So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

第920話 道東どうでしょう タウシュベツ橋編①『コンクリートの魅力☆』 [廃村さーくる2(近代遺構編)]

『コンクリートの魅力を見せてやるぞ^^』
 
 う~ん・・・
 ここまで煉瓦愛に満ち溢れた私っちに今更コンクリですかお兄ちゃん^^;
 
 煉瓦の魅力に憑りつかれるまでは近代建築ですら興味無かった私。
 それが今やですぞ?
 
 けっこー色んなとこの煉瓦建築求めて旅してるんだから自分でも笑っちゃうっすよw 
 
 さて茶化しはその程度で。
 
 私的にはコンクリこそ超近代。
 っつーかイマドキ建築の主流であって、
 アートな物件はあるけれど、そこまで興味を持てるものでは無かったの。
 
 だってさ・・・
 
 煉瓦の方が味わい深いし『暖かみ』感じるよね?
 コンクリートって何か『冷たさ』を感じるんだよねー。
 
 だから帯広一日目の終わりにお兄ちゃんがコンクリの魅力を披露すんぜ!って言ってたんだけど半信半疑だったわけさ。
 
 でも・・・
 びっくらした!
 コンクリだって伊達じゃない!ってことをーーー
 
 ん~ではではだいぶ日が空いちゃったけれど道東旅行編の二日目のスタートっす☆
第920話・道東どうでしょう・タウシュベツ橋編①・琴音・けもフレ・ひぐまコス2.jpg
DSCF2940.jpg
2琴音アイコン小.jpgちょー眠いんすけど!お兄ちゃん。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg私も眠うーい^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpg今日の目的地は帯広駅前から出るバスで向かうってことですか?菅原さん。
菅原君アイコン小.jpgまあそー言うこった。そこにはチョー有名物件が待ってるんだぞ^^
 北海道は煉瓦だけではなくコンクリのアートが残ってる。
 それをオレは是非とも皆に見てもらいたいからこそ旅行の二日目にわざわざ予定を食い込ませたのだ^^
 特に琴音。お前にこそだ。
2琴音アイコン小.jpg煉瓦以外興味ないし!
 コンクリ反対!コンクリは帰れ~w
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて、今日はここからどこへと向かうんですかぁ?先輩。
菅原君アイコン小.jpgいつも通り目的地の名称は内緒だ。サプライズの方がテンション上がるだろ?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgなんだおーそれえ^^;
菅原君アイコン小.jpgまあ一応漠然とは説明しておく。
 
 我々は帯広駅前のバスターミナルからバスに乗って帯広の北にある『上士幌(かみしほろ)町の糠平(ぬかびら)』ってとこへ向かうのだ。
 そこで『ある見学ツアー』を申し込んだ。
 9時から正午までのツアーコース。
 そこには『幻の橋』があるとだけ言っておこう^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg幻の橋!?
琴音アイコン小.jpg集合場所まではどのくらい???
菅原君アイコン小.jpgまあ~ザっとの地図で説明しよう。
上士幌町まで1.jpg
菅原君アイコン小.jpg帯広のバスターミナルから上士幌町を経由しーーー
糠平源泉郷まで.jpg
菅原君アイコン小.jpg更にそこから糠平湖の湖畔まで『ぬかびら線』ってバスに乗って行くんだが、
 距離にして65キロかな?
ルカちゃん・アイコン小.jpgけっこー遠い!
菅原君アイコン小.jpgちなみにボクたちは7時10分の始発バスに乗り込むんだが、現地到達は8時50分くらいだね^^
2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgけっこう集合時間ギリギリじゃん^^;
菅原君アイコン小.jpgだから現地に着いてもロケットダッシュ推奨だ(ニッコリ☆
ルカちゃん・アイコン小.jpgレンタカーとか前泊出来ない人たちには結構ハードル高いツアーなんですね^^;
 
DSCF2941.jpg
(↑これは帯広駅前にある、根室本線が帯広~釧路間開通時に実際にレールがあった場所を示す復元モニュメント。今現在とはもとあった路線が違うんすね)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて、バスに乗り込む前に皆買い出しやらなにやらしましたです(今回、流石にお酒は買うのをやめておきましたw)
 すると定刻にバスが。
 その乗り込む列には学生さんがゾロゾロ。
 道中、座っているのが申し訳ないくらい途中のバス停で学生さんが乗ってきて肩身がせまかったー^^;
 
 そんなこんなで1時間半くらいでぬかびら源泉郷ってとこに着いたですう^^
 
琴音アイコン小.jpgここからどうすんの!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg集合まで10分しかないですう^^;
菅原君アイコン小・汗.jpgおかしいな・・・バス停の近くなんだけどなあ。
ルカちゃん・アイコン小.jpgなんともはや、私たちは簡易な地図があるにも関わらず迷子ですw
 
 バス停周りをウロウロしていたらーーー
『ツアーの方ですか?こちらです^^』と、スタッフさんが私たちを見つけて頂いたから良かったもの・・・って感じでしたよハイw
 
DSCF2943.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgガイドさんに連れられてやってきたのは糠平温泉文化ホールと言うとこ。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgすみません皆さん、ごめんなさいですう^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgもう既に今回のツアーに参加する方々がスタンバっていたのはここだけのお話ですよ(フフフ)
DSCF2944.jpg
菅原君アイコン小.jpgさあ皆、用意していただいた長靴に履き替えて!
2琴音アイコン小.jpg余裕まったくねーなw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgアワワワワですう。ん?でも~受付で手渡されたパンフレットの画像、ニュースとかで見たことあるです。
ルカちゃん・アイコン小.jpg私も見たことありますよハイ!
琴音アイコン小.jpgえ!?
 っつーか、なんとなく察してたけどやっぱり!?
 
 もしかしてお兄ちゃん!
『タウシュベツ川橋梁跡のツアー???』
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgタウシュベツ ああー!!!
菅原君アイコン小.jpgまあ~そういうこった^^
 今回の旅路で、どうしても『ここだけは』外せなかったんだよ。
 近年、いつまで『その姿のまま居られるのか?』と言われている鉄道系産業遺産だね^^
夕実ちゃんアイコン小.jpg詳しい概要とか全然わからないんですけど。
2琴音アイコン小.jpgでもスタッフさんが二陣に分かれて車に乗り込めって言ってるよ!
ルカちゃん・アイコン小.jpg早く早く!
 
 ・・・と言うことで私たちはこのタウシュベツ川橋梁の何たるかを何も知らないままツアーの車に各人乗り込むことになっちゃったとです。
 
 ーーー私たち、糠平湖の縁を通る国道を移動中ーーー
 
菅原君アイコン小.jpg本当は集合時間に余裕をもって集えたならばスタッフさんから、このツアーの主目的である『タウシュベツ橋梁』の説明がじっくり聞けたんだと思うが、
 ここはオレなりに概要を説明しておくことにするよ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg琴音アイコン小.jpgお願いします^^
 
 
菅原君アイコン小.jpgタウシュベツ橋梁跡、もしくはタウシュベツ川橋梁跡。
 ニュースにもインスタにも話題になって風景的に話題的にも有名な場所だけれども、
 簡単に説明するならば『旧国鉄の士幌線のコンクリートアーチ橋梁群のひとつ』だ^^
琴音アイコン小.jpg橋梁群のひとつ???
菅原君アイコン小.jpg他にもあるんだが、ここは特に突出してその造形美並びに自然を向こうにした背景が素敵なんだ(*´д`*)
士幌線.jpg
菅原君アイコン小.jpg士幌線は1925年開通の帯広~十勝三股を走る国営の路線だった。
 まあそれもモーターリゼーションの波に呑まれて1987年には利用者数減数と共に廃線になった訳。
ルカちゃん・アイコン小.jpg割と近代まで走ってた路線ともいえるんですね
菅原君アイコン小.jpgそうだね。でも、このタウシュベツ橋梁は廃線前にお役御免になってるんだよ^^
琴音アイコン小.jpgえ?なんでよ?
菅原君アイコン小.jpg1955年に糠平ダム建設の為に迂回する新線が建設され、旧線となるタウシュベツ橋梁はポツンとその仄暗の中に取り残されることになるんだ。
1970年代のタウシュベツ橋梁跡.jpg
菅原君アイコン小.jpgこれは1970年代の航空写真だが、
 タウシュベツ橋梁は新線の廃止を待たずに人造湖である糠平湖の中に沈んだ(取り残された)物件なんだよ。
琴音アイコン小.jpg新線付け替え時に既に役目を終えていた橋だったんすね・・
 
菅原君アイコン小.jpgなんとなーくは分かった?
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgはい、何となく☆
菅原君アイコン小.jpgまあ~ここからは『見て感じろ。その圧倒的様を』かな。
 ここからはお前に言う。
琴音アイコン小.jpgえ?私???
菅原君アイコン小.jpg昭和だからと侮るなかれ。
 コンクリだからってそれがどうしたよ!って、
 その圧倒的存在感に今までの自分を悔いろ。
 
 人がこんなところにこんなものを造って残った奇跡ってものを感じて欲しいんだお兄ちゃんは。
 
 煉瓦だけが人が創り出したものじゃ無い事を見て欲しい。
 コンクリもまた人の英知の体現だって知ってほしい^^
2琴音アイコン小.jpgそこまで言うなら見てやろうやんけえ!
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて、車は糠平湖のある場所で一旦停止。
 そこにはバリケードの向こうに続く林道があったのです。
夕実ちゃんアイコン小.jpgスタッフさんがバリケードの施錠を解除してるですう。
 ん?
 わきゃ!?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgクマに注意の看板があるですよお・・・
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgそうなんです。ここはヒグマも闊歩する地帯。
 
 スタッフさん曰く『ツアーしてて年間でも数件、ヒグマに遭遇してますよ^^』とのこと。
 
 驚く私たちを見つつ続けてスタッフさんが言う
『この糠平湖周辺は水力発電の電源開発㈱さんや森林事務所の所有地なので、許可を得たものしかタウシュベツ橋梁跡へと近づけないのですが、
 結構な数で個人的に行かれる方も多いんです。
 この前は無謀にもサンダル履きでこの林道を歩く親子連れとも遭遇しました^^;
 ヒグマとの遭遇例もありますし、安易な考えで訪れることの無いように願いたいですね・・・』と。
菅原君アイコン小.jpgツキノワグマとはわけが違うからな
2琴音アイコン小.jpgわたし、イノシシだって会いたくないっつーのに熊とか無理ゲーだよおう^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわたし、サルでもダメですう(ニホンカモシカは好き)
 
DSCF2946.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg林道をくねくねと結構な距離(勾配もそこそこ。徒歩で行くとなるとかなりの時間ではないでしょうか)
 そして車3台分くらいの林道脇スペースが見えてきたところで停車。
 
『ここからは皆さん徒歩で向かいますよ^^』
 スタッフさんの号令に車からゾロゾロと降りることになったですハイ^^
 
DSCF2947.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgヒグマ・・・ヒグマ・・・こないでえー^^;
琴音アイコン小.jpg来ちゃったらお兄ちゃん盾にして車にダッシュすればいいのさ
菅原君アイコン小・汗.jpgお前らひどいな^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpg(わたし、何も発言してないんですが・・・)
菅原君アイコン小.jpgこういう時の為に都内のアウトドアショップで皆に買ってやっただろ?
DSCF2948.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgクマよけのベルですね。その時はありがとうございましたw
2琴音アイコン小.jpgこんなんで寄ってこねーのかよ熊!
 楽勝じゃんw
菅原君アイコン小.jpg気休めだよ気休め。寄ってこないとも言うし関係ないとも言うしな。
 
 事実、若いオス熊なんてのは興味本位で近づいて来ちゃうこともあるって言うし、運だなw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgたすけてー^^;
 
DSCF2949.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg酷く怖がる夕実ぶちょーに背後を取られつつも先へと進みます(すいません先輩。めっちゃ歩きづらいんですが・・・)
 
 本来ならもう少し歩きやすい林道だったはずですが、これは昨今の北海道にかなりのダメージを与えた夏台風たちの影響でここまで流木が浸入したんだとか・・・。
 
 そして林道の先が開けたところで思わずハッと息を飲み込んでしまいましたよ!
DSCF2950.jpg
琴音アイコン小.jpgう、おおおおおおおおおおおーーーッ!!!
DSCF2951.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgすっごい素敵なパノラマっ!!!
 
菅原君アイコン小・萌え.jpgうわああ・・・うわああ・・・
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgぐっは!マジか!?
DSCF2952.jpg
菅原君アイコン小・萌え.jpg琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgこれが噂のタウシュベツ橋梁跡!!!
2琴音アイコン小.jpgまるで古代遺跡みてーじゃんかお(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpg景観も相まってかとっても素敵なとこですう(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg最高に良いお天気だったのもビジュアル的に盛り盛りですねハイ(*´д`*)
 
 さてここでスタッフさんから集合の号令が。
 てっきり色々と説明してくださるのかと思いきやーーー
2琴音アイコン小.jpg3~40分フリーダム(自由時間)だってお(*´д`*)
菅原君アイコン小.jpgこれは・・・舐めまわすしかないな!
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことで各人、自由に見学することになりましたよハイ☆
 
DSCF2953.jpg
DSCF2954.jpg
菅原君アイコン小.jpgとりあえず実際に近づいてみよう^^
 
DSCF2955.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg危険・・・でしょうね^^;
 
DSCF2956.jpg
琴音アイコン小.jpgん?全部コンクリだと思ってたけど石が詰まってるっすね。
菅原君アイコン小.jpg『割石』って言うんだよ^^
 コンクリの枠を造ってそこに詰め込む訳だ。
 でももしかしたらばーーー
 この割石もタウシュベツ橋梁の崩壊に関与してるかもな。
ルカちゃん・アイコン小.jpgどういうことでしょうか。
菅原君アイコン小.jpgコンクリって『凍結』に結構弱いんだ。
 隙間に水分などが浸入し、
 凍結によって『膨張』して体躯にダメージを与えるんだよ。
琴音アイコン小.jpgつまりこういうバラスト的なものがあると隙間だらけで水分が入りやすいってことっすね。
菅原君アイコン小.jpg小さな力でも長年膨張収縮を繰り返せば建物自体の寿命も狭めかねないからな。
夕実ちゃんアイコン小.jpgなんとなーく分かりましたです^^
 だから『綺麗なアーチ橋を描いているうちに見収めておこう!』ってことなんですね^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgでもここまでツアー組んだり人気スポットなら保全すればいいのではないですか?
菅原君アイコン小.jpg琴音アイコン小.jpgそれは厳しいと思うよ。
ルカちゃん・アイコン小.jpgえ!?
菅原君アイコン小.jpgこのクラスの巨大建造物を保全するには維持費が莫大すぎると思う。
琴音アイコン小.jpg長崎の軍艦島も完全保全するとなったらとんでもない金額なんだよ?
 だから基本、風化に任せてしまってるっす・・・。
 ひとつの自治体じゃとても負担がでかすぎなんす。
 ましてや・・・ねえ^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpg歴史があるからって留め置くのも大変なんですね。
菅原君アイコン小.jpgだからせっかく来たんだし、バッチリ目に焼き付けておこうぜ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpg了解です!
 
DSCF2957.jpg
DSCF2958.jpg
DSCF2959.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてと、私たちはタウシュベツ橋梁の下へとやってきました。
 トラロープ(危険防止のロープ)の外側からなら向こう岸からだろうが、下からだろうが自由に見て良いと言うことで^^
 
DSCF2960.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg橋脚ひとつひとつが巨人に見えるですう^^
 
DSCF2961.jpg
2琴音アイコン小.jpgやべえよお兄ちゃん。小川が通せんぼして渡れねーぞ!
菅原君アイコン小.jpg長靴頂いたんだから突撃だ!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgええーー・・・
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg実は正直申しますと、小川に横たわる木々の上を何とか歩き切った私たちだったのですが・・・
 危うくひっくり返るとこでした^^;
 その光景を見ていた他のツアーの皆さんに指さされちゃって恥ずかしかったのは内緒ですハイ(/ω\)
 
 さてっと、しばらく写真の羅列が続きますよハイw
DSCF2962.jpg
DSCF2963.jpg
DSCF2964.jpg
DSCF2965.jpg
DSCF2966.jpg
琴音アイコン小.jpgうはー!結構ボロボロだねえ。
 
DSCF2968.jpg
DSCF2969.jpg
DSCF2970.jpg
DSCF2971.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgココなんか見てくださいですう(↑)
 割石がボロボロと零れ落ちてるですよ・・・^^;
菅原君アイコン小・汗.jpgそうなんだよ夕実ちゃん。
 将来ココが真っ先に崩落しないかと危惧されている箇所なんだ。
 
DSCF2974.jpg
2琴音アイコン小.jpg行く手を阻む小川が更に!
ルカちゃん・アイコン小.jpg横たわってる木々も何もないですよ?
 どうします???菅原さん^^;
DSCF2975.jpg
菅原君アイコン小・萌え.jpg突貫します(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpgやっぱそーだよねー^^;
DSCF2979.jpg
DSCF2980.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgそんなこんなで何とか対岸側までやってきた私たち。
 
DSCF2982.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg丘の上まで上り詰めるとーーー
 
DSCF2988.jpg
2琴音アイコン小.jpg逆アングルもカッコいいねえ(*´д`*)
 
DSCF2989.jpg
DSCF2990.jpg
DSCF2991.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgこっちも割石が敷き詰められてますね(当たり前)
琴音アイコン小.jpg鉄骨もボロボロだあー^^;
 
DSCF2992.jpg
DSCF2993.jpg
DSCF2994.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてさてさて。
 そこから見る雄大なパノラマにしばし唸る私たちでしたが、
 
DSCF2995.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg今度は谷側から折り返しの見学がスタートですハイ☆
 
DSCF2996.jpg
DSCF2997.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!アーチから覗き込む山々が素敵ですう(*´д`*)
 
DSCF2998.jpg
DSCF2999.jpg
琴音アイコン小.jpgうわあ・・・こっち側からの方が分かりやすいね。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg地震でもあったら次の日には壊れてそうですう・・・^^;
菅原君アイコン小.jpg帯広と言うか十勝地方は地震も結構あるしな(糠平辺りまで来ると地盤は固そうだが)
 
 むしろ、コンクリの寿命が60年とも言われているのに何の修繕保全も無しで80年もこの姿を残してきたんだから立派なもんだよ!って褒めてあげたいくらいだな^^
琴音アイコン小.jpgそうっすよね。私もそう思うっすよ。
夕実ちゃんアイコン小.jpgおじいちゃん、ありがとうって言わせてくださいです^^
 
DSCF3001.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて、スタート地点に戻ったところで丁度タウシュベツ橋梁のツアー時間も終了。
 
 遺構にそこまで興味のない私だけれども感動しちゃいましたよ?ハイ^^
(※ルカちゃんは基本、遺構には興味あんまし無いキャラ設定)
 帰りの車までの歩きの間、
 自分だけの素敵な感動では無いと思い
 私は思わず
 皆の『どうでしたか?』を聞いてみた。
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ぶちょー、タウシュベツ橋梁跡どうでしたか?
夕実ちゃんアイコン小.jpg景色も相まって感動でしたですよお(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg(無難な感想ですね。でも確かに天気も良くって素敵なパノラマだったかな)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg琴音さん?どうでした???
琴音アイコン小.jpgこれが煉瓦造りだったら最強だったのになあ~とか思ったっすねw
 
 ・・・でも、お兄ちゃんが大口叩いてただけあるわーと思ったよ^^
 コンクリだって伊達じゃない!って思ったもん(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpg(やっぱり煉瓦遺構と比較しちゃうんだw とは言え素直にコンクリ橋の魅力も認めているみたいだし良いかな^^)
 
 さて最後に菅原さんに聞いた。
ルカちゃん・アイコン小.jpg菅原さん?いかがでしたか???今回のタウシュベツ橋梁跡見学を振り返ってみて^^
菅原君アイコン小.jpg『来て良かった』って思ってる。
 そして『見届けた』とも思ってるよ^^
 
 例えが偉大過ぎるけれど、ピラミッドだって人が造って残った奇跡。
 遠い未来には風化してしまうんだろうけれど、
 
 こういうの見るとさ?
『人って凄くない?』って感動するんだよねオイラ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgああそれ私も分かるかな^^
菅原君アイコン小・萌え.jpgっつーかぶっちゃけると廃墟マニアのオイラにはタマラン物件だったな(*´д`*)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgああ・・・そうでした。
 最近は妹さんの煉瓦遺構シリーズに押されてるけれど、
 基本的には菅原さんは『廃墟マニア』でしたね^^;
(煉瓦もコンクリも遺構すらこの人にはジャンルの一部)
 
 とは言え『マンパワー』を感じました。
『人って創る生き物』なんだと。
 こんな雄大な景色の中に線路を通した人たちに敬礼でしょうか^^
 
 ーーーさてさてこのツアーはまだもう少しだけ残ってますよ?ハイ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgぬかびら温泉郷までの帰りの道中にも、いくつか旧・士幌線の物件を見せてくれるのです。
DSCF3002.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg国道273号線にかかる河川橋に差し掛かったところで車を停車。
 ガイドさんがワンボックスのスライドドアを開けてみてくださいって言うので菅原さんがドアを開けばーーー
 
DSCF3003.jpg
DSCF3004.jpg
DSCF3005.jpg
DSCF3006.jpg
DSCF3007.jpg
DSCF3008.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgここにもプチ・タウシュベツ橋梁^^
『第五音更川橋梁(おとふけがわきょうりょう)』
 
 ーーーと言うか、
 士幌線跡には数多くのコンクリート製アーチ橋梁が今も尚残ってるんですね^^
ダウンロード (1).jpg
菅原君アイコン小.jpgかつてはSLも黒煙靡かせて走ってたんだよな~ここも。
琴音アイコン小.jpg機関車も落っこちそうなくらいの狭っまい幅員の橋梁だけどお、その様を見れた昔の人は財産かもっすね^^ 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわたしならドキドキしちゃいますです。
 でも・・・乗れるのなら乗ってみたいワクワクなのかもですう^^
 
DSCF3009.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgそんなこんなで幾つか士幌線の痕跡を見せていただいたツアーなのですが、
 最後に『幌加除雪ステーション』と言う場所に立ち寄りましたヨン^^
 
 てっきりトイレ休憩なのかと思ったのですがーーー
 
 次回、『タウシュベツ橋梁跡編後編』へと続くって感じですハイ☆
 
 
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgお久しぶりですちょいのりです^^
 今回は某有名物件であるタウシュベツ橋梁跡へと行きました(つっても、去年の9月w)
 
 実は旅行予定には当初入ってなかった場所だったりします。
 
 日程二日目の旅路を模索していた頃に、
 あれ?そう言えばタウシュベツって帯広に近くね?って気づき、ツアーに急遽メール連絡した次第でありやす^^;
 
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgでも行って良かった・・・
 こんな景色、日本で他に無いよ?
 
 それほど素敵な見学会でした☆
 
 人が造って残った奇跡の遺構。
 幻となる前にぜひ一度見に行かれてはどうだろうか。
 
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさて次回はーーー
 帯広編最終話にして士幌線跡最終話。
 
 無謀な賭けに出て失敗したけれど、今思うとそれも楽しい思い出ってお話です^^
 
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgブログも月一回更新っぽくなっちゃってきたけれども、それでも書くことは止めませんヨ^^
 
 ではではまたの更新でお会いいたしましょうず(*´д`*)
 

nice!(54)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

第919話 北海道道東どうでしょう帯広編③『ばん馬と煉瓦と帯広市歴のイグニッション』 [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『あけましておめでとうございます^^;』
 
 年末のご挨拶もしなかったくせにいけしゃーしゃーと言わせていただきますよW
 
 まあ~去年は忙しかったです。
 そしてこれからも忙しいのでしょうね・・・
 昨日は夕方のニュースのグルメコーナーでも取り上げて頂いたし・・・(日テレ系列)
(正直辛い。売り上げは過去最高。でも、人員は過去最少人数なのよ・・・
 辞めてもいいのだが、居酒屋のネームバリューと4連休の夏休みと!きっちり出るボーナスが魅力的だかんねW)
 
 さて道東旅行の続きです。
 夕実ちゃんや菅原君たちが貴重な煉瓦の刻印を発見した後のお話です^^
 ではでは第919話スタートです☆
第919話・北海道道東どうでしょう・ばんえい・宮本商産・ルカちゃん・晴れ着2.jpg 
ルカちゃん・アイコン小.jpg公園内の煉瓦探索を終えた私たちは、再び帯広の中心地へと戻ってきました、ハイ^^
DSCF2893.jpg
2琴音アイコン小.jpgさっそく煉瓦ちゃん発見!
夕実ちゃんアイコン小.jpgよくよく見ると道路に面した側はイマドキの煉瓦さんですが、内側は古そうな煉瓦建築ですね^^
菅原君アイコン小.jpgさてその見解はどうかな^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgえ?違うの???
ルカちゃん・アイコン小.jpg前にも確かありましたよね。高級な煉瓦をイマドキ煉瓦と見まごうことが。
菅原君アイコン小.jpgとりあえず今日はこれで煉瓦探索も終わりだからのんびりと見て行こうじゃないか^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことでみんなでこの煉瓦建築をチェックすることにしたのですう~^^
 
DSCF2894.jpg
琴音アイコン小.jpg内側は焼き過ぎ煉瓦のイギリス積みかな? 縦窓がいい味出してんね^^
 
DSCF2895.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg道路面の外壁は・・・全部、小口積みじゃないですか?
 ますますイマドキっぽさが前面に出ているんですけどお^^;
 
DSCF2896.jpg
菅原君アイコン小.jpg外面の軒下は装飾煉瓦のディンティル(歯状)だね。その上は少し塗りなおしたようにも見えるかな?
 
DSCF2897.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgここが丁度、表側の煉瓦と内側の煉瓦の境ですね。
 ・・・やっぱり外面だけ後年に補修されたんじゃ・・・
 
DSCF2898.jpg
琴音アイコン小.jpg腰回り部分の笠上は斜めにカットした異形煉瓦ちゃんだね。
 裏側はどうかなあ?
 
DSCF2899.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうひょー! 煉瓦の刻印がありそうな平面が多く見えるよん(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgその後みんなで刻印探しをしましたが見つからず。
 そのまま大通りに面した正門側へ。
 
DSCF2900.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg宮本商産㈱? どんな会社なんでしょうか。
菅原君アイコン小.jpgここは明治36年創業の、ガソリンスタンドや工業用潤滑油販売・LPガス灯油販売、その他に『ちょいのりレンタカー』など手広い活動をされている商事会社かな^^
 元々は製麺業を主体として、今のコンビニみたいな食料品の小売店などもしてたそうだよ。
 
DSCF2901.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? ちょっと思ったのですが、東京駅の外面と似たような造りですう。
菅原君アイコン小.jpgお、夕実ちゃん中々いいところに気づいたね。
琴音アイコン小.jpgつーことは辰野さん?
菅原君アイコン小.jpgいやいやいや。それは無い。
 これは大正8年(1919年)に建築された宮本商産㈱の旧本社跡。
 明治後期~大正頃は全国でこの手のモダン風煉瓦建築が持て囃されたんだ。
 花崗岩を帯石に煉瓦積みとのコラボ。
 東京駅駅舎を手掛けた辰野金吾っぽさがあるよねえ^^
 
 そして夕実ちゃん?
夕実ちゃんアイコン小.jpgはいなんでしょ?
菅原君アイコン小.jpgこの外面のイマドキ風に見える煉瓦は、君が指摘した東京駅と同じ。
 つまりは『煉瓦タイル』を使ってるんだよ^^
琴音アイコン小.jpgな~るほどっす。だから似た感じがすんのね。
菅原君アイコン小.jpg帯広市のかつての繁栄の象徴ともとれるこの煉瓦建築。
 帯広と煉瓦を紐づける意味では是非とも来たかった場所なんだ^^
夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩はいつもそうですよね。
ルカちゃん・アイコン小.jpg普通に煉瓦構造物を見るのではなく『煉瓦から見える土地の歴史』ってやつですね^^
菅原君アイコン小.jpg煉瓦刻印さえ見つかればいい妹様とは違うのよん(*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgそんなことねーっすよ(半分当たってるけどw)
 
DSCF2902.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて、この後は???
2琴音アイコン小.jpgぶっちゃけちょっと休憩したい^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgというかーねむーい^^;
菅原君アイコン小.jpgそうだな。流石に寝ないでここまで来ちゃったから早々にチェックインして、しばらくマッタリした後みんなで食事がてら『ばんえい競馬』に行くぞ(*´д`*)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことで帯広市第一日目の煉瓦探索はこれにて無事に終了とあいなりました、ハイ^^
 
DSCF2904.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgツインを二部屋。菅原兄妹が同室なのが不満げな夕実先輩を力づくでひっぺ替えしてそれぞれの部屋へ。
 1時間後にロビーで落ち合いましょうと約束したのですが・・・
 
おっさん爆睡w.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgせ、先輩!もう夜の7時過ぎですう^^;
菅原君アイコン小・汗.jpg思いっきりみんなで寝過ごしちまったな^^;
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg何と何と!皆さん約束では5時半くらいにナイターでやっていると言う『ばんえい帯広競馬場』に出向いている予定が大出遅れをかましちゃったのですハイ(にっこり)
 
菅原君アイコン小.jpg大丈夫だ。まだ今からでも遅くはない!
 今から向かえばメインレース前にはたどり着けるはずだ☆
琴音アイコン小.jpgじゃあー、タクシーで行こうよ!
菅原君アイコン小.jpg駅前のホテルから走れば20分くらいだから走るぞ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpg寝起きにダッシュかよ!!!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg・・・たまに菅原さんの思考が意味不だなあとは思ってましたが、やっぱりちょっとおかしいなあw
 と、言うことで泣く泣くみんなで駆け足で競馬場へと向かいました^^;
 
 
DSCF2905.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgえ!? わあわあですう!
ルカちゃん・アイコン小.jpg競馬場、しかもローカルの中のローカルな競馬場だと思ってたのですが・・・
2琴音アイコン小.jpgなんか入り口からしてお洒落じゃんかお(*´д`*)
菅原君アイコン小.jpg『とかちむら』って言うスタンド前の商業施設だ^^
 2010年に開業した十勝の食産のアピールの場ともなってるんだよ^^
 豚丼にジンギスカンに焼肉など、ここならではのうんまいお肉も味わえる!
ルカちゃん・アイコン小.jpgあれ? でもです。
 お店が店じまいしてるような・・・
菅原君アイコン小.jpgもうメインとメイン前のレースしか残ってない時間に来ちゃったからなw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgああ~ん・・・寝坊しなければ十勝帯広の美味しいものが食べれたのに残念ですうう^^;
 
DSCF2906.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてお洒落なフードコートの店仕舞いに指を咥えつつも競馬場内へと向かう私たち。
 先輩の背にゾロゾロトついて行くとーーー
 
DSCF2907.jpg
琴音アイコン小.jpgうっは!一気に如何にもローカル競馬のスタンド内っぽくなってきたっすねw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg先輩に昔連れて行ってもらった浦和競馬場みたーい^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpg見回せば入り口付近には可愛らしい競馬グッヅが陳列されてはいたものの、
 そこから奥は簡素な造り。
 農作業の傍らに来たようなかっこのオジ様オバサマ達や、観光で寄ってみました!って感じの若人が数グループ狭い通路にひしめきあってましたですハイ☆
 
菅原君アイコン小.jpgせっかくだしコースを見に行こうよ皆(ワクワク☆
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg初ばんえいですものね。競馬好きの先輩がウキウキするのも分かります^^;
琴音アイコン小.jpg私もアニメ『銀の匙』での知識しかないから興味あるなあ~^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことでいざスタンド前のコースへと出てみましたよん^^
 
DSCF2908.jpg
2琴音アイコン小.jpgうほ!スタンド前の広場が広いなあ!
ルカちゃん・アイコン小.jpgコース前まで遠い・・・
 
DSCF2909.jpg
DSCF2910.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgコースをならしてるんでしょうか?
琴音アイコン小.jpgっつーか、障害の山って結構起伏あんのね。
ルカちゃん・アイコン小.jpgえ!?え!?えーっと・・・
 私ってば、テレビでしか競馬って見たことないのですが、
 こんな山あり谷ありのコースでしたっけ???
 
菅原君アイコン小.jpgああそうか。夕実ちゃん琴音は俺に付き合ってある程度競馬知識あるけれど、ルカちゃんにはわから無いかもな^^
 
 っつーことで、簡単に『ばんえい』ってものをレクチャーしよう^^
 
菅原君アイコン小.jpgルカちゃんのイメージしてるのは、グルっと一周して勝ち負けを競うレースだろ?
ルカちゃん・アイコン小.jpgはい、そうです。
菅原君アイコン小.jpgばんえい競馬ってのは、直線200m+二回の障害(起伏)を鉄製のソリを曳いた『ばん馬』が駆け抜けて勝敗を決めるレースなんだ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg鉄製のソリ?
菅原君アイコン小.jpg重量は概ね450キロ。
2琴音アイコン小.jpgサラブレットの平均体重とかわらねー重さじゃん!
ルカちゃん・アイコン小.jpgそんな重たいものを曳きづって走るのですか!?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなんかかわいそーですう^^;
菅原君アイコン小.jpgまあ~サラブレットだとそんな重たいものを曳かせて走るのは無理だが、
 ここで走るのは1トン前後の巨体を誇る『ばん馬』が主役だかんね^^
 
 元々は農耕馬などに丸太や俵を曳かせて競う余興のようなものだった(おおざっぱに言うとね
 
 公営競技として正式になったのは戦後のこと。
 当初は岩見沢・旭川・北見と北海道に4場あったばんえいも、2006年を最後にこのばんえい十勝競馬を残して全て開催終了・休止になったんだ。
ルカちゃん・アイコン小.jpg衰退の理由は・・・?
琴音アイコン小.jpg横から口出しちゃうけど限定競馬だったのもあんじゃね?北海道ローカルっていう。
菅原君アイコン小.jpgまあそれもあるだろうが色々と理由はあると思う。
 でも今は盛り返してるんだぞその人気^^
 ナイター開催や電話投票ネット投票、アニメの力なんかもあるのかもな^^
 
 ネットで競馬が買える時代がもう少し早ければ足利だって高崎だって宇都宮競馬だってクソー・・・ううう・・・
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgありゃりゃ・・・
2琴音アイコン小.jpgいつもの兄貴の悪い虫が騒ぎ出しちゃったかw
(※ 10年インターネット投票が早かったなら救われたローカル競馬場があったはずと言う持論です)
ルカちゃん・アイコン小.jpgとりあえずその重たいソリを曳くばん馬をちょっと見てみたいんですけど。
菅原君アイコン小・萌え.jpgまあまちたまえルカちゃん!
 先ずは馬券を購入しようではないか(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg・・・と言うことでばん馬も見ることなくスタンド内へと戻った私たち。
DSCF2911.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgえっと・・・マークシートでしたっけ?
 どこに何を書けばいいのか分かりません^^;
菅原君アイコン小・萌え.jpgまかせなさい!手取り足取り教えちゃるから☆
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわ、わたしも・・・
2琴音アイコン小.jpgつーか、私たち競馬新聞すら購入してないんだが!
 どの馬が成績良いーとか強えーとか全然わっかんないんすけど!
菅原君アイコン小.jpg今日は皆の『インスピレーション』でいいじゃないか^^
 どうしてもある程度知っておきたいなら場内モニターに映るオッズ表で人気や実力を見定めるんだな(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこ、ここまで来てまさかの『情報いっさい無しのガチ馬券』となった私たち・・・
 当たるも八卦当たらぬも八卦?
 いざ随分と頼りないばんえい競馬初レース購入です!
  
DSCF2912.jpg
菅原君アイコン小.jpgふっふっふ。オレはこの2番のニシノキングから流してみるぞい^^
2琴音アイコン小.jpgガッツリ数点勝負するかと思ったら全通り流しかよ!w
菅原君アイコン小.jpgばんえい競馬の流れを掴まないとな!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg今日はこのレースと次のレースしか無いんですけどお^^;
 
DSCF2913.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて馬券も購入してスタンド前へ。
 9月だと言うのに少し肌寒いです。
 見上げたスタンドはガラガラ。
 本当に先輩が言うほど経営が盛り返しているのか不安になりますねえ^^;
 
DSCF2914.jpg
菅原君アイコン小.jpgこのビールは景気づけだ^^
 みんなグビグビと飲みなされ☆
ルカちゃん・アイコン小.jpgそう言って各自先輩からサッポロビールを手渡される。
 何でも本当は競馬場グルメを皆に振る舞おうと思ってたら店が閉まっていて飲み物しかなかったからだとか。
 でもせっかくの菅原さんからのプレゼント。
 みんなで有難く頂戴して、レースが始まるのを待つことにしましたですハイ。
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgおや?
琴音アイコン小.jpgん?
ルカちゃん・アイコン小.jpgあんなにスタンド席ガラガラだったのに、レース間近になったら大勢の観客が!?
菅原君アイコン小.jpg俺たちも直線200mのレースを間近で見るぞ!
 急げ!!!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg余裕で目の前でばんえい競馬を見られると思っていた私たちは面を食らいました!
 何と!コースを囲む柵の前にはいつの間にやら人だかり!?
 何とか人の合い間を縫ってコース前へ。
 
 それはもうレース中盤だったのですハイ。
DSCF2915.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃあー!すんごく大きいお馬さんが坂を駆けあがってくるですう!
 
DSCF2916.jpg
DSCF2917.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgスピード的には一緒になって歩いてついていけるけれどーーー
 
DSCF2918.jpg
2琴音アイコン小.jpg凄い砂塵に猛迫力!!!
 
DSCF2919.jpg
DSCF2920.jpg
菅原君アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpg頑張れええ!!!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg思わぬ大迫力に面を食らったって言うのが私たちの正直な感想ですハイ(写真がブレてるのは迫力に圧倒されたのとカメラの性能ですw)
 
琴音アイコン小.jpgで、お兄ちゃん?
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg馬券は???
DSCF2921.jpg
菅原君アイコン小・汗.jpgニシノキングどこにもいねーw
2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg大外れーWWW
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて気を取り直して今度はパドックなるものを見物してきたよん^^
(※パドックとは? レース出走前のお馬さんのお披露目会です。そこで汗の掻き具合や闘志や状態、歩様なんかを観客が品定めする場所)
DSCF2922.jpg
2琴音アイコン小.jpgちん〇んでけー!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこらー!
ルカちゃん・アイコン小.jpgそこじゃないでしょ!
菅原君アイコン小・汗.jpgルカちゃん的確なツッコミありがとう^^;
 とは言え目の当たりにすると『ばん馬』って途轍もなく大きいなあ・・・
2琴音アイコン小.jpgまるで北斗の拳に出てくる黒王号そのものっすよね(踏み殺されそうなくらいの大きさ!)
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgさて次は本日のメインレース『白露特別』
 菅原さんは『メインレース取れれば皆に豪華ディナーご招待だ(*´д`*)』と大きく気を吐いていましたよん^^
 
 確か外れようが負けようが夕食は菅原さんのゴチだったはず。
 そんな彼の馬券を覗き込むとーーー
DSCF2923.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg8番と5番がレースのトップを飾ればいいみたい^^
 私たち女子グループはギャンブルには数百円ほど賭ける程度に済まし、菅原さんの馬券を応援することにしましたよん^^
 
DSCF2924.jpg
DSCF2925.jpg
DSCF2926.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg今度は早めにコース前に陣取る私たち。
 そこにはコースを均す職員さんや機械たち。
 
 そしていよいよ高らかに場内へメインレーススタートのファンファーレがこだましてスタートです☆
 
DSCF2927.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg頑張れええ!
 
DSCF2928.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg行け!行け!ふぁいとですハイ!
 
DSCF2929.jpg
DSCF2930.jpg
2琴音アイコン小.jpg頼む!私は北海道グルメが食いたいんじゃい!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgで、結果はと言うとーーー 
DSCF2932.jpg
2琴音アイコン小.jpg8番も5番もどこにもいねーじゃねーかよお兄ちゃん!
菅原君アイコン小・汗.jpgば、ばんえい競馬って難しいね^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言う訳でー、すっからかんのすってんてんになったご様子ですw
 
 さて肩を落とす菅原さんには申し訳ないのですがーーー
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpg約束は約束だからね!
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことで、みんなで菅原さんに夕食をおごってもらうことになりましたよん^^
菅原君アイコン小・汗.jpg泣きっ面にスズメバチかよ!^^;
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgこの時、帯広駅にはタクシーで戻ったのですが、タクシーのオジ様曰く『昨日は100万馬券が出たんよ。中央競馬より頭数少ないけれど結構難しいだろw』と諭されましたですん☆
 
DSCF2933.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgやって来たのは駅から数分の炙り焼き主体の居酒屋さんです。
菅原君アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgかんぱーい☆
2琴音アイコン小.jpgくっはー!人のおごりはめっちゃ旨い!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うか・・・まともにご飯食べるのも飲むのもやっとですしねw
菅原君アイコン小・汗.jpg安月給なんだから・・・みんなほどほどにな^^;(出版不況。出版業界就職)
DSCF2934.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg七輪っていいですね^^
DSCF2935.jpg
2琴音アイコン小.jpgお姉さんジャンジャン持ってきて!
菅原君アイコン小・汗.jpgサワーでよろしくです^^;
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg結局は酔いが回ってくると思い思いに皆注文。
DSCF2936.jpg
DSCF2937.jpg
DSCF2938.jpg
DSCF2939.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg鳥の炙りに牛の陶板焼き(ジンギスカンちっくな感じ?)
 何だかんだで皆、幸せ笑顔で満喫でしたよん^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgで、先輩?
菅原君アイコン小.jpg何かな?
琴音アイコン小.jpg明日はどーするのさ?
ルカちゃん・アイコン小.jpg確かに気になってました。だって菅原さんは明日の宿泊地は『釧路』って言ってたし。
菅原君アイコン小.jpgああ。確かに明日はここから移動して釧路へと向かうがーーー
 その前に皆に『帯広と言えばここも外せないよな!』ってとこへと連れて行くつもりだ^^
2琴音アイコン小.jpgそこには煉瓦ちゃんある!?
菅原君アイコン小.jpgうんにゃ。煉瓦は無い。そしてそれはコンクリートだ。
2琴音アイコン小.jpg何だよコンクリなんて興味ねーよマジで^^;
菅原君アイコン小.jpgまあ~そうほざいとけ。
 でも目の当たりにしたら驚くと思うぞお前でもな!
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことで次回は
日本屈指の『廃コンクリート物件』へのランディングです^^
 大自然の中に混とんと残る近代遺跡。
 自然の中では異物とも思える存在である人の織り成す人工物の名残。
 でもそれは凄かった・・・
 
 気になる方は是非とも気長に更新をお待ちくださいねw
 ではではカシコ☆
 

nice!(43)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

第918話 北海道道東どうでしょう 帯広編その②『幸せの?四つ葉十字の囚人煉瓦刻印』帯広市緑ヶ丘公園 [廃村さーくる2(煉瓦工場探索)]

『ねだるな勝ち取れ、さすれば与えられん、だな!^^』
 
 そう言って私の頭をクシャクシャに撫でるお兄ちゃん。
 髪のセットが台無しだお^^;
 
 何だか某アニメの名台詞を自慢げに私に向けるお兄ちゃん。
 でもその通りだった。
 
 わたしは煉瓦の刻印があるってお兄ちゃんに聞いてたのに、案内された場所には無かったの。
 
 なんだおー・・・って腐りかけたんだけど、
『もしかしたら・・・』って望みをかけてある場所へと突っ込んだ。
 するとーーー
 
 第918話、道東どうでしょう帯広編その②
 森の中で見つけた幸せの四つ葉のものがたり、いざスタートっす^^
第918話・道東どうでしょう?琴音・帯広・囚人煉瓦・四つ葉十字2.jpg 
DSCF2835.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて今回やって来たのはーーー
 
DSCF2836.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg帯広駅から徒歩で30分くらいの『緑ヶ丘公園』ってとこですね、ハイ^^
2琴音アイコン小.jpgこういう時こそタクシーかバスで行こうよ!お兄ちゃん^^;
菅原君アイコン小.jpg歩く方が色々と発見があるだろ?健康的だしいいじゃねーか。たかだか30分くらい^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpgそ、そうです・・・ねえ^^;
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて気を取り直していきましょうです。
 公園入口にある大きな大きな公園案内図を見上げる私たち。
 すると!
DSCF2837.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgッ!? 十勝監獄石油庫って書いてありますよ!
 
DSCF2838.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgこっちには十勝監獄釡跡って書いてあるですう^^
琴音アイコン小.jpgっつーことはーーー
 
 ここってかつての『監獄跡』だったってことっすか?
菅原君アイコン小.jpgまあそう言うことだ^^
 
 明治26年(1893年)に北海道集治監釧路分監帯広外役所として始まった十勝監獄は、
 その広大な土地を徐々に徐々に民間などに切り売り(用地解放)し、
 帯広市街の民地や公園が整備され発展していった訳なんだが、
 
 昭和4年に帯広市最古の公園を開園。
 それこそがこの緑ヶ丘公園であり、かつての十勝監獄のメイン跡なんだ^^
 
ルカちゃん・アイコン小.jpgそしてここには当時の煉瓦が残っている・・・と言うことでしょうか?
菅原君アイコン小.jpg正解だルカちゃん。
 しかも十勝監獄開設当初からの煉瓦建築が今もなお残ってるんだ。
 今から皆でそこへ行こう^^
 
 そして今から言っておくぞ?
 
ルカちゃん・アイコン小.jpg琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpg何を???
菅原君アイコン小.jpgその煉瓦建築には十勝監獄の囚人煉瓦特有の
『四つ葉十字の刻印』があるらしい。
 幸せのクローバーならぬ幸せの四つ葉十字刻印。
 
 それを最初に見つけ出せた人には『今日の夜に行く予定のばんえい競馬でビール何杯でも無料券』を進呈すんぞ!
 
2琴音アイコン小.jpgビール飲み放題かよ!これはマジやる気出てきたあああ!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgわーい・・・(ビールそこまで好きじゃないし)
ルカちゃん・アイコン小.jpgとりあえずその煉瓦ってどこですか?(ビールに興味なし)
菅原君アイコン小.jpgま、この公園案内板のすぐ裏なんだけどなw
 んじゃー行きますか^^
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことでここからは元・十勝監獄跡の緑ヶ丘公園での『煉瓦の刻印探し』が始まるですう^^;
 
 その最初の場所は、先輩が言うように本当に公園入口から目と鼻の先にあったとですう(ただし垣根があるのでぱっと見、見えない)
 
 
DSCF2839.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうひょー!めっちゃ小ぶりだけど保存状態最高の煉瓦ちゃんじゃんかお!!!(*´д`*)
 
DSCF2840.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgここが先ほどの地図に載っていた十勝監獄石油庫ってやつですか。
夕実ちゃんアイコン小.jpg石油庫ってことは、昔の鉄道でもよくあったランプ小屋みたいなものでしょうか?
菅原君アイコン小.jpgお!夕実ちゃんもほんと、煉瓦サークルの部長らしくなってきたなあ^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg今までさんざん付き合わされたので嫌でも分かってきましたですよ^^;
菅原君アイコン小.jpgズバリ、夕実ちゃんの言う鉄道のランプ小屋(危険品庫)と同等の物だよ^^
 ここは明治28年設置の監獄内を照らす灯油などの保管庫だったんだよ^^ 
2琴音アイコン小.jpg昔は可燃物の保管に耐火性のある煉瓦構造物が重宝されたんすよね^^
菅原君アイコン小.jpgそう言うことだな。
 じゃあ~この百数十年の時を経ても尚、立派な佇まいである石油庫で刻印探しだ!
ルカちゃん・アイコン小.jpgビール飲み放題特典じゃなく、ディナーの食事代取っ払いとかにしてもらえませんか菅原さん^^
 女子大生は我がままなのですよハイ☆
菅原君アイコン小.jpgルカちゃんはドライやねw
 おおいいぞ!最初に刻印見つけたなら食事ゴチにしたる^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg菅原さん大好き☆
夕実ちゃんアイコン小・ガルルルル.jpg(この年下雌豚があ)
夕実ちゃんアイコン小.jpg・・じゃ、じゃあじゃあ私もそっちがいいですう^^
菅原君アイコン小.jpgわかったわかった。勝った人には飲み放題でも食べ放題でもボクがもつってことにしよう^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgやった!
菅原君アイコン小.jpgんじゃーいくぜ!
 レッツ!四つ葉十字の刻印を探せ!スタートだ^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgかくして醜い煉瓦の刻印探しのハジマリですう。
 囚人煉瓦なのに幸せのクローバー探しってちょっと妙に思いましたが私も張り切りましたよ^^
 
DSCF2841.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg入り口部分は凝った屋根の造りですね^^
 
DSCF2842.jpg
2琴音アイコン小.jpgでも屋根にはぺんぺん草生えてるよっw
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさてその入り口部位から探索。
DSCF2843.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg重厚な鉄門扉の横に来たところで皆が気づくのですう。
 
DSCF2844.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgん!?
菅原君アイコン小.jpgお!
2琴音アイコン小.jpgツー・トン・ツーのフランス積みじゃんか!
夕実ちゃんアイコン小.jpg確か先輩は明治28年に造られたって言ってませんでしたっけ???
菅原君アイコン小.jpg明治中期にはフランドル積みにとって代わってイギリス積みが主流になったのが日本の煉瓦史だが、、、
 北海道には残ってたんだな。
ルカちゃん・アイコン小.jpg建築者の趣味でしょうか。ハイ^^
2琴音アイコン小.jpg良い趣味してんぜ!こんちきしょうw
 
DSCF2845.jpg
DSCF2846.jpg
DSCF2847.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgここの足回りなども皆で物色。
 脇には『昭和58年11月修復』の銘板がありましたですよ。
琴音アイコン小.jpg錆びてて見にくいねえ。
菅原君アイコン小.jpgさすがに100年を超える建物だし修繕保存はしょうがないんだろうな。
 とは言え、俺が読んだ書籍にはこの建物に当時の煉瓦刻印が幾つか残ってるとのことだ。
 
 ここまでは皆で見ちゃったけどホントの刻印探しレッツスタートだ!
2琴音アイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg何回スタート開始するのよw
 
DSCF2848.jpg
DSCF2849.jpg
2琴音アイコン小.jpg先手必勝!
 入り口部位の屋根周りの蛇腹積みの煉瓦面で刻印探すぜ!
ルカちゃん・アイコン小.jpgでも刻印無さそうですね先輩。
2琴音アイコン小.jpgこらー!同じとこ探すなよおうw
 
 ・・・でも確かに無いねえ^^;
 
DSCF2850.jpg
DSCF2851.jpg
DSCF2852.jpg
DSCF2853.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg雌豚たち(彼女たち)が入り口付近のレンガ積みに気を取られている間にわたしはセオリー通り『軒下煉瓦の平面』を物色。
 うーん・・・でも刻印っぽいの無いかなあ・・・(出し抜けない!^^;)
 
DSCF2854.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgアレ?先輩何してるですか???
菅原君アイコン小.jpgうん、この建物にいくつかある『小窓のサン』の煉瓦面を見ているところなんだ。
 少し背伸びしないと見れないが、
 ここもまた煉瓦の刻印がありそうな煉瓦の平面があるからね^^
 
DSCF2855.jpg
DSCF2856.jpg
DSCF2857.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg背伸びしては目視出来ない小窓の煉瓦面を写真にとっては確認する先輩。
 
 ・・・
 ・・・
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg熱心だなって思ったけど、よくよく考えると真っ先に自分が刻印見つけたい感じですか?^^;
菅原君アイコン小・汗2.jpg当然だろ。社会人になったとは言えオレもまだまだ駆け出しだし薄給だ・・・
 おいそれと君たちに大盤振る舞いするわけにはいかないのだよ。
 察してくれ夕実ちゃん!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg男の子の見栄って言うか社会人も大変ですね^^;
 
 とは言え言い出しっぺに親の総取りされてもツマラナイのが私たち女子大生チーム。
 俄然ここから刻印探しに躍起になったよ☆
 
DSCF2858.jpg
DSCF2859.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgそれらしいもの全然ないのですが・・・
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg建物としてはとっても小さいのに全然見つからないですよ先輩^^;
2琴音アイコン小.jpgホントに刻印あんのかよ!お兄ちゃん><
菅原君アイコン小・汗.jpgお、おかしいなあ・・・
 文献じゃ、数個の四つ葉十字の刻印が発見されてるってことになってるんだがなあ。。。^^;
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg結局今度は皆で手分けして二週目の煉瓦刻印探索を開始。
 ・・・ですが刻印ぽいのはやはり見当たりませんでした^^;
 
菅原君アイコン小・汗.jpgえっと。。。なんか色々とスマン。みんな^^;
 もしかしたら修復時とか保全工事の際に見つかったってことなのかもしれないね^^;
 
琴音アイコン小・感涙.jpgなんだよー。超絶ガッカリっすよ。
DSCF2860.jpg
DSCF2861.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg見つからなかったのは残念ですが、この建物の直ぐ傍の石碑に沿革や紹介文が載ってますよ。
DSCF2862.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? 先輩が言うには明治28年建造だったけど、ここには明治33年建造って書きこまれてますです。
菅原君アイコン小・汗.jpgありゃりゃ。十勝監獄建設時からあると思い込んでいたけれど数年後なんだな。
 これはウッカリ御免だね^^;
琴音アイコン小.jpgん?
 でもちょっと待って!
菅原君アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgどうしたの???
DSCF2863.jpg
DSCF2864.jpg
琴音アイコン小.jpg『囚人が獄内の煉瓦工場で焼いた』って書いてあるよ!
 つまりはこの公園の敷地内に『かつて煉瓦工場が存在した』ってことっすよね?
菅原君アイコン小.jpg確かに・・・。
ルカちゃん・アイコン小.jpg先輩、ここ以外には当時の煉瓦の建物は残ってたりするんでしょうか?
菅原君アイコン小・汗.jpgうーん・・・
 実は今見た石油庫しか現存してないんだよね^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgえ?こんなに広大な公園なのに保存されてるのはこれだけ???
菅原君アイコン小・汗.jpgまあ・・・公園化された時にほとんどが埋められたり撤去されてしまったんだよ。
 
 これからそれが分かる場所へと行こう。
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgそう言って先輩は私たちにおいでおいでと先へ行くのでした。
 石油庫から歩いて4~5分でしょうか。
 先輩は緑濃い高木の連なる遊歩道の『ある一画』で立ち止まり、
 私たちにそこに建つ看板を見ろと促すのでした。
 
DSCF2865.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg煉瓦遺構発見場所?
 
DSCF2866.jpg
琴音アイコン小.jpgこれって・・・
菅原君アイコン小.jpg実は近年、公園の園路の工事中に掘り起こした場所から建物の基礎やかつての炊事場跡ではないか?と言う煉瓦の遺構が発見されたんだ。
DSCF2867.jpg
DSCF2868.jpg
DSCF2869.jpg
DSCF2870.jpg
DSCF2871.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgこの園路の上に赤くペイントされているのが痕跡ってことですかあ?
菅原君アイコン小.jpgそうだね。
ルカちゃん・アイコン小.jpg現物は?貴重な発見だったんでしょ?
琴音アイコン小.jpgまさか・・・『埋め戻し?』
夕実ちゃんアイコン小.jpg埋め戻しって???
琴音アイコン小.jpg文字通り『過去の遺物が見つかったけれど、埋めて戻しちゃったよ☆』ってことっす。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgええー!貴重な発見だったのにい?
ルカちゃん・アイコン小.jpgぶっちゃけ・・・こんな広大な公園の園路の一部分を綺麗に舗装化し直さなくても残す手立てはあったのでは???
菅原君アイコン小.jpgオレもそれは思ったな。
 とは言えそのまま埋め戻した訳ではなく、一部の煉瓦などは園内の『帯広百年記念館』に保存されてるんだ^^
琴音アイコン小.jpgそれでも・・・それでも私的には少し納得いかねーっすね^^;
菅原君アイコン小・汗.jpgまあそう言うな。諸事情があるんだと思うぞ^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgでもこれじゃ・・・ますますこの園内には煉瓦の痕跡すら残って無さそうですね。
2琴音アイコン小.jpg四つ葉十字の刻印見たかったなあ・・・
菅原君アイコン小・汗.jpgあと、この公園内に残ってる可能性があるのは、
 公園内の端っこにあったとされる『煉瓦工場跡地』だが・・・一応行ってみるか?
2琴音アイコン小.jpgそんなん!当たり前でしょーがっ!!
夕実ちゃんアイコン小.jpgもしかしたら煉瓦片でも探せばあるかもですしね^^
2琴音アイコン小.jpgそーだよ!そーだよ(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgなんだか気が進まない感じの先輩の横顔を勢いで無視して先へ行こうとする琴音っち。
 私たちもここまで来たならば何か痕跡の一つでもとその後へと歩みを進めるのです。
 
 先導する先輩はズンズンと公園の奥深くへ。
 そして公園と生活道路が交錯する末端の場所へとやってきたのですう。
DSCF2872.jpg
DSCF2873.jpg
DSCF2874.jpg
菅原君アイコン小・汗.jpgえっと・・・ここが、かつて囚人煉瓦の焼かれた煉瓦工場跡地。
 すなわち十勝監獄窯跡って言われてるところだ。
ルカちゃん・アイコン小.jpg園内のただの窪地にしか見えないですね
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg見渡した感じ、こんな小さな窪地で多くの煉瓦を焼いた工場があったなんて信じられないですう^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgこの広大な十勝監獄跡にはいくつもの煉瓦構造物があった訳ですよね?
 
 しかも市内の煉瓦建築の幾つかにも波及していたって先輩は言ってましたよね?
 なら、跡地とされているこの土地の規模と比例しない狭さだと私は思いますハイ!
菅原君アイコン小.jpgオレもこれは前情報で予測してたし、恐らくは後年に園路開設時に地形的にも変わってしまったんだと思うよ。
 
2琴音アイコン小.jpgここの解説版には階段状の登り窯があるって書いてあるじゃない!
 図説の絵を見た感じじゃ、すんげー数の連窯だよ!?
(イメージ図を見た感じじゃ10連、いや、13~14の窯を持つ大規模な登り窯だよね)
琴音アイコン小.jpg私は諦めないよ!
 ここまで来たならこの周囲をとことん探しちゃるかんね!
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgそう言って彼女はこの煉瓦工場跡地とされている小さな窪みへと駆け下りて痕跡探しに向かいました。
 
 するとーーーーーー
DSCF2875.jpg
2琴音アイコン小.jpgなんか結構、煉瓦の欠片が芝生に混じってるううw
菅原君アイコン小・汗.jpgと、とりあえず・・・煉瓦工場跡地だったのは間違いなさそうだな^^;
琴音アイコン小.jpgなんかさあ、さっきのここの解説の立て札にヒントがあると私は思ったんすよ。
ルカちゃん・アイコン小.jpg私も思いました。
 確か図説には『斜面に煉瓦窯を築いた』って記述されてましたよね???
琴音アイコン小.jpgっつーことはだよ?
 この窪地から見て高そうな部分を探せば痕跡とかあるんじゃね?
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg正直、その話には彼女の思い込み(願望)が含まれているとは思いましたです。
 とは言え当たらずとも遠からじの推論だとも思ったのですう。
菅原君アイコン小.jpgよし分かった。
 お前の熱意を尊重しよう^^
 オレも可能性アリだと思ったしな、この界隈。特にここから高台になってる部位を捜索してみるとすっか^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgかくして私たちは窪地から高台になってるところを目指すことにしましたです。
 パッと見、窪地横の園路を跨いでゆるやかな丘に当たる部分を発見。
 とりあえずそこへと向かってみることにしました^^
 
 
DSCF2876.jpg
琴音アイコン小.jpgあれ?こっちの藪っぽいところにキッチリと十勝監獄窯跡って石柱立ってんじゃん。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgでも・・・
DSCF2877.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgその奥はどう考えても藪満載ですよw
2琴音アイコン小.jpgでもどう見てもさっきの窪地から見て近所の高台っぽいよ!
 ううう・・・私は絶対絶対絶対!見に行くもんっ!!!
 
菅原君アイコン小・汗.jpg公園内だし、迷子になることは無いだろうが・・・
 まあ、オレも腹をくくるぜ!
 ここまで来たならお前に付き合ってやんぜ^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg今までの廃墟探索に比べれば屁の河童ってやつですう^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpg皆さんが行くなら・・・って消極的にいつもは思う私ですが、
 整備公園内のジャングルって逆にワクワクしますよー(*´д`*)
 当然行きますよハイ☆
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg正直、みんなの乗り気にビックリ。
 とは言え『琴音っちの可能性』に皆賛同した私たちがそこに居たのですう。
 ここからは先頭を行く先輩が藪の根元を踏み分け、その後を私たちが続くと言う藪漕ぎのセオリーを反復し進みました。
 
 
 ---後から気づいた事ですが、
 段々になっている感じの丘を二つか三つ越えた時、
DSCF2878.jpg
 それは見えたのです。
 
DSCF2879.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgちょ!? せ、先輩方!!!
 煉瓦片がありますよ!!!
 
DSCF2880.jpg
菅原君アイコン小・汗.jpgおおお!!!
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpg煉瓦が散らばってりゅううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!
 
DSCF2881.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg見た感じ古そうですね!
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ! こ、これを見てくださいですう!!!
DSCF2882.jpg
DSCF2887.jpg
2琴音アイコン小.jpgうおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
 煉瓦の刻印はっけええええええええええええええええんんんんんんんん!!!!
夕実ちゃんアイコン小.jpg〇に漢数字の九?
菅原君アイコン小.jpgと言うか、お前の推測ズバリ!だったな☆
 褒めてつかわす(*´д`*)
2琴音アイコン小.jpgいでででで。お兄ちゃん、もっと優しく頭なでてよ(*´д`*)
 
DSCF2883.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgコッチにも読めないけどあきらかに刻印ぽいものがありますよ!
 
DSCF2884.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgこれは何でしょうか?
菅原君アイコン小.jpg爆裂煉瓦かな?
 焼いた時に不整形な歪な煉瓦が出来ることも多い。
 
DSCF2885.jpg
DSCF2886.jpg
DSCF2888.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgその後は藪草に隠れて煉瓦片がゴロゴロと、いたるところにあるのを発見する私たち。
琴音アイコン小.jpgこれって・・・もう間違いないよね?お兄ちゃん。
菅原君アイコン小.jpgああ。少なくとも『かつて煉瓦工場があった場所』なのは間違いがないな。
 園内にあった煉瓦工場跡地の表記はそれのごく一部だったわけだ。
 やはり帯広の囚人煉瓦工場跡地はもっともっと大規模だったことの可能性が見えてきたな^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg!?
 せ・先輩!
 こ、琴音っちい!
 ル・ルカちゃん!!
菅原君アイコン小.jpg琴音アイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgどどうしたの???
夕実ちゃんアイコン小.jpgこれ見てくださいですう!!!
DSCF2889.jpg
DSCF2890.jpg
菅原君アイコン小.jpgえ!? えええ!???
琴音アイコン小.jpgこ、これって・・・
ルカちゃん・アイコン小.jpg菅原さんが言っていた『四つ葉十字の刻印』の煉瓦じゃないですか!?
菅原君アイコン小.jpgそ、そそそ、そうだよ!
 これこそが帯広監獄で焼かれた煉瓦と言う証明、
『四つ葉十字の刻印をもつ囚人煉瓦』だ!(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgなんて言ったらいいんでしょう。
 正直、私は刻印には興味ないんですが、この刻印は素敵な感じがします、ハイ☆
菅原君アイコン小.jpgお手柄だね夕実ちゃん^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgえへへですう~(*´д`*)
琴音アイコン小.jpgもう感動しかねえ!
 ん~でも、気になるのは『なんでこんな刻印』なんすかね???
夕実ちゃんアイコン小.jpg帯広と言えば『四つ葉乳業』でしょうか?
 バターに牛乳、都内のスーパーでも見かけますですう。
ルカちゃん・アイコン小.jpgん?なんかこれと同じ葉の形をしたのを見たことある気がします。
菅原君アイコン小.jpgえ?それは何だい?
ルカちゃん・アイコン小.jpg北海道ミント。つまりはハッカの葉っぱです。
 大学の友達が愛飲してるKOOLと言う煙草のパッケージに似てるかも?
琴音アイコン小.jpgハッカかあ。確かに北海道のお土産としてもブランドだしね^^
菅原君アイコン小.jpgおお~、その推察いい線行ってるとも思う。
 確かにハッカの葉並びって上から見ると四つ葉なんだよね。
 しかも如何にも北海道的だ。
 
 だけど・・・
 ハッカの葉ってギザギザで先細りなんだよ^^
 この刻印のように葉先が二又には分かれてないんだ。
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことは・・・
 純粋に『四つ葉のクローバー』ってことなんでしょうか。
菅原君アイコン小.jpgそれはボクも分からない。
 ただ、恐らく意味を持ってこの刻印が付けられたような気がするよ。
 四つ葉のクローバーにも花言葉的意味合いがあるのを皆は知ってるかい?
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ?花じゃないのに花言葉あるですか?
ルカちゃん・アイコン小.jpg単純に四つ葉のクローバー見つけたらラッキーって意味合いじゃないのですか先輩。
菅原君アイコン小.jpg4つのひとつひとつの葉には意味があるんだ。
『富』『名声』『誠実な愛』『素晴らしい健康』
 そして4つ揃って本当の意味『真実の愛』なんだそうだ。
琴音アイコン小.jpg囚人煉瓦に真実の愛の刻印かあ。
ルカちゃん・アイコン小.jpgそれって何を意味するんでしょうか。
菅原君アイコン小.jpgそれは文献にも載ってない。
 ただ、罪を犯しここへとたどり着いた囚人達へのメッセージだったのかもしれないな。
 もしくは戒めなのかも。
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて、私たちはその後も暫く発掘作業に取り掛かりましたw
 ですが、やぶ蚊が多すぎてあえなく撤退することに^^;
 そして公園内の水道で先ほどの四つ葉十字の煉瓦さんを洗ってみたのですう^^
 
DSCF3307.JPG
ルカちゃん・アイコン小.jpgわお。素敵な刻印ですねハイ☆
琴音アイコン小.jpgん?
 なあ~お兄ちゃん!
 煉瓦の縁が色が違うぞコレ。
菅原君アイコン小.jpg多分、焼過煉瓦だったんだろうな。
 雪も多い帯広で活躍してもらわないといけない煉瓦だ。
 焼きしめて雪害や耐水を考えて造られたんだろうなあ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg帯広の町を造った囚人煉瓦、出会えて良かったですね琴音先輩^^
2琴音アイコン小.jpg感動でずぶ濡れました☆
菅原君アイコン小・汗.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg下品なこと言わないの^^; 
DSCF2891.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて、幸せの四つ葉十字の刻印編はこれで終了ですう(公園にいるリスさん可愛い(*´д`*))
 
 次回は帯広市内の残りの煉瓦建築とばんえい競馬とディナーですう。
 気になる方は是非どうぞ☆ですー!
 
 
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgめっちゃ久しぶりですちょいのりですw
 言い訳してもいい?
 いやするよ? させてくれよ!w
 
 だって・・・お店めちゃくちゃ忙しいんだから^^;
ちょいのり・サザエさんver1.jpgブログをガンガン更新したいなられんこんのお店を辞めるしかないのだが、
 生活もあるしね!ちょいのり・サザエさんver1.jpg細々とコツコツと月一回になろうがブログは続けさせていただきます(なかば諦めというか妥協)
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgさて今回のお話はいかがだったでしょうか。
 ぶっちゃけ非常に価値のある貴重な発見だったと思います。
 実は・・・その煉瓦は自宅にあります。
 もし関係者様が『お前・・・それ返せよ』っておっしゃるなら返しにいきますよ☆
ちょいのり・フィーバー・サザエさん.jpgではでは次回更新が今年最後になりそうだけれども(それも不確定)
 またお会いいたしましょうず(*´д`*)
 
 

nice!(59)  コメント(23) 
共通テーマ:日記・雑感

第917話 北海道道東どうでしょう 帯広編その①『六花亭って知ってる?』六花亭サロンKYU・櫻湯ほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『夏休み・・・どっか行きません?先輩方』
 
 久しぶりに集った廃村さーくるメンバー。
 その中のルカちゃんが私と琴音っちに声をかけてきたのですう。
 まだまだ9月の初旬。大学としたら夏休み(人によって違うけど)
 
『わきゃー。行きたいのはやまやまですう。でも9月とはいえ今からじゃ飛行機とかもチケット高くないですか?ルカちゃん^^;』
 
 私は急に提案されてもお金とかお金とかお金とか・・・と彼女に牽制するのだけれど、
『奴』がそれに待った!をかけてきやがりましたですう。
 
『いいっすね~旅行(*´д`*) んじゃー、今からでも最安で、かつパトロン付きで、しかも煉瓦ちゃんいっぱいありそうなとこを探してみるっす!!!』
 
 くそお・・・この雌豚(琴音)めえ^^;
 
 ・・・だがしかし
 彼女は煉瓦が絡めば、とんでもない努力を発揮する。
 
 そしてなんとその日の夜にさっさと決まってしまったのですう。
 彼女からのLINEにはーーー
北海道道東どうでしょう。帯広~釧路煉瓦旅。フヒヒ。もちろんお兄ちゃんも付いてくるよ夕実っち☆』
 
 だってさ!
 じゃー行くっきゃないですよね(*´д`*)ほわ~ん
 
 と言うことでーーー
 第917話、私と琴音っちとルカちゃんと菅原先輩での北海道道東地方4人旅、すたーとですう^^
第917話・道東どうでしょう①夕実ちゃんハロウィン・六花亭サロン2.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg9月某日早朝。いつものよーに私たちは草加市からの羽田空港行きのバスにライドオン。
 羽田空港に1時間弱で到着しました(便利な町だよほんと草加は) 
 
DSCF2761.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgほへー、宇宙食とかなんでこんなとこに?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgまさか買う気?
菅原君アイコン小.jpgちょっと気になるな、コレ。
2琴音アイコン小.jpg酒のつまみに買ってこーぜ!
 レッツ!宇宙食が機内食う~♪
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg空港ラウンジ内の売店の一角にあった宇宙食(まがいの奴)に、皆、朝から興味津々^^;
 いくつか買い込んで搭乗することになりましたですう~
 
DSCF2762.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg雨ですね、菅原さん
菅原君アイコン小.jpgでも向こうは天気予報じゃ晴れマーク付いてたから心配しなくてもいいぞ、ルカちゃん^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgは~い菅原さ~ん(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgうぐう・・・忘れてた。
 いつもはマックスクールビューティーな性格なルカちゃんが菅原先輩に対しては妙に甘い感じの受け答え。
 彼女が中学生時代から菅原先輩と接点があって、淡い恋心があるのを見落としていたですう^^;
 
 この旅路・・・中々気が抜けないですう!(夕実ちゃんの独りよがり)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg恋のライバルは一先ずおいておいてーーー
 いつにも増して妙に静かな雌豚(琴音)が気になった私は、
『わきゃ?体調でも悪いですか???』と、彼女を覗き込んだ。
 
Screenshot_20171020-015732.jpgScreenshot_20170904-063930.jpg
2琴音アイコン小.jpgフヒヒ♪ 今んとこ羽田空港はライバル居ねーし私っちの天下じゃw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgゲームに没頭してただけかい^^;
 
 彼女はハマってるスマフォアプリゲーム『レキシトコネクト』にご注進だっただけでした^^;
 
(※位置ゲー。所謂、スマフォのGPS機能を利用した位置情報ゲーム。レキシトコネクトはイジンと言う歴史上の人物を可愛らしくキャラ化したものを操り、日本や世界の地図にアクセスしてポイントを稼ぐゲーム)
 
DSCF2763.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgそんなこんなでレッツ!フライ!フライ!フライ!大冒険!のハジマリ。
 でもまたもや雌豚がゴソゴソと動き出すのです。
 
DSCF2764.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgJALだと機内インターネット使えるんすよ☆
 
 つ・ま・り・は・だ!
 
 位置ゲーもやりまくれる訳っすよー(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことは、空の上からガンガン!ポイントゲット出来るってことですか
2琴音アイコン小.jpg海も山も私の操るイジンちゃんで空爆しまくりです!
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなんともはや・・・彼女は空の上でも位置ゲーしてたのですう^^;
Screenshot_20171020-015739.jpgScreenshot_20171020-015802.jpg
菅原君アイコン小・汗2.jpgたしか・・・お前は前回もポケモンGOで同じようなことやってたよな^^;
琴音アイコン小.jpgあん時は、JALの機内無料インターネットサービスが時間限定だったし、
 そもそもポケモンGOのゲーム性とマッチしてなかったから残念な感じだったっすけどお、
 今回は離陸着陸以外は無制限!
 しかも車や電車じゃ決してたどり着けないとこまでアクセス出来るから、ゲーム的に最高なんだよん(*´д`*)
DSCF2765.jpg
DSCF2766.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうひょー! 福島県や岩手県の人(ゲームユーザー)もこなそうなとこもポイントゲットー。
菅原君アイコン小・汗.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg楽しそうで何よりですね(皮肉)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg・・・っとまあ、こんな感じの琴音っちでしたですよ^^;
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて、一路、飛行機は帯広空港へと向かう中、
 その中間地点辺りまで来たところでプチ宴会が始まりましたよ。
 
DSCF2767.jpg
菅原君アイコン小.jpgやっぱ、酒には『つまみ』だな^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそれがなぜ宇宙食もどき・・・
ルカちゃん・アイコン小.jpgとりあえずお好み焼き味と、たこ焼き味を開けてみましょうか。ハイ^^
DSCF2768.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃんが購入した宇宙食もどきをビリリ!と、万人に手に取りやすい感じできれーに広げて配りだしましたです。
 
DSCF2769.jpg
琴音アイコン小.jpg見た目はおもいっきしたこ焼きやん。
夕実ちゃんアイコン小.jpg位置ゲーから目を離してていいの?
2琴音アイコン小.jpgやべ! つまみ食べてる暇もねーw
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgとりあえず・・・彼女は放っておくことにしましょう^^;
 さて菅原先輩が、その宇宙食をまずは吟味し始めました。
 
DSCF2770.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgどんな感じですか?
菅原君アイコン小・汗2.jpgうん・・・。たこ焼き味だね。
 でも固くてスカスカなたこ焼きかなあ^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgドライフーズ感バリバリですものね^^;
 
DSCF2771.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgこっちのお好み焼き風宇宙食はどうでしょうか?
2琴音アイコン小.jpgちょっと待って私に食わせて!
菅原君アイコン小・汗2.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgどうぞ?
DSCF2772.jpg
2琴音アイコン小.jpg味はお好み焼きっぽさアリアリだけど、
 お酒のアテとしちゃどうかなーって感じっすねマジでw
 おおーっと、ゲームに戻らねば(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgまあ・・・想像の域を出ない感じのおつまみでしたです^^;
 むしろ硬さが目立つスナックといったところでしょうか。
 
 
DSCF2773.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて、そんなこんなしながらも、
 主翼の向こうに北海道の雄大な大地が見えてきましたですよ! 
 
DSCF2774.jpg
DSCF2775.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg無事に十勝帯広空港に到着ですね、ハイ^^;
菅原君アイコン小.jpgそんなに心配することも無いでしょ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgだって私、飛行機ってあんまり乗ってないんです。
 だから予習としてナショナルジオグラフィックで航空機事故の番組ばかりここ数日見てお勉強してました。
菅原君アイコン小・汗2.jpgなんでまたナショジオのメーデーとか^^;
 
(※ナショナルジオグラフィックのメーデーシリーズとは?
 過去の飛行機墜落事故を分析検証した再現ドラマ、ドキュメンタリーです。スカパーやCS放送の専門チャンネル)
Screenshot_20170904-091453.jpgScreenshot_20171020-015802.jpg
2琴音アイコン小.jpg十勝帯広空港もアクセスだぜ!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg菅原君アイコン小・汗.jpg着陸してもゲーム三昧かよ!^^;^^;
 
DSCF2776.jpg
DSCF2777.jpg
DSCF2778.jpg
DSCF2779.jpg
DSCF2780.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg直通バスで帯広市内に無事到着ですう^^
ルカちゃん・アイコン小.jpgこれからどうするんですか?
菅原君アイコン小.jpg今日は帯広市内に数多く残る煉瓦遺構探索かな^^
2琴音アイコン小.jpgそして一泊してタウ・・・
夕実ちゃんアイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpgタウ?
菅原君アイコン小.jpgそれは明日になってからのお楽しみだよ^^
 んじゃー、早速市街地中心に回って行こう!
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで休憩することも無くスタート。
 先輩が歩き出したのは駅から北側への道ですう。 
DSCF2781.jpg
DSCF2782.jpg
DSCF2783.jpg
DSCF2784.jpg
DSCF2785.jpg
DSCF2786.jpg
DSCF2787.jpg
DSCF2788.jpg
DSCF2789.jpg
琴音アイコン小.jpgこうやって歩いてみると、旭川同様ここ帯広市街も真っ直ぐな区画だらけっすね
ルカちゃん・アイコン小.jpgまるで大きな碁盤の目(どこ歩ってんのか分かりにくいw)
菅原君アイコン小.jpgこの町もまた北海道庁の植民区画市街地形成計画でこんな感じになったんだよ(明治25年頃から)
琴音アイコン小.jpgいわゆる開拓民の為の町ってことっしょ?
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことは開拓で大きく発展したんですね。
菅原君アイコン小.jpg十勝地方の中心都市である帯広は、その開拓した広大な農地からの集積ターミナルとして栄えたんだが、
 この街並を更に押し広げたと言うか発展に導いた理由は『もう一つある』
夕実ちゃんアイコン小.jpg琴音アイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg街を発展させたもうひとつの理由!?
菅原君アイコン小.jpgそれは『十勝監獄』の設置だ。
夕実ちゃんアイコン小.jpg刑務所が!?
菅原君アイコン小.jpg昔はね?囚人の労働力も開拓のあてにされてたんだよ。
 囚人たちによって道路や建物が数多く作り出され、この町の形成の大きな基盤ともなったんだ。
 
 しかもここは大きな監獄だったそうだ。
 多くの囚人を抱え、それに伴い役人の数も多かった。
 その人たちの為に官舎も造られ、
 商人も数多くやって来たそうだよ^^
琴音アイコン小.jpgさすが商人っすね!人が集まる所にお金の匂いを嗅ぎつけた訳っすかw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg刑務所設置で人がワンサカって・・・今じゃありえない感じだし不思議^^;
菅原君アイコン小.jpgちなみに余談だが、十勝地方の開拓に大きく貢献したのは、オレらの地元『伊豆』の人たちだったりする。
夕実ちゃんアイコン小.jpg琴音アイコン小.jpgマジっすか!?
菅原君アイコン小.jpg今で言うなら松崎町の人だね。
 依田勉三晩成社と言う開拓団を立ち上げ帯広を開拓したのがこの地域の基盤となったそうだ。
 
 まあ余談はこれくらいにして本題に入ろうか。
 
 実はその帯広に貢献した十勝監獄。
 そこでは数多くの煉瓦が焼かれたんだ。
夕実ちゃんアイコン小.jpg囚人煉瓦ってやつですね。
琴音アイコン小.jpg昔の監獄ってどこでも煉瓦焼いてたんすねw(小菅や前橋、網走もそう)
菅原君アイコン小.jpgその煉瓦が使われて・・・るのかも?って物件がもうすぐそこにあるそうなんだ。
ルカちゃん・アイコン小.jpg琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg何で曖昧なの^^;
菅原君アイコン小・汗.jpg正直言うとそこまで確定的なものじゃないんだ。
 なんせ煉瓦遺構ってのは建築史としては浅く、
 ジャンルとしてもとても狭いカテゴリーだからね^^;
 
 ただし、煉瓦の刻印とかもし見つけられたなら・・・
菅原君アイコン小.jpg歴史の証人には成れるかもしれないぞ^^
2琴音アイコン小.jpgそんなこと言われたらめっちゃ!燃えてくんじゃんかおおー(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgこの帯広の発展に貢献したかもしれない
 十勝監獄の囚人煉瓦の刻印探しが始まる予感。
 
 それは帯広駅から徒歩15分と言ったところでしょうか?
 
 私たちの目の前に見えてきましたです。
 
DSCF2790.jpg
DSCF2791.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうひょー!門塀も建物もすべて煉瓦ちゅわ~ん(*´д`*)
 
DSCF2792.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg六花亭サロン・・・KYU?
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? 六花亭・・・六花亭?
 あれ?もしかして・・・
菅原君アイコン小.jpgお、夕実ちゃんは六花亭にピンときたみたいだね^^
2琴音アイコン小.jpg六花亭って何さ!
DSCF3237.jpg
菅原君アイコン小.jpgこんなの北海道土産で頂いたことないか?
ルカちゃん・アイコン小.jpg琴音アイコン小.jpgあ、なんか包装紙の柄とか見たことある!
菅原君アイコン小.jpg六花亭ってのは帯広に本工場を構える北海道でも老舗の菓子メーカーさん。
 北海道土産としても老舗かな^^
 特にこのマルセイバターケーキは主力商品で、結構、なんとなくでも見かけることが多いんじゃないかな。
 
 バターサンドと言えば北海道じゃ六花亭。
 今でもお土産ランキングに乗るくらいだ^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg六花亭についてはよく分かりました。ハイ。
 で、この目の前の煉瓦の建物は六花亭さんの何?でしょうか。
菅原君アイコン小.jpgお!ルカちゃん良いとこ突いてきたね。
 んじゃまー、この目の前の建物の概略を語ってみようか。
 
 この目の前の建物は大正元年(1912)に建てられた三井金物店の店舗。
 元々は土蔵造りの建物だったが大正期に煉瓦建築に変わったそうだ。
夕実ちゃんアイコン小.jpg要するに二代目ってことですね^^
菅原君アイコン小.jpgその後、六花亭が建物を買い取ったと言う訳なんだがーーー
 ここに使われている煉瓦が『十勝監獄製』との噂。
2琴音アイコン小.jpg噂ってなんだよw
菅原君アイコン小・汗.jpgだから調べてみる価値あるってことだろ?
 
 っつー・・・ことで、
 レッツ!煉瓦刻印探しスタート!!!
2琴音アイコン小.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgいきなりですかw
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgかくして六花亭サロンに囚人煉瓦の刻印を探せ!がスタートですう^^;
 各々、カメラを構えてブラブラ開始!
  
DSCF2793.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgわふ~!煉瓦の丸窓って素敵ですねえ^^
 
DSCF2794.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg通用門でしょうか。塔を持つ素敵な煉瓦塀ですう^^
 
DSCF2795.jpg
琴音アイコン小.jpgん? よーく見ると門塀の煉瓦ちゃんは歪っすねえ。
 
DSCF2796.jpg
琴音アイコン小.jpg煉瓦塀の笠の下には今んとこ刻印無さげかな。
 
DSCF2797.jpg
菅原君アイコン小.jpg本体の腰回りは焼き過ぎ煉瓦だな。積み方は典型的なイギリス積み。
 大正期だけに当然か。
夕実ちゃんアイコン小.jpg建物脇の煉瓦塀には特に刻印は無さそうですね。
ルカちゃん・アイコン小.jpgと言うことは・・・
琴音アイコン小.jpg本体の軒下煉瓦ちゃんを注意深く覗くしか無さそうっすね。
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで、メインディッシュの六花亭サロン本体の軒下をみんなで観察することにしました。
 
 す・る・とーーーーー
 
 
DSCF2798.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgわふー!なんか『S』の刻印発見ですよハイ!
 
DSCF2799.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうひょー!マジだ☆Sの刻印だね(*´д`*)
菅原君アイコン小.jpg『S』??? うーん・・・S?
2琴音アイコン小.jpg他にもあるかもしんないしい、バンバン行こうぜみんな^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg了解です!
 
DSCF2800.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgみんな、軒下に煉瓦の刻印を発見して大興奮。
 この時ばかりは普段煉瓦にそこまで興味のないルカちゃんまでもが躍起になって探し続けましたよ^^
 
 ただ・・・
 
 先輩が『Sの刻印?』と、小首をかしげていたのが少し気になるところ。
 
DSCF2801.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgさてこっちはーーー
 
DSCF2802.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgありましたです!Sの刻印☆
 
DSCF2803.jpg
2琴音アイコン小.jpgこっちだって負けないぜ!同じくSの刻印ゲット(*´д`*)
 
DSCF2804.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgそれではこの長い煉瓦塀にはどうなんでしょうか?
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgそこは通用門側と違って、かなり先まで煉瓦塀が続いているようでした。
 みんなでそっちも研究ですぅ^^
 
DSCF2805.jpg
DSCF2806.jpg
菅原君アイコン小.jpgん?
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ?
琴音アイコン小.jpgこっちは何故かフランドル積みじゃんかお!
ルカちゃん・アイコン小.jpgこっちとあっちじゃ年代が違うんですかね???
菅原君アイコン小.jpgう~ん。もしかしたら初代の土蔵造りの時、塀だけは煉瓦だったかも?
 
DSCF2807.jpg
DSCF2808.jpg
DSCF2809.jpg
DSCF2810.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgなんと裏までキッチリ煉瓦塀で囲まれていましたよ。
 
琴音アイコン小.jpg煉瓦塀が残ってるところは結構あるけど、一部が壊されたりコンクリ塀になってたりするするんだよね。
 だからこんなに綺麗に残ってるなんてスゲーなあ~マジで^^
 
DSCF2812.jpg
DSCF2813.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて結局煉瓦塀には刻印が見つからずに店の前まで戻ってきました。
 そこにはかつて『三井金物店』だったことを語る屋号と店名が残ってましたです^^
 
DSCF2814.jpg
菅原君アイコン小.jpgうーん・・・Sかあ。
琴音アイコン小.jpgどうしたんじゃいお兄ちゃん。
夕実ちゃんアイコン小.jpgそうですよー。せっかく囚人煉瓦の刻印見つけたんでしょ???
ルカちゃん・アイコン小.jpgもしかして・・・違うとか?
菅原君アイコン小.jpg実はね?ある程度十勝監獄の煉瓦については予習してたんだ。
 この六花亭サロンKYUにも囚人煉瓦が使われているかもって聞いてたんだけどーーー
 
 そこに見つかる煉瓦の刻印は『五』や『六』の漢数字か、
『四つ葉十字の刻印』と思ってたんだよ。
 特に特徴的なのはやっぱり『四つ葉十字の刻印』なんだ。
 これに関しては監獄跡地の遺構にも残ってるので確定的な訳。
 
 でもSだろ?
 なぜだ???
ルカちゃん・アイコン小.jpgつまり新たな発見ってこと・・・にはならないみたいですね。
菅原君アイコン小.jpgそうなんだ。Sの刻印ってのは北海道では幾つか散見する刻印なんだよ。
琴音アイコン小.jpg〇にSとかだったら白石の鈴木煉瓦さんとかあるしね。鈴木さんは分工場もあったし。
菅原君アイコン小.jpgだから・・・もしかしたらば囚人煉瓦では無いんじゃないかとね。
 北海道には集治監と言う監獄の前身になるものが幾つもあったんだが、そのほとんどが煉瓦を焼いていた。
 そして幾つか刻印が残ってるんだが、十勝監獄・・・かなあ???ってとこさ。
琴音アイコン小.jpg明治中期以降の建物だし、その頃は民間の煉瓦工場もワンサカあったしね。北海道ってさ。
菅原君アイコン小.jpgまあ~学芸員でもないうちらにそこまでの調べは厳しいし保留ってことにしとこうかw
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg2琴音アイコン小.jpg(逃げたねw)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて、ここからは先輩が『本物の囚人煉瓦のある物件を目指すぞ!』と言うことでーーー
 今度は帯広駅の南側へと向かうことになったとです。
DSCF2815.jpg
DSCF2816.jpg
DSCF2817.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgでもその前にガソリン調達ね~(*´д`*)
ルカちゃん・アイコン小.jpgうっは!北海道のセイコーマートって酒飲みには素敵過ぎなおつまみのラインナップですねえ^^
菅原君アイコン小.jpg北海道に住みたくなっちゃうよね!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg(それとこれとは話が別ですけどね^^;)
 
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさてその道すがら、ちょっと素敵な建物を発見。
 皆で見ていくことにしましたですう^^
DSCF2818.jpg
DSCF2819.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpg櫻湯? もしかして銭湯でしょうか?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgまさかー。銭湯にしてはすごーくハイカラさんなのですよお^^;
 
DSCF2820.jpg
DSCF2821.jpg
琴音アイコン小.jpgでもバリバリ男湯って書いてあるっす。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgあらやだホントに銭湯なのね^^;
 
DSCF2822.jpg
琴音アイコン小.jpgでも・・・廃業してるっぽいねココ。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgですねえ・・・
 
DSCF2823.jpg
菅原君アイコン小.jpgいいね~!実にいいねえ!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgそれはどっちの意味で?
 女湯だから?それとも先輩が好きな廃墟だから心くすぐられる?
菅原君アイコン小.jpg両方だね(断言)
2琴音アイコン小.jpg言い切ったよエロ兄貴w
 
DSCF2824.jpg
DSCF2825.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgでも高窓にカーテン、とってもモダンな銭湯だったみたいですね。
菅原君アイコン小.jpg営業してたら入浴したかったなあ・・・(廃業してても入りたいんだけどね)
琴音アイコン小.jpgなあお兄ちゃん。この裏手がちょっと気になるんだけど見に行っていい?
菅原君アイコン小.jpgああいいけど?
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで裏手側へと回り込む私たち。
 そこには?
 
DSCF2826.jpg
DSCF2827.jpg
DSCF2828.jpg
2琴音アイコン小.jpgうっは!やっぱりそうっすか。
 煉瓦の匂いがプンプンしてたんだよねー(*´д`*)
菅原君アイコン小.jpg匂いっつーか見えてただろw
 まあ~明治や大正期の銭湯ならボイラー室に煉瓦を使ってる可能性大きいしな。
DSCF2829.jpg
ルカちゃん・アイコン小.jpgで、この建物ってどのくらい古いんでしょうかね???
琴音アイコン小.jpgちょっと待って!調べてみっから^^
 ええっとーーーああ、あったよ^^
 
 ここはーーー
 昭和初期(7年)の建築なんだって。
 煉瓦の建物は浴場だそうっす。
ルカちゃん・アイコン小.jpg先輩大外れ~w
菅原君アイコン小・汗.jpgくそ・・・ボイラー室じゃなかったかw
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg煉瓦の浴場。中は一体どうなってたんでしょうね。気になりますですう。
 
 さてさてここで、いつもの雌豚がわがままを言い始めました。
2琴音アイコン小.jpg朝から何も食ってねーんだけど!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgルカちゃん・アイコン小.jpg菅原君アイコン小・汗2.jpgつまみ食ってるじゃん^^;
琴音アイコン小・感涙.jpgいやそう言うんじゃなくもっとガッツリ系をね^^;
ルカちゃん・アイコン小.jpgそう言えばそうですね。どうします?菅原さん^^
菅原君アイコン小・汗.jpgじゃあ・・・道すがらに良い店あったならそこでランチにしようか。
 
DSCF2830.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgねえ!あれなんかいいんじゃね?
 なんかカレー食いたくなってきたっすマジで(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg帯広まで来たのにカレー?豚丼とかじゃないの?とは思いましたが誰も異を唱えることも無かったので入店。
 カレーショップインデアンさんにお邪魔することに^^
 
DSCF2831.jpg
DSCF2832.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgそしたらビックリです。
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうっは!めっちゃウメー!
菅原君アイコン小・汗.jpgおいおい、オレらが入店した後に続々と人が溢れ出したぞ?
ルカちゃん・アイコン小.jpg今、スマフォをいじってみたら、ここって結構有名店みたいですよ?
2琴音アイコン小.jpgだからかあーw
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgたまたま美味しそうだからと入店したお店は、帯広屈指の人気カレーショップのようでした。
 味もスパイスも食べてて実に心地よくさらさら美味しく食べれちゃいましたですう。
 帯広に来たならば是非ともいかがでしょうか?
 辛さもメニューも豊富で素敵なお店ですよ^^
 
 さて、中間地点の帯広駅まで帰ってきたところで、
菅原君アイコン小.jpgちょっとバスターミナル事務所に行ってくるからここで待っててよ皆^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgと、先輩がバスターミナルの案内所に行っちゃった。
ルカちゃん・アイコン小.jpgここからバスに乗っていくんでしょうか?
夕実ちゃんアイコン小.jpgそうルカちゃんが呟いてる間に先輩が何かを手にもって帰ってきましたです。
 
DSCF2833.jpg
DSCF2834.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg何ですかこれ?
琴音アイコン小.jpgああ~明日のね^^
ルカちゃん・アイコン小.jpg明日の為のアイテム? 温泉って書いてあるし素敵な予感(*´д`*)
菅原君アイコン小.jpgまあそれは明日になってからのお楽しみだ^^
 じゃあ~ここから『かつて十勝監獄が存在した場所』へと歩いて向かうよ。
2琴音アイコン小.jpgやっぱ歩くんかよw
菅原君アイコン小.jpgそこには煉瓦があるんだ。我慢しろい。
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうん。歩く!ありゅくー(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg煉瓦となったら苦労なんて忘れちゃうんだから関心ですよね^^;
 
 さて次回は私たち『ものすごい発見をします』
 恐らく博物館に展示級の発見。
 気になる方は是非どうぞですう^^
 
※注釈 NHKの某番組で、作者が勤めてる居酒屋が紹介されて更に忙しさが増したのでブログ記事のアップがいつになるのやら分かりませんがねえ・・・(ぶっちゃけガッテンってやつですな。関係者さん曰く今年のガッテンの放送で2番目の高視聴率だったとか・・・^^;
 おかげで毎日が金曜日・・・
 さすが国営放送パワー・・・^^;
 体と精神・・・いつまでもつかな?アハハ(;・∀・)
 お返事とか期待しないで!ごめんなさい・・・
 

nice!(65)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

第916話 ワタシノハジマリノバショ後編『私にはスタートだったのっ!』長瀬海岸煉瓦塊・浦賀ドッグ外壁ほか [廃村さーくる2(煉瓦遺構編)]

『何かを好きになるにはキッカケ(理由)があるわけで』
 
『なんとなく好きに』だって『絶対小さな理由があるはず』
 そう。私にとって『煉瓦』を好きになるキッカケは二つあった。
 一つはお兄ちゃんたちに連れられて出向いた矢納水力発電所跡の蔦覆う素敵な煉瓦壁。
 そしてもう一つはーーー
 教授さん(駅員3さん)と共に出向いた浦賀ドッグなんだあ^^
 
 そこの長い外壁の天辺に二人して肘をつき、煉瓦の刻印と言うものを博物館とかの展示物じゃなく
『自分たちの眼で探し出し』
 そして『見つけた』のが、まるで宝探しのようで楽しくなっちゃってね。フフフ^^
 そして煉瓦刻印探しの旅に日々至るって感じでしょうか☆
 
 ーーーさて、
 お兄ちゃんと夕実っちと共に三浦半島の煉瓦の検潮所を見たんだけれど、
 私にとって『ハジマリノバショ』である浦賀ドッグはそれ程遠くないと、家を出る前から思ってたの。
 
 だったらば再訪を!
 だったらばもう一度あの時見つけた刻印を!
 
 と、再会に胸躍らせたんだけどーーー
『まさかあんなになってしまっただなんて』
 
 第916話、菅原琴音のハジマリ物語再訪スタートっす。
第916話ワタシノハジマリノバショ後編☆琴音ガックリ・浦賀.jpg 
DSCF2444.jpg
2琴音アイコン小.jpgやって来ました寿司が如何にも食えそうなとこ!
夕実ちゃんアイコン小.jpgイメージ的には『マグロ!』って感じですぅ^^
琴音アイコン小.jpgさて、海鮮系のお店はゴロゴロしてるんだけど、お兄ちゃんが連れてってくれたのはーーー
 
DSCF2445.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpg何だよう!ここまで来て回転寿司か!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgどうせならお寿司屋さんとかー
2琴音アイコン小.jpg市場とかで食べたかったのにい^^;
菅原君アイコン小.jpgまあまあまあ。回転寿司=廉価バージョンの寿司と思うだろうが、そうじゃねーってのを教えちゃる^^
 とりあえず入った入った^^
 
琴音アイコン小.jpgそう兄貴に言われて渋々入店する私たち。
 
 するとーーー
DSCF2446.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg2琴音アイコン小.jpgうっは!めっちゃ混み!!!
菅原君アイコン小.jpgだって超絶人気店だもんw
 むしろお昼時だっつーのに少しの並びで入店出来たことを光栄に思えw
 
DSCF2447.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgまずは生ビールですね^^
2琴音アイコン小.jpgくはー!五臓六腑どころか昇天しちゃいそうにうめー!(*´д`*)
菅原君アイコン小・汗2.jpgお前、さんざん飲んでただろうに・・・^^;
DSCF2448.jpg
菅原君アイコン小.jpgまずはこの店『海鮮』に来たならってことで お約束らしい『炙りカマトロ3貫握り』でいこうか。
琴音アイコン小・感涙.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgうわあ・・・うわああ・・・すごく美味しい(*´д`*)(*´д`*)
 
DSCF2449.jpg
菅原君アイコン小.jpgこれなんかどうだ?カワハギの肝付き。
2琴音アイコン小.jpgマジやべー!(*´д`*)
 
DSCF2450.jpg
菅原君アイコン小.jpg美味しんぼでも出てた、相模湾の地鯖もいいぞ?
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー☆と~ろ~け~そー(*´д`*)
 
DSCF2451.jpg
菅原君アイコン小.jpgマグロのわたなんてどうよ^^
琴音アイコン小.jpgマグロのもつ系っすか。美味しいけど人を選ぶかもっすね。
夕実ちゃんアイコン小.jpg私は大好き(*´д`*)
 
DSCF2452.jpg
菅原君アイコン小・汗2.jpg大トロは許してくれ(財布的に)
 しかしみんなに中トロを奢っちゃる!
琴音アイコン小・感涙.jpg最高です!抱いてくださいお兄様(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小・ガルルルル.jpgそれは許さないから雌豚っ!
 
琴音アイコン小.jpg回転寿司と侮るなかれってやつっすかね^^
『ガチの回転寿司店ってのは別物』って思わされた感じだったっす。
 
 さてそんな中でお兄ちゃんと夕実っちと私が
『ダントツで気に入った一品』  がありやした。
 それはこちら↓
DSCF2453.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg・・・この塩辛・・・
2琴音アイコン小.jpgめっちゃ!うーまーいーぞおおおおおお!
菅原君アイコン小.jpg自家製だな。こういうところこそ100円均一とかの廉価回転寿司とは断然違うよな^^
 既製品とかじゃなく、職人さんがイカの肝にあて塩して水抜いて、余分な塩や臭みを洗ってから
 裏ごしで肝をこして、新鮮なスルメをそこに和えて寝かした一品だと思うよ^^
夕実ちゃんアイコン小.jpgサイドメニューの塩辛だけで人気のあるお店だって納得ですう^^
2琴音アイコン小.jpgお土産で包んで欲しいくらいっす(*´д`*)
DSCF2455.jpg 
 
琴音アイコン小.jpgさあ~って、美味しいものもたらふく食べた私たち一行。 
 お兄ちゃんが見せたいと言う『もう一つの場所』へと向かうことに。
 っつーことで再び京急線にライドオン!
DSCF2456.jpg
DSCF2457.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg『わいあーるぴーのび』って随分変わった駅名ですね^^;
琴音アイコン小.jpg車中、通過駅でへんてこな駅名を発見。
 なあ~お兄ちゃん。YRP野比って何よ???
菅原君アイコン小.jpg元々は横須賀市野比に造られた野比駅って名称だったが、
『横須賀リサーチパーク』って言う国際的な電波・通信技術などの研究施設や機関が出来たってことで、
 その頭文字YRPを新たに駅名に付け加えたんだ(1998年改称)
琴音アイコン小.jpg英語が駅名に入るって何か馴染めないなあ。
夕実ちゃんアイコン小.jpgですね~。ただでさえ駅名改称って違和感しばらく感じちゃいますです。
菅原君アイコン小.jpg確かにな。オレは利用している東武伊勢崎線がスカイツリーラインって呼称変更にも未だに違和感あるし、
 スカイツリー駅よりも業平橋駅って名前残して欲しかった派閥だもんw
夕実ちゃんアイコン小.jpg草加駅のお隣『松原団地駅』も最近『獨協大学前駅』に変わりましたよね?
2琴音アイコン小.jpg菅原君アイコン小・汗2.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgうーん・・・未だになんかしっくりこないんだよねーw
(※長年親しんだ駅名でしたしね)
 
DSCF2458.jpg
琴音アイコン小.jpgさてやって来たのは『京急久里浜駅』
 私っち的には、初めて学芸員さんたちとの会合に参加した思い出の土地っす。
菅原君アイコン小.jpg確かお前、高校の一室に展示されていた超貴重な横須賀や東京湾の海堡の煉瓦や煉瓦刻印、
 しかも各博物館や資料館に展示前の資料を見せて頂いたんだよな?
夕実ちゃんアイコン小.jpgしかもフツーの一般人なのにですうw
琴音アイコン小・感涙.jpg今思うと『超絶大後悔』してるっすよマジで(:_;)
 
 当時の私は『なんとなく煉瓦が好き・・・かな?』とか、
『煉瓦の刻印? へ~そんなのもあるのね^^』と、
 長テーブルの上や下に陳列された煉瓦ちゃんを眺める程度だったしね^^;(しかも時間持て余してたw)
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgもし『今の煉瓦好き状態でそこに飛び込んでたら?』
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgオシッコ漏らしながら写真パシャパシャ撮影して悶絶してたと思うっすマジで(*´д`*)
菅原君アイコン小・汗2.jpgやめろ妹よ。表現が汚らしい^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgまあそれだけもったいない出会いでもあり、興味がないとあるとでは世界観まったく別物だってことは分かったですう^^;
菅原君アイコン小.jpgまさかお前が、あれから煉瓦刻印求めて日本中を飛び回るとはオレも思わなかったよ^^
 
 でも言わせてくれ。
 
 煉瓦刻印に出逢ったからこそ『見知らぬ土地に行き、素敵な発見をし、その歴史を知り、より深く日本ってものを知れた』んじゃないか?
夕実ちゃんアイコン小.jpg色々な人との出会いなんかもありましたしね^^
琴音アイコン小.jpgそれはつくづく実感してるっす。
 だって、煉瓦やその刻印に興味持たなかったら・・・
 あの人にもあの土地にもあの自然にも何にも出会うことがなかったってことっすもんね!
 
 テレビでしか見たことない景色。
 ネットの動画や写真でしか見たことない風景。
 
 実際にそこに行き、目に焼き付けたものは画面の向こう側より思ってたものよりまるで別物ばかりの感動ばっかだったっすもん^^
菅原君アイコン小.jpgまあ~形はどうあれ流れはどうであれ煉瓦に触れてから『普通の日常よりも世界観が広がった』のは間違い無いんだろうな^^
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgこっちは振り回されることばかりですが、それでも色んなところに行けたのは私も感謝ですう夕実ちゃんアイコン小.jpg 
 
DSCF2459.jpg
DSCF2460.jpg
琴音アイコン小.jpgさて、お兄ちゃんが言うにはこの久里浜を流れる平作川の河口付近に用事があるっちゅーことらしい。
 さっそく向かうことにしたんすがーーー
 
DSCF2461.jpg
DSCF2462.jpg
2琴音アイコン小.jpg途中にあるヨークマートでガソリン調達してきました兄上!
菅原君アイコン小.jpgご苦労だった。妹よ☆
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg(まだ飲むのかー)
DSCF2463.jpg
琴音アイコン小.jpgそんでもって河口にやって来たけど西に進むの?東に行くの?
菅原君アイコン小.jpg東へGO!
2琴音アイコン小.jpgブ・ラジャー!(了解)
 
 そして歩くこと2分くらいでーーー
 
DSCF2464.jpg
2琴音アイコン小.jpgやべえ!浜辺に煉瓦ちゃんらしきもの発見であります!
菅原君アイコン小.jpgそうだ。まさにそれが今日の第二目標である!
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgでも先輩。この海岸通りからそこに降りて行くのは少し厳しい感じですけど^^;
 
琴音アイコン小.jpgと言うことで、
DSCF2465.jpg
DSCF2466.jpg
2琴音アイコン小.jpg少し手前の浜辺まで戻ってそこへと向かうことにしたっす♪
 
DSCF2467.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? 砂浜だとばっかり思ってたですが、ちょっと沖は遠浅の岩礁が多いですう。
 
 ---そしてようやくーーー
DSCF2468.jpg
琴音アイコン大・ふわ~お顔・小.jpgうひょー!来ました煉瓦ちゃん(*´д`*)
夕実ちゃんアイコン小.jpg海辺に煉瓦の瓦礫ですか。一体何があったんでしょうかね???
菅原君アイコン小.jpgそれは後でオレなりに考察してみる。
夕実ちゃんアイコン小.jpg考察?
菅原君アイコン小.jpgまあ~まずは琴音よ!思う存分、例の奴を探すが良いぞ^^
2琴音アイコン小.jpgサー!イエッサー!(*´д`*)
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことでこの煉瓦塊が何なのかも知ることも無くいきなりステーキ刻印探しスタートですう^^;
 
DSCF2469.jpg
琴音アイコン小.jpgおひょー、道路に近いところには3つの残骸。
 
DSCF2470.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgそこから少し海に出た所にも1つありますですね。
菅原君アイコン小.jpgオレ的にはこの向こう側にも沈んだ煉瓦がありそうな気がしてるが。
 
DSCF2471.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgここでようやく先輩が『ビーサン(ビーチサンダル)くらいは持ってきた方がいいよ^^』って言ってた意味が分かりました(写真はビーサンじゃありませんが)
 
DSCF2477.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgジャブジャブしながらも順繰りにチェックしていく私たち。
 
DSCF2472.jpg
琴音アイコン小.jpgこれ不思議な積み方っすね。
菅原君アイコン小.jpgだな。よく気づいたなお前。楔のような三角の煉瓦が入ってるだろ?
琴音アイコン小.jpg私的には元々立ってたものが波に土台部をさらわれて横倒しになっちゃった気がするんすけど。
 例えば海に突き出た何かしらの煉瓦構造物のアーチ煉瓦の入り口部分!
菅原君アイコン小.jpgそうか?オレは~横倒しになってはいないような気がするぜ?
 推測するならーーー
 海に煉瓦の柱を建てる場合、四角い煉瓦を長方形や正方形に積み上げるよりも斜めの煉瓦を入れて、なるべく角面を小さくして波の抵抗から守る・・・とかじゃないかな?
夕実ちゃんアイコン小.jpg確かに真四角よりもなるべく円形に近づけた六角とか八角形の柱の方が浸食に強そうですぅ^^
菅原君アイコン小.jpgどちらにしてもだ、何らかの煉瓦の基礎部位だったんじゃないかとは思うんだ。
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg煉瓦の支柱(土台)なのか・・・はたまた煉瓦構造物の入り口部分なのか?
 
DSCF2473.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃ? こっちは完全に煉瓦の平面が上を向いてる塊ですよ?
菅原君アイコン小.jpg多分、そこに刻印があれば何かヒントになるかも?
 
DSCF2474.jpg
2琴音アイコン小.jpg来た来た来たあああ!!!
 これって『〇にT』だし東京煉瓦㈱の刻印じゃん!
 
(※東京煉瓦株式會社工場。明治31年足立区江北鹿浜に創設。
 荒川放水路計画により足立区宮城に移転。
 だから前期・東京煉瓦㈱と後期・東京煉瓦㈱が存在)
DSCF2475.jpg
菅原君アイコン小.jpgお!こっちにもあんぞ!^^
 摩耗してるけど東京煉瓦㈱っぽいな。
 
DSCF2476.jpg
 夕実ちゃんアイコン小.jpgわきゃー!見てくださいですこれ!
菅原君アイコン小.jpg完璧だな刻印の残り具合^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgその後、私たちは沖合の煉瓦塊を除いていくつか刻印を発見しましたです^^
DSCF2478.jpg
DSCF2479.jpg
DSCF2480.jpg
DSCF2481.jpg
2琴音アイコン小.jpg御免!もう刻印腹いっぱいっすw
 っつーか東京煉瓦㈱の煉瓦刻印ばっかりで飽きたw
夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩。さっきは刻印が見つかることで『ここにある煉瓦が何の構造物だったのかのヒントになるかも?』って言ってましたけど・・・
2琴音アイコン小.jpg何のヒントになるんだよw
菅原君アイコン小.jpgヒントと言うか、実はある程度何なのかを知ってて少し君たちに刻印探しで遊んでもらっただけなんだよ^^;
2琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgもてあそばれてただけ?私たち^^;^^;
菅原君アイコン小.jpgこれは色々な資料本や教授、横須賀の先生方に聞いた感じだと恐らくーーー
 
 この今いる久里浜の長瀬と言う海岸にあったらしい
『浦賀ドック建築用試作煉瓦を焼いた煉瓦窯の名残』
 ・・・かもだ。
夕実ちゃんアイコン小.jpgかも?
琴音アイコン小.jpg(浦賀ドック!?)
菅原君アイコン小.jpg先生方も確証を得ない研究途上の話なのでクエスチョンマークつけるけれども、
 
 かつてこの久里浜の岬を隔ててお隣さんにある浦賀ドックの建造の際に試作(プロトタイプ)として久里浜に煉瓦窯を築いたそうなんだ。
琴音アイコン小.jpg!? 
 
 ・・・っつーことは、その煉瓦窯に使用されたのが東京煉瓦㈱の煉瓦ってこと?
菅原君アイコン小.jpgだな!
 それを繋ぐ可能性として、浦賀ドックと言うのは様々な煉瓦が使用されているんだが、
琴音アイコン小.jpg愛知県の岡田煉瓦さんとかでしょ?
菅原君アイコン小.jpgそう。その中には東京煉瓦㈱の煉瓦もあったそうだ。
 
 浦賀ドック築港の案件の際、
『どの煉瓦を使用したら良いのか?』と模索したと思う。
 
『自前で焼いた方が安価じゃね?』ってことで久里浜に試作の煉瓦窯を造って焼いてはみたものの、
 その出来は思うものではなく結局、
 愛知からの輸入煉瓦や都市近郊の大手煉瓦工場の煉瓦製品に頼ることになっちゃったんだ。
 
 東京煉瓦㈱さんには試作の窯建造でもお世話になっちゃったしー
 引き続きよろしくお願いいたします(*´д`*)・・・ってなことじゃねーかな?w
琴音アイコン小.jpgなるほどね。まさか浦賀ドックと繋がりあっただなんて私的にびっくりっすマジで☆
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgでもでもでもですよー
 こんな潮の満ち引きで海に沈んじゃう場所にわざわざ煉瓦窯つくったですか???
菅原君アイコン小.jpg昔の地図を見ると、元々ここら辺は内陸だったんだ(と言っても沼地に近いもの。そして漁船が使う入江的な場所だった)
 
 関東大震災でもう少し隆起したが、その後は浸食されて今に至るって感じかな^^
久里浜S38年.jpg
(昭和30年代頃の航空写真。少しだけカラー化処理)
琴音アイコン小.jpg夕実ちゃんアイコン小.jpgうわーほんとだあ!
菅原君アイコン小.jpgいくつもの古い航空写真からボクも煉瓦構造物が映ってないか探したが、解像度的に探し出せなかった^^;
 とは言え、限りなく答えに近いものなんじゃないかと思うよ^^
(※ 調べ始めはこのすぐ近くが陸軍の駐屯地であり機雷学校もあったので、軍の煉瓦遺構じゃないかと思ってたが、資料本の記述などからこの結論に至った感じ)
2琴音アイコン小.jpg答えが出てマジさいこー!
 っつーことで~
 祝杯いきやしょかw
 
DSCF2482.jpg
DSCF2483.jpg
DSCF2484.jpg
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgってな感じでここからは海に足を投げ出し皆で缶チューハイの祝杯をぐびぐび^^;
 しばらく太平洋を眺めてまったりしましたですよ^^
(吟生生サラミは確かに美味しかったですう)
 
 さて、再び砂浜経由で歩き出したところ、
 こんな発見もありました!
 
DSCF2485.jpg
DSCF2486.jpg
2琴音アイコン小.jpg砂浜に『大阪窯業の耐火煉瓦刻印ちゃん発見っす!』(*´д`*)
 
DSCF2487.jpg
DSCF2488.jpg
菅原君アイコン小.jpgちょ、ちょっと待て!
 結構探すと東京煉瓦㈱の煉瓦が散乱してるなココ☆
 特に気になるのはやっぱり『大阪窯業の耐火煉瓦がなぜここにあるのか?』だよな。
琴音アイコン小.jpg大阪窯業さんの煉瓦も試作煉瓦窯に使われたかも?
 って、疑問が出てくるよね!
夕実ちゃんアイコン小.jpg煉瓦窯で煉瓦を焼くには耐火度の高い煉瓦が必要・・・ですよね?
菅原君アイコン小.jpgいい線いってると思うよ夕実ちゃん^^
 もしかしたらば大阪窯業さんも、試作煉瓦の段階では浦賀ドックと何らかの繋がりがあったんだと思うね^^
 
琴音アイコン小.jpgさあ、お兄ちゃん。ここからはどうすんの?
菅原君アイコン小.jpgもう特に予定は無いかな^^
 結構、煉瓦史的には収穫のある旅だったと思うしな。
琴音アイコン小.jpgじゃあ・・・私のお願い聞いてもらっていいかな?
菅原君アイコン小.jpg無茶なことじゃなきゃ別にかまわないぞ?
 まだ昼の2時を過ぎたくらいだし。
琴音アイコン小.jpgじゃあ・・・
DSCF2489.jpg
2琴音アイコン小.jpgここから隣にある『浦賀ドックに行きたい』んですけど!
琴音アイコン小.jpgと言うか本当に御免なさい。ここまで来たならどうしても見ておきたいとこがあるんす。 
菅原君アイコン小.jpg珍しいなどうした? お前がそこまで真面目に頼むなんて。ああ構わないよ。
 ここからはトンネルを潜ればもうすぐそこが浦賀だしな^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgと言うことで久里浜駅に戻って帰宅するのではなく、少しお隣の浦賀へと向かうことになったとですう。
 何時に無い琴音っちの真剣な眼差しに、そこに行かなければいけないと私も先輩も思ったのです。
 
DSCF2490.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpgトンネルを潜るともうそこは浦賀。
 そしてそこには煉瓦の構造物が、早速お出迎えですう。
 
DSCF2491.jpg
DSCF2492.jpg
菅原君アイコン小.jpg川間ドックか。初めて見たな。
琴音アイコン小.jpg世界で現存4つしか現存しない煉瓦ドックの一つっすね。私も初めて見たっす。
DSCF2493.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg先輩曰く、浦賀ドックの分工場として設立された大型船の修理工場だそうですう(明治28年築港開始。明治31年開港。戦時の戦艦も修繕しましたよ^^)
 
 残念ながら今現在は民間のマリーナ施設として使われているので会員や許諾を得ないと間近では見れないみたいです^^
 
 さてそこからは浦賀湾の縁を辿って歩いていきましたよ^^
DSCF2494.jpg
琴音アイコン小.jpg浦賀の渡し・・・懐かしいなあ(浦賀湾の東西を結ぶポンポン船。かつて教授さんと一緒に乗った)
 
DSCF2495.jpg
DSCF2496.jpg
夕実ちゃんアイコン小.jpg琴音っちが逐一その景色に懐かしむ、この浦賀。
 
 彼女にとってここがどんなに大切か思い出の場所なのか、
 普段よりとても饒舌に喋べくる彼女を見ていて私と菅原先輩は気づきましたですよ。
 
 そして、
 
 彼女は浦賀ドックのある部分を向こうに見つけて、弾むように突然駆けだしたのです。
 
DSCF2497.jpg
2琴音アイコン小.jpgねえねえ見てよ皆!
 ここっす!
 この浦賀ドッグの外周にある煉瓦壁が私のハジマリ物語なんだよお(*´д`*)
 
DSCF2498.jpg
菅原君アイコン小.jpgおおー!帯鉄補強はしてるけど立派な煉瓦壁だな!ココは。
夕実ちゃんアイコン小.jpgしかもこれって・・・フランドル積み!?
2琴音アイコン小.jpgね!いいでしょ?
 素敵な煉瓦壁でしょ!(*´д`*)
 
 私はこの煉瓦壁のもうちょっと先の煉瓦壁に教授さんと一緒によじ登って『初めて煉瓦刻印を発見したんだよ!』
 
 今思えばその刻印は『本当に刻印なのか不確かなもの』だったけれど、
 それが宝探しみたいでとっても楽しくてハート掴まされたんだよう^^
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgいつもの理屈っぽくて、かつ何に対しても冷めてる感じの琴音っちなんて、そこにはどこにも無かった。
 
 ただただ今は丸で小さい子供が母親に素敵なものを見つけちゃったんだよ!ってはしゃいでる感じだったのです^^
 
 だけどーーー
 
 
DSCF2499.jpg
琴音アイコン小.jpgあれっ!?
 
DSCF2500.jpg
琴音アイコン小・感涙.jpgあれあれ!?
菅原君アイコン小.jpgこれは・・・
琴音アイコン小・感涙.jpgううう・・・・
 うわあああああああっーーーー!!
 今どき煉瓦ちゃんになっちゃってるううう。
 なんで?
 え?
 なんでなんで?
 何でだよおおおおおおおおお。。。
 
菅原君アイコン小.jpgもしかして・・・改修されちまった・・・のか? 
DSCF2501.jpg
DSCF2502.jpg
琴音アイコン小・感涙.jpg私の思い出の刻印があ・・・ 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgなんとまさかの改修の憂き目にあい、思い出の煉瓦も消えていた・・・のですう。
菅原君アイコン小.jpg調べてみた感じじゃ・・・昨年くらいに改修されたみたいだな^^;
琴音アイコン小・感涙.jpg何でまた、よりによって思い出部分だけw(現・住友重機械工業㈱の施設)
菅原君アイコン小・汗2.jpg色々事情があるんだろ。住友さんにもな^^;
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg琴音っちの落胆たるや・・・^^;
 
琴音アイコン小・感涙.jpg私にとって『ここが煉瓦刻印との関わりのスタート』だったからね・・・
菅原君アイコン小.jpgまあ・・・今日はやけ酒に付き合ってやるぜ?
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpg思い出の場所が無くなっちゃったんだもんね^^;
 私もトコトン付き合いますですよ^^;
琴音アイコン小・感涙.jpgみんな・・・ありがどう・・・
 
夕実ちゃんアイコン小・困惑アハハ.jpgと言うことで、帰ってから粛々と琴音っちの慰め大会がスタート。
 死ぬほどお付き合いで朝までやけ酒を飲んだ次第ですw
(割とマジで。ボクにとって結構ショッキングな出来事だもんなあ~^^;)
 
夕実ちゃんアイコン小.jpgさて次回はいよいよ『遅めの夏休みシリーズ』のハジマリですう^^
 そこには『博物館とか資料館に預けなきゃ怒られちゃうんじゃねーの?』ってくらいの超貴重な大発見がありました。
 その他にも遺構にグルメにてんこ盛り!
 
夕実ちゃんアイコン小.jpg向かった舞台は『北海道の道東』
 気になる方はぜひどうぞですう^^
 ではではまた会う日までです☆
 

nice!(64)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -