So-net無料ブログ作成
検索選択

第828話 廃墟・島旅・煉瓦の聖域(サンクチュアリ)へ!vol⑤Re:佐世保市編☆『歩け!カロリークイーンども!?』なぜか佐賀牛ランチ&弓張岳戦跡遺構・煉瓦刻印ほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『とりあえずランチにしようぜ!^^』

『『『さんせー!(*´д`*(*´д`*)*´д`*)』』』

 片島魚雷発射試験場跡(川棚町)から佐世保に帰って来たワタシタチ。

 満足に朝食も取ってないからハラペコデース(´д`:

 とは言え・・・

 ランチタイム真っ盛りに帰ってきちゃったもんだからどこも満席・・・

 

 ーーーふと、

『あのお店なら少し空席が見えるです~^^』と夕実サーンが指差した。

 窓越しに見えたそのお店の店内は確かに空席も見えたデスガ・・・

 

 第828話。リターントゥ佐世保市モノガタリ。

 ミイことリンダ・ルンバ視点で、佐世保市のランチや戦跡を駆け巡りますデース(*´д`*)

第828話・弓張岳・但馬岳・リンダの私服バージョン2.jpg 

DSCF5227.jpg

『うは!そりゃ確かに空席もあるんじゃね?マジで^^;』と琴音サンが苦笑い。

 夕実サーンが指差したとこは佐賀牛の焼き肉レストランデシタ。

 お品書きを見ればランチと言えど他店よりも結構ランクアップなお値段。

 佐世保なのに佐賀牛と言うのと、お値段的にも佐世保に訪れた観光客さんたちも幾らか敬遠してたのでしょうかね?

 窓越しに見たそれは空いていたデス。

 デモ・・・

 貧乏学生なワタシタチ+社会人一年生の菅原サーンです。

 三泊四日の旅行中、リッチなランチはなるべく避けたいところデース^^;

(ミイは学生身分デスガ、事業を立ち上げているのでマニーは結構あるのデスガ・・・)

 

『でもここしかもう食べれそうなとこ無いよな^^; ボクがみんなの補填をするからこの店にしようぜ^^』と菅原サーンが血の涙を流しつつ私たちに訴えかけたので、

 ランチはこのお店にナリマシタデス^^;

 琴音サン・夕実サンがどんなに喜んだことか(*´д`*)

 

DSCF5220.jpg

『『『かんぱーい(*´д`*(*´д`*(*´д`*)』』』

 ビアーの美味いこと美味いこと(*´д`*)

 今日の道中、既にお酒をいただいてはイマシタガ、

 やっぱりお店で腰を据えて飲むビアーはマーベラスデス(*´д`*)

 

DSCF5221.jpg

『もうランチメニューじゃなくってアラカルトから選んでガッツリ焼き肉パーティーしようぜ!お兄ちゃん(*´д`*)』と琴音さんは言うけれど、

『ここでお腹パンパン・ベロンベロンに酔っ払ってどうすんだよw』と言う菅原サンの苦言でランチメニューからチョイスすることにナリマシタ。

 皆で色々とチョイス。

 そして運ばれてきたランチメニューのお肉はーーー

DSCF5222.jpg

 もう見た目だけでもヨダレがジュルル~デース(*´д`*)

 もう既にお皿に脂が溶け出してしまいそうなサシの入ったミート君デシタ(*´д`*)

 

DSCF5223.jpg

DSCF5224.jpg

DSCF5225.jpg

DSCF5226.jpg

 ジャパニーズ佐賀牛デリシャスデース(*´д`*)

 結局、ランチメニューだけでなく、

 追加でお肉注文シチャイマシタデスw

 

 お腹も満腹となったところで菅原サーンが私たちを見据えて言い放つ。

『ヘイ!カロリークイーンどもw お腹は充分満足しただろ?

 じゃあ~ここで本題だ。

 実は午後の予定はまったく未定だ。

 そこで幾つかボクが発案した今日のルート(観光にも似た何か)なんだけど、

 君達はどれを選ぶ???^^』

 

 お店の紙ナプキンにボールペンで書き殴った菅原サーンの今後の観光ルート。皆で覗き込んだ。

 そこには3ルート書いてあったのデスガ

 一番近そうでまともそうな観光地だったので、夕実サーン・琴音サン、そして私の全会一致でそこに決まりましたデース^^

 それはーーー

『弓張岳展望所』

 何でもこの佐世保市内を見渡せる風光明媚な場所ラシイ♪

 と言うことでランチ後は弓張岳展望所へと向いましたデース(*´д`*)

 

 

DSCF5228.jpg

DSCF5229.jpg

 そこまでのバス時間までだいぶあったので、4人でワリカンなら大した距離でもないと、結局タクシーで展望所まで^^

 降車の際にタクシーのオジサマに

『この領収書にある電話番号にご連絡いただければ駆けつけますよ^^

 バスも多くないし、帰りの際には是非いかがでしょうか☆』

 と言われましたデース。

 確かに辿り着いた展望所のバス停の時刻表を覗けば、佐世保市までの次のバスは二時間半後・・・。

 帰りもタクシーかな?とここでは思っていました。

 ええ。この時はーーー

 

 

 皆でさっそく展望所へと駆け上がりますデス^^

 そこから見えたのはーーー 

DSCF5230.jpg

DSCF5231.jpg

DSCF5232.jpg

 九十九島と佐世保市内デース(*´д`*)

 ・・・ちょっとガスってるかな?と皆思った矢先、

『ああ~今日はダメだね~w』と

 いつのまにやら私たちの横に居たオジサマが私たちに呟いたのです。

『朝方は結構良かったんだけどね。お姉さん達は写真撮りに来たの?

 残念だったね~w

『『『そ・・・そうですねえ^^;』』』

 ・・・ちょっとその物言いにムッとする琴音サンが横目に見えたデス^^;

 ここまで景色見に来たのに、ダメでもそんなに笑いながら否定しなくても・・・と彼女は思ったのかも。

 そして私と夕実サンも少しそう思った。

 

 その後は菅原サーンが応対してましたが・・・

『じゃあ・・・ありがとうございました^^;』と菅原サーンがそれと無くココまでで!と告げても

 私たちの後をずっと話しながらついてくるのデース^^;

『マジゴメン・・・オジサマは悪気ないだろうけど言葉の端々が正直ウザイんですけど^^;』と

 琴音サンが私と夕実サンに小声で言ってきましたデス^^;

 結局、小声で緊急会議が執り行われ、

 オジサマをどうにか撒くことに(あんまり気持ちの良い感じでは無いですが・・・だってあそこはいいよ?とかお薦めするんじゃなくって否定ばっかなんだもん^^;)

 

 ---さて色々ありましたがこの後は?

 菅原サンが言うには『今でこそ公園として整備されてるけれど、遊歩道を逸れると怪しい戦跡遺構がある(*´д`*)』とのこと。

 コレには琴音サン大歓喜☆

『ねえねえお兄ちゃん!? もしかして~ん、煉瓦の遺構とかもあるん?(*´д`*)』と猫なで声w

『あるらしいぞー煉瓦☆^^』

『じゃあ行こうよお兄様あ~ん(*´д`*)』

 と言う・・・菅原ブラザーのやり取りの末に、とりあえず遊歩道を進むことにしたのデス^^

 

 そしたら・・・

DSCF5233.jpg

『えっと遊歩道立ち入り禁止なんだけどお兄ちゃん(`へ´♯)』

 なんと公園整備で立ち入り不可に・・・^^;

 これには琴音サンも流石にムキー!デース。

 

『まさかタイミング悪く遊歩道が立ち入り禁止なんてなあ・・・^^;

 まあでもこの先の但馬岳にも煉瓦の遺構があるらしいからそれで許してくれないか?妹様よ^^;』

『そこって・・・結構歩いたりする?』

『ううん。尾根続きの兄弟みたいな山だよ^^ 歩いても~15・6分くらいだと思う^^』

『なら行くっす(*´д`*)』

 

 ・・・と言うことで、弓張岳のその先にある但馬岳へワタシタチは行くことにナッタノデス^^

 

 

DSCF5246.jpg

『何か遊歩道脇の道が・・・怪しくね?』

 琴音サンが但馬岳に続く道の脇を指差した。

 確かに道があったような雰囲気にも見えるデスネ^^

 

 ここで菅原サーンが『この弓張岳や但馬岳の界隈には佐世保市がサポート出来ない戦跡遺構もチラホラあるって聞いてるんだよ~^^

 もしかしたら琴音が言うように、この道を外れた先にもあるかもね♪』とニヤリとするのです。

 どうやら菅原サンも行きたい雰囲気。

 ならばと皆で脱線したのデス^^

 

DSCF5244.jpg

 行き着いた場所には水の張ったコンクリートの遺構?

『戦跡とは関係ないかもしれないなあ』と彼は言うのだけれど、

 少なからず私も含めて皆ワクワクしてきたのデス^^

 まるでトレジャーハンティングですもの(*´д`*)

 

DSCF5245.jpg

DSCF5247.jpg

DSCF5248.jpg

 さて、但馬岳まで後400メートルと言う感じになってキタデース。

 そこからの路傍にはーーー

 

DSCF5249.jpg

DSCF5250.jpg

DSCF5251.jpg

 何か漢数字の標柱があったデス^^

 

DSCF5252.jpg

 途中から再び登り道デース^^:

 この時期は冬季であって殺風景ではアリマスガ、

 恐らく時期を選べばライオンズクラブさんが植栽した花々が咲き乱れる美しい公園なのでしょうね^^

 

 そして登った先に見えたのがコチラデース↓

DSCF5253.jpg

『ぐは!煉瓦ちゃ~ん(*´д`*)』と、とろける琴音サンw

『わきゃ!? 先輩ココは何の遺構なのですか?』と夕実サンが菅原サンに聞いた所、

DSCF5254.jpg

『ここは但馬岳地下指揮所跡。つまりは戦時の指令・情報集約部署だね^^

 弓張岳や但馬岳には昭和16年ごろから昭和20年までの間に高射砲などの設置が装備されたんだ。

 つまり第二次世界大戦を迎えた日本の防空システムの一旦だった場所でもあるんだよ^^』と菅原サン。

 ミイとしては複雑な思いも当然アリマース。

 かつて私たちのグランパやグランマがジャパンと闘ったことも知っています。

 でも、ここまで来たなら毛嫌いするのも、NO!と言うのも失礼。

 十字を切ってミナサンと共に見学しましたデス^^

 

DSCF5255.jpg

 その指揮所の上まで来ると、そこはテーブルがポツンとある広場に。

 どうやら一応の山頂のようデス。

 

 ここで琴音サンが色めき立つ。

『ねえねえお兄ちゃん!この指揮所跡の裏側にも煉瓦があったりするんじゃね?マジで(*´д`*)』と興奮気味に菅原サンに言う。

『ああ~なるほどな。今は指揮所があった上を公園整備しちゃってるけど、埋められて無いなら裏側も指揮所の煉瓦面が見えるところがあるかもな^^』

 どうやら菅原ブラザーズは、公園裏。つまりは指揮所跡の対面辺りにも煉瓦の遺構が見えるのでは?と、可能性を見出したヨウデース^^

 

 さっそく公園の裏手へと皆で進んでみることに。

 すると・・・

DSCF5256.jpg

『どうする?琴音^^;』

『うーん・・・やっぱいいやw』

 公園の手すりから見下ろせば藪の海。

 もしかしたらば裏側にも煉瓦が顔を覗かせていたかもしれないデスガ、菅原ブラザーズは諦めてくれたみたいです(安心したですw)

 

 ---さあ、

 後は普通の山岳公園みたいだったし(ブランコとか植栽だけの)

 このまま今来た道を引き返すだけだと思いきやーーー

DSCF5257.jpg

『お兄ちゃん!この公園の柵の切れ目の向こう側がめちゃくちゃ怪しいんすけどw

 ・・・と、琴音サンが見つけなくてもいい道を見つけてしまいましたデース^^;(夕実サンも、わきゃ・・・と苦笑い^^;)

 

『ああ~琴音もすっかり、かつてあった(存在した)路盤跡(道とか)を見つけるのが居たに付いてきたなw

 たぶん正解だと思うぞ?

 ここから先はこの先に居並ぶ山々の尾根伝いに戦跡遺構がチラホラ見られるらしいぞw』

 妹の成長を喜んでるのか自分の趣味に近づいてきたのを喜んでるのかワカリマセンガ・・・

 少なくとも菅原サンは嬉しそう。

 

 結局時間も無いので『少しだけ歩いてみよう☆』と言う菅原サーンの提案により、ちょっとだけその先へ^^;

 

DSCF5258.jpg

DSCF5259.jpg

DSCF5260.jpg

 そこには明らかに自然に出来た地形ではないものがゴロゴロしていたのデス。

 迷わない自信がある方はいかがでしょうか?

 菅原サン曰く『ココから先は遺構好き&山々の縦走好きならヨダレ出ちまう(*´д`*)』物件とのこと。

 さすがに私たちは軽装だし御遠慮しましたデスw

 

DSCF5261.jpg

 一先ず登頂記念とプチお疲れ会をしようと、公園のテーブルで酒盛りが始まりましたデース(*´д`*)

 私はジャパニーズさん達の何か達成したら酒盛りと言うヤマトダマシイ大好きデース(*´д`*)

 

 ーーーさて、ウタゲも終り、下山することに。

 とは言え『元来た道を帰るんじゃもったいねーっす^^』と言う琴音サンの提案により、

 少しばかり裏手になる下山ルートで弓張岳へと戻ることになったデース。

 

DSCF5262.jpg

『ぐは!煉瓦片あるっす!(*´д`*)』

 

 裏手と言っても公園内の遊歩道デスガ、

 でもそこは整備されたメインのコンクリの道とは別の世界だったのデス。

 足元を見れば煉瓦片やコンクリ残骸が色濃く残る歩道だったのデス^^

DSCF5263.jpg

DSCF5264.jpg

 そして幾らか下ったところで更に煉瓦が色濃い場所に遭遇シタノデス!

 

DSCF5265.jpg

DSCF5266.jpg

DSCF5267.jpg

『わーい♪ 煉瓦ちゃんいっぱい(*´д`*)』

 小躍りする琴音女史w

 

 菅原サーン曰く『通信所とか弾薬庫の名残りもあるらしいよ^^ 後年にだいぶ公園整備がされたんだけれども、撤去せずにそのまま残ってるとこもあるんだ。

 粋な計らいなのか、お金が無くそのままなのかは分からないけれども戦跡遺構マニアにはこういうのってありがたいねw』だソウデス。

 

 ナルホド。

 自治体や地域クラブが管轄しきれない場所に歴史を探すのもまたオモシロイデスね^^

 

 さて、琴音サンはと言うと・・・

DSCF5268.jpg

DSCF5269.jpg

DSCF5270.jpg

DSCF5271.jpg

DSCF5272.jpg

 やっぱり煉瓦刻印探しに熱中してましたデースw

 残念ながら無かった(見つけられなかった)ようですが、それでもその躍起になってる彼女を見てるだけでもコミカルで楽しかったデス^^

 

 

 ---但馬岳を下り、弓張岳との中間まで帰って来たところ↓

DSCF5273.jpg

 道の脇を指差して琴音サンが急に騒ぎ立てる!

『ねえねえ皆! ここ・・・何か道があったっぽくね?マジでさ☆』

 うーん・・・確かに何か切通しと言うか森が切れ込んでいる。もしくは水が流れてるか流れていた場所?にも見えたデス。

 有無も言わせず琴音サンがズカズカそこへと侵入開始!^^;

 渋々ついていくとーーー

 

DSCF5274.jpg

 やっぱりただの水の流れの切れ口。

 でも残念な発見かと思いきや

DSCF5275.jpg

 そのちょっと先は登山道と言うか山道ダッタノデス^^

 

 とは言ってもデース。特にもう今日は山道には縁が無いのデス。

 この後はバスに乗って佐世保市街に戻って美味しいディナーしてワイワイするのデスカラネ♪

 

 ・・・そう思っていたのですが

 でもやっぱり菅原ブラザーズはチガッタヨウデス・・・^^;

 

『ねえねえお兄ちゃん! この登山道の脇の斜面を登っていけば弓張岳の行けなかったとこ行けるんじゃね?』

『行ける・・・確かに行けるなあw』

 

 ・・・どうやら菅原ブラザーズは、

 先ほどの弓張岳の公園整備で立ち入り禁止になってた遊歩道の先が気になって仕方が無い御様子^^;

 本来なら『ヤメテオキマショウデース^^;』と制止を試みのですが、

 有無を言わさずさっさと登山道から脱線して弓張岳目指して這い上がる菅原ブラザーズの後を追うことにしましたデス^^;

 

DSCF5234.jpg

『はあ・・・はあ・・・です^^; アレ?なにかあるですよ^^;』

 夕実サンが見つけたのは何かの土台跡デショウカ???

 そしてやってきたのが恐らく遊歩道の先にあるであろう場所。

 

DSCF5235.jpg

『ここは海軍の砲台跡らしいよ^^』

『ワオ!円形の不思議な遺構デスネ~^^』

『お兄ちゃんお兄ちゃん!私たちの目的はそこじゃないっす^^;』

 ホワイ?ここが目的じゃ無いの???

 なんでも菅原ブラザーズの目的は整備された公園内ではなく、藪の中の物件ラシイ^^;

 

 そして再び藪の中へと下っていく私たちの目の前にそれは現れたのデース☆

 

DSCF5236.jpg

『ぐは!来たコレ(*´д`*)! しかもーーー

 

DSCF5237.jpg

 煉瓦積みっぽいぽい(*´д`*)』

 目の前に現れたのは屋根をなくした煉瓦積みの小屋?デシタ。

『スガワラサン、この建物は???』

『よく分かってないらしいんだが、発電所か機械庫・武器庫ってとこじゃないかな^^

 ここも赤煉瓦と言うよりも石煉瓦にも見えるね』

 確かに良く見ると赤煉瓦とは質感が違うよう。川棚で見た石煉瓦建物にも似ているかもデース^^

 

DSCF5238.jpg

DSCF5239.jpg

DSCF5240.jpg

DSCF5241.jpg

 そしてこの建物の斜め上辺りにも違う物件があったデス^^

 近づいてみるとーーー

 

DSCF5242.jpg

 入り口を煉瓦で埋めたノデショウカネ?

 でも明らかに石煉瓦とは違う綻んだ赤煉瓦デシタ。

 

DSCF5243.jpg

『さあ~みんなもう充分駆け巡ったな^^ そろそろ弓張岳をお暇しようぜ^^』

『『『さんせー(*´д`(*´д`*)´д`*)』』』

 なんだかんだで結構探索しましたデス^^

 もうお昼に食べたお肉も消費されてしまいましたデースw

 

 ---さてここで事件発生。

 結構時間を費やしたにも関わらず、まだまだバスが来るまで1時間を残していました^^;

『それならもうタクシーでいいんじゃね?お兄ちゃん。ワリカンならたいした額じゃなかったしさ^^』と琴音サンが提案したところ、

『それもそうだな^^ タクシーの領収書に電話番号書いてあったから迎えに来てもら・・・

 ん?

 あれ?

 領収書どこだ???』

 なんとスガワラサンはレシート紛失する大失態・・・^^;

『じゃあ~1時間も待つより歩いて帰ろう^^ 下りだから楽だろw』

『えええぇぇえー!?Σ(ll゚д゚(ll゚д゚ll)゚д゚ll)』

DSCF5278.jpg

 ・・・と言うことで、タクシーの選択肢もバスの選択肢も無くなったので徒歩で佐世保市街へとなったのデス^^;

 

弓張岳から佐世保駅まで地図.jpg

 でもでも救いは、登りの5キロより下りの5キロなら歩くのもそこまでじゃないってとこでしょうか(自分に言い聞かせてます)

 まあ~スガワラサンは琴音サンにずっと『しねしねしねしね・・・』言われてはイマシタガ^^;

 

DSCF5279.jpg

DSCF5280.jpg

 グッタリしながら道路を歩いていると、山肌にいくつも穴が開いていることに気づきましたデス。

 蓋をされているものもあれば・・・

DSCF5281.jpg

 中まで入っていけそうなものまで^^;

『絶対ダメだかんなお兄ちゃん』

 と、琴音サンに釘を刺されていましたが、

 スガワラサンはウズウズしてましたよ^^;

(防空壕か軍の地下壕跡でしょうね)

 

DSCF5282.jpg

DSCF5283.jpg

DSCF5284.jpg

 だいぶ下山して海岸線もぐっと近くなってきた頃、

 周りにようやく民家がチラホラ増えてきました。

 さっさと帰りてー!と先頭を行く琴音サンが突然民家の前で立ち止まる。

『わきゃ?どうしたですか琴音っちい^^?』と夕実サンが声を掛けるとーーー

DSCF5285.jpg

DSCF5286.jpg

DSCF5288.jpg

『なんか民家の花壇に煉瓦刻印あるんですの(*´д`*)』とヘブン状態な彼女がいましたデースw

 菱型にS?でしょうか?

 〇の刻印もその隣に。

 これはどこの工場製品なのか?と菅原ブラザーズは紛糾。

 とは言えすっかり長い道中に萎え気味だった琴音サンの活力も戻ってきたようデース♪

 

DSCF5289.jpg

DSCF5290.jpg

DSCF5291.jpg

 ようやく市街地に辿り着いた時は、既に一時間が過ぎていましたデス。

 

DSCF5292.jpg

DSCF5293.jpg

 そして大通り(国道35号)を歩いている時に『さりげない古煉瓦の発見』がアリマシタ。

 この通りの歩道脇にはところどころに案内板が設置されていたのデスガ、

DSCF5294.jpg

 その土台部は佐世保市で明治期に建てられた赤煉瓦建造物に使用された物の名残りで造られていたんデスネ^^

 コレにはスガワラサンも琴音サンも

『佐世保市やるじゃん(*´д`*)』と、上から目線で評価してましたよw

 

DSCF5295.jpg

DSCF5296.jpg

DSCF5297.jpg

 さてその後ものらりくらり。

 とんねる横丁なるストリートを抜けたり(防空壕跡を商店利用したストリートです。元旦なのでどこもやってないけどねw)

 

DSCF5298.jpg

 脇道の煉瓦積みに萌えたりしながらも、ようやく東横インに帰って来ましたデース(*´д`*)

 

 ホテルに着いてからは皆グッタリw

『元旦だし居酒屋も予約でいっぱいだし入れないし、今日は部屋で酒盛りにしようぜ^^』と言うスガワラサンの提案に誰も異を唱えることは無かったです(疲れちゃってたしねw)

 食料調達じゃんけんで夕実サンが負けて買出しに行くことになったのデスガ、

『ボクが買ってくるよ^^ 今日はボクの失態だったしな^^;』と、スガワラサンがお酒とおつまみの調達係になりましたよ。フフフ^^

 

DSCF5299.jpg

DSCF5300.jpg

DSCF5301.jpg

 お寿司にお刺身、お肉に

 そしてスガワラサンが前日に冷蔵庫に保管していた

DSCF5302.jpg

 ズワイガニさん(*´д`*)

 みんなで楽しく美味しくいただきましたデース☆

 

 ---さて明日も早いとお開きになりかけた頃に

 スガワラサンがパンパン!と手を叩き明日の予定を発表するぞと言ってきたデース。

『明日はちょっと遠出して隣の佐賀県の有田町に行くよ^^』と。

 アリタ?

 それはドンナトコ??

 琴音サンがそれに対して早速手を上げた

『お兄ちゃん!有田って有田焼んとこ?・・・煉瓦もあったりするう?』

『それはどうかな?フヒヒヒヒ・・・w』

『気になって寝れねーから、お兄ちゃんマジそのキモイ笑いヤメテw』

 

 有田焼と煉瓦。

 いったいどういう繋がりがあるのでショウカ?

 明日が楽しみでショウガナイデス(*´д`*)

 

ちょいのり・サザエさんver1.jpgみなさんチョー久しぶり&ここまで長い記事を読んでくれてありがとうw

ぎゃる魅.jpg長すぎてスクロールすんのもメンドイよマジで^^;

うおっか姫1.jpgそれにしても随分記事更新しなかったわねアンタ。

 不幸があった時と5~6年前のダービーの時の風邪以来よねこんなの。

ちょいのり・サザエさんver1_汗.jpgお店のスタッフさんたちにインフルエンザやら悪性の風邪が大流行しちゃってさあ・・・(上野れんこん始まって以来の未曾有の危機!?)

 それにちゃっかり便乗して更新しなかっただけだ☆

ぎゃる魅.jpgあんまりかんけーねええw

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgでも休み返上してロング出勤したりもしたんだぞ~w

 それももうすぐ終るぜフヒヒ・・・

 なんせそのお礼?に、今週の日曜と月曜が、

 なんと連休になりました(*´д`*)

 日曜日単休だったけど月曜日に代休もらえたんだぜうひょー(*´д`*)

ゼブラ2.jpgこれは好機ですな!

よっしゃあああ1・サザエさん.jpgっつーことで、ちょっとひこにゃんに会ってくるから!

ぎゃる魅.jpgまじかお!?

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg舞台は滋賀県!舞台俳優はお城と、

 そしてやっぱり煉瓦だ^^

 長崎シリーズが終ったら公開するので気長に待っててね♪

うおっか姫1.jpgその長崎シリーズはいつ終るのさ

ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpg次の有田編が3日目だし最後の4日の聖地巡りもあるから2月中旬以降かなw(多分・・・残り4記事くらいになる^^;)

 ではでは次回もお楽しみに^^

 日本屈指の陶磁器の郷にも煉瓦が関わってくる面白さを知っていただければと思います☆

 


nice!(97)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 97

コメント 24

YUTAじい

おはようございます。
琵琶湖・・・色々関連出て来そうですね。
一晩で復活しましたが・・・お出掛け出来ないのが残念です。
by YUTAじい (2016-01-29 06:45) 

isoshijimi

佐賀牛美味しそう~
街の中にも煉瓦に歴史が転がっている感じで・・・すごい街ですね。

有田焼も気になりますし、お城と煉瓦も気になります。
楽しみにしています~

ホテルでの宴会も豪華でしたね♪
by isoshijimi (2016-01-29 07:54) 

ニッキー

佐賀牛ランチ美味しそう^m^
やっぱり知らない土地に行って美味しい物を頂くって楽しいですよねぇ^^
案内板にさりげなく古煉瓦を使うなんて佐賀スゴイですねぇ(^.^)
by ニッキー (2016-01-29 08:46) 

ソニックマイヅル

おはようございます。焼肉やばいですね!メッチャ美味しそうです。やはり佐賀牛焼肉、食べないわけには行きませんね。もうすでに腹ペコモードに入りました。^^;
by ソニックマイヅル (2016-01-29 10:08) 

馬爺

おはようございます。
長崎は坂が多いですね、流石坂の町なんですね。
昨日BSを見ていましたら外房線のトンネルに煉瓦のトンネルが有りましたね。
by 馬爺 (2016-01-29 10:12) 

johncomeback

そういえば、有田には煉瓦の煙突が何本も立っていたような・・・
電車の窓から見ただけで、街は散策していませんが(*´∇`*)

特に理由はありませんが、暫く拙ブログは休止します。
でも、ここへは遊びに来ますよ(^▽^)/
by johncomeback (2016-01-29 10:31) 

koh925

70年という歳月は長いですね
煉瓦積みの遺構が、今では樹木で覆われています
ちょいのりさんにとっては、その方がいいでしょうね
by koh925 (2016-01-29 10:49) 

ワンモア

今回も見応えたっぷりで楽しめました。
焼き肉に寿司!昼休みに見るんじゃなかった(笑)
佐世保はかなり遺跡があるんですね。
一度訪れたいなぁ^^
by ワンモア (2016-01-29 13:17) 

さる1号

流石佐世保、戦跡遺構がいっぱいですね
漢数字の標柱、あれは何だろう
何を表示しているのかな
ストーカーのオジさん
軍港を撮っていたからマークしたとか
撮る人の素性を探るのが仕事の軍の関係者・・・なんてね^^
by さる1号 (2016-01-29 14:53) 

katakiyo

レンガの壕の中で若い命をささげた時代なのですね、
きな臭い今の世の動きが怖いです。
by katakiyo (2016-01-29 20:15) 

DEBDYLAN

美味そうな肉しか頭に残らない・・・^^;
焼肉ガッツリ喰いてぇっす!!

by DEBDYLAN (2016-01-29 21:59) 

くまら

佐世保湾に停泊中は、まさかの出雲?
当地では、滅多に軍艦見れないので
例えガスがかかっていても見入っちゃうかも
by くまら (2016-01-30 11:02) 

コンブ

記事が長いのには慣れました。
しかしここまで煉瓦にのめり込めるのは羨ましいです。
by コンブ (2016-01-30 11:17) 

みぃにゃん

次は滋賀県ですか?長崎は戦争のときの残ってるものが沢山ありますね。滋賀もあるのかな?

by みぃにゃん (2016-01-30 12:42) 

ゆうくん

記事の長さを感じさせない内容、レンガに対しての熱い思い、やっぱり戻ってきてよかった。
by ゆうくん (2016-01-30 21:52) 

みずき

怪しい道を行っても舗装された道を行っても
煉瓦に行きあたる街なんですね^^
お肉を見たので、口の中がジュルッっとしてます。
by みずき (2016-01-30 23:46) 

讃岐人

次回はずいぶんとまた離れたところになるんですね。楽しみです。
佐世保市街の景色や要塞跡が懐かしかったです。
by 讃岐人 (2016-01-31 00:51) 

えーちゃん

美味しそうな焼肉だけど、肉ばっかし喰ってるとガンになるかもよ?ガーン(^^;
by えーちゃん (2016-01-31 02:07) 

suzuran6

佐賀牛・・・最近は南半球産の牛しか食べてないなぁ~
で、菱形にSはどこだったんでしょう?
レーるだと富士製鉄製なんだけれど。

来週あたり、滋賀の草津へ出張なのよねぇ~
by suzuran6 (2016-01-31 18:46) 

sarusan

今晩は、本日4年目最初の菜園記事をアップしました。
これからも宜しくお願いします。
by sarusan (2016-01-31 22:12) 

orange

もぉ..地下鉄で移動中、何度も開いて途中で駅について..
画像を思わず...ピンチしていた自分が怖い^^笑
移りますねぇ..えっ?インフルエンザじゃなくて煉瓦病(笑)
by orange (2016-01-31 23:16) 

まめ

はてさて、今日はどこをうろついてるんだかw
天気は今一つですが、そんなことはどーでもいいという
感じで突入中ですかね。
しかし、煉瓦も実はよく見るとあちこちにあるんでしょうかね。
by まめ (2016-02-01 12:43) 

sakamono

初っ端から佐賀牛にビールとは、いつもとちょっと違う
趣向かと思いきや、その後は、いつも通りでしたね^^;。
立ち入り禁止だったエリアへ、迂回した山道を通って
たどり着くあたり、さすがです。
by sakamono (2016-02-01 21:47) 

美美

軍艦島での生活は大変だったんでしょうね。
世界遺産になるんでしたっけ?
勉強不足がお恥ずかしいです^^;
by 美美 (2016-02-19 23:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。