpg

DSC05708.jpg

『昔はこの旅館の前がすぐ海だったんですよ^^』

『ええ!?目の前の道路とか港の施設が広がってるのにですか!?』

『そうなんですよ^^』

DSC05709.jpg

DSC05710.jpg

ぎゃる魅.jpgこの、本の間に挟んである紙みたいなのは何っすか?

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそれはおじいちゃんがこの本の中で『特に思い入れの深い』ページの間に挟んだ『しおり』だ^^

DSC05711.jpg

DSC05712.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg西郷港に流れ込む『八尾川(やびがわ)』を オイラは『やおがわ』って読んでたのを笑われちゃったのはナイショなw

DSC05713.jpg

DSC05714.jpg

『昔は船を使って山の材木を切り出して港まで運んでたんですよ^^ 私もこの松浜旅館に来る前にやってましたよ^^』

ぎゃる魅.jpgじゃあ~おじいちゃんは婿入りさんなのかな

ちょいのり・サザエさんver1.jpgう~ん聞いてないんだそこんとこ。

うおっか姫1.jpgなんでよ

ちょいのり・サザエさんver1.jpgこん時は2人して夢中になって答え合わせしてたからなw

 ボクが写真指差して、おじいちゃんがそれを懐かしむように当時を語ってくれるのが楽しい時間だったのですよ^^

ゼブラ2.jpg余計な詮索はいりませんね^^ 

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgほんと楽しい時間だったね^^

 でさあ~今、この記事を書いていて思うんだよ。

ぎゃる魅.jpg何をさ?

ちょいのり・サザエさんver1.jpg自分のおばあちゃんにもっと色々話聞きたかったなあとか

 もっと聞いておけばよかったとさ。

 例えば子供の頃にたまに戦時中のお話なんかは聞かされたこともあったよ?

 でもその当時は『聞かされた』ってだけなんだよ。

 興味を持ってコチラから聞いたものじゃなかったんだよ。

うおっか姫1.jpgそれは子供だからしょうがないってところもあるわねえ。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそうなんだよな。

 でも、ボクはきっと損をしているんだと思う。

 少なくとも大人になった今、そう思うし後悔しています。

DSC05715.jpg

DSC05716.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgおじいちゃんお話ありがとうございます^^

 ボクは結構ロビーでマッタリしていたことに時計を見て気づく。

 一旦部屋に戻ったのだが・・・『ある物』が恋しくなったので出かけることに。

うおっか姫1.jpgある物???

ぎゃる魅.jpg酒か!酒なんだろどうせ!

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg正解☆ あと、たばこも切らしてしまったので夕涼み散歩がてら、夜の隠岐『西郷港バージョン』へと繰り出したのであります^^

DSC05717.jpg

DSC05718.jpg

DSC05719.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg近所には酒も煙草の自販機も無かったので、結局ターミナル近辺までやってきちゃった^^;

 そこから更にさ迷い歩くーーー

DSC05720.jpg

DSC05721.jpg

DSC05722.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg意外とスナックが多いんだな~この島!って思いながらも無事に清涼飲料水ゲットです☆

ぎゃる魅.jpg大人の清涼飲料水ですね!

DSC05723.jpg

DSC05724.jpg

DSC05725.jpg

DSC05726.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg実はお酒の勢いで、地元のスナックに突入してみようかなあ~なんて思ったのはここだけの話です☆

ぎゃる魅.jpgおねえちゃんのとこ行ったの!?(ドキドキ

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgスナックのドアの前で、中から聞こえてくる方言交じりの笑い声を聞いてるうちに、

『地元のおっちゃんばっかりだろうし他所者のオイラが入っていっても、うっひゃっひゃ!デヘデヘ~♪と、おねえちゃんと楽しめるのだろうか・・・』と、不安になって辞めたw

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgさすがヘタレですねw

DSC05727.jpg

DSC05728.jpg

DSC05729.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg無事に旅先の誘惑に惑わされずに帰って来たよ~^^

 勿論、部屋飲み用の清涼飲料水も確保してね☆

DSC05730.jpg

DSC05731.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg部屋の目の前のお風呂で、たっぷり今日一日の疲れを吐き出して、部屋で少しだけ晩酌です^^

DSC05732.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいつのまにか寝ていたらしく、でも、携帯の目覚ましだけはきっちり朝食時間前にセットしていたようです。

 うう~ん・・・と目覚ましで起きだしたボクの目の前の窓辺の景色は晴れだったよ☆

DSC05733.jpg

DSC05734.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg朝から刺身もいいもんです^^ 甘くて美味いイカ刺しの一切れごとに白飯を胃袋にかき込む!

 イカと醤油とワサビに包んだご飯、これ至極♪

DSC05735.jpg

DSC05736.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさていよいよ3日目午前9時。お世話になった松浜旅館さんにお別れを告げる時が。

 

『今日はどうなされるんですか?釣り?観光ですか^^』

 最期にお見送りしてくれたのもまたおじいちゃんでした^^

『ええ。今日はレンタルバイクで島後を観光したいと思ってるんです^^

 9時過ぎに、この旅館までレンタカー屋さんが迎えに来てくれることになってるんですよ~^^』

『それならコーヒー沸かしますからロビーで待っててくださいな^^』と嬉しい申し出を受けたのですが、

 直ぐにレンタカー屋さん来ちゃったw

ちょいのり・サザエさんver1.jpg『お世話になりました。いつかまた来た時には絶対お世話になります^^』とおじぎをして、ボクはレンタカー屋さんの迎えの車に乗り込みました。

DSC05737.jpg

DSC05738.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg第三日目午前9時半。ボクはレンタルの手続きを終えてレンタカー屋さんを飛び出した。

 隠岐・島後島編、レンタバイクの旅。

 ここからスタートです☆

 

 ここまで読んでくださりありがとうございました^^

 休日と余暇をうまく使って地味にブログ更新と訪問できたらなあ~と思ってますw

 次回記事は例えるなら『島の人たちとのふれあい』ってとこかな^^


nice!(101)  コメント(30) 
共通テーマ:日記・雑感

第710話 隠岐に召しませ!隠岐・島後編☆vol①『指令!1万円分の冒険をせよ?』七類港メテオプラザ他 [島旅]

『今からですと島後島への船は夕方5時出発の6時半到着の便しか無いですね(ニッコリ^^)』

 

 現在、もう直ぐ午後2時を迎えようとした頃合だった。

 予定なら2時ちょっとの船に乗って次の島へとレッツワルツ。

 ・・・が、

 乗船乗り場のチケット売り場窓口では、爽やかな笑顔で冷酷な答えをボクに告げるお姉さん。

 ・・・

 ・・・え!?

 あれ?

 あれあれあれ???

 確か一週間前にネットで必死こいて乗船時間とそのルートを検索して、ようやく導き出した今回の旅路のスケジュールだったのに!

 確かボクが調べたところじゃ・・・2時過ぎの高速船に乗って6時前には今居る西ノ島から島後島へと渡れる予定だったんだけど・・・。

 メモ帳に書いたスケジュール時間とターミナル内の時刻表を何度も何度も見比べるオイラ。

 これは、どーゆーこと?

 ・・・ん?

 あれあれ?

 よく考えるとおかしくね?

 なんで今の今まで気づかなかったんだろ。

 だって、ボクが予定していた船旅は2時発→6時着

 しかも高速船なはず。・・・どう考えても4時間も掛かるわけが無い!

 第710話、スタートです^^

第710話・レンちゃん・メテオプラザ・入浴シーン!2.jpg

DSC05620.jpg

うおっか姫1.jpgつまりどーゆーことよ?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg簡単に言えば『ボクが深く考えてなかった為のミス』ってとこかな?

ぎゃる魅.jpg益々意味不明っす^^;

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg最初からもう一度説明しようね^^;

 オイラは西ノ島2時発~島後島6時着の船に乗ろうと思っていたのだ。

 そもそもここが勘違いだった。

 ボクが乗ろうとしていた船は2時発の高速ジェット船。

 どう考えても4時間かかって隣の島に着くのはおかしいのです。

 例えフェリーに乗ってもそんなに掛らないのだ。

 なんせ行きのジェット船じゃ1時間ちょっとで辿り着いたんだからね^^;

 窓口のお姉さんは“直通で島後島へ渡るのならば夕方5時発の船しかないですね^^”って思った発言だったわけですよ。

うおっか姫1.jpgなるほどそこは理解は出来たわ^^

 ・・・で、なんでまた『本土(つまりは島根県)行きの切符』を買っちゃったのさ。

ぎゃる魅.jpgそうだよそうそう!高速船に2時に乗ろうが後続のフェリーに5時に乗ろうが6時か6時半には目的地に着くわけっしょ?

 たった30分差じゃんかあ。

ゼブラ2.jpgしかも6170円で一旦本土に行くってことは・・・往復で1万2340円ですぞ!

 確か西ノ島⇔島後島の高速船の代金は2800円だった気がしますが。

 つまりは・・・

ぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgうおっか姫1.jpg1万円近く無駄金じゃんか

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgそ、そうだねえ・・・^^;

ぎゃる魅.jpg5時発のフェリーまで3時間暇つぶしって言うか~観光でもしてれば2800円で済んだ話っしょ?マジで。

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgいやね?今日の宿屋に『6時には港に着きますから^^』って予約した時に連絡いれてたからさあ・・・

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgそんなの30分遅れますって電話入れりゃ済む話じゃんかw

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgそうだよねえ・・・本当そう思います^^;

 でも小心なオイラはなるべく宣言したとおりに実行したいかなあ・・・と弱気に言ってみたりw

 ボクの到着に合わせて夕食の用意してるんだろうなあ~とか色々考えちゃうわけですよ^^;

うおっか姫1.jpg食事時間とか予約の時に指定したの?

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgうう・・・してません・・・はい^^;

ぎゃる魅.jpgだったらまったく意味ねーじゃんw 

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgああ~もーうっさいんじゃ!勢いで買っちゃったんだからいいじゃねーか!

 というかもう突っ込まないでそこはほんとにお願いしてます反省してるからw

うおっか姫1.jpgまあアンタが損しただけだからいいけどさw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgま、というわけで、ここから1万円の差額に見合った『寄り道』を成し遂げればいいってことだろ?

ぎゃる魅.jpgそれが『できる』ならね

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgここから始まる物語は4時間の本土寄り道リミットバトルということです。

 ではではスタート^^

DSC05621.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgまさか本土へ一旦戻るとは・・・とは思いましたが、気持ちを切り返して高速船乗り場へとレッツゴー!

DSC05622.jpg

DSC05623.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg無事に乗船です^^

ぎゃる魅.jpg当たり前だろw

DSC05624.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgもうやけくそです。お酒購入してアルコール三昧の船旅ですよ!

ぎゃる魅.jpgいつもとカワリマセン!

うおっか姫1.jpgというか、そもそも今回の船旅はどういったルートなの?

ちょいのり・サザエさんver1.jpgうむ。今回オイラが乗ったルートってのは、西ノ島から島根県『七類港(しちるいこう)』と言う、

 隠岐諸島と本土を結ぶ定期船の主要発着港なのだよ~。

 つまり、オイラは七類港へ一旦降りて、そこで再び隠岐へのチケットを買わなければいけないのよね☆

ぎゃる魅.jpgね☆って言われてもねえ^^;

DSC05625.jpg

DSC05626.jpg

DSC05627.jpg

DSC05628.jpg

DSC05629.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgま、そんなこんなでグビグビやってたらあっという間に七類港に到着です!

 ・・・ウェルカム本州です^^;

(漫画も役に立ったぞw なんせ400ページ近くあるし☆)

DSC05630.jpg

DSC05631.jpg

DSC05632.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg船から下りるや否や、速攻、島後島へのチケット購入へと窓口に向うも窓口は閉まってました^^;

 現在時刻3時頃。

 あと1時間は暇を潰さないとチケット購入は出来ないようだ^^;

DSC05633.jpg

DSC05634.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgしょーがないのでとりあえずターミナル内の地図で現在地(七類港)を確認。

 宍道湖にも鳥取にも近い港湾なんだね^^

ぎゃる魅.jpgだったら砂丘行こうよ砂丘☆

うおっか姫1.jpgシジミもいいんじゃない?名物でしょシジミ☆

ゼブラ2.jpg米子も近いですし、米子まで出向いて街歩きなどいかがですかな?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgいや、色々考えたよ?一時間もあるしさー(出航時間まで考えると2時間はあるしね^^)

 でもここから出ている路線バスの時刻と、そこまでの往復時間、

 そしてなによりも確実に隠岐諸島までのリベンジチケットは確保したいとの思いで、

 この七類港に留まることにした☆

ぎゃる魅.jpg我が身可愛さですね!

うおっか姫1.jpg気持ちは分かるけど、七類港でまったり過ごすだけじゃ1万円分の差額は取り戻せないんじゃないの?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgですよねー^^; いやもう諦めてるよw

 ここはボーナス貰えて良かったよね?と自分に言い聞かせてたんだ本当^^;

 お金に都合の付く旅路でよかったとさあ・・・(それでも痛いけどなっ!)

 

 ---とはいえ、

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgこのままチケット売り場の前のベンチで、ボオ・・・っと過ごすのはもったいない。

 ーーーふと、

 まわりを見回すとこの七類港のターミナルはやたらと施設がデカイことに気づいた。

 見てまわるには充分じゃないかとオイラは歩き出したのだーーー

DSC05635.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgどうやら二階建て三階建て、いやもっと上までありそうな建物。

 せっかくなのでエレベーターホールまで行って上を目指すべくボタンをポチッと押す。

 ・・・

 ・・・

 ・・・あれ?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg無反応です^^; どうやらこのエレベーターは使えないようだ。。。

DSC05636.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg一旦、チケット売り場の施設から出てみると隣にも大きな施設が併設されていた。

 というか同じ施設のA館B館って感じ。

 試しに隣の施設の自動ドアに足を踏み入れるが・・・

 開かないゴマでした^^;

(ここでなんとなく察する。お金が無いか需要が無いかで閉鎖されているんだろうなあ・・・と^^;)

 でもどうやらチケット売り場の施設の2階3階以上上は、外階段を使えば行けそうな感じだし、

 まだまだやってそう(営業してそう)な感じだったので、いざ鎌倉です^^

 階段スタスタ上がってレッツニャーです☆

DSC05637.jpg

うおっか姫1.jpgアンタの話しっぷりから一瞬『廃墟?』とか思っちゃったけど、普通にやってそうね^^

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg隣は廃墟も同然だったけどな^^;

 とはいえ安心です。入り口っぽいとこから家族連れが出てきたので、これは大丈夫だろーとオイラも突入っす^^

DSC05638.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgここは『メテオプラザ』と言う、七類港を中心とした多目的施設だった。

 サウナに温水プール、そして隕石のミュージアムなんかもあるんだね!

DSC05639.jpg

ゼブラ2.jpgはやぶさ(レプリカ)も見れるのですか。興味深いですな^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgオイラ宇宙の神秘大好きっ子だかんね!勿論グググっと興味惹かれまくりですよ!

 でもとりあえずーーー

DSC05640.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg中年の皮脂の脂をそぎ落とすべく、浴場に向ったっす☆

ぎゃる魅.jpg臭いおっさんは嫌われるしそれは正解だと思います!

DSC05641.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgちなみにお値段200円です☆

ゼブラ2.jpgぎゃる魅.jpgうおっか姫1.jpg安ッ!

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgいや~マジ癒されましたよ^^ オーシャンビューならもっと良かったんだけどまあ200円だしOKだよね♪

DSC05642.jpg

DSC05643.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg風呂上りは海を見ながら缶チューハイで一杯っす☆

 ぷはー!じんわりアルコールがしみわたるねえ~^^

 なんだかんだで自転車で走り回ったからね(アシスト自転車だけどw)

DSC05644.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgのんびり風呂に入れたおかげで時間も潰せたし、無事に窓口でチケットゲットです^^

 さあ~後は船に乗るだけだがーーー

 まだまだ1時間近く時間が残っていた。

DSC05645.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgっつーことで『隕石』見に行くことにしましたよ^^

ぎゃる魅.jpgただの石を見に行くのか

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgぎゃる魅はロマンがねーなあー^^;

 数え切れないほどの隕石が宇宙に散らばっているのに、それが悠久の時を経て地球に降り立つとかロマン飛行じゃないか~^^

DSC05646.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg受付で400円払っていざ突入っす!

DSC05647.jpg

ぎゃる魅.jpg何ココ

ちょいのり・サザエさんver1.jpg入り口入ったらまずは広々としたシアタールームだったぞい。

 直ぐ横にはーーー

DSC05648.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgはやぶさのレプリカ(等身大)があったっす^^

うおっか姫1.jpgはやぶさが地球に帰ってきて星になったのも、もう4年前になっちゃうのね。

ちょいのり・サザエさんver1.jpg60億キロの途方も無い旅から帰ってきて最期に燃え尽きた瞬間は泣いちゃったなあ・・・

ゼブラ2.jpg感動しましたよね^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgはやぶさが最期に撮影した地球の写真と、そして燃え尽きる時の火の鳥のような流星の姿は一生忘れらんないよ~^^

DSC05649.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさて、はやぶさのレプリカにバイバイして目の前の大きなモニターに近づくと、シアタールームの照明が落ちて真っ暗になった。

 どうやら席に着いてモニターを見てくださいってことらしい^^

 せっかくですし、貸切状態でモニター観賞と洒落込みます^^

DSC05650.jpg

DSC05651.jpg

DSC05652.jpg

DSC05653.jpg

ぎゃる魅.jpgどんな映画やねん

ちょいのり・サザエさんver1.jpg宇宙の創生から隕石のお話って感じかな^^

 その後はーーー

DSC05655.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg暗がりの中、順路順に先へと進む。

 と言っても、このシアタールーム以外には小さな部屋が二個あるだけなんだけどねw

 でもそこに

DSC05656.jpg

DSC05658.jpg

DSC05659.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg島根県に落下した『美保関(みほのせき)隕石(本物です)』が展示されてましたよ^^

 このメテオプラザのメイン展示物です(むしろコレしかない!)

ぎゃる魅.jpg他には何も無いのか!w

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgこの次の部屋は『美保関隕石』の資料館的部屋になってましたぞい^^

DSC05660.jpg

DSC05661.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgおよ? ふと本棚にあった『学研の図鑑』に目が行った。

 めっちゃ懐かしい!

 オイラ、この学研の図鑑シリーズはたくさんもってたんだ~^^

 ここに写ってるのは全部家にあったし、その他にも昆虫や化石の図鑑ももってたなあ~^^

ぎゃる魅.jpg今のおっちゃんを見てると似合わない趣味だねえw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgバカ言うでねーよ^^; これでも子供の頃はこういうの眺めるのめちゃくちゃ好きだったんだから!

 まあ大人になった今、ほとんど忘れちゃってるかもだが、

 それでも当時はよくおばあちゃんに図鑑をせがんで買ってもらってたんだよね^^

(あと、日本や世界の偉人達の漫画とか。ヘレンケラーとかエジソンとかね。ああそうそう、クイズ面白ゼミナールのクイズ本なんかも集めてたな。

 小説とかまったく読まない子だったけれど、こういう本はたくさん読んでたんだねオイラw)

DSC05662.jpg

DSC05663.jpg

DSC05664.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg美保関隕石は松本さんのお宅の天井を突き破って落下してきたわけなんだが・・・

うおっか姫1.jpgぶっちゃけ恐ろしいことよね^^;

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgだよな^^; 落ちてくるのも天文学的。それに当たらないかも天文学的数値だ。マジで運だよ^^;

DSC05665.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg美保関隕石と同斤量のレプリカが置いてあった。どうやら手にとって重さを体感してくださいってことらしい。

 せっかくですし、片手で掴んでみる。

DSC05666.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgえっと・・・これは・・・松本さん無事でよかったですねと言うしかない重さでした^^;

ゼブラ2.jpgビー球クラスでも普通に命が危ないと思います^^;

DSC05667.jpg

DSC05668.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg差額は取り戻せたかわかんないけれど、ボクにとっては満足いく寄り道になったと思います^^(強がり)

 さあ!いよいよ出発の時がやってまいりました^^

DSC05669.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg高速船の二階席へと腰を下ろすオイラ。周りを見ると、七類港行きの時よりも乗客は少ない感じだったかな。

DSC05670.jpg

DSC05671.jpg

DSC05672.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgジェット船特有の、いつ離岸したのか分からないくらいのふわっと出航。

 あっという間に七類港とバイバイしてましたっすw

うおっか姫1.jpgあら?なんか外の景色すごく怪しくない?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgびっくりだったよ! だって船に乗り込む数十分前までは青空も見えていたのにさ・・・

 いつのまにか窓から見える景色はどんよりだもの^^;

 

 そしてーーー

DSC05673.jpg

DSC05674.jpg

DSC05675.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg船が進むに連れて見る見るうちに雨模様です。

 フェリーよりも密閉されていて外界の音もほとんど聞こえてこないジェット船なはずなのに、

 稲光の轟音が室内に聞こえてくる。

DSC05676.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg島後島の島影が見えてきたが、天気は益々酷くなるばかりだった。

DSC05677.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg心配そうに外を見つめる子供さん。

 ボクは今日はまだ宿屋に泊まるだけだからいいのだが、明日のことを考えるとこの天候は気が気じゃなかったね・・・^^;

 

 ---定刻どおり17時58分に無事に島後島『西郷港』へと到着。

 ボクは船から下船した。

DSC05678.jpg

DSC05679.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgびっくりするくらいの土砂降りっす^^;

うおっか姫1.jpg逆に考えると西ノ島で晴れの中、観光できたのはラッキーだったのかもね^^;

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgそうだよな^^; マジでほんとそう思ったよ^^;

 ま、憂いでばっかじゃしょうがない。さっさと先に行かないとだ。

 ターミナルに着いたオイラは今日泊まる宿屋さんに『無事に港に到着しました』と報告の電話をしました。

『それではタクシー乗り場のあたりでお待ちください^^ 迎えに行きますから^^』と、迎えに来てくれることになったのです(むしろ迎えに来てくれないと困るw)

DSC05681.jpg

DSC05682.jpg

DSC05683.jpg

 ---待つ事5~6分。

ちょいのり・サザエさんver1.jpg宿屋のご主人だろうか?おじいちゃんが車に乗って迎えに来てくれました^^

(ちなみに↑上の写真に写ってるホテルは最終日に泊まるホテルです)

『いやあ~スゴイ雨で大変でしたね^^;』とおじいちゃんが車に迎え入れてくれる(実際は標準語じゃなく、訛りのある台詞です)

『いや~びっくりですよエヘへ^^;』などと返しながら、宿屋へと向いました。

DSC05684.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『旅館・松浜』さん。ボクが二日目にお世話になることになる宿屋に到着。

 ご飯食べて寝るだけだと思ったが、それだけじゃなかったことをこの時点のボクはまだ何も知らない。

 次回へ続く!

《お・ま・け》

ちょいのり・サザエさんver1.jpgみんな、土曜日のアド街ック天国は見てくれたかな?

ぎゃる魅.jpg顔は写ってなかったけど、手だけじゃなくって全身全国放送デビューしてたねw

ゼブラ2.jpgまあ、ほとんど後姿みたいなものでしたけどねw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgちなみに、れんこんのお刺身を造ってた『手』がオイラで~、地下室でレンコンを一生懸命より分けてるシーンがオイラでーーすw

うおっか姫1.jpgランキング14位の割には結構お店紹介されてたわね^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg東京上野アメ横は探すと色々楽しい街なので、近くに寄られることがある方は、ぶらっと散歩してみるのはいかがでしょうか^^

 といってもボクがいるお店には来ちゃダメだぞー。

 忙しくなってオイラが困るからね!

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpg最低な従業員ですね☆

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさて、実はこの放映の前日にも別のテレビの取材があったのだが・・・

 その時に使用した『料理』がある。

DSC_0806.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg↑これがなんなのか分かるかな~?

ぎゃる魅.jpg何コレ?

うおっか姫1.jpg豆?よね?

ゼブラ2.jpgでも何の豆かわかりませんなあ^^;

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg正解は~

DSC_0807.jpg

DSC_0808.jpg

DSC_0809.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg『蓮の実』です^^

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpg蓮の実かあ!

ぎゃる魅.jpg蓮の実って食えるの?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg食べれるよ^^ まあこれは、乾燥の蓮の実を一旦お湯で戻してから、吸い地(お吸い物の出汁)に少しムラ(薄口醤油)を切った御出汁で炊き上げたものです^^

うおっか姫1.jpgどんな味なの?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgオイラの大好きな塩茹で落花生っぽい味と食感で美味しかったにゃ~♪

 ま、普段のメニューには無いんだけどねw

ぎゃる魅.jpg無いのかよ

ちょいのり・サザエさんver1.jpgこの蓮の実がどうやって使われたのかは、いずれ放送日が近づいた頃にブログ記事でお話したいと思います^^

 ではではまた次回、お会いいたしましょうず☆

 

 


nice!(109)  コメント(30) 
共通テーマ:日記・雑感

第709話 隠岐に召しませ!隠岐・西ノ島編vol③『明暗(あけくれ)の岩屋で運試し?』国賀海岸&摩天崖その他 [島旅]

『あれ?・・・もう年末年始の航空チケット売り出してるのかよ^^;』

 

 まだ隠岐シリーズも書ききって無いし早い話ではありますが、11月の2連休(仮)と、年末年始の旅行は『どこにいこうかな~♪』って色々検索していたらーーー

 もう3月までの飛行機のチケット売り解禁してるのね^^;

 慌てて年末年始のチケット検索したら、もうほとんど埋まってるじゃないかあーw

 まあ~そりゃそうだよね。

 お得なチケットは競争激しいし、ましてや年末年始です。

 皆安く帰省してのんびりしたいよね^^

 

 さて、ちょいのりは汗だくになりながらもなんとか浦郷港へと帰ってきました。

 ボデーペーパー中年の脂を拭ってチケット売り場へ並んだところから続きます。

 ではでは第709話、スタートです^^

第709話・隠岐に召しませ!首塚先輩2.jpg

DSC05512.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgよーやく観光船のチケットげっとじゃい^^

 今回の西ノ島観光のメインでもあります^^

うおっか姫1.jpg2300円!安くは無いわね^^

ゼブラ2.jpg果たして金額に見合った旅路なのでしょうかな

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgもう充分見合いまくりだったよ^^ 

 吉野家で牛鮭定食に豚汁変更+お新香でちょうど700円だが3食食べて2100円。それ以上の価値はあったぞ。

ぎゃる魅.jpg吉牛3食より上ってスゴイ!

ゼブラ2.jpg意味が分からんw

うおっか姫1.jpg例え下手は会話も考察も下手っぴってのは本当だったわねw

ぎゃる魅.jpgんでどんな感じの観光船なのよマジで。

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそれはこんな感じ↓

DSC05513.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg浦郷港を出て、運河を抜けて外海へと出てから、西ノ島の5分の1くらいを見て巡ってくる観光船っす^^

 まあ~ここに西ノ島の魅力の色々が詰まってるってことっすよ。

DSC05514.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ!乗船時間です^^

 1時間40分のクルージングをとくとご覧アレ☆

DSC05515.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgオンシーズンとはいえ、そこまで乗船客はいなかった。10人くらいかな?

 待ってる間にチラホラ聞こえてくる会話はほとんどが関西圏の言葉だったねえ^^

 さて、はしけを渡って乗船です。

DSC05516.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg乗船口には貸し出しの麦藁帽子でしょうか? 日差しも強いし照り返しもすごいからね^^ 

ぎゃる魅.jpgこの船はデッキ(外)で見物できるの?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg一応、後部は数人のお客さんが座れる程度にはデッキの席もあったよ^^

うおっか姫1.jpgじゃあ~やっぱり外でクルージングよね♪

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgん?いやいや。

DSC05517.jpg

DSC05518.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg真っ先に船室内のエアコンの冷房が出てる最前列の特等席をゲットして(かぶりつき席?)

 中年の脂(濁った汗など)を乾かしてました^^

ぎゃる魅.jpg後ろの席の人は大迷惑ですね良く分かります☆

うおっか姫1.jpgゼブラ2.jpg迷惑極まりないw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgというか、デッキの席は埋まっちゃってたから仕方なく船室に入ったのだよ(汗は乾かしてたけどな!)

 では出発です。

 小型の船は内海をグングン進んでいく!

DSC05519.jpg

DSC05520.jpg

DSC05521.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg先ほどのサイケな観光船乗り場も見えてきた。

DSC05522.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあココから運河ちゃんだ。

DSC05523.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg見下ろしていた場所を今度は下から見上げる。

うおっか姫1.jpgなんか画面汚くない?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg潮の付いた窓越し撮影なので・・・^^;

DSC05524.jpg

DSC05525.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg運河を抜けると、これまた先ほど寄った外浜海水浴場へと出るのだ。

ぎゃる魅.jpg海水浴場に出ちゃったら危なくね?

ちょいのり・サザエさんver1.jpg浜辺の沖合いだから大丈夫っしょ^^

 そしてここから外海へと出ることに。

DSC05526.jpg

DSC05527.jpg

DSC05528.jpg

DSC05529.jpg

DSC05530.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgそしてここで席取りに失敗したことに気づく。

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgなんでよ?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg窓越し撮影はまあしょうがない。ただ・・・

 今回の観光船は『左手に観光スポット』を見ながら進んでいくのに、オイラ右側の席を確保してしまったからだ^^;

 オイラ側だと海ばかり。左手のスポットは他のお客さんの頭越しに見なきゃならんのだ^^;

 ついでに言うと、左座席の人は窓開けてクリーンな撮影も可能ってこってすよ・・・^^;

ぎゃる魅.jpg中年の脂乾かしてる場合じゃなかったっすねw

うおっか姫1.jpgゼブラ2.jpg天罰です

DSC05531.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgまずは『鬼が城』と言う荒々しい地形の中にゆっくりと船が入っていく。

DSC05532.jpg

DSC05533.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgアレが『金棒岩』だそうだ。

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpg窓越し過ぎてよーワカランw

DSC05534.jpg

DSC05535.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgまあ~出だしから奇岩奇岩、奇岩のオンパレードだよここ。

ぎゃる魅.jpgなんでこんなに多いの?

ちょいのり・サザエさんver1.jpgうむ。この西ノ島の北西外側は約7キロに渡って海食崖・海食洞が続いているわけなのだ。

 これは大陸からの季節風やそれによって日本海の荒波でもまれてこんな地形になっちゃったんだよね~^^

 総じてここは国指定の国立海岸『国賀海岸』と呼ばれ、壮大な自然景勝地であるわけです^^

DSC05536.jpg

DSC05537.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ、最初の有名スポットが見えてきましたよ!

DSC05538.jpg

DSC05540.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgその高さ約257メートル。ビルに例えるなら約70階建ての大断崖、

 その名も『摩天崖』だ☆

ぎゃる魅.jpgでか!ってか怖ええ^^;

うおっか姫1.jpgあれ?なんか画面が少しすっきりしてるような気がするけど気のせい?

よっしゃあああ1・サザエさん.jpg汗も乾いたので左側の開いていた座席に移動しましたw

 せっかくの摩天崖ですよ。窓開けてパシャリパシャリパシャリンコ開始です^^

DSC05541.jpg

DSC05542.jpg

DSC05543.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg天気がよければもう少し明るいブルーの海が見えたんだろうけれど、まあしょうがないよね^^

うおっか姫1.jpgむしろ観光船が出てくれたのに感謝しないと^^

DSC05544.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg摩天崖以降も100メートル超級の断崖絶壁が続く。見てるだけで圧倒されるぜ!

 さてこの後はしばらく写真の羅列です。賞味してくだされ。

DSC05545.jpg

DSC05546.jpg

DSC05547.jpg

DSC05548.jpg

DSC05550.jpg

DSC05551.jpg

DSC05552.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『通天橋』と言う自然の架け橋も船は潜ります^^

 レッツニャー!

DSC05553.jpg

DSC05554.jpg

DSC05555.jpg

DSC05556.jpg

DSC05557.jpg

DSC05558.jpg

DSC05559.jpg

ぎゃる魅.jpgあれ?なんか段々晴れてきてね?マジで。

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそうなんだよぎゃる魅さん。実は船が進めば進むほどにお天道様が顔を出し始めてねえ~♪

 自分の晴れ男パワーに惚れたね!(自画自賛。ただし島旅だけの効力)

 そしてそれによって『この先のスポット巡り』にもチャンスが出てきたので、心の中でフヒヒヒヒ・・・と喜びましたゾイ^^

ぎゃる魅.jpgこの先のスポットと晴れが何か関係あるの?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそれは着いてからの~お・楽・し・み・♪

DSC05560.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg『観音岩』がお出迎え!夕陽が沈む時がベストビューだそうだが、いつか見てみたいね~^^

DSC05561.jpg

DSC05580.jpg

DSC05562.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgここでしばらくゆっくりと観音岩のまわりをグルグル。

DSC05563.jpg

DSC05564.jpg

DSC05565.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそして船頭さんのおまけ?なのか、再び海洞の中へ突入です!

DSC05566.jpg

DSC05567.jpg

DSC05568.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg先ほどの『通天橋』に比べると狭い狭い!^^;

 ぶっちゃけ船体がガッコンガッコン当たってますw

ぎゃる魅.jpg岩触れちゃうジャン!

ちょいのり・サザエさんver1.jpg危ないからおさわり禁止ですよ~^^

DSC05569.jpg

DSC05570.jpg

うおっか姫1.jpg海の色キレイねえ~♪

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあここからは少し船もスピードアップです。

 最期の有名スポットへと向います^^

DSC05571.jpg

DSC05572.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg途中、ミルフィーユをバッサリカットしたような断崖へとやってきました。

DSC05573.jpg

DSC05574.jpg

DSC05575.jpg

DSC05576.jpg

DSC05577.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg幾重にも重なった地層が垂直に海に雪崩れ込んだ様は圧巻。

 赤色に見えることから『赤壁』と呼ばれているそうです^^

ぎゃる魅.jpgここが最期のスポット?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgいやもうちょっと先だよ^^

DSC05578.jpg

DSC05581.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそしてよーやくやってまいりました!

 この遊覧観光のメインとも言える

『明暗の岩屋くぐり』

ぎゃる魅.jpgまた洞窟くぐるのかw

ちょいのり・サザエさんver1.jpgチッチッチ!さっきまでの海洞は余興だよ余興。前座ですよ!

 ここは奥行き250メートル。海上が凪ってないと入れない場所なのだ。

 船頭さんの話だと『昨日の午前中は潜れなかったんだよね~^^;』だそうだ。

 3回に1回入れれば良いと言われてるくらいに左右されるスポットですぜ!

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgそしてオイラは勝ち取ったわけですよ。その幸運。

うおっか姫1.jpg他のお客さんもだけどね^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgっつーことでレッツ明暗へ!

DSC05582.jpg

ぎゃる魅.jpg250メートルってわりにはもう向こう側が見えちゃってるよ?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそっちは違うところだ。本道はここから右手の洞窟^^

DSC05583.jpg

うおっか姫1.jpgそれにしてもほんと青がキレイ~♪

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあここからは歩くよりも遅いスピードで洞窟に入りますよ~^^

DSC05584.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgガッコンガッコン!岩肌にぶつかります^^;

 ここで立ち往生したら絶対やばいよってスリルを味わえますw

DSC05585.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgやがて表からは光が届かない暗闇の世界へと突入。

(実際は船のライトで照らされてますが)

DSC05586.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgこんな狭いところをよく入ろうと思ったなあと、船頭さんのスーパーテクニックに感動!

DSC05587.jpg

DSC05588.jpg

DSC05589.jpg

DSC05590.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそして船頭さんが

『では、船の明かりを全部消しますからね^^ 暗闇の世界をしばしご堪能ください^^』とアナウンスで告げた。

 ・・・

 ・・・

 なんも見えねえw

(当然、写真もございませんw)

DSC05591.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg再びライトが焚かれるとなぜか安心^^

 明暗の岩屋マジでスリルショック&サスペンスです!

DSC05592.jpg

DSC05594.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg無事外に到着!スゲー楽しかったよ^^

 ちなみに、船は洞窟内でしばらく進んだ後、洞窟内で何度も切り返しをし、

 バックして外へと出ます(洞窟内はL字型になっていて、最後は横道みたいなとこをバックで脱出する)

ぎゃる魅.jpgうおっか姫1.jpgゼブラ2.jpgすげえ・・・

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg船頭さんマジぱねーっす^^ そしてありがとうございました!

DSC05595.jpg

DSC05596.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあこの後は戻るのみ。

DSC05597.jpg

ちょいのり・サザエさんver・驚き.jpgふとボクの頭の上が涼しいことに気づく。どうやらボクが座りなおした左側席後部にもエアコンが付いていたようです^^

 せっかくなので腰を浮かして冷房もろに浴びてましたよ~^^

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpg冷房独り占めすんなw

DSC05598.jpg

DSC05599.jpg

DSC05600.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg運河入り口まで返って来たよ^^ 行きは窓越しだったから、今回はじっくり窓をあけて眺めたいよね~^^

DSC05601.jpg

DSC05602.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg西ノ島は西と東に大きく分かれていて、丁度この船引運河の辺りが真ん中になるのかな^^

 ここに運河が出来たおかげでわざわざ大回りせずに外海へと出られることになったわけです。

DSC05603.jpg

DSC05604.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ無事に浦郷港へと帰ってきました^^

 この観光船は絶対オススメです!機会がありましたら一考してくださいね☆

 この後はいよいよ隣の島『島後島』へ渡るべく、別府港のターミナルを目指すことに。

DSC05605.jpg

DSC05606.jpg

DSC05607.jpg

DSC05608.jpg

DSC05609.jpg

DSC05610.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgうずらかな?途中、飛ばない鳥さんが道路でウロウロしてましたです^^

DSC05611.jpg

DSC05612.jpg

DSC05613.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg学校の体育館にちょっと寄り道したあと、無事に別府港へと到着っす^^

 レンタサイクルを返却して、船の出港時間まで暇つぶしをすることにした。

DSC05614.jpg

DSC05615.jpg

DSC05616.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg前の日にジオラーメンでお世話になったドンキーさんに再びやっかいになります^^

DSC05617.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgやっぱお酒でしょ!

ぎゃる魅.jpgですよね~☆

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg自転車乗るからずっと我慢してたんだよおおおおおおお!

 おかげで美味い!美味いw

 そして腹ごしらえです^^

DSC05618.jpg

DSC05619.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgジオバーグ定食なるお食事をいただきました^^

ぎゃる魅.jpgジオバーグ?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgあかもくと言う海藻と、あごだしというトビウオから作った御出汁を混ぜ込んだ手作りハンバーグだ^^

 なかなか美味しかったねえ~!

 しばらくここで高校野球を見つつも時間を過ごしました。

 そしてとうとうやってきた出発の時。

DSC05620.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgいざ!島後島へ!

ぎゃる魅.jpgえ?チケットには本土行きって書いてあるよ!?

 

 次回に続く!

 ここまで読んでくださりありがとうございました☆

 

《おまけ》

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgはああ・・・8月30日(土曜日)夜9時からアド街ック天国で上野アメ横特集がやるんだが・・・

 うちのお店もでちゃうんだよお・・・^^;

うおっか姫1.jpgいいじゃないのさ

ぎゃる魅.jpg(なにこれ番宣?ねえこれ番宣?)

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgこれ以上忙しくなったら死んじゃうよw

 だから皆見るなよな!お願い☆

 ちなみに今度こそ・・・手だけ全国デビューするはずw

ぎゃる魅.jpgランキングも気になるね!

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg薬丸印のコーナーでこっそりがいいかなw

 


nice!(101)  コメント(34) 
共通テーマ:日記・雑感

第708話 隠岐に召しませ!隠岐・西ノ島編vol②『スズメバチとイカ蟹合戦?』黒木御所跡・由良比女神社など [島旅]

『まずはいつものように訪れた西ノ島のスペックから^^』

 

 島根県の沖合い約50㌔に浮かぶ島々『隠岐諸島』

 その中で島後島に次いで二番目の大きさを誇るのが西ノ島です^^

 周囲約116㌔、人口は3000人余りと、日本の有人島の中でも比較的多くの島民を抱えている島だと思います。

 さて、なぜボクがこの島を選んだかといいますと・・・

 第708話、西ノ島の朝からスタートです(答え言わないのかよ!)

第708話・琴音・民族衣装2.jpg 

DSC05429.jpg

ぎゃる魅.jpg今日もあんまし天気良く無さそうだねオッチャン^^;

ちょいのり・サザエさんver1.jpgそうだな~。でも雨も降ってなかったしまずは上出来っすよ^^

 さ、朝飯食いにいくぞい^^

DSC05427.jpg

うおっか姫1.jpg朝食は普通ね。

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg朝はこのくらいでいいよ。もうガッツリ食べるお年頃じゃないしなw

 とは言え、この後の旅館ホテルでも出てくる定番の小鉢にオイラはハマッテしまった^^

ぎゃる魅.jpgえ?どれ?豆腐?

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいやいや、ど真ん中にひじきみたいなのあるだろ?

『あらめの佃煮』なんだけど~

ぎゃる魅.jpgあらめ?

ゼブラ2.jpgコンブ科の海藻ですな。

ちょいのり・サザエさんver1.jpg思わず自分用のお土産で買っちゃったくらいだ(基本、自分用には酒くらいしか買わない男です☆)

 ---じゃあ今日も予定が押し捲りだ。

 朝食を頂いたオイラは宿の清算をして目の前のターミナルへと向った。

DSC05430.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgターミナル横の観光案内所でレンタルサイクルを借りたぞい^^

 しかも電動アシスト!

うおっか姫1.jpg今じゃ電動アシストも当たり前になっちゃったわよね。

ちょいのり・サザエさんver1.jpg島は特に起伏が大きいからジジイには助かるっすよw

 この後の予定としては、レンタルサイクルで近所を散策してから、この別府港からも出ている観光船に乗るつもりだった。

 でも観光案内所のお兄さんのお話だと

『それでしたらレンタルサイクルで隣の浦郷港へ向って、そこから観光船に乗ったほうがお値段もお徳ですよ^^』とおっしゃるもんだからそっちにすることにした。

 あらためて一応地図で確認。

西ノ島マップ.jpg

うおっか姫1.jpg縮尺が分からないからあれだけど、結構遠いんじゃないの?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgお兄さんには『そうですか~!そうしますね♪』って答えちゃったけど土地勘ないからちと不安に思ったな^^;

 と言っても船が出るまで二時間はあるので大丈夫だろうと胸を叩いて飛び出した^^

DSC05431.jpg

DSC05432.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgまずはホテル隠岐さんの隣の酒蔵さんで煉瓦成分補給です☆

ぎゃる魅.jpg島旅なのに煉瓦かよw

ゼブラ2.jpg明治大正期から営んでる酒蔵さんは割りと煉瓦使われてるとこもありますな。

DSC05433.jpg

DSC05434.jpg

うおっか姫1.jpg味のある木造校舎ね~☆

ちょいのり・サザエさんver1.jpgちなみに体育館も木造です^^

 さてもう少し寄り道してから行こう。

 ボクはアシストのボタンをポチッとパワーオン!して別府港からちょっと北側へと走り出した。

DSC05436.jpg

DSC05437.jpg

ぎゃる魅.jpg何ここ?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgここは1332年に御醍醐天皇が隠岐に御配琉になったときに、約一年間過ごされたとされる『黒木御所跡』だ^^

 せっかくだし見ておきたいと、自転車を止めてレッツ潜入開始です☆

DSC05438.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg入り口横には碧風館というここの資料館もあったのだが時間が時間だったのでまだやってなかった。

DSC05439.jpg

DSC05440.jpg

DSC05441.jpg

DSC05442.jpg

うおっか姫1.jpg天皇陛下や皇太子様もここに来られたのねえ^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそこにちょいのりも加わると。

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpg穢れちゃうw

DSC05443.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgここを登れば御所跡か~ってことで、さくさくと登りかけたところ・・・

DSC05444.jpg

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpg階段のど真ん中で堂々とセミ食ってるキイロスズメバチに遭遇っす^^;

ゼブラ2.jpgキイロはやっかいですな・・・

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgコイツは小さいんだけどめっちゃ攻撃的なんだよ・・・

 オイラは昔、何度か追っ掛けまわされた^^;

 案の定、カメラをサッと構えたら『フワッ!』って飛び上がり、威嚇してきたので仕方が無く後退です^^;

ぎゃる魅.jpgじゃあ~結局行かなかったの黒木御所跡。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいいや。ちょっと時間を置いてから再び戻ったよ。

 あいつ等そんなに長々と飯食わないし。

 何匹も居たら諦めてたけど、幸い戻ったらセミの骸だけだったので再びレッツ潜入!

うおっか姫1.jpgそれでも怖いわあ~^^;

DSC05445.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgしばらく階段を登ると手水舎があった。どうやらもうすぐっぽい^^

 どうせならお参りしたいと思ったので礼にならってお口と手を清めようぜ!

 ボクは柄杓をひとつ掴んで水を掬おうとしたのだ。

 

 ・・・ッ!?

 うわああああっ!!!

DSC05446.jpg

DSC05447.jpg

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgカニさん!?

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgいやあ~ビックリしたよ!柄杓裏返したら中に蟹いるんだもんw

 思わず大声だしちゃったじゃないかあ^^;

 結局、お清めせずに先へと向うことにw

ぎゃる魅.jpg清めねーのかよw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgだって・・・いやじゃない?

うおっか姫1.jpgそ・・・そうねえ^^;

DSC05448.jpg

DSC05449.jpg

DSC05450.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg黒木神社とやらに到着。はて?ここが黒木御所跡ってことなのかな???

DSC05451.jpg

DSC05452.jpg

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgと思ったら神社脇からまだまだ先があったようで^^;

 30㍍ならすぐそこじゃん!と突き進む。

DSC05453.jpg

DSC05454.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg薄暗い木々に囲まれた空間にソレはあった。

DSC05455.jpg

ぎゃる魅.jpgここにもカニさんいるのかよw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgある意味神聖なカニさんかもな^^

DSC05456.jpg

DSC05457.jpg

DSC05458.jpg

DSC05459.jpg

DSC05460.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg皇太子様と妃殿下が植樹された木が上の方で寄り添うように延びていた。

 ボクは礼式よくわからないのですが、手を合わせて旅の無事をお願いしますとお祈りしてきたっす^^

DSC05461.jpg

DSC05462.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさあ、いつまでも別府港付近にいるわけにはいかない!

 さっさと浦郷港を目指そうぜ!^^

DSC05463.jpg

DSC05464.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg再び西ノ島中学校の脇を抜け、

DSC05465.jpg

DSC05466.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgゆるくて長~い上り坂を駆け上がる。勿論電動アシストはマックスパワーモードですw

 峠を抜けると後は下り坂。

 しばらくすると遠目に海が見えてきた^^

DSC05467.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpgまっすぐ道なりに進めばいいのだが、どうしても寄り道したいところがあって、少し迂回路へと入って行った。

DSC05468.jpg

DSC05469.jpg

DSC05470.jpg

うおっか姫1.jpg随分と幾何学的でサイケな建物ねw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg観光船乗り場の建物らしいが斬新だな^^

ゼブラ2.jpg船も迷わずに寄れそうですなあw

DSC05471.jpg

DSC05472.jpg

DSC05473.jpg

うおっか姫1.jpgキレイな浜辺ね

ぎゃる魅.jpgここに来たかったん?おっちゃん。

ちょいのり・サザエさんver1.jpgいや、ここじゃないよ^^ ちょっと海が見たいかな~ってのもあって外浜海水浴場には来たけれど、

 ボクが見たいなあ~と思ったのは子の近くにある。

 それはこちらだ。

DSC05474.jpg

DSC05475.jpg

DSC05476.jpg

DSC05477.jpg

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpg船引運河?

ぎゃる魅.jpgなんでまた運河なんかに^^;

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそれは次回記事で明らかになる。お楽しみに(そこまでのものでもないけどねw)

DSC05478.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgぐるっとまわって、先ほどの観光船乗り場を対岸に見ながらひた走る。

DSC05479.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgあの目の前の大きな橋『西ノ島大橋』を過ぎればもうすぐ浦郷港も目前だ^^

DSC05480.jpg

DSC05481.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgそして無事に到着!と言っても船が出るまでまだまだ1時間20分くらい残ってた。

うおっか姫1.jpg意外と近かったのねw

ちょいのり・サザエさんver1.jpg休憩所もあったから、そこでノンビリ待つのも良かったんだが・・・

 どうせならご近所ぐるぐる見てまわりたいよな!

うおっか姫1.jpg『どうせなら』とか『せっかくだし』とか言う言葉好きねアンタ^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgだってもったいないじゃないか^^ 一期一会ですよ一期一会☆

 まずは地図を再確認。すると神社があるらしいので行ってみることに。

DSC05483.jpg

うおっか姫1.jpgイカ寄せの浜?

DSC05484.jpg

DSC05485.jpg

ぎゃる魅.jpgなんすかコレ。

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgこの西ノ島はマンホールの蓋の絵柄にもなってるように、

『イカが特産』でもある^^

 なんでも昔は浜辺に大量のイカが打ち上げられて、それを拾い集めて富を築いた人もいたそうだよ~^^

(そのお金で田んぼ買ったり家買ったりね)

DSC05486.jpg

DSC05487.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg近くにはイカのオブジェ?みたいなのが吊るしてあった^^

DSC05488.jpg

DSC05489.jpg

DSC05490.jpg

DSC05491.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgではさっそくイカ寄せの浜の最寄にある『イカ神社』へ参拝だ!

うおっか姫1.jpgゼブラ2.jpgぎゃる魅.jpgイカ神社?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgいやオイラが勝手に命名しただけであって、正式名は『由良比女神社(ゆらひめじんじゃ)』だw

 隠岐国一宮(いちのみや)と言われていて、一宮というのはその地域で最も格の高い神社さんと言う事らしい^^

 祭られている神様は由良比女命という女神様(らしい)

 なんでも昔この神様が桶に乗って海を渡っている時にイカが手に噛み付いちゃったそうだ。

 イカは『えっと・・・すみませんしたっ!^^;』と謝って、そのお詫びと言うことで毎年この神社近くの浜辺にイカが押し寄せることになったという言い伝えがあるんだって^^

ぎゃる魅.jpgイカもすごいけど、海を桶で渡る神様もすげー!w

うおっか姫1.jpg面白い謂れねえ~^^

DSC05492.jpg

DSC05493.jpg

DSC05494.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg土俵を横目に随身門という立派な施しの門を潜る。

DSC05495.jpg

ぎゃる魅.jpgうわああ^^;

ちょいのり・サザエさんver1.jpg途中、セミの抜け殻八犬伝です!里見です。

 間近に見るの何故か久しぶりだったので、思わずパチリ^^

DSC05496.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg本殿前まで到着。ふと両脇の立派な灯篭に目が行った。

DSC05497.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg鹿や龍の化粧以外にーーー

 

DSC05498.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgイカちゃんいました☆

ぎゃる魅.jpgさすがイカ神社。そこにしびれる憧れる!

DSC05499.jpg

DSC05500.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg本殿には立派な龍の意匠が施されているがーーー

 

DSC05501.jpg

DSC05502.jpg

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgここにもやっぱりイカ娘でゲソ☆

ぎゃる魅.jpgさすがイカ神社!イカによるイカの為の政!

DSC05503.jpg

DSC05504.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgいつものように50円玉奮発して、ここでも旅の無事を祈って観光船乗り場に戻ったよ~^^

DSC05505.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgとはいえ残りまだまだ1時間!

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpgまだそんなに尺が余ってんのかよw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgイカ神社めっちゃ近くだもんよ^^;そんなに時間は潰せないっすよw

 そこで改めて地図を見返す。

 するとそこに『おおお!』ってのを発見!

 でもそこまで往復するとなると時間ギリっぽい・・・

 でも行くことにした☆

ぎゃる魅.jpgで、どこに行くの?

うおっか姫1.jpgあんまり余裕の無いことはしないほうが・・・

ゼブラ2.jpg間に合わないフラグわざわざ立てなくていいですよw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgそれでもオイラはそいつに会いたい!と、自転車にライドオン!

 いざ出陣じゃ!

DSC05506.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg海沿いをグングンと南下するオイラ。

 多少の起伏があったがなんのその。目的の前では強くなれる男の子なのだ^^

 ---進むこと10分くらい。

DSC05507.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg地図だとここから海岸線を離れて山へ向かった方が近いと記してあったので、山へとレッツニャー!

DSC05508.jpg

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg電動アシストも最大マックスパワーにして登り始める。

 段々と急勾配に。

 それでもめげずに頑張るオイラ。

 ・・・途中から立ち漕ぎしないと前に進めなくなってきた。

 それと共に体力も急激に減っていくことに・・・

 

 ---20分を越えた頃でしょうか

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgアシストがアシストしてないんすけど!

うおっか姫1.jpgそりゃ山道じゃ電動アシストにも限界があるでしょw

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpgここでとうとう手押しです^^;

 漕いで登るのなんてキツすぐりゅ!

 ぜ~は~・・・ぜ~は~・・・言いながら上へと行くオイラがそこにいた。

 

 ---30分が経過した頃

ぎゃる魅.jpgちょ!往復で1時間しか時間掛けれないのにヤバイんじゃね!?

DSC05509.jpg

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpg周りは急に雲がかかってきて、目の前の道路を横切るようになってきました!

 しかも真夏なのに寒いです!

DSC05510.jpg

ちょいのり・サザエさんver1・二日酔い.jpg見下ろすと遠くに海岸が・・・

うおっか姫1.jpgぎゃる魅.jpgゼブラ2.jpg時間も無いのによくここまで来たなオイw

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpg流石に時計とにらめっこして断念することにした。

 地図を見るとまだまだ先のようだし、これ以上は船にも間に合わないしね^^;

DSC05511.jpg

ちょいのり・サザエさんver1.jpg行きたかったなあ・・・レトロな廃校。

ぎゃる魅.jpg煉瓦か廃墟だと思ってたけどやっぱそうかw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgと言うことで、帰りはひたすら下りなのでヒャッハー♪しながら行きの半分以下で無事に帰りましたとさw

 次回はいよいよ観光船で船の旅です^^

 お楽しみに~☆

 

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgこんなお知らせが届いたよ~↓

無題3.jpeg

うおっか姫1.jpg休み休みとはいえ、もう9年もブログやってるのね^^

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg自分でもびっくりだよw 始めたのが三十代前半だったからブログと共に三十代を過ごしたってことなんだよな。

ぎゃる魅.jpg歳もとるわけっすねマジでw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgというわけで10年目もダラダラ頑張ろうと思います^^

 勿論目標は死ぬまでブロガーです☆

 ではではまた今度ォ~♪

 

 


nice!(105)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感